もう安心!敏感肌でも使えるミルククレンジング5選

両頬に当てて笑う女性

ちょっとした刺激で痒くなったり、赤くなったり、敏感肌にとってはクレンジング一つ選ぶことすら一仕事ですよね。

クレンジングはスキンケアの第一段階でありながら、肌に負担がかかる行為でもあります。

そこで今回は敏感肌でも比較的肌に負担無く使用できる『ミルククレンジング』について話していきます。

敏感肌にとってミルククレンジングがおすすめされる理由や正しいクレンジング方法を理解して、健やかな肌を目指しましょう。

敏感肌には肌に負担が少ないミルククレンジングがおすすめ

クレンジングには、オイルタイプ、シートタイプ、ミルクタイプ、ジェルタイプ、クリームタイプ、水タイプなど洗浄力にあわせて様々な種類があります。

これ以外にも、部分用のクレンジングなど、用途に合わせたクレンジングの種類があります。

では、なぜ敏感肌にとってミルククレンジングがおすすめなのでしょうか。

敏感肌にミルククレンジングがおすすめの理由

敏感肌は肌のバリア機能が弱まっている状態で、些細な刺激も感じてしまいます。

ミルクタイプのクレンジングは乳液のような質感で、肌への摩擦負担が少ないため、敏感肌におすすめです。

クレンジングは基本的に油性のメイクを落とす油分と、油分を水で洗い流す時に必要な界面活性剤が含まれています。

洗浄力の強いオイルクレンジングやリキッドクレンジングは界面活性剤が多く含まれているのに対し、ミルククレンジングは界面活性剤の量が比較的少ないのです。

また、ミルククレンジングの中でも界面活性剤を使用していない商品もあり、オイルなどのクレンジングに比べると、肌負担が少ないものが多いので、敏感肌の人も安心して使用できます。

敏感肌はクレンジングから見直そう

そもそも敏感肌とは、特定できる病気ではなくストレスや疲れなどが原因で、外界からの刺激を守る役割をしているバリア機能が低下して肌が敏感になっている状態のことを指します。

たとえば、髪の毛があたったというような少しの刺激で赤みがでたり、いつも使用している化粧品が季節の変わり目などで急に合わなくなったなど肌に異常がでる状態を指します。

肌が敏感になると生活や使用しているスキンケアを見直し一刻も早く改善したいですよね。

しかし、メイクを落とす段階で肌を傷つけてしまったら、いくら良い化粧水や美容液など使用していても効果が発揮できません。

スキンケアの土台はメイクを落とすクレンジングから始まっているという意識を持ってクレンジングを見直すことからはじめましょう。

敏感肌におすすめ!肌に優しいミルククレンジング5選

敏感肌がクレンジング選びに着目するべきなのは、クレンジングをする際、肌摩擦が少なくて保湿ができるということです。

また、成分にも着目し、できるだけ肌負担が少ない成分が配合されているクレンジングを選ぶのもポイントです。

今回は、5つのミルククレンジングを紹介していきます。

・敏感肌で肌が乾燥し、こわばって硬く感じている人→ACSEINE(アクセーヌ)へ

・現在使用しているクレンジングで洗ったあとのつっぱりをどうにかしたい人→ライスフォースへ

・天然由来の力を肌に感じながら潤いを与えたい人→shiro(シロ)へ

・敏感肌用の無臭のではなく植物由来で、ほのかな香りに癒されたい人→Terracuore(テラクオーレ)へ

・石油系などの界面活性剤等を使用していないクレンジングが良い人→Arouge(アルージェ)へ

ACSEINE(アクセーヌ) ミルキィ クレンズアップ

ライスフォースミルククレンジング画像

120g 3024円(税込)

アクセーヌ ミルキィ クレンズアップ特徴

  • 油分の多い乳液タイプなので肌なじみが良く、余分な摩擦がなくメイクに馴染む
  • 角質柔軟成分が配合されていてごわごわして硬くなった皮膚を和らげる効果があるため、化粧水が浸透しやすい肌へと導く
  • メイクの汚れとともに、肌トラブルとなる角質を洗い流してくれるため、肌のターンオーバーを正常に整える

アクセーヌは化粧品アレルギーや敏感肌で悩む女性のために、皮膚科専門医とともに低刺激にこだわって化粧品を研究、開発しているブランドです。ミルキィクレンズアップも低刺激の無香料、無着色、アルコールフリーでつくられたミルククレンジングです。

ミルキィクレンズアップはメイク汚れを落とすだけではなく、ミルキィクレンズアップに含まれる角質柔軟成分が不要になった角質を刺激無く落とすことが出来るので、使い続けると肌が潤いに満ちて、柔らかくなります。


ライスフォース クレンジングミルク

120g 3780円(税込)

ライスフォース クレンジングミルクの特徴

  • ライスフォース独自の米由来である高保湿成分『ライスパワー2』が配合されていて、軽く馴染ませるだけでメイクが落とせる
  • クレンジング後に、潤い膜である『ミツロウ』が肌にうるおいヴェールをコーティングするので、メイクを落とした後もツッパリが気にならない
  • 伸びが良く、肌に優しい質感で、些細な刺激で肌に違和感を感じる敏感肌の人でも安心して使用することができる

敏感肌や乾燥肌に定評があるライスフォースから新たに誕生したミルククレンジング。

肌に必要なうるおいを残しながら、メイクのよごれを落とすので、バリア機能が弱まった肌にも負担が無く使用できます。

ライスフォースの高保湿成分であるライスパワーNo.2エキスがクレンジングでも堪能できる贅沢な一品です。


shiro(シロ) かごめ昆布クレンジングミルク

shiroかごめ昆布クレンジング画像

120g 4104円(税込)

shiro(シロ) かごめ昆布クレンジングミルクの特徴

  • カゴメ昆布のカゴメエキスが配合されていて、ねっとりした質感が、肌の水分を奪わないようにしているのが実感できる
  • クレンジングを馴染ませていくと、クレンジングがだんだん柔らかく溶けて水のように変化し、メイクの汚れを簡単に落とすことができるので、肌負担が少ない
  • 敏感肌にありがちな無香料ではなく、パルマローザやダマスクローズなどのエッセンシャルオイル配合で癒されながら使用できる

かごめ昆布クレンジングミルクは、日本でとれた、食品のエキスが配合されているのが特徴です。

普段食事でとる栄養を外からのスキンケアでも取り入れて改善して行くのが特徴です。私たち日本人の生活習慣や食べなれたものが成分になっているため、馴染みがよいですね。


Terracuore(テラクオーレ) ダマスクローズ クレンジングミルク

 

テラクオーレクレンジング画像

125ml 3780円(税込)

テラクオーレ ダマスクローズ クレンジングミルクの特徴

  • ダブル洗顔不要なので、肌の摩擦を最小限に抑えることができる
  • オーガニック98%にて作られているので、不要な鉱物油や界面活性剤等は使用されていないため、肌に余計な刺激を与えない
  • 肌がゆらぐ敏感肌のときに、19種類の植物美容成が多角的にアプローチをかけ、透明感のある肌へ導いてくれる

テラクオーレ ダマスクローズ クレンジングミルクは、オーガニックならではの成分のローズの匂いで、使用しているときに心が落ち着きます。敏感肌の原因は、外界からの刺激以外にストレスも関係している可能性があるので、クレンジングをする際の匂いで癒されることも改善の一つです。


Arouge(アルージェ) モイスト クレンジングミルクジェル 

アルージュミルク画像

100g 1620円(税込)

アルージェ モイスト クレンジングミルクジェルの特徴

  • 天然セラミド配合で、肌を保湿しながらメイクを落とすことができる
  • 高保湿成分スクワラン配合で洗い上がりもつっぱらない
  • 肌なじみの良いミルクジェルタイプで、メイク汚れに速やかに馴染むことができ肌への摩擦を抑えることが出来る

モイストクレンジングミルクジェルは、肌のバリア機能を痛めつける石油系の成分や界面活性剤不使用という低刺激なので、敏感肌でも安心して使用できます。

敏感肌必見!肌に優しいクレンジング方法を紹介

肌が敏感になっている時は、美容液やクリームなどスキンケア化粧品で保湿などしてスキンケアを行いがちですが、クレンジングを見直すことが美肌への近道です。

敏感肌にとっておすすめのクレンジングを選んだら、次はクレンジングの方法を見直してみましょう。

肌に優しいクレンジングでも、油性のメイクを落とすために界面活性剤が含まれているので、少なからず負担はあります。

時間をかけたクレンジングは肌の角質層の水分を奪ってしまうので、クレンジングに時間をかけすぎないように、おおよその目安1分以内でクレンジングを終わらせることをおすすめします。

敏感肌の人に限らず、今回紹介するクレンジング方法は肌に負担無く優しくメイクを落とすことが出来るので、是非試してみてください。

【STEP1】手を清潔に保ち、メイクの濃さを確認する

肌が敏感な場合は少しのばい菌に過剰に反応してしまうので、まずは手を清潔にしてからクレンジングしましょう。

そして、朝施したメイクの濃さを確認し、ウォータープルーフのアイメイクをしている場合は、一気にメイクを落とそうとするのではなく、部分用のポイントメイクリムーバーなどでクレンジングしておきましょう。

ミルククレンジングはウォータープルーフのアイメイクなどを落とす洗浄力が乏しいので、先にポイントメイクリムーバーを使用することがおすすめです。

【STEP2】使用量を守ってメイクを馴染ませる

クレンジングの使用量は、説明書などに書かれている使用量を守り、肌に馴染ませましょう。

とくに敏感肌の場合は、クレンジングの使用量が少なすぎると肌に摩擦がおこってしまい、肌への摩擦が角質層を傷つけてしまうので、適量を守りましょう。

そして、クレンジングを始める時、皮脂分泌の多いTゾーンからクレンジングをはじめることがおすすめです。

敏感肌の場合、乾燥している可能性が高い目元や頬からはじめてしまうと、クレンジング料をのせている時間が長く負担になってしまうので、皮脂が比較的多い潤ったところからクレンジングしていきましょう。

【STEP3】クレンジングする時のスピードに注意

速すぎるクレンジングのスピードは、自然とゴシゴシと肌を擦ってしまい刺激を与えてしまう可能性があります。

せっかく肌に負担が少ないミルククレンジングを使用しているので、スピードにもこだわってクレンジングしましょう。

ゆっくり脈を打つスピードのようにくるくるとしてメイク汚れを馴染ませていきましょう。

【STEP4】メイク汚れが落ちてきたらぬるま湯で洗い流す

クレンジングミルクにメイクの汚れが馴染んできたら、32度~34度程度のぬるま湯で洗い流しましょう。

この時に温かいお湯で流してしまうと、必要な油分までおとしてしまうので、乾燥してより敏感肌に導かれてしまいます。

馴染ませたクレンジング剤を洗い流す時、急いで1,2回でばしゃばしゃ落とすのではなく、優しくゆっくりと回数を重ねて落としていきましょう。

【STEP5】タオルで水滴を取り除く際もゴシゴシしない

洗い流したら水分をふき取るタオルの強さも、クレンジング時同様、ゴシゴシしてふき取るのではなく、水分を吸収させるようにおさえて水気を取っていきましょう。

以上順番をしてきましたが、敏感肌の場合、少しの刺激でも感じやすかったり赤みがでたりなどするので、基本的には肌を優しく包み込むような力で触れてあげましょう。

力を入れすぎて摩擦や刺激を与えないように気をつけましょう。

もっと詳しくクレンジング方法を知りたい人はこちら→『正しいクレンジングのための5つのポイント』

まとめ

敏感肌の場合はクレンジング一つでも、自分の肌に合うのか不安になり選ぶのも大変ですよね。

しかし今回話した、ミルククレンジングの場合、肌負担が少ないので、敏感肌の人でも使用できます。

肌負担が少ない分、洗浄力も優しくなるのでメイクが濃い場合はポイントメイクアップリムーバーなどを使用して全体にメイク汚れが残らないようにしましょう。

クレンジングは、肌に一番負担がかかってしまう行為ではありますが、メイクの汚れやメイクと一緒に肌へ付着したほこりなども落とすことが何よりも肝心です。

敏感肌の人は、ミルククレンジングで、パソコンのほこりをとるような優しい力でそっとクレンジングして、肌に負担をかけないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です