ぶつぶつした毛穴を目立たなくするには?原因とスキンケア法をご紹介

頬に手をあてながら鏡をみている女性

肌にぶつぶつができるのは、毛穴の詰まりが原因の1つに考えられます。

毛穴に白いプツプツが詰まったり、毛穴の黒ずみが気になったりといった、毛穴トラブルの悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。

本記事では、こうしたぶつぶつ毛穴の原因や対処方法、おすすめのスキンケア化粧品を紹介します。

肌のぶつぶつは毛穴の詰まりが原因

頬に手をあてる女性

ぶつぶつ毛穴ができてしまうのは、過剰に分泌した皮脂や古い角質、メイク汚れが毛穴に詰まってしまうことが原因です。

過剰に皮脂が分泌すると聞くと、オイリー肌(脂性肌)の人に多い肌悩みなのかと思うかもしれませんが、乾燥肌の人も毛穴詰まりが起こる場合があります。

乾燥しているときの肌は、肌内部の水分不足によって肌表面が固くなり、毛穴が縮んでしまっている状態。

肌が乾燥して毛穴が小さく縮んでいるので、ほんの少しの皮脂量でも毛穴にとって過剰な分泌となり、毛穴に詰まってしまうことが考えられるのです。

また、肌はターンオーバーといわれる仕組みによって、約28日周期で生まれ変わっています。

皮膚の表面の表皮は、奥から順に基底層、有棘層、顆粒層、角質層という4層構造になっていますが、基底層で生まれた細胞が上に押し上げられていき、角質層で垢となって剥がれ落ちることをターンオーバーといいます。

乾燥や加齢などの原因でターンオーバーの周期が乱れてしまい、古い角質が溜まってしまうことも、毛穴が詰まってしまう要因です。

ポツポツした毛穴の白い角栓や黒ずみの原因とは

毛穴 小鼻 黒ずみ 詰まり

小鼻などの毛穴の白いポツポツは古い角質と皮脂などの油分が混ざり合ってできる「角栓」です。

角栓ができるのは、角質が厚くなる過角化が起こることで、不完全な角質が毛穴のまわりに溜まり、皮脂過剰によって開いた毛穴に詰まってしまうのが原因です。

過角化はターンオーバーの周期の乱れやバリア機能の低下によって、肌を守ろうとするのが要因となって起こります。

健康な肌は、肌の表面を皮脂膜が多い、角質層で角質細胞の中の天然保湿因子と角質細胞を埋める細胞間脂質が水分をキープして隙間のない状態とするバリア機能によって、乾燥や紫外線などの外部刺激から守られています。

しかし、乾燥や保湿不足などによって角質層で保持している水分量が減少すると、角質層に隙間ができてしまい、バリア機能が低下してしまうのです。

さらに、角栓が蓄積して酸化して色素沈着したのが、黒ずんだ「いちご毛穴」と呼ばれる状態です。

鼻の黒いぶつぶつが気になっている人も多いのでないでしょうか。

また、紫外線を過剰に浴びたことで肌を守るためにメラニン色素が形成され、毛穴の近くに蓄積していくことも、毛穴の黒ずみの原因です。

毛穴トラブルに悩む人のためのスキンケア方法

ぶつぶつした毛穴の詰まりや、小鼻などに見られるポツポツとした白い角栓や黒ずみなどの毛穴トラブルを改善するために、スキンケア方法と基礎化粧品を見直してみましょう。

毛穴トラブル対策のスキンケア方法

ヘアバンドを付けて洗顔泡を頬につける女性

ぶつぶつ毛穴など毛穴トラブルに悩む人のスキンケアは、肌の皮脂と水分の量を整えて、ターンオーバーの周期の改善を促すことが重要。

そこで、皮脂と水分量に注目したスキンケア方法のポイントを紹介していきます。

クレンジングは「クリームタイプ」がおすすめ

クリームと青い花

ファンデーションなどの化粧品には油分が多く含まれているため、ホコリを吸着させやすく、クレンジングをせずに洗顔だけで済ませると、汚れが毛穴に詰まる原因になります。

油分の多いクレンジング料は肌への刺激が強いため、油分の配合が少ないミルクタイプや油分のバランスがよいクリームタイプのクレンジング料など肌への刺激が弱いものを選んで、メイクを落とすようにしましょう。

洗顔は保湿にこすらずに必要な皮脂を守る

洗顔方法は、肌に必要な皮脂まで奪われてしまわないように、合成界面活性剤が配合されておらず、肌への刺激が弱い洗顔石鹼を使い、肌に必要な皮脂まで流してしまわないように、32℃程度のぬるめのお湯を使って洗うのがコツです。

また、指で肌をこすってしまうことも肌への刺激となるため、洗顔石鹸を十分に泡立てて、泡で洗うようにします。

保湿スキンケアは皮脂分泌をコントロールする成分を

ビタミンC豊富なレモン水の画像

保湿は肌質を問わず、化粧水で肌に水分を与えて、乳液や保湿クリームなどの油分で蓋をするのが基本。

オイリー肌で皮脂が過剰に分泌している場合には、皮脂の分泌を抑制する効果のあるビタミンC誘導体が配合された化粧水がおすすめです。

乾燥肌で肌を守るために皮脂が過剰に分泌している場合には、細胞間脂質の主な成分であるセラミドが配合された化粧水など、保湿効果の高いスキンケア化粧品が向いています。

スペシャルケアは週に1度のピーリングを

ターンオーバーの周期の改善には、ピーリングによって肌の表面の角質をとるのも効果的です。

ただし、ピーリングのやり過ぎは肌への負担になるため、週1回程度を目安とします。

また、シートタイプの毛穴パックは毛穴に詰まった角栓をとることができますが、肌表面の必要な角質や皮脂も奪ってしまうなど刺激が強いのが難点。

肌が乾燥したり、表皮が裂けたりしてしまうなど、肌トラブルを招く恐れがあります。

メラニン色素の沈着による毛穴の黒ずみを防ぐためには、帽子や日傘を使用し、日焼け止めやUV効果のある化粧下地を使うといった紫外線対策を行うことも大切です。

毛穴トラブルに悩む人におすすめのスキンケア化粧品

肌のぶつぶつや小鼻のポツポツなど、毛穴トラブルにアプローチするスキンケア化粧品を紹介します。

ファンケル アクネケアたっぷりお試しキット

ファンケルアクネケアセットのイメージ画像
アクネケアたっぷりお試しキットの特徴

  • バリア機能を高める芍薬(シャクヤク)と桃仁(トウニン)、蘇葉(ソヨウ)の3つの和漢植物エキスを配合
  • プルーン酵素エキスを配合し、角栓を溶かす効果が期待できる
  • 防腐剤や香料、合成色素など無添加の医薬部外品で、敏感肌の人も安心

「アクネケアたっぷりお試しキット」は、角栓などの毛穴詰まりによるぶつぶつ毛穴に悩む人向けの化粧液やジェル乳液などのセットです。

バリア機能効果を高める和漢植物エキスが配合され、バリア機能の低下によって過角化が起きて、角栓ができるのを防ぐ効果が期待できます。

角栓ができてしまったポツポツ毛穴には、プルーン酵母エキスがアプローチします。

アルファピニ 28 コーラルクリア パウダーウォッシュ

アルファピニ 28 コーラルクリア パウダーウォッシュの特徴

  • 余分な皮脂を吸着して落とす効果のある「天然サンゴ」を配合
  • 「パパイン酵素」を配合し、古い角質を分解して落とす
  • 防腐剤や合成香料、合成色素、アルコールなど無添加

「アルファピニ 28コーラルクリア パウダーウォッシュ」は、天然サンゴやパパイン酵素を配合し、ぶつぶつ毛穴を引き起こす角栓の原因となる皮脂や古い角質を落とす効果が期待できる洗顔料です。

十分に泡立てて泡で顔を洗うことで、摩擦による刺激を軽減できますので、肌の弱い人も使いやすいですよ。

ノブ ACアクティブ フェイスローション モイスト

ノブACアクティブのトライアルセットのイメージ画像
ノブ ACアクティブ フェイスローション モイストの特徴

  • ビタミンC誘導体を配合し、皮脂バランスを整える
  • 保湿効果の高いリピジュアを配合
  • ノンコメドジェニックテスト済みのため、ニキビの原因をつくりにくい

「ノブ ACアクティブ フェイスローション モイスト」は、ニキビ肌のための化粧水ですが、皮脂が過剰に分泌することで、毛穴が詰まることによるぶつぶつ毛穴を防ぐ効果も期待できます。

乾燥によって皮脂が過剰に分泌するのを防ぐために、保湿効果の高いリピジュアが配合され、皮脂バランスを整える効果のあるビタミンC誘導体も含まれています。

まとめ

解放感のある女性

毛穴の詰まりによるぶつぶつや小鼻などの白いポツポツや黒いぶつぶつなといった毛穴のトラブルはスキンケア方法やスキンケア化粧品を見直すことで、改善することが期待できます。

余分な皮脂や角質を落として、肌質に合った化粧水などを用いて、肌の皮脂バランスを整えることがポイント。

また、オイリー肌の人は脂肪分の高い食事を避けるなど、食生活を見直すことで肌の状態が改善することがあります。

ただし、スキンケア方法などを変えても、毛穴トラブルの改善が見られないときは、皮膚科や美容皮膚科などの専門医を受診して、相談してみましょう。

二の腕にぶつぶつができているときは、「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」、またの名を「毛孔性角化症(もうこうせいかくかしょう)」という皮膚疾患かもしれません。

また美容皮膚科では、高濃度の薬剤を使ったケミカルピーリングやレーザー照射などを行っているので、自宅でのセルフケアよりも即効性を感じたいのならおすすめですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です