選び方次第で日焼けも乾燥も防げる!乾燥肌向け日焼け止めTOP5

日差しを眩しそうにする女性のイメージ写真

乾燥肌の原因のひとつとなる紫外線を防ぐ日焼け止め。

選び方や使用方法ひとつで乾燥を悪化させてしまう可能性があることを知っていますか?

今回は、「乾燥肌だからなかなか合う日焼け止めが見つからなくて・・・」「日焼け止めを塗ると日中の肌の乾燥が気になる・・・」という乾燥肌の人にぴったりな日焼け止めを紹介します!

日焼け止めが肌にもたらすメリット・デメリット

日光に当たり続けることで肌が赤くなったり、こんがり焼けたように黒くなってしまう日焼け。

日焼けを引き起こす紫外線は、春から夏にかけてだけでなく、実は一年中降り注いでいて、紫外線を防ぐ日焼け止めは毎日欠かせません。

日焼け止めには、乾燥肌や脂性肌などの肌質別に選べるタイプや化粧下地も兼ねているタイプのものなどたくさんの種類があります。

日常的に何気なく使用している方も多い日焼け止めが肌にもたらす効果と、日焼け止めによる乾燥肌の原因を探っていきましょう。

紫外線による乾燥や日焼けを防ぐ肌のガードマン

日焼け止めはその名前の通り、紫外線によって肌が「日焼け」するのを「止める」役割を持つ化粧品のこと。

肌が日焼けしてしまうのは、夏でも冬でも空から降り注いでいる紫外線が原因です。

紫外線にはUV-A波とUV-B波が存在し、それぞれが違った働きをして、肌に影響を与えているのです。

UV-A波は長が長く、肌の奥まで到達してシワやシミの原因をつくりだしてしまいます。

肌が赤くなったり水ぶくれになったりという、目に見えてわかりやすい症状を引き起こすのがUV-B波です。

日焼けには、肌が赤くなりヒリヒリとする「サンバーン」と、肌が黒くなり皮がむけてくる「サンタン」の2種類のタイプがあります。

「サンバーン」のタイプは、紫外線の中でも一番エネルギーが強いUV-B波によって、肌の表面と内側が火傷のように炎症を起こし、肌を赤くしてしまっている状態です。

サンバーンは、肌のバリア機能が低下し、紫外線が入り込みやすい肌を持つ乾燥肌や敏感肌の方が起こしやすい日焼けの症状です。

炎症を起こしてしまった肌は、熱を持った状態になり肌内部の温度が上昇。肌内部の水分が蒸発しやすくなってしまい、さらに乾燥がすすんでしまうのです。

「サンタン」のタイプは、紫外線の中でも波長が長く、太陽の出ていない曇りの日でも発生し、窓ガラスさえも通り抜けるUV-A波によって肌に有害な影響が与えられている状態です。

UV-A波は、真皮にまで波長が届き、肌の内部にあるコラーゲンを破壊・変形させ、シワやたるみを作り出してしまうのです。

日に焼けて肌がヒリヒリと火傷をしたように痛むだけではなく、さらに乾燥を進行させ、ゆくゆくはシミやシワ・たるみの原因になってしまう・・・なんて誰だって嫌ですよね。

様々な悪影響を防ぐためにも、季節を問わず1年を通して日焼け止めを使用し、紫外線対策を行って肌を守りましょう。

日焼け止め成分が肌に刺激を与える

ビーチに素足と日焼け止めの写真

日焼け止めのほとんどに、紫外線を防ぐために必要な成分である「紫外線吸収剤」もしくは「紫外線散乱剤」のどちらかが含まれています。

ウォータープルーフタイプや高いSPF値の日焼け止めのほとんどに使用されている紫外線吸収剤は、紫外線のカット率が紫外線散乱剤よりも高く伸ばしやすい上、白っぽくなりにくい性質を持っています。

紫外線吸収剤は、肌に乗せると紫外線を自ら吸収し化学反応を起こします。

化学反応を起こすことによって、熱や赤外線などの別のエネルギーに変換し、紫外線を体内に取り込まないようにするのです。

紫外線を浴びるたびに肌に直接塗られた日焼け止めが化学反応を起こすので、日焼け止めをつけるだけで肌への負担や刺激が大きくなってしまいます。

乾燥肌は肌のバリア機能が正常に働いていない状態で、肌自身がうるおいをつくりだす力も、化粧水などで補った水分を蓄えておく力も足りていません。

バリア機能が低下した肌に日焼け止めの強い成分をつけるということは、傷口に塩を塗りこんでいるようなものなのです。

また、紫外線 を防ぐ成分は紫外線吸収剤の他に、「紫外線散乱剤」という成分も存在します。

紫外線散乱剤は、肌に乗せた成分が紫外線を反射して跳ね返すという仕組みで肌を守るので、肌の上で化学反応を起こして紫外線を紫外線吸収剤よりも肌へのダメージは少なくなります。

乾燥肌や敏感肌のデリケートな肌を持つ人は紫外線散乱剤配合の日焼け止めか、紫外線吸収剤も紫外線散乱剤も不使用のものを選びましょう。

SPF値の高い日焼け止めは要注意

SPF130の日焼け止めの画像

日焼け止めを選ぶ時には必ずといって良いほど目にするSPF。

SPF値は、日焼け止めを塗らない状態で日光に当たった時に、肌が赤くなるまでの時間を何倍まで伸ばすことができるのかを数値化したもの。

SPF1は約15分から20分のあいだ肌を紫外線から守る効果があると言われています。

【例】SPF30の日焼け止めを使用した場合

約20分 × SPF30 = 約600分

【(SPF1=約15~20分) × その日焼け止めのSPF値 = 日焼け止めの効果を持続できる時間】

約600分ということは、およそ10時間分の紫外線を防ぐことができるということになります。

あくまでも基準としての計算式ですが、使用用途に合った日焼け止めを選ぶときの判断基準のひとつになるでしょう。

また、SPFの値が高い日焼け止めは紫外線を長い時間防ぐために、ほとんどのものが肌への負担が大きい紫外線吸収剤を使用しています。

紫外線吸収剤による肌への刺激を少しでも避けるために、レジャーやスポーツの時だけSPF値の高い日焼け止めを使用するなど、時と場合によって使い分けることをおすすめします。

SPF値が20~30程度の紫外線吸収剤不使用のタイプの日焼け止めを、3~4時間おきにこまめに塗りなおすのが、肌への負担を抑えながら日焼けを防ぐ秘訣です。

こまめに日焼け止めを塗りなおせば、SPF値が低い日焼け止めでも、たとえ汗などで日焼け止めが落ちてしまっても、UVカットの効果をもう一度得ることができます。

乾燥肌向け日焼け止めはクリーム・ミルクタイプがおすすめ!

化粧品クリームを顔に塗った女性のイメージ写真

一言で日焼け止めと言っても、市販でドラッグストアやスーパーに並んでいる日焼け止めだけでもたくさんの種類があります。

主な日焼け止めの種類は、「クリーム」「ミルク」「ローション」「ジェル」「スプレー」「パウダー」などがあり、肌質や好みの使用感、使用シーンに合わせて選ぶことができるのが特徴です。

中でも日焼け止めクリーム・日焼け止めミルクのタイプは、乾燥肌の人でも肌への刺激や少なく使いやすい使用感のものが多くあるのでおすすめです。

乾燥肌になぜ乾燥肌にクリーム・ミルクのタイプがおすすめなのか見ていきましょう。

日焼け止めクリーム

日焼け止めクリームは、半固形状の質感で伸びはあまりよくない反面、密着度が高いため日焼け止めが落ちにくいのが特長です。

クリームの伸びにくさも手伝って、肌に乗せて全体に伸ばしても少し白っぽく残ってしまうこともあります。

クリームタイプの日焼け止めには保湿成分が配合されているものが多く、乾燥肌の人でも日中の乾燥を気にすることなく使用することができますよ。

日焼け止めミルク(乳液)

日焼け止めの種類の中でも、乳液状でとろみがあり、肌に伸ばしやすいテクスチャなのがミルクタイプ。

水分と油分のバランスが良く、化粧下地としても使用しやすいのも特長のひとつです。

クリームタイプと同様、保湿成分が配合されているものが多いので、保湿しながら紫外線を防ぐことができます。

日焼け止めを肌に伸ばす際に摩擦による負担がかかりにくいので、乾燥肌や敏感肌のデリケートな肌を持つ人におすすめな日焼け止めです。

乾燥肌は、肌のバリア機能が低下している状態で、紫外線だけでなく日焼け止めも肌への刺激になってしまいます。

保湿成分で肌にうるおいを与えながら、肌への負担をできる限りかけずに、日焼けを防止することができるクリームタイプ・ミルクタイプの日焼け止めの使用がおすすめです。

この他にも、手を汚さずにいつでも手軽に日焼け止めの塗り直しができるスプレータイプ、化粧直し感覚で使えるパウダータイプなどの種類があります。

使用シーンや用途に合わせて日焼け止めの種類を変えてあげると、肌のストレスを減らすので、乾燥肌を悪化させない対策として効果的です。

さらに、最近では化粧下地やBBクリーム・ファンデーションに、紫外線を遮る「UVカット」 の成分が配合されている化粧品も多く、忙しい朝でも手軽に保湿をしながら紫外線対策と化粧の土台をつくることが可能です。

化粧下地やBBクリーム自体がUVカットのものを選べば、肌に乗せていく化粧品が少なく済むので、肌への負担も少なくなります。

乾燥肌でも刺激の少ない日焼け止め 4つのポイント

UVクリームを手にとるイメージ写真

乾燥肌の人の日焼け止めの種類は、クリームタイプもしくはミルクタイプの肌に優しいテクスチャのものを選ぶだけでも、肌への負担を減らすことができます。

しかしそれだけでなく、日焼け止めを選ぶ際にさらに4つのポイントに注意すると、より乾燥肌の悪化を防ぐことができるのです。

紫外線吸収剤不使用を選んで

紫外線吸収剤は、肌の上に伸ばすと紫外線を吸収し、取り込んだ紫外線を熱や赤外線などのエネルギーに変えて、肌に紫外線が侵入しないようにする働きを持ちます。

日焼けを特に防ぎたいときにSPFの数値が高いものを使用しますが、実はSPFの高い日焼け止めのほとんどに紫外線吸収剤が配合されているんです。

しかし、紫外線をしっかりと遮る反面、肌の表面で化学反応を起こすため肌への負担が大きく、配合されている成分による刺激で乾燥肌を悪化させてしまいます。

乾燥肌や敏感肌で悩んでいる人は紫外線吸収剤フリーのタイプの日焼け止めを選びましょう。

以下の紫外線吸収剤が入っているものは、使用を控えたほうが良い成分です。

日焼け止めの成分表示をいま一度確認してみてくださいね。

アルコール・エタノールフリーなら乾燥肌でもしみにくい!

手指が切れている状態でアルコール(エタノール)をつけると、傷口に染みてヒリヒリ・チクチクとその部分が痛がゆくなりますよね。

アルコールまたはエタノール配合のスキンケア用品をバリア機能の低下した肌に使用すると、アルコール成分が表皮の隙間から肌に入り込み、炎症を引き起こします。

これがアルコール成分によって、肌がヒリヒリ・チクチクとしてしまう原因です。

アルコール成分配合の化粧水は、さらさらですーっとした使用感が心地良いものが多いのですが、その使い心地の良さはアルコール独特の「揮発性」によるもの。

揮発性の高い成分は、もともと肌が持っている水分と結合して、その水分まで一緒に蒸発させてしまうので、乾燥肌には向いていません。

アルコールフリーの化粧品を選んで、肌にかかる負担を減らしたスキンケアを行いましょう。

保湿成分配合のクリーム・ミルクタイプでうるおいプラス

乾燥肌の人は、化粧水や乳液・美容液を使用して保湿を行うのはもちろん、日焼け止めも保湿成分入りのものを選びましょう。

保湿成分の中でも、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン・シアバターが入っているものは、化粧水や乳液などにも良く含まれるほど保湿の効果がある成分なので、肌にうるおいを与える効果が期待できます。

紫外線を防ぐだけでなく、日中の乾燥を防ぐ対策にもなって一石二鳥ですよ。

ただし、日焼け止め自体に保湿成分が入っているからと言って、スキンケアでの保湿で化粧水や乳液を付けないなど、手を抜くことは絶対にやめましょう。

クレンジングなしでも落ちる日焼け止めを使用して

紫外線から肌を守るための日焼け止めは、配合されている成分による肌への刺激が強いため、肌からしっかり落とすまで気が抜けません。

クレンジングを使用せずにぬるま湯や洗顔石鹸などで落とせるタイプの日焼け止めを選べば、クレンジング剤による肌への負担が削減でき、乾燥肌の悪化を食い止める一つの方法にもなります。

日焼け止め前の保湿で乾燥肌の悪化を防ごう

保湿剤や化粧水を手にとるイメージ写真

「ちょっとそこまで出るだけだから、顔を洗ったらそのまま日焼け止めを塗るだけでもいいよね」

「保湿成分入りの日焼け止めだからそのまま塗っても保湿される」なんて思っているあなたは要注意。

日中の乾燥対策と日焼け止めの効果を最大限に引き出してあげるためには、まずはスキンケアから見直しましょう。

日焼け止めを塗る前には必ず保湿を

日焼け止めによる紫外線を遮る効果を守り、乾燥を防ぐために、日焼け止めを肌に乗せる前に、まずはいつも使用している化粧水や乳液・美容液で保湿を行うのが重要なポイント。

保湿をすることで、肌にうるおいが与えられてキメが整い、日焼け止めがムラになりにくくなります。

さらに、肌の内部まで水分が行き渡ると、肌が自らつくりだせなかったうるおいを補うことができ、肌のバリア機能の低下を抑えるので、肌自身が持つ肌を守る力を引き出すことができるのです。

保湿をした直後は、肌に水分が定着しておらず、その状態で日焼け止めを塗ってしまうとヨレやムラの原因になるので、肌に水分が浸透するまで5分程度待ちましょう。

手のひらで顔をそっと包み込みながら浸透させるハンドプレスをしながら待つと、手のひらの温度も手伝ってさらに肌への浸透力があがりますよ。

肌を触ってみて、表面のベタつきがないのに肌がもちもちとしっとりした状態になったら、日焼け止めの塗り始めに最も適した時間です。

日焼け止めの塗り方としては、顔の中でも一番出っ張っている頬や鼻を中心に、顎・額にも少しずつ日焼け止めを乗せながら、ムラにならないように伸ばしていきます。

日焼け止めを塗った後も、肌の表面に日焼け止めが定着するまで待ってから、次の化粧品をつけていくことが、乾燥と紫外線をどちらも防ぎながら、日中でもヨレないメイクアップをする秘訣です。

日焼け止め前の保湿には白色ワセリンが最適!

白色ワセリンの商品画像

日焼け止めを塗る前に化粧水や乳液・クリームのいつものスキンケアでの保湿は効果的。

でも実は、乾燥肌の方の日焼け止め前の保湿には、さらにおすすめな保湿方法があるんです。

その方法とは、化粧水や乳液を使用したいつもの保湿スキンケアに「白色ワセリン」をプラスするだけの、誰でもできる簡単な方法なのです。

ワセリンは主に、「黄色ワセリン」と「白色ワセリン」の二種類があり、どちらも石油を精製してつくられた保湿剤です。

軟膏のような重めの使用感で、ワセリンが油膜の役割を果たすので、化粧水などでうるおいを与えた肌に塗ることで、肌に水分を閉じ込めてくれます。ワセリンを塗る量は米粒大ほどで十分。

ワセリンの油分の膜が保湿の手助けをするだけでなく、肌と日焼け止めの間に入るクッションのような役割も果たしてくれます。

白色ワセリンは、薬局やドラッグストアで手に入れることができ、安価で購入できるのも魅力のひとつ。

アトピー肌や敏感肌などのデリケートな状態の肌にも使用でき、より低刺激なのが白色ワセリンです。

ただし、黄色ワセリンは白色ワセリンよりも不純物が含まれている割合が高く、その不純物が日に当たり続けたり、時間が経つことによって劣化し、くすみやシミの原因となる油焼けを起こし兼ねません。

黄色ワセリンの使用は避け、不純物を取り除いた白色ワセリンを使えば紫外線の下でも安心して使用できますよ。

乾燥肌にぴったり!日焼け止めランキングBEST5

BEST5とかいてある写真

オーガニックウェアルーUV/HANA SPF30/PA++

30mL キャンペーン特別価格:3,400円(税別) 定期便価格:3,400円(税別)

オーガニックウェアルーUVの特徴

  • みずみずしい使用感で紫外線吸収剤フリーのため乾燥肌でも使いやすい
  • 白浮きなしでパウダーとの相性もいいから化粧下地としても使えて便利
  • 日焼け止めとしては珍しいピンクベージュとイエローベージュの2色から選べる

肌に負担 をかける紫外線吸収剤を使用していないので、乾燥肌でも安心して使用できるのがHANAの「オーガニックウェアルーUV」。

オーガニックウェアルーUVは、日焼け止め独特のキシキシ感や白浮きがなく、パウダーともなじみやすいので、その後も嫌なベタつきに邪魔されることなく化粧ができますよ。

日焼け止めとしては珍しい、ピンクベージュとイエローベージュに色が付くタイプで、自分の肌色に合わせて選べるのがオーガニックウェアルーの一番の特徴です。

100%オーガニック原料を使用し、不必要な成分を配合しない低刺激処方。

さらに、 ツバキ油などの植物由来のオイルを配合して、皮脂に近いバランスかつ付け心地のよさを実現した乳液タイプの日焼け止め です。

UVミルクEX/NOV SPF32/PA+++

35g 2,000円(税別)

NOV UVミルクEXの商品画像

NOV UVミルクEXの特徴

  • デリケートな肌の人や子どもでも使える低刺激処方
  • 日焼け止め独特の付け心地の悪さがなく伸びが良いから肌になじみやすい
  • クレンジング不要で肌への負担を限りなく減らせます

NOVの「UVミルクEX」は、日焼け止めの独特のベタつきや白浮き・乾燥が苦手な方のためにつくられた、いままでにない伸びのよさと軽い付け心地のミルクタイプの日焼け止め。

紫外線吸収剤不使用で、何をつけても肌にひりひりと染みてしまうようなデリケートな肌の人でも使いやすいのが特徴です。

密着感のあるテクスチャでしっとりもちもちの肌に整えて、日焼け止め独特のキシキシ感も感じません。

クレンジングを使わずにお湯で落とせるタイプなので、肌のトラブルを隠すという効果はありませんが、肌に伸ばすと透明になりキメを整える化粧下地としても使えます。

マイルドサンシールドEX/アクセーヌ SPF28/PA++

22g 3,000円(税別)

マイルドサンシールドEXの商品画像

マイルドサンシールドEXの特徴

  • 紫外線吸収剤フリーで紫外線散乱剤も肌に直接触れない処方
  • 保湿UVカット膜が角質層に潤いを与えるから日中でも乾燥知らず
  • アルコールも不使用だから肌にしみにくく使い心地やさしい

「マイルドサンシールドEX」を販売しているアクセーヌは、化粧品によるアレルギーを起こさないために、皮膚生理学に基づいて化粧品を開発しているブランドです。

UVカット の効果がありながら、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が配合され、気になるカサつきをケアしてくれるので、乾燥を気にすることなくメイクを楽しめます。

ニキビのもとをつくりにくいノンコメドジェニック処方なので、乾燥肌の方だけでなく、ニキビが気になる肌の方でも刺激少なく使うことができますよ。

キスフォータウン/ウェリナ オーガニクス SPF20/PA++相当

45mL 2,800円(税別)

キスフォータウンの商品画像

キスフォータウンの特徴

  • ミネラル豊富なハワイアン海洋深層水と天然植物主成分の美容液配合で肌をケア
  • 普通肌から乾燥肌、アトピー肌まで使える低刺激処方
  • 化粧下地としても使えて、休日のちょっとそこまでのお出かけにもぴったり

顔だけでなく、全身にも使える「キスフォータウン」は、100%天然植物主成分の美容液成分を配合し、日常的に肌のケアをしながら紫外線を防ぎます。

さらに、ミネラルを多く含む海洋深層水使用で、肌への刺激や負担が少なく赤ちゃんにも使うことができ、親子でのお出かけのお供にもぴったり。

ククイナッツ油やアルガンオイルなどの肌に良くなじむオイルをベースにつくられており、肌へのフィット感と保湿力を実感することができます。

オイリーな質感が気になるときは、肌をこすらず押さえるようにティッシュ で余計な油分を拭き取れば、テカリも気になりません。

UVブロックミルキーフルイド/ホワイティシモ SPF30/PA+++

50g 3,500円(税別)

UV ブロックミルキーフルイドの商品画像

UVブロックミルキーフルイドの特徴

  • デリケートな肌の人や子どもでも使えるマイルド処方
  • 日焼け止め独特の付け心地の悪さがなく伸びが良いから肌になじみやすい
  • クレンジング不要で肌への負担を限りなく減らせます

「UVブロックミルキーフルイド」の一番の特徴は、乳液のように伸ばしやすく肌になじんでいく、柔らかく滑らかなテクスチャであること。

小豆粒2~3個程度でも顔全体に伸ばすことが可能なほど、するすると肌になじんでベタつかないのでどんな肌質の人でも使いやすい日焼け止めです。

肌に伸ばした紫外線散乱剤が、肌全体を均一に並んで紫外線を通さない3D-UVカットベールで、紫外線の影響からしっかりと肌を守ります。

紫外線散乱剤の配合量も従来よりも40%カットすることに成功した、肌に負担が少ないことも乾燥肌におすすめの理由のひとつ。

しっとり感がありながら、さらっとした付け心地のUVブロックミルキーフルイドを是非 使ってみてくださいね。

まとめ

乾燥の原因となる紫外線を防ぐために使用する日焼け止めも、肌を紫外線から守るために塗っているはずが乾燥の手助けを行っている・・・なんてことにならないために、日焼け止め選びは大切なポイントです。

紫外線吸収剤やアルコール不使用かつ保湿効果がある日焼け止めで、肌にうるおいを与えながら紫外線を防いで、乾燥の悪化を防ぎましょう。

日焼け止めを塗る前には、たっぷりの水分を化粧水や乳液で補ったあとに、白色ワセリンで肌に水分を閉じ込める保湿方法を行うのがおすすめ。日焼け止めと肌の間に、ワセリンの油膜でワンクッションを置いてあげると、肌により負担をかけずに日焼け止めをつけることができますよ。

日焼け止めの成分と、日焼け止めを塗る前の保湿に気をつけて、乾燥と紫外線から肌を守りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です