シミはハイドロキノンで消せる?正しい使い方と気になるリスクを解説

頬に手を当てる女性のスキンケアイメージ

シミが気になる人なら一度は聞いたことがある美白成分「ハイドロキノン」。

シミへの効果が高い成分として知られていますが、使い方が難しそうでなかなか手を出せない人も多いのではないでしょうか?

シミにハイドロキノンを正しく使うには、作用やリスクについての知識が必須です。

ハイドロキノンにまつわる疑問・不安をすっきり解消するために、本記事ではハイドロキノンの使い方や化粧品の選び方などを詳しく解説していきます。

シミに効果絶大!ハイドロキノンとは?

保湿クリームを塗っている様子

シミに効く成分として有名なハイドロキノン。

まだまだ化粧品として目にする機会は多くありませんが、インターネットや雑誌などで「シミが薄くなった」「肌が白くなった」などの口コミを目にすると、どんな成分なのか気になりますよね。

ハイドロキノンとは一体どのような成分なのか、詳しく解説します。

自然界にもある成分

ハイドロキノンは、自然界に存在する成分で、イチゴやコーヒー、紅茶、細菌類などに含まれています。

別名「肌の漂白剤」と呼ばれるほど高いメラニン抑制効果を持ち、メラニン生成時に働く酵素「チロシナーゼ」を抑制する力は、アルブチンやビタミンCなど一般的な美白成分の約100倍と言われているのです。

欧米では20年以上前から美白成分として使われてきましたが、日本では皮膚科で処方される薬にのみ配合されてきました。

日本で化粧品に配合されることが許可されたのは2001年の薬事法の改正からで、低濃度ならば(2%以下が推奨されています)市販の化粧品にハイドロキノンを配合できるようになりました。

「美白」成分の枠を超えた成分!

女性が化粧品を手に持っている

日本で長くハイドロキノンが病院でしか使用されていなかった原因は、ハイドロキノンの効果の強さと、取り扱いの難しさにあります。

ハイドロキノンは以下のような特徴があるために、使い方を間違うと皮膚に刺激を感じたり、効果が出過ぎてしまったりといった可能性があるのです。

気をつけるべきハイドロキノンの特性

  • 濃度が濃くなると皮膚への刺激性が高まる
  • 空気に触れると酸化しやすい
  • 光に当たることで変質する

2001年以降、市販の化粧品にも配合されるようになったハイドロキノンですが、いわゆる「美白化粧品」にハイドロキノンが仲間入りしたわけではありません。

実は私達が化粧品を選ぶときに目にする「美白」の表示は、厚生労働省が化粧品として「美白」を謳っても良いと許可した成分が使われている場合に限られています。

厚生労働省が認可した「美白」成分といえば「ビタミンC誘導体」や「アルブチン」「プラセンタエキス」などが有名で「シミやそばかすを防ぐ」といったシミを予防する働きに限られています。

ハイドロキノンは「シミやそばかすを防ぐ」効果に加えて「シミやそばかすを薄くする」という一歩進んだ効果で厚生労働省が認可した「美白」の域を超えてしまっているのです。

ハイドロキノンが厚生労働省認可の「美白」成分でない理由は、その効果の高さから、広く一般の人が「美白」化粧品として使用するにはまだ安全性が確かではないからだと考えられます。

みなさんの記憶に新しい「ロドデノール」による白斑被害などからも分かるように、効果の高い成分はそれだけ危険性も高いですよね。

大手メーカーの化粧品の中に「ハイドロキノン」の文字を見かけることが少ないのも安全性の面からでしょう。

取り扱いに注意が必要なハイドロキノンですが、シミへの効果は群を抜いて高いので、諦めるのはもったいないと思いませんか?

嬉しいことに、ハイドロキノンを安全に使うために「成分として安定させる」「安全な濃度を守る」ことを実現した化粧品がいくつかのメーカーから販売されています。

今後ハイドロキノンはもっともっと身近な化粧品として広まっていくでしょう。

ハイドロキノンの美白作用

花を手に持った女性

ハイドロキノンが他の美白成分を超える働きを持っていることがわかりましたが、具体的にどのような作用を持つのか、もう少し詳しく見てみましょう。

1.メラニン生成を抑制

私達を悩ますシミは、皆さんもよく知っている「メラニン色素」が肌にたまったもの。

メラニン色素は紫外線や化粧品の成分、肌への摩擦などの刺激から肌を守るために、肌自らが作り出しています。

メラニン色素が作られるしくみを見てみましょう。

メラニン色素が作られる仕組み

紫外線などの刺激を受ける

角質細胞がメラノサイトに情報を伝達

メラノサイトが酸化還元酵素「チロシナーゼ」を活性化

「チロシナーゼ」が血液中にあるアミノ酸「チロシン」を酸化させてメラニンを生成

ハイドロキノンはメラニン生成に関わる「チロシナーゼ」の活性を強力に抑えることでシミの発生を防ぎます。

2.メラノサイトの活動を停止させる

ハイドロキノンは、チロシナーゼを活性化させメラニンを作り出す細胞「メラノサイト」に対して毒性を持つことで、メラノサイトの活動を停止させたり、メラノサイトの数を減少させたりする働きがあります。

メラニンを生成する細胞であるメラノサイトの働きが弱まることで、メラニン色素の生成が減りシミができにくくなります。

3.メラニンの還元作用

ハイドロキノンにはメラニン色素を還元する働きがあります。

「還元」とは化学の授業で聞いたことがある人も多いかもしれませんが、酸化した物質を元に戻す働きを指します。

メラニンはチロシンという白色(または無色)の物質がチロシン→ドーパ→ドーパキノン→メラニンという順番で酸化したものです。

ハイドロキノンはチロシンが酸化してメラニンになった過程を巻き戻すようにして、メラニン→ドーパキノン→ドーパ→チロシンと元の白色のチロシンの状態に戻します。

シミはハイドロキノンで消せる?

顔に光が当たっている女性

強力な作用を持つハイドロキノン。

もしかしたら「シミを消すことができるのでは?」と思う方も多いかもしれません。

ハイドロキノンは上に述べたように、メラニン生成を抑えるだけでなく既に肌にあるメラニンを還元(元の無色の状態に戻す)作用があるので、できてしまったシミを薄くすることが可能です。

特に、皮膚科で使用されるハイドロキノンは市販品よりも濃度が高いので、元々が薄いシミならば消えてしまう場合もあるでしょう。

ただし、ハイドロキノンの効果はシミの状態やシミの種類などによって異なるので、すべてのシミが消えるというわけではありません。

シミには原因やできている場所(皮膚の深さ)などによっていくつ種類があり、ハイドロキノンが有効なシミは以下の4種類です。

ハイドロキノンが有効なシミの種類

  • 老人性色素斑
    最も一般的なシミで、紫外線や加齢などが原因。
  • そばかす
    両頬に薄いシミが数多く発生。
    紫外線や遺伝が原因。
  • 炎症性色素沈着
    ニキビや湿疹など肌に炎症が起こった後にできるシミ。
  • 肝斑(かんぱん)
    頬や額などに左右対称に現れるシミで、紫外線によって悪化する。
    レーザー治療すると悪化することも。

皮膚は外側から表皮→真皮→皮下組織という構造になっていますが、ハイドロキノンは皮膚の表皮までしか浸透しません。

真皮に達した炎症性色素沈着や真皮内にできる「後天性メラノサイトーシス(青っぽいシミ)」や「太田母斑(片頬にできる青いシミ)」には効果がないため、自分のシミがどのタイプか見分けることも重要ですね。

【シミ対策】ハイドロキノンの入手方法

スマホを持つ女性の写真

シミを消す効果も期待できる「ハイドロキノン」はシミに悩む人にはとても魅力的な成分ですよね。

ハイドロキノンを入手する方法は「皮膚科で処方してもらう」方法と「市販のハイドロキノン配合の化粧品を買う」方法の2つがあります。

皮膚科で処方してもらう

診察をする医師と女性

ハイドロキノンは皮膚科でのシミやニキビ跡などの治療に長く使われてきました。

市販されている化粧品に配合されているハイドロキノンの濃度は1%~4%くらいですが、皮膚科では医師の指導の元、濃度が5%以上のハイドロキノンが処方できます。

皮膚科でハイドロキノンを処方してもらうメリットデメリットを挙げてみます。

メリット

  • 高濃度のハイドロキノンも使用可能。
  • 医師が診察、指導があるので、シミへの高い効果が期待できる。
  • 肌トラブルが起きたときに医師の診察を受けられるので安心。
  • トレチノイン(ビタミンA誘導体)やレーザー治療など、ハイドロキノン以外のシミ治療と併用が可能。
デメリット

  • シミの治療は保険がきかないので、自費治療になる(診察料数千円とハイドロキノン5gで5,000円前後が必要)。
  • 通院の手間が必要(通院の度に診察料が必要)。

皮膚科でハイドロキノンを使用する最大のメリットは市販品よりも濃度が高いものを、医師指導の元、安全に使用できること。

また、皮膚科でのシミの治療はハイドロキノンを単独で使うというより、肌のターンオーバー促すトレチノインやレーザー治療と併用する場合が多く、より効果的にシミにアプローチすることができます。

市販のハイドロキノン配合の化粧品を購入する

ビーグレンフルセット1

ハイドロキノンには興味があるけれど、皮膚科での治療はお金もかかるしハードルが高い…という人も多いですよね。

皮膚科で処方されるハイドロキノンよりは低濃度になりますが、市販のハイドロキノンを配合した化粧品を利用することで、シミを改善することもできます。

市販のハイドロキノン化粧品の選び方

ハイドロキノンは上で述べたとおり、成分としての安定性が低く、濃度が高いと肌への刺激がある成分です。

シミ対策にハイドロキノン配合の化粧品を選ぶ際は、メーカーや品質などが信頼できるものか、慎重に選ぶようにしましょう。

1.濃度は1~2%以下のものを

ハイドロキノンは濃度に比例してシミへの効果が高くなり、肌への刺激性も強くなります。

市販のハイドロキノン化粧品は濃度が1%~4%のものがほとんどですが、初めてハイドロキノンを使用する場合は、濃度が2%以下のものを使用するようにしましょう。

2.ハイドロキノンの安定性もチェック

ハイドロキノンの特徴は「酸化しやすく」「光で変質しやすい」ことですが、化粧品メーカーによっては、独自の技術でハイドロキノンの安定性を高めている場合があります。

濃度だけでなく、安定性が高い状態で配合されているかを商品のHPなどでチェックすることが大切です。

3.口コミをチェック

化粧品の信頼性を見る方法として、商品の口コミを必ずチェックしましょう。

実際に使用した人の声から、シミへの期待できる効果や、起こりうる副作用などが見えてきます。

おすすめのハイドロキノン配合の化粧品

【低濃度でも浸透率が高いハイドロキノン】
ビーグレン ホワイトケアトライアルセット
b.glen ホワイトケア

1,944円(税込)

ビーグレン ホワイトケアトライアルセットの特徴

  • 安定性の高いハイドロキノンを9%配合し、できてしまったシミを改善
  • 独自のナノカプセルQuSome®で成分が肌の奥(角層まで)浸透
  • Cセラムにはシミに働きかける「ピュアビタミンC」を配合

ビーグレンはアメリカ発の薬学博士が開発した化粧品です。

独自に開発したQuSomeカプセルに有効成分を入れることで、肌の奥深くまで成分が届き、長く留まって効果を発揮することが可能になりました。

シミに働きかけるハイドロキノンをQuSome化することで、安定性と浸透性を高め、低刺激性も実現しています。

ビーグレンの通信販売は365日間の返品・返金保証が付いているので万が一肌に合わない場合や、効果が実感できないといった場合、トライアルセットでも返品・返金が可能。

安心してお試しすることができますね。

ホワイトケア トライアルセットの内容

  • クレイウォッシュ 15g
  • QuSomeローション 20mL
  • Cセラム 5mL
  • QuSomeホワイトクリーム9 5g
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム 7g

【シミ対策】ハイドロキノンの使い方と注意点

成分表示を確認する女性

皮膚科でハイドロキノンを処方してもらう場合は、使用量や使用方法などを細かく医師に指導してもらえますが、市販の化粧品を買った場合は副作用が起きないように自分でシミの状態をしっかり観察する必要があります。

ハイドロキノンを使用する場合は、以下に紹介する使用方法や注意点を必ず守るようにしてください。

ハイドロキノンの使い方

1.パッチテストを行う

ハイドロキノンは低濃度でも人によっては肌に刺激を感じることがあります。

初めて使用する場合はかならずパッチテストを行うようにしましょう。

パッチテストの方法

  1. 腕の内側など、日光が当たらない場所に化粧品を少量塗る。
  2. 付けてから30分後に赤みや炎症がないかをチェック。
  3. トラブルがなければ上から絆創膏などでカバーしそのまま24時間放置。
  4. 24時間後に絆創膏を剥がして、赤みや炎症がないかをチェック。

肌に赤みや炎症が出た場合は、ハイドロキノンに肌が反応している可能性が高いので、使用を中止します。

ハイドロキノンを使用できるかどうかの判断に迷う場合は、使用した化粧品を持って皮膚科で相談するといいでしょう。

2.使用量・使用法などを必ず守る

市販のハイドロキノン配合の化粧品は、配合濃度が低いので付けてすぐに副作用が起きるということは少ないですが、間違った使用量や使用法で長期間使用すると、重大な副作用を起こす可能性があります。

必ず商品に添付の説明書を読み、使用量や使用方法を守るようにしましょう。

ハイドロキノン使用中は紫外線の影響を受けやすくなるので、ハイドロキノンの使用は夜のみの使用が基本です。

また、ハイドロキノンは顔全体に塗るのではなく、シミにスポット的に使用します(濃度が低いもので顔全体に使用可能な商品もあります)。

3.肌の状態を整えてから使用する

ハイドロキノンは肌に刺激がある成分なので、洗顔後すぐの肌に使用すると刺激を感じる場合があります。

必ず、化粧水や乳液でしっかり保湿してから使用するようにしましょう。

ハイドロキノンを使用する際の注意点

看護士が指をたててポイントを説明している

今あるシミに働きかけるハイドロキノン。

効果が高い反面、使い方を間違うとかえってシミが目立ったり、新たなシミを作ることも…。

皮膚科で処方を受ける場合は、トラブルがあった場合医師に相談が可能ですが、自宅でハイドロキノンを使用するときは、使用中に肌の状態を注意深く観察する必要があります。

ハイドロキノンを使う場合に注意すべきポイントを解説します。

1.高濃度のものは使用しない

海外製のハイドロキノン配合の化粧品の中には、皮膚科と同じくらいの濃度(5%~10%)の商品も販売されていますが、自宅で使用するには高すぎる濃度なのでおすすめできません。

2.2~3ヵ月使用したら1か月は休む

ハイドロキノンはたとえ低濃度であっても、長期間使用するとメラニン抑制効果が強く働きすぎる可能性があります。

使用を継続する期間は長くても3ヵ月にして、必ずハイドロキノンを使用しない休止期間を1か月ほど設けるようにしましょう。

3.紫外線対策を忘れずに

ハイドロキノン使用中はメラニンの生成が抑えられるので、外出時にしっかり紫外線対策を行わないとシミが濃くなってしまう場合があります。

日焼け止め(SPF20 PA+++以上のもの)を使用したり、マスクを使用するなどしてシミの部分に日光が当たらないように気をつけてください。

4.保存方法に注意する

ハイドロキノンは酸素や光で変質する性質があるので、保管する際は「酸素に触れないようにする」「光に当てないようする」ことを守りましょう。

使用後は容器の蓋をしっかり閉め、直射日光が当たらない場所に保管します。

また、一度開封した商品は使用期限を必ず守り、使用期限の記載のないものは2ヶ月を目安に使用を終えるようにしましょう。

5.皮膚に異常があればすぐに皮膚科を受診

ハイドロキノンは肌に働きかける作用が強い成分なので、副作用が出る場合があります。

副作用と思われる症状が出た場合は使用を中止して、皮膚科を受診するようにしましょう。

【ハイドロキノンの副作用①】赤み・かゆみ・炎症

ハイドロキノンの使用中は、シミに働きかける過程で多少の赤みが出ることがありますが、数日様子を見ると落ち着いてくる場合がほとんどです。

「付けてすぐに赤みが出る」「赤みがどんどんひどくなる」、「かゆみや炎症が強くなってくる」といった場合は副作用の可能性が高いと考えられます。

【ハイドロキノンの副作用②】シミが濃くなる

ハイドロキノンを使い続けていると「前よりもシミが濃くなる」という場合があります。

ハイドロキノンを塗った場所は強力にメラニン生成を抑制するために、紫外線から肌を守る働きが落ち、紫外線の影響を受けやすくなってしまうのです。

ハイドロキノンを使用時は必ず日焼け止めを使用するようにしましょう。

また、ハイドロキノンを使用すると、シミだけでなく周りの皮膚のメラニンの生成も抑えられるので、シミの周りの皮膚が白くなりシミが濃くなったように見える場合があります。

【ハイドロキノンの副作用③】白斑

高濃度のハイドロキノンを使用した場合や長期間(3ヵ月以上)使用した場合にメラノサイトの活動が完全に止まってしまい、「白斑」といって肌が白く抜けてしまう副作用が起こることがあります。

白斑に関しては、ハイドロキノンに名前が似た成分の「ハイドロキノンモノベンジルエーテル」という成分が白斑の副作用が多く化粧品への配合が止されていますが、ハイドロキノンとは全く別の成分です。

ハイドロキノンに関しては「白斑が出た」という報告や、注意喚起などはされていませんが、商品の口コミの中には稀に「白斑らしいものが出た」という人もいるので、肌の状態をよく観察しながら使用することが大切です。

白斑らしきものが現れた場合は、すぐに使用を中止し皮膚科を受診するようにしてください。

ハイドロキノンは正しく使えばシミを改善できる!

鏡を見ながらメイクする女性

紫外線対策をしたり、美白化粧品を使ったり…色々とシミ対策をしていても、シミができてしまうことがありますよね。

ハイドロキノンはシミへの効果が高い反面、「取り扱いに注意が必要」な成分です。とはいえ欧米では広く美白成分として使用されていることもあり、正しく使えば恐れる成分ではありません。

どうしても不安な方は皮膚科で処方してもらうことをおすすめします。

「是非自分で試してみたい」と思ったあなたは、濃度や成分の安定性にとことんこだわって、安全なハイドロキノン配合の化粧品選んでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です