【2017年最新】おすすめのボタニカルヘアオイル3選と賢い選び方

シャンプーで有名なボタニカルブランド「BOTANIST」から、ヘアオイルが販売されました。

パッケージも可愛いし口コミも良いから使ってみたいけれど、実際の使用感や他のヘアオイルとの違いが気になる・・という人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、【BOTANIST ヘアオイルモイスト(スムース)】を含む、厳選した3つのボタニカルオイルを紹介します。

ボタニカルオイルを選ぶ基準も紹介するので、本記事を参考にあなたに合った最高の1本を見つけてくださいね。

ボタニカルヘアオイルとは

オーガニック食品

ボタニカルヘアオイルの商品解説を見てもらう前に、まずはボタニカルヘアオイルを含めたヘアオイルの種類をみていきましょう。

ヘアオイルの全体像を知ることで、BOTANISTのボタニカルヘアオイルの特徴を理解しやすくなり、自分に合った最高のヘアオイルも見つけやすくなります。

以下のヘアオイル分類図をみてください。

ヘアオイル分類図

ヘアオイルの分類

ヘアオイルにはベースとなっているオイルの種類によって、石油由来の鉱物性ヘアオイルと天然由来の植物性ヘアオイルに分けられます。

実際の商品には植物性のオイルや鉱物性のオイルをブレンドしたヘアオイルもみられるため、本記事ではボタニカルヘアオイルを「ブレンドしたオイルを含め、植物性のオイルをベースにしたヘアオイル」と定義して解説します。

ボタニカルヘアオイルを選ぶための3つの基準

植物性のオイルをベースにしたオイルがボタニカルオイルということがわかりました。

しかし、ボタニカルオイルの中にもホホバオイルにアルガンオイル、さらには複数のオイルをブレンドしたものなど、たくさんの種類があってどれを選べばいいか迷いますよね。

そこで、ここではボタニカルヘアオイルを選ぶときに迷わないための3つの基準を紹介します。

髪質や目的に沿ったもの

手で大きく丸を作る女性

ボタニカルオイルを含めヘアオイルを選ぶ際は、自分の髪質に合うかどうかが大切です。

直毛やくせ毛など、人によって髪質はさまざまな違いがありますが、ヘアオイルを選ぶときには大まかに以下の2つのどちら側に近いか考えると、自分に合った商品を選びやすくなります。

  1. パサツキが多い傾向にある乾燥しやすい髪質
  2. 髪がベタつくなど、髪が重めの髪質

パサツキが多い髪質の人は「しっとり感」が強めのボタニカルヘアオイル、髪が重たい髪質の人はサラサラした「軽いつけ心地」のボタニカルオイルを選ぶと、髪との相性がよいですよ。

また、ヘアオイルを使う目的は他にも、髪にツヤを出したい、紫外線から髪を守りたいなど様々あると思います。

ボタニカルオイルを含めたヘアオイルには、以下のように様々な機能をもった商品があるので、まずはどの効果を最も優先させたいか明確にすることも大切です。

ボタニカルオイルの使用目的に合わせた選び方

  • 枝毛や傷んだ髪を補修したい    ⇒ ダメージリペア系
  • 髪がパサつくので潤いがほしい   ⇒ 保湿効果が高いしっとり感が強いもの
  • 髪にツヤがほしい         ⇒ ツヤ向上の機能が高いもの
  • 髪の広がりをおさえたい      ⇒ 広がり補正機能のもの
  • 出かける前の紫外線対策に使いたい ⇒ 紫外線対策用、UVプロテクト系
  • オイルの香りでリラックスしたい  ⇒ 自分の好きな香りのもの

予算にあったもの

女性が電卓を売っている画像

ボタニカルヘアオイルを含めヘアオイルは髪の毛をコーティングして保湿するシンプルな機能なので、スキンケア化粧品の中では機能面や品質で差がつきにくいものです。

機能や品質に大きな違いがないとはいえ、ヘアケアもスキンケアと同様に、長い間継続的に使用することが大切です。

まずは自分の髪の悩みや髪質に合わせて商品を選び、その中から自分が長期的に使うことを想定し、予算の範囲でヘアオイルを選んでケアを始めましょう。

好みの香りのもの

葉からオイルが滴り落ちる画像

ボタニカルヘアオイルには様々な機能と価格帯がありますが、香りで選ぶ人も増えています。

ボタニカルヘアオイルには植物によるアロマ効果があるため、寝る前につければリラックス効果やストレス解消、就寝時の眠りの質を高めることもできますよ。

また、外出前にボタニカルヘアオイルをつけると、植物由来の優しい香りが髪からふんわりと広がるので、香水やコロンが苦手な人でも、優しくかすかな香りを楽しめます。

ナチュラルに広がる香りが嫌味を感じさせないので、仕事柄、香水などの強い香りものをつけられない人にもおすすめです。

ボタニカルヘアオイルおすすめ3選

自分に合ったボタニカルヘアオイルを選ぶために、以下3つの基準を参考にすることをおすすめしました。

  1. 髪質や目的に沿ったもの
  2. 予算にあったもの
  3. 好みの香りのもの

ボタニカルヘアオイルには様々な種類がありますが、ここではハリツヤ研究所で調査した商品の中から、低価格なのに高品質なボタニカルオイルを厳選して3つ紹介します。

BOTANISTボタニカルヘアオイル モイスト・スムース

※BOTANISTボタニカルヘアオイルには、モイスト、スムースの2つのタイプがあります。

両者の違いはほとんどなく、モイストタイプがしっとりした、スムースタイプが軽いつけ心地という使用感の違いがありました。

最安値価格:1,652円(税込)/80ml

ボタニストヘアオイル(モイスト・スムース)

BOTANIST ボタニカルヘアオイル モイスト(スムース)の特徴

  • 20種類の天然植物オイルをブレンドしたボタニカルオイル
  • ドライヤーの熱を利用した独自技術で髪のツヤUP
  • ベタつかずサラサラとしたつけ心地
香り @コスメ口コミ評価
【モイスト】
アプリコット&ジャスミン
【スムース】
グリーンアップル&ローズ
【モイスト】5.6/7
【スムース】4.2/7
※2017年8月13日時点

ボタニカルのシャンプーで一躍有名になったBOTANISTのボタニカルヘアオイル。

2016年には出荷実績累計が1000万本を突破し、いまボタニカルヘアオイルで話題の商品です。

BOTANISTのボタニカルヘアオイルは他の商品と異なり、植物由来100%ではありませんが、「ヒートアクティブ」と呼ばれる最新技術で、自然な髪のツヤとなめらかな手触りを作り出します

ヒートアクティブはキューティクルと似た物質をドライヤーの熱を利用して作り出すことで、髪の水分保持や、外部からの刺激から髪の保護などの作用をもたらします。

それによって、髪のツヤをアップさせ、さらには紫外線など日常の様々なダメージから髪を守ってくれるのですね。

アップルやピーチなどのフルーティーな香りで、サロンのヘアトリートメントケアを受けているような感覚になり、リラックスしたいときにもおすすめです。


ゆず油 無添加ヘアオイル

最安値価格:770円(税込)/60ml

ウテナ ゆず油

ゆず油 無添加ヘアオイルの特徴

  • 植物由来成分100%!マッサージや全身にも使用できる
  • @cosmeでその他スタイリング部門第1位!※1
  • 伸びや肌のなじみがよく、サラッとした使い心地!

※1 集計期間:2016年3月1日~2016年5月31日(3ヶ月間)@cosmeその他スタイリング部門クチコミランキング

香り @コスメ口コミ評価
自然で爽やかなゆずの香り 5.3/7
※2017年8月31日時点

大手化粧品クチコミサイト@cosmeで第1位の実績をもつ、植物由来100%ゆず油のボタニカルオイル。

石油由来の化学成分を一切含まない無添加にこだわっているため、髪だけでなく頭皮や全身のマッサージにも使うことができます。

通常、植物由来100%のボタニカルオイルはベタつきやすい特徴がありますが、サラッとした使い心地なので使いやすくおすすめです。

大島椿油 (ツバキ油)

最安値価格:1,166円/60ml

大島椿100%オイル

大島椿油 (ツバキ油)の特徴

  • 頭皮やクレンジングにも使える椿油100%オイル
  • 90年愛され続けているロングセラーボタニカルヘアオイル
  • ベタつかずに、しっとり感を残す独自製法
香り @コスメ口コミ評価
無臭 4.8/7
※2017年8月31日時点

大島椿油 (ツバキ油)は、1927年に誕生してから90年愛され続けているロングセラーボタニカルヘアオイル。

椿油100%オイルで、植物由来100%の為、通常はベタつきやすいオイルですが、独自の製法によりしっとり感を残しながらベタつきをおさえます。

また、椿油の大きな特徴は他のボタニカルオイルと比べて効果が実感しやすい点です。

他のどんなオイルよりもうねりに効くため、朝起きると毛先のパサパサ感がなくなり、髪のツヤも増していることが実感できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です