敏感肌でも使える!アンチエイジング化粧品の選び方

シワ、たるみ、乾燥…年齢とともに増えるエイジングサインに働きかける化粧品はたくさんあります。

しかし、敏感肌の方でも安心して使える化粧品選びには、成分や特徴を把握することが大切です。

今回は、敏感肌の人でも安心してお使いいただけるエイジングケア化粧品を紹介します。

敏感肌のためのアンチエイジングについて

敏感肌の場合、季節や体調、ストレスによって化粧品が肌に合わない場合があります。

肌に合うアンチエイジング化粧品を見つけるためにも、まずは敏感肌がどういった状態なのかをきちんと把握し、改善していきましょう。

敏感肌の原因とは?

乾燥肌・敏感肌(オリジナルイラスト)

敏感肌の主な原因は肌の乾燥です。

人の肌は、皮脂腺から分泌される皮脂と、汗腺から分泌される水分(汗)が混ざり合うことでできる「皮脂膜」によって潤いが保たれています。

この皮脂膜は天然の潤いヴェールのようなもので、肌内部(表皮)の水分の蒸発を防ぐ役割を持っています。

しかし、洗顔のしすぎや紫外線などの影響で皮脂の分泌が減ると、皮脂膜の形成が困難になります。

そして、肌内部の水分がどんどん蒸発します。

このように、皮脂量が減り、皮脂膜の形成がうまくいかなくなることによって肌が乾燥してしまうのです。

では、肌が乾燥するとなぜ敏感肌になってしまうのでしょうか。

肌の最も外側にある角質層と呼ばれる層には、肌の水分を抱え込むNMF(天然保湿因子)や、水分量をキープする細胞間脂質が存在しており、これらの成分が満たされることによって紫外線やストレスなどのダメージから肌を守るバリア機能が働きます。

しかし、肌の油分(皮脂)が奪われることで外部にNMFが流れ出てしまうと、肌のバリア機能が失われることによって、肌が刺激を受けやすく敏感になってしまうのです。

また、肌のバリア機能が失われる原因は乾燥だけではありません。

栄養が不足することで細胞間脂質の生成がむずかしくなるため、肌が敏感になる場合もあります。

敏感肌をケアしながらアンチエイジングに取り組む

敏感肌を改善しながらアンチエイジング効果を得るのならば、まず肌のバリア機能を正常化させましょう。

肌のバリア機能は、NMFや細胞間脂質が満たされることによって機能するため、これらの成分に似た性質を持つ成分を補わなくてはなりません。

NMFの場合はアミノ酸、細胞間脂質の場合はセラミドなどが挙げられます。

そして、スキンケアで与えた水分を逃がさないためにも、肌表面の皮脂膜に似た性質の成分を補いましょう。皮脂膜に似た成分はスクワランやホホバ油などが挙げられます。

また、敏感肌の場合はスキンケア化粧品の成分によって強い刺激を感じることがあります。

肌に刺激を与えないためにも、刺激性の強いアルコールや合成の添加物(香料や着色料、合成界面活性剤など)が含まれていない処方のエイジングケア化粧品で肌をいたわりましょう。

敏感肌・乾燥肌の改善に役立つ成分
アミノ酸、セラミド、グリセリン、ヒアルロン酸、コラーゲン、レシチン、スクワラン、ホホバ油など

アンチエイジングとは?肌老化の3大原因&対策について

アンチエイジングとは、簡単に言えば肌の老化対策のこと。

例えば、加齢の影響によるシワやたるみ、乾燥やシミなどが挙げられます。

肌老化を招く原因は、大きく分けて三つあります。

それは、「光老化」「酸化」「乾燥」です。

それぞれの原因に合わせたケア方法やエイジングケア用の化粧品、悩みにアプローチする配合成分を紹介します。

光老化を防ぐための紫外線対策

 

肌の老化に最も大きい影響を与えるのは、紫外線によるダメージです。

紫外線を浴びると、肌本来の防御反応により色素細胞(メラノサイト)からメラニン物質が生成され、シミやくすみの原因になります。

さらに、波長の長い紫外線はたとえ室内にいても窓ガラスを通り越して肌の真皮に侵入します。

すると、真皮にあるコラーゲンやエラスチンが破壊され、肌のたるみや毛穴開きを起こしてしまうのです。

このように、紫外線により肌のたるみやシワ、くすみなどを総称して「光老化」と呼びます

光老化を防ぐには、日焼け止めなどのUV化粧品で紫外線ダメージを防ぐこと。

そして、メラニンの生成を抑えてシミやくすみを防ぐ美白成分(ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、グリチルリチン酸2Kなど)を配合した化粧品で念入りにスキンケアを行いましょう。

光老化によるシミなどの予防・改善に役立つ成分
ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、グリチルリチン酸2K、アルブチンなど

肌の酸化を防ぐ抗酸化対策

加齢による影響はもちろん、ストレスや紫外線、乱れた生活習慣などが原因で体内に発生してしまう活性酸素は、体内の細胞を錆びつかせて代謝の低下を招くため、肌のターンオーバーが滞り肌老化の原因となります。

肌のターンオーバー(または新陳代謝)とは、約28日周期で肌が生まれ変わること。

肌の深部から押し上げられた古い角質(角質細胞)が垢となって剥がれ落ちることで、内側から新しい肌へどんどん生まれ変わるのです。

しかし、活性酸素により肌のターンオーバーが滞ると、肌の表面に古い角質が溜まってしまい、乾燥やくすみ、ごわつきを引き起こします。

活性酸素を除去して肌のターンオーバーを促進するためには、抗酸化作用のある成分(プラセンタ、ペプチド、レスベラトロールなど)を配合した化粧品を使い、刺激を与えないケア方法で丁寧なお手入れを行いましょう。

肌のターンオーバー正常化に役立つ抗酸化成分
プラセンタ、ペプチド、レスベラトロール、アスタキサンチン、コエンザイムQ10、ビタミンC誘導体など

乾燥ダメージから肌を守る保湿対策

紫外線や外気の乾燥などが原因で肌の水分が奪われてしまうと、肌がつっぱり小じわの原因になります。

さらに、潤いが不足することで肌のターンオーバーが滞ってしまうと、たるみやくすみの原因にもなってしまうのです。

特に敏感肌の場合、肌の乾燥を防ぎ、角層内の潤いを満たすことが肌質の改善につながります。

皮脂膜、細胞間脂質、NMFに似た性質を持つ保湿成分を補いながら、肌の乾燥を防ぎましょう。

敏感肌でも使えるアンチエイジング化粧品を紹介

敏感肌をケアしながら年齢肌に働きかけるアイテムの一部を紹介します。

あなたの肌質や肌トラブルに近いものを選びましょう。
(※肌に優しい処方ですが、すべての肌質に合うわけではないため、使用前は必ずパッチテストを行ってください。)

Mediplus メディプラスゲル

80g 3996円(税抜)

メディプラスゲル特徴

  • オールインワン化粧品
  • 8項目の無添加(合成界面活性剤・アルコール・旧指定成分・香料・着色料・アルコール・パラベン・鉱物油)
  • ビタミンC、プラセンタなど66種類の美容成分配合

メディプラスは、化粧水・乳液・美容液・クリームの4役が1つになったオールインワンゲル。

肌のターンオーバーを手助けするビタミンCやプラセンタ、角層内の水分を抱え込むヒアルロン酸やコラーゲンなど66種類の美容成分を配合しています。

また、石油系界面活性剤やアルコールなど8項目の化学成分を一切使用しておらず、敏感肌の方でも使いやすい処方が特徴です。

ハリや弾力をもっと高めたい方は、本製品の主要な美容成分50種類を4倍量も配合した栄養クリーム「メディプラスゲルDX」もお勧め。

ETVOS モイスチャライジングセラム

50ml 4320円(税込)

モイスチャライジングセラム特徴

  • 保湿美容液
  • 6項目の無添加(シリコン・石油系界面活性剤・パラベン・鉱物油・合成香料・着色料)
  • NMF、5種のヒト型セラミド配合

ミネラルコスメを多く展開するエトヴォスのモイスチャライジングセラムは、肌のバリア機能に欠かせないNMF、また5種のヒト型セラミド配合化粧品です。

ヒト型セラミドとは、人の肌に存在するセラミドと同じ構造をしているのが特徴で、肌なじみや浸透力に優れています。

さらに、肌の水分を保持するため乳液としての役割も果たします。

低刺激処方で、肌に対するダメージも軽減。肌の乾燥や小じわが気になる方、刺激を感じやすい肌質の方におすすめの化粧品です。


BIRAI ソワン

30ml 7420円(税込)

ソワン特長

  • 毛穴専用美容液
  • 6項目の無添加(着色料、香料、鉱物油、合成界面活性剤、アルコール、パラベン)
  • 高浸透型APPS配合

毛穴を引き締める毛穴専用の美容液です。

ビタミンC誘導体の中でも浸透力に優れたAPPSが毛穴の奥までアプローチし、たるみ毛穴や黒ずみ毛穴、角栓トラブルを改善に導きます。

また、APPSはコラーゲンの生成をサポートする働きも期待できるので、肌全体のたるみ改善にぴったり。

さっぱりした使用感で皮脂の分泌量を抑える働きがあるため、乾燥が気になる方は保湿力に優れた化粧水やクリームを併用することをおすすめします。


まとめ

どれだけ低刺激のアンチエイジング化粧品を使っても、使い方次第で肌に刺激を与え、逆効果になる場合があります。

特に気をつけなくてはならないのが、肌に対する摩擦です。

敏感肌をいたわるためにも、コットンではなく素手で化粧水をつけ、顔を包み込むようにして塗布するのがポイントです。

体温のぬくもりで成分の浸透もアップするので、ぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です