【実証】ネットで話題の濡れた手でも使えるクレンジングは本当に落ちる?

忙しい毎日を過ごしていると、お風呂でクレンジングして早くベッドで眠りたい…!

と一度でも思ったことあるのではないでしょうか?

しかしお風呂の中で入浴中に濡れた手でクレンジングすると、メイク汚れはちゃんと落ちているのか、そして肌に悪影響を及ぼさないか疑問に思いますよね。

本記事では、濡れた手でも使用できると記載があるクレンジングは、本当に落ちるのかを実験してみました。

実験結果を参考に、クレンジングを上手に使って、美肌を目指しましょう。

クレンジングは濡れた手でも落ちるって本当?

女性がクレンジングしているところ

クレンジングは基本的に、乾いた状態で行うほうがきちんと落ちるイメージがありますよね。

しかし、クレンジングの商品によっては、濡れた手でも使用出来ると記載されている商品もあります

濡れた手でもしっかりとメイクアップの汚れは落ちるのでしょうか、みていきましょう。

油性のクレンジングは基本的に濡れた手では使えない!

手で大きくバツを作る女性

油性のオイルクレンジングは濡れた手で使用すると、水と混ざり合うことで乳化しクレンジングの機能が落ちてしまうので、基本的には濡れた手ではメイク汚れを落とすことが出来ません。

メイクアップ用化粧品は基本的に油分がベースでできています。

油分の汚れを落とすとなると、ただ水洗いするだけや洗顔料だけでは落ちないため、基本的には同じ油性の成分でクレンジングして、メイクアップの汚れを落とすことが良いのです。

メイクアップ用化粧品の汚れを落とすクレンジングは主に油分ベースのクレンジングと水分ベースのクレンジングの2種類があります。

油分ベースのクレンジングは、油の中に水が含まれてできているW/O型クレンジングのことで、クレンジングオイルや油性のクレンジングジェルのことを指します。

一方水性ベースのクレンジングは、水分の中に油分が含まれてできているO/W型クレンジングのことで、主にクレンジングミルクやクレンジングクリーム、そして水性のクレンジングジェルのことを指します。

油性ベースのクレンジングは基本的に水に触れると、界面活性剤によって乳化という現象がおきてしまい、本来のオイルによるクレンジングの力が失われてしまうため、基本的には濡れた手で使用することはできません。

クレンジングのW/O型、O/W型について詳しくはこちら→「乳化と転相

このことから、油性ベースのクレンジングは同じ性質の油分によってメイク汚れを溶かして、肌から落とすので濡れた手では使用することができません。

一方で水性ベースのクレンジングは、水がベースでメイクアップの汚れを馴染ませる能力に優れ、さらに水と馴染みやすいため、濡れた手でも使用できるのです。

濡れた手でも使用できるクレンジングはメリットがたくさん

指をさす女性

濡れた手で使用できるクレンジングは、手軽にクレンジングできることが魅力の一つです。

濡れた手でも使えるということで、お風呂場でも使用でき、クレンジングの時間をわざわざ作る必要性がないので時短にもなります。

また、濡れた手でも使用できるクレンジングということは、水性ベースでできたクレンジングになるので、水に馴染むのが早く洗い流す時に簡単にメイクアップ汚れを洗い流すことができるので、同じく時短にもなりますよ。

【実験】濡れた手で使用できるクレンジングを実際試してみました

本記事では商品に、『濡れた手でも使用できる』と記載があった、クレンジングオイル、クレンジングジェル、クレンジングミルク、クレンジングリキッドを実際に濡れた手でクレンジングして、落ちるのかを試してみました。

クレンジングする時のメイクリスト

チーク、リキッドファンデーションなどのベースメイク、そしてウォータープルーフタイプのマスカラ、口紅、アイブロウ、アイライン、アイシャドウなどのポイントメイクアップを実際に手の内側に塗り、濡れた状態の手でクレンジングを1分で馴染ませ、洗い流すという条件のもと実験してみました。

アテニア スキンクリアクレンズオイル

アテニアスキンクリアレンズ 商品画像

価格

1,836円(税込)/ 3,291円

内容量

175ml/350ml

形状

ポンプタイプ

香り

アロマタイプ(無香料もあり)

使用感

べたつかないさらさらしたオイル

1回の使用量

3プッシュ程度

アテニアのスキンクリアクレンズは、濡れた手でも使用することができると記載があります。

「ウォーターキャッチオイル処方」というアテニア独特の処方により、オイルタイプでありながら水に馴染みやすい処方になっているため、通常のオイルクレンジングとは違いすぐに乳化せずに濡れた手でも使用することができるのです。

では実際にクレンジングしていきましょう。

まず濡れた手に、クレンジングを馴染ませます。

アテニアスキンクリアクレンズオイルでクレンジングするところ

手でくるくるしながら、メイク汚れと馴染ませていきます。

アテニアスキンクリアクレンズを1分間している途中経過

30秒経過した時点ではなかなか馴染みませんでしたが、1分間クレンジングし続けると、ウォータープルーフのマスカラとアイラインは以外のチークやファンデーションなどのベースメイクと、アイシャドウとアイブロウは濡れた手でも落ちていきました。

濡れた手で馴染ませるので乳化しないか心配でしたが、少しの水滴だと問題ありませんでした。

水滴が滴る状態に濡れていたら、乳化してクレンジングしにくかったと思います。

また、テクスチャーもクレンジングオイルっぽい重たさがなく、スルスルと肌に馴染むので、使いやすかったです。

さて、馴染ませたら、いよいよ洗い流しです。

アテニアスキンクリアクレンズの洗い流し後

塗れた手で使用しましたが、洗い流すときには乳化しました。

ベースメイクは目で確認できる限りではきちんと落ちましたが、ウォータープルーフのマスカラとアイラインと口紅は少し残っていますね。

ポイントメイク以外のベースメイクは濡れたままでも落ちる結果となりました。

濡れた手でもクレンジングできますが、クレンジングオイルなので、ポイントメイクも一緒に落としたいのであれば、乾いた手で使用することがおすすめですよ。

【アテニア スキンクリアクレンズオイル 特徴】

  • メイクアップの汚れだけではなく、活性酸素によってできた肌の黄ばみや、古くなった角質などの肌の老廃物である「肌ステイン」も取り除くことができる
  • クレンジングの中に抗酸化作用を含むアルガンオイルをはじめ4種類の植物オイルが配合されているので、エイジングケアも保湿も期待できるクレンジング。
  • レモングラスや、ベルガモット、ネロリなどのアロマの香りで緊張をほぐしてリラックスする効果がある
  • W洗顔不要

無印良品 マイルドクレンジングジェル

無印良品マイルドクレンジングジェル

価格

600円

内容量

120g

形状

チューブタイプ

香り

グレープフルーツの柑橘系

使用感

ゆるくするすると伸びる

1回の使用量

さくらんぼ粒大

マイルドクレンジングジェルは、水性オイルフリータイプのクレンジングジェルで敏感肌やまつげエクステをつけていても使用できると口コミでも話題です。

また、商品の裏側には濡れた手や肌でも使用できるとの記載がありましたので、期待度も高まりますね。

ではクレンジングの結果はどうなったのかをみていきましょう。

さっそくクレンジングを濡れた手で馴染ませます。

無印良品のクレンジングジェルを肌に馴染ませている様子

蓋をあけてジェルを出す時に、テクスチャーが非常にゆるく柔らかいのを感じました。

そして香りも爽やかな柑橘系で、香りが良いとクレンジングする際にメイク汚れだけではなく、一日の疲れも落とせるような気持ちになりますね。

手でくるくるしながら、1分間メイクアップ汚れと馴染ませていきます。

無印良品マイルドクレンジングジェルを1分間馴染ませている様子

マイルドジェルクレンジングも30秒馴染ませた段階ではあまり馴染みませんでしたが、1分間馴染ませた段階で、ベースメイクなどがある程度馴染んできました。

では洗い流して、どのようになったのかを見ていきましょう。

無印良品マイルドジェルクレンジングを洗い流す様子

水で洗い流すときには、アイシャドウもスルスルとおちていきましたが、ウォータープルーフのマスカラ、アイライン、口紅は最後まで残りました。

ジェルタイプなので、濡れた手でクレンジングする際に質感などは乾いた状態の時と変わることなく、さらに洗い流す時に簡単に馴染んだのが好印象でした。

しかしポイントメイクの落ちはあまりよくありませんでした。

口紅、アイシャドウは乾いた状態でクレンジングすると問題なく落ちましたので、アテニアのオイルクレンジングと同じくポイントメイクを落とす時は、乾いた状態でクレンジングすることがおすすめですよ。

【無印良品 マイルドクレンジングジェル 特徴】

  • 低刺激で敏感肌でも使用できる
  • アンズ果汁や桃の葉エキスなどの天然潤い成分を配合して、保湿力に期待できる
  • 価格が手軽でコスパが良い

カバーマーク トリートメントクレンジングミルク

カバーマークトリートメントクレンジングミルクの商品画像

価格

3,240円(税込)

内容量

200ml

形状

ポンプタイプ

香り

柑橘系エッセンシャルオイルの香り

使用感

肌なじみのよい柔らかいミルク

1回の使用量

4~5プッシュ

美容成分70%以上で肌を労わりながら、メイク汚れを落とすことができるカバーマークのトリートメントクレンジングミルク。

まるで美容液でクレンジングしているような質感です。

IKKOさんなどの多くの美容家をはじめ、愛用しているメイクアップアーティストも多く、また口コミサイトでも上位をキープするミルクタイプのクレンジングです。

トリートメントクレンジングミルクも濡れた手で使用できると記載ありましたので、実際に試してみました。

肌に載せると柔らかい質感のミルクで、さわり心地が良く気持ち良く、乾燥した肌ですとミルクによって肌がほぐされているような気分になります。

では、クルクルと濡れた手で馴染ませていきましょう。

カバーマークのトリートメントミルクもポイントメイクは30秒後も1分後もなかなか馴染みませんでした。

では洗い流してどうなったでしょうか、見ていきましょう。

カバーマークのクレンジングミルクを洗い流した後の様子

水で洗い流すと汚れがきちんと浮き上がり、ウォータープルーフのマスカラ、アイライン、口紅は落ちませんでしたがベースメイクやアイシャドウはスッキリと落ちた様子です。

ミルクタイプのクレンジングを使う人は肌が敏感な人や、ナチュラルメイクで化粧をする人が多いと思いますので、ウォータープルーフなどメイクが濃くない限り濡れた手でもスッキリと落とすことができますよ。

また、ミルクというようで質感がジェルのようで、洗い流す時も引っかかりなくスルスルと水に馴染むので、使いやすかったです。

カバーマークのトリートメントクレンジングミルクは、この後洗顔料で洗顔が必要ですが、クレンジング後は一切つっぱることがなく、乾燥肌の人にも向いている商品ですよ。

【カバーマーク トリートメントクレンジングミルク 特徴】

  • 洗い流した後も、肌に潤いをキープ。使用し続けると肌がもちもちと柔らかくなる
  • オレンジやノバラなどを含む9種類のエッセンシャルオイルが配合されており、v癒される
  • まつげエクステンションをつけていても使用出来る

ビオレ うるおいクレンジングリキッド

ビオレうるおいクレンジングリキッド商品画像

価格

オープン価格

内容量

230ml

形状

ポンプタイプ

香り

無香料

使用感

さらりとしたリキッド

1回の使用量

2~3プッシュ程度

CMでも人気もクレンジングリキッド。
水ベースのクレンジングで、濡れた手でも使用できてW洗顔不要のクレンジングとして口コミサイトでも人気です。

ビオレのクレンジングを肌に馴染ませているところ

さすがリキッドというだけあって、なめらかな軽いテクスチャーです。
それでは水で濡れた手で馴染ませていきましょう。

ビオレのクレンジングを1分間馴染ませているところ

雑誌でもCMでも、どんなメイクも簡単に落ちると言われているように、30秒の段階でかなりメイクに馴染んでいました。そして1分経過した頃には、ウォータープルーフ以外のメイクは馴染んでいます。

では洗い流していきましょう。

ビオレのクレンジング後洗い流しは、ほとんど落ちている様子です。ウォータープルーフのマスカラとアイラインだけ残念ながら薄っすらと残ってしまいました。

しかし、うるおいクレンジングリキッドも乾いた手でクレンジングすると、ウォータープルーフのマスカラとアイラインもしっかりと落ちましたので、ポイントメイクも1本で落としたいとのことであれば、乾いた手でクレンジングすることがおすすめです。

また、洗い流す際もリキッドと水がかなり馴染みがよく、落とす時のヌルヌルした感じが一切なく、クレンジングにストレスを感じませんでした。

【ビオレ うるおいクレンジングリキッド特徴】

  • ポイントメイク以外はたしかに濡れた手でも使用できる
  • 美容成分40%配合で洗いあがりもつっぱることがない
  • 水性ベースのクレンジングなので、洗い流すときも簡単に水に馴染む

まとめ

手でOKサインを出す女性

濡れた手でも使えるクレンジングは、忙しい日々を送る人にとってはとても便利なアイテムです。

以下のポイントを守ってクレンジングすることが、使いやすさのコツです。是非参考にしてみてくださいね。

【濡れた手でクレンジングをする際のポイント】

① 基本的に水気は水滴などの少ない状態で使用する。ビシャビシャなら水気を少しとりましょう

濡れた手とは言え、お風呂に入りながらビシャビシャに濡れている状態ではなく、少しは水気を拭きとってクレンジングすることをおすすめします。

とくに濃いメイクを施した日は濡れた手よりも乾いた手でクレンジングするほうが簡単にクレンジングできますよ。

② ウォータープルーフなどのアイメイクは、ポイントメイクアップリムーバーで先に落としておきましょう。

濡れた状態でクレンジングした際に基本的なベースメイクや口紅などは問題なくおとすことができますが、ウォータープルーフのマスカラやアイライナーなどはなかなか落としにくく、また完全に落ちたとはいい難い様子でした。

ウォータープルーフのマスカラやアイライナーを使用した場合は、ポイントメイク落としなどを利用し、クレンジングした方が簡単に落とすことができますよ。

③ クレンジングする際の力加減や摩擦に気をつけましょう

濡れた手で使用する場合、乾いた状態でクレンジングするよりもメイクアップが肌に馴染むのに時間がかかりました。

はやく馴染ませようと焦ってクレンジングすると、力が入ってしまい、肌を傷つけてしまいます。なので、力加減や摩擦には十分に気をつけてクレンジングしましょう。

④ クレンジングの保管にも注意しましょう

濡れた手でも使えるクレンジングなので、お風呂場に置いておくのは良いですが、シャワーなどで水などがクレンジングに入ってしまわないように蓋をしっかりとしめて、クレンジング本体に水が入らないように気をつけましょう。

クレンジングを正しく使って、毎日の汚れをその日のうちにしっかりと落として美肌をキープしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です