時短メイクに役立つオールインワンゲル!おすすめゲルと上手な使い方

子供を抱えてアイロンをする忙しい女性

メイク前にいくつものスキンケア用品を使用して保湿をしますが、オールインワンゲルならスキンケアからメイクまでの時間が短縮できますよ。

本記事では、口コミで人気のおすすめオールインワンゲルや、塗るときのコツや裏技を紹介します。

オールインワンゲルのメリット・デメリット

【メリット1】基本のスキンケアが1つでできる

メイク前に化粧水や乳液、さらには美容液やクリームなどを使って保湿しますが、基本のスキンケアをするだけでもかなりの時間と手間がかかってしまいます。

しかし、オールインワンゲルなら化粧水や乳液などの保湿の段階を1度に済ませることができ、基礎化粧品をそれぞれ揃えなくても済み、ボディケアにもたっぷり使えて経済的。

旅行や出張などのときもオールインワンゲルだけ持っていけばいいので、持ち運びも大変便利です。

【メリット2】忙しい女性に嬉しい時短スキンケア

たくさんの時計の文字盤

育児中の女性は特にお風呂上りなどにゆっくりスキンケアをすることが難しいですが、オールインワンゲルなら1度で保湿が完了するので、子どもの着替えの手伝いなどを済ませている間に肌が乾燥することがありません。

また、オールインワンゲルには、化粧水や乳液などの保湿機能のほかに、化粧下地としての働きをもつものもあります。

化粧下地まで1つになったオールインワンゲルを塗れば、メイク時間が節約できるので忙しい女性にピッタリのアイテムです。

【メリット3】肌への負担を軽減

鏡をのぞきこむ外国人女性

顔の皮膚は身体の皮膚と比べると薄いので、過度な刺激は肌への負担が大きくなります。

肌への負担が大きいと摩擦で炎症が起きてしまったり、肌表面で紫外線や異物の侵入を防ぐ働きがあるバリア機能が低下したりして、肌の乾燥・シミ・シワ・たるみの原因となることがあります。

オールインワンゲルなら、1回の保湿で肌を触る回数が一度で済むので、化粧水や乳液を使用して保湿するときよりも、肌の擦りすぎを防ぐことができます。

【デメリット1】化粧崩れの原因になることがある

消しゴムを手で持って字を消している

オールインワンゲルを塗ってすぐにメイクをすると、ファンデーションとゲルが混ざってしまうことが原因でファンデーションがよれてしまうなど、上手くメイクができないことがあります。

ゲルのプルプルした状態を保持する「カルボマー」という成分が配合されていることと、肌に塗る摩擦で固まることが原因で、“モロモロ”という消しゴムのカスのようなものが出やすくなるという事例もあげられています。

できてしまった”モロモロ”とファンデーションが混ざってダマになってしまい、ファンデーションが肌に馴染まずにメイクが崩れる原因になってしまうのです。

さらに、BBクリームを併用して塗ると、オールインワンゲルの成分や油分と反応してモロモロができやすくなるので、オールインワンゲルを使ったときはBBクリームの使用は控えた方が良いでしょう。

油分が多いBBクリームやリキッドファンデーションよりも、パウダーファンデーションやルースパウダーを、ブラシを使ってやさしく付ける方が、メイクがきれいに、ナチュラルに仕上がりやすいのでおすすめです。

【デメリット2】保湿効果が弱いと感じることも

化粧水・乳液・美容液などそれぞれの成分が満遍なく働くようにできているので、基礎化粧品の単体に比べると保湿やエイジング効果などの使用感が物足りなく感じることがあります。

その場合、保湿・アンチエイジング・シミ対策など、自分の求める効果が得られるタイプのオールインワンゲルを選ぶか、他のスキンケア用品をプラスして使うといいでしょう。

オールインワンゲルの正しい使い方

メイク前はしっかり乾かしてから使う

化粧品クリームを顔に塗った女性のイメージ写真

オールインワンゲルをメイク前に使うときは、ファンデーションのよれを防ぐためにゲルがきちんと乾いてからメイクするのがポイントです。

パッケージに記載されている使用量を守り、下から上に、内側から外側に向かって塗り、最後に手でやさしく押さえてから少し時間をおいてメイクをしましょう。

時間がないときは、ゲルを塗ったあとにティッシュオフすることで、少々時間を置いても肌に浸透せずに残ってしまった余分なゲルがティッシュに移るので、すぐにメイクができてファンデーションがヨレにくくなりますよ。

メイク直しには薄く塗る

鏡を見ながら口紅を塗る女の子

メイクを直すときにオールインワンゲルを使う場合、夜の保湿時よりも少なめに取って顔に薄く塗っていきましょう。

肌の表面のべたつきがなくなったら、ルースパウダーやフィニッシュパウダーなどで押さえれば、きれいにメイクを直すことができます。

おすすめのオールインワンゲル3選

メディプラスゲル

180g/約60日分

価格:初回限定2,996円(税込)

メディプラスの商品紹介の画像

メディプラスゲルの特徴

  • いやなベタつきはなく、もちもちに肌がうるおって化粧前にも最適
  • 1本4役で66種類の美容成分配合
  • 初回は1,000円オフで30日間返金保証

メディプラスゲルは、ひどい敏感肌で肌トラブルを抱えていたという、開発者でもある恒吉明美代表のこだわりを込めたオールインワンゲル。

3種類のセラミドとヒアルロン酸・2種類のコラーゲン・15種類のアミノ酸・プラセンタエキス・ビタミンC・その他40種類の美容成分を合わせた計66種類の美容成分が1本に凝縮しています。

化粧水・乳液・美容液・クリームの1本4役なので肌への摩擦を軽減。

口コミでは「低価格なので顔以外にもたっぷり使える」「1つで肌がもっちりと潤う」「肌の調子が良くなり同窓会でも大絶賛だった」と高評価をつけています。

使ってみて自分の肌に合わない・効果がでない場合、商品を使い切っても30日以内であれば返金してくれるので、たっぷりお試しできるのもうれしいポイントです。

フィトリフト

50g/約30日分 

価格:4,600円(税抜)

フィトリフトの商品画像

フィトリフトの特徴

  • 化粧水やパックなど5役の機能を持ち、化粧前の時短に最適
  • コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミドなどの美容成分を99.7%配合
  • ハリネットポリマーが肌の弾力を向上させる

フィトリフトは、化粧水・乳液・美容液・クリームに加えてパックの成分が入った1本5役の多機能オールインワンゲルです。

さらにはハリネットポリマーという復元力の高い形状記憶ジェル配合なので、肌の外側からネットを張り巡らすようにして老化でゆるんだ肌弾力を補強し、肌のハリを向上してくれます。

アンチエイジングに効果的といわれる白金ナノコロイドも配合し、αリポ酸やコエンザイムQ10をしのぐほどの抗酸化作用があるということで、皮膚の専門医が研究・開発に参加して作られたドクターズコスメにも使用されているなど、エイジングケアをこれ1つでできる万能アイテムです。

参照:医療法人 恵聖会クリニック~プラチナナノコロイドとは~

ドクターシーラボ アクアコラーゲンゲルエンリッチリフトEX

50g/約1か月分 

価格:4,644円(税込)

ドクターシーラボアクアコラーゲンゲルエンリッチリフトEXの商品イメージ

ドクターシーラボ アクアコラーゲンゲルエンリッチリフトEXの特徴

  • たっぷりのうるおいで、乾燥肌さんの化粧前の保湿にもぴったり
  • ヒアルロン酸やコラーゲンEXで肌のうるおいアップ
  • 1本8役でハリ・ツヤ・潤い・キメを整えるなどシンプルスキンケアが可能

アクアコラーゲンゲルエンリッチリフトEXは、肌がたるむ原因に着目し、潤い・キメを整える・ツヤを与える・肌を守る・引き締めるなど「上向き肌」へ導くようアプローチ。

ドクターシーラボの独自成分である「金のコラーゲンEX」が内側からふっくらと肌を持ち上げ、3Dコラーゲンや3Dヒアルロン酸など豪華な成分が肌を引き締めてリフトアップ効果をもたらします。

ほかにもドクターシーラボでは、様々な肌の悩みに応えるオールインワンゲルを用意。

シミやくすみにアプローチする薬用*美白ゲル、保湿に特化したスーパーアクアモイスチャーEX、毛穴を引き締めてキメを整える高浸透のVC100ゲル、低刺激の敏感肌用オールインワンゲルなどから自分の悩みに合ったゲルを選べます。

*美白とはメラニンの生成を抑え、日焼けによるシミやそばかすを防ぐということです。

オールインワンゲルでできる効果的な保湿の裏技

ラップパックでより浸透

クリームを肌にのせて目をとじている女性

朝は保湿した後すぐにメイクをするのでおすすめできませんが、オールインワンゲルとラップを使って夜のスペシャル美肌ケアをすることができます。

鼻と口が呼吸できるようラップに穴を開け、オールインワンゲルをたっぷり塗って10分程度パックするだけで保湿効果が上がりますよ。

ラップを使ってパックをすることで、塗って保湿するよりも浸透効果が高まるので、保湿に有効な美容成分がっているオールインワンゲルで行うのがおすすめです。

お風呂でパックなら時短もできる

花の浮いた浴槽の画像

入浴中は毛穴が開き、美容成分が浸透しやすくなっているので、湯船に浸かっている時間を利用して同時にパックすることがおすすめです。

洗顔料などで顔の汚れや余分な皮脂を落としたら、オールインワンゲルをたっぷり塗ってお風呂に浸かり、あとはぬるま湯で洗い流しましょう。

お風呂上がりにもオールインワンゲルを塗ってしっかりと保湿すれば、翌朝の化粧ノリが変わりますよ。

他のスキンケア用品と併用も可能

サプリメントのカプセル

どうしてもオールインワンゲルだけでは保湿力の面から使用感に満足できないというときは、保湿配合されたスキンケア用品と併用するのがおすすめです。

朝など時間がないときはオールインワンゲルのみを、夜の時間があるときはオールインワンゲルと他のスキンケア用品と併用するなど、使い方を変えると自分の生活リズムに合わせて効果的に保湿することが可能です。

化粧水や美容液を使いたいときは最後にオールインワンゲルを、クリームを使いたいときは先にオールインワンゲルを使ってからクリームを塗り、表面がべとつかなくなったらメイクに取り掛かりましょう。

まとめ

オールインワンゲルはとても便利なスキンケア用品ですが、使い方を間違えるとメイク崩れの原因になってしまいます。

正しく使って忙しい朝のメイク時間を節約しましょう。

他のスキンケア用品と合わせることで、さらに保湿効果を上げることもできるので、オールインワンゲルだけでは保湿力が足りないときは、他の化粧水・美容液・クリームなどで補って、使う順番に気をつけてスキンケアしてくださいね。

おすすめ記事