【気になる話題を検証】400円のワセリンでクレンジングできるのか

指にとったワセリン

ワセリンでクレンジングはできる!?

メイク料を落とすのに必要不可欠である一方、配合成分や洗浄力によっては肌への負担が大きく肌荒れを起こしやすいといわれ、肌に合うものが見つかりにくいクレンジング料。

できるだけ肌に負担をかけずにメイクをクレンジングするために、保湿剤であるワセリンを使うという方法が一部で話題になっています。

市販で400円程度で買うことができ、ひとつあれば全身の保湿だけでなく、肌に刺激を与えずにメイクのクレンジングもできるのなら、一石二鳥ですよね。

本当にメイクを落とせるのか、ワセリンのクレンジング力を見てみましょう。

ワセリンでクレンジングをした結果

左がメイク料(リキッドファンデーション・アイシャドウ・アイライナー・マスカラ・クリームチーク・口紅)を塗布した手の甲で、右がワセリンでクレンジングをした後の手の甲です。

一番下の口紅が少し残ってしまっていますが、他のほとんどのクレンジング料は落ちているように見えます。

しかし、クレンジングシートで手の甲を拭き取ってみると・・・

ワセリンでクレンジングをして拭き取ったクレンジングシート

一見落ちているように見えたメイク料の残りがクレンジングシートについてしまいました。

すすいだ後も手の甲にかなりのベタつきが残り、ワセリンに含まれている油分が手の甲にのった水分をはじいてしまうほど。

すすぎでしっかりとメイク料を洗い流すことができず、メイク料が肌に残ってしまったものと考えられます。

果たしてワセリンでのメイク料のクレンジングは、本当に効果的といえるのでしょうか。

ワセリンの特徴や種類、効果だけでなく、筆者の顔を使ってのワセリンクレンジングレビューから、本当にメイク料のクレンジングに向いているのかを見ていきましょう。

ワセリンとは

ワセリンとヴァセリン

保湿剤として長く愛され続けているワセリン。

ワセリンと一言でいっても様々な種類があり、その種類によって違った特徴が見られます。

ワセリンの種類や効果について詳しく見ていきましょう。

ワセリンの種類は主に4つ

ワセリンは、原料である石油を精製し、限りなく不純物を取り除いた保湿剤です。

ワセリンの種類は主に4つに分けられ、一つ目はいわゆるプチプラといわれドラッグストアやコンビニなどでも手に入る「黄色ワセリン」。

さらにプロペトよりも精製度が高いのが「サンホワイト」で、どんな肌質の人でも安心な低刺激処方で不純物が少ないので、目の際などのデリケートな部分にも使うことができるのです。

これらの分類は精製度の高さによって分けられ、精製度が高くより肌につけてもアレルギーを起こしにくいのが「サンホワイト」、次に「プロペト」「白色ワセリン」「黄色ワセリン」と続きます。

黄色ワセリン
(ヴァセリン)

白色ワセリン

   

・分類:化粧油
・値段が一番安い
・ドラッグストアで手に入る

・分類:「日本薬局方」と記載
→第3類医薬品
上記以外:化粧油
・市販または処方

プロペト

サンホワイト

 ぷろぺとホーム  サンホワイト

・分類:第3類医薬品
・ネット通販など買える「プロペトホーム」という類似品あり
(分類・化粧油)

・分類:化粧油
・保湿効果は医薬品と同等
・一番アレルギーを起こしにくい

どんな人でも使える?

プロペトや白色ワセリンは精製度が高く不純物の配合率が少ないため、ワセリン類の中でもアレルギーを起こしにくい保湿剤といえます。

ワセリン類の中で一番精製度が低い黄色ワセリンですが、肌につけても問題がないほどまで不純物を取り除いているので、精製度が低いから危険というわけではありません。

以下に当てはまる人は稀に肌荒れをしてしまうことがあるので、使用する前にパッチテストを行うなどして自分の肌との相性を見てから使うようにしましょう。

黄色ワセリンによって肌荒れの恐れがある人

  • 敏感肌の人
  • 肌が弱い赤ちゃん
  • アトピー性皮膚炎など皮膚疾患を持つ人

ワセリンの効果

ワセリンを塗った手の甲

ワセリンは100%油分のみで作られている保湿剤なので、ワセリン自体に肌にうるおいを与えたり水分を保つための保湿成分は入っていません。

ワセリンは化粧水や美容液のように角質層には浸透せず、肌の上で油分が膜を張っているような状態です。

主な保湿方法として、化粧水などをつけた後の水分を与えた肌に、スキンケアの最後にフタをするような役割にワセリンが用いられるのです。

保湿用途は顔だけに留まらず、全身や唇、爪などのほか、髪の毛先に薄く伸ばしてツヤを出すなど様々な使い方があるので、家にひとつワセリンがあると便利ですよ。

本音レビュー|ワセリンでクレンジングは実際どうなの!?

ワセリンクレンジングをした目元

メイク料を塗布した手の甲を使いワセリンでクレンジングをした結果、メイク料は表面的にはほとんど落ちているように見えますが、実際には肌の上にメイク料が残ってしまっている状態でした。

そんなワセリンをいつものメイク料のクレンジングに使ったら、肌は一体どんな状態になるのでしょうか。

恐怖のワセリンクレンジング実験を筆者が体験し、本音でレビューしました。

ワセリンdeクレンジングを本音でレビュー

ワセリンの中でも一番クレンジングに向いているのは、テクスチャーがワセリン類の中でも一番柔らかい「プロペトホーム」や「プロペト」ですが、今回の実験ではプチプラでどこでも手に入る「白色ワセリン」を使用してクレンジングを行いました。

使用したメイク料

  • 化粧下地
  • パウダーファンデーション
  • フェイスパウダー
  • アイブロウ
  • アイシャドウ
  • マスカラ
  • リキッドアイライナー
  • リキッドチーク
  • 口紅

上記のメイク料でしっかりと普段のメイクをした状態で、白色ワセリンを使ったクレンジングを開始します。

アイメイク以外のメイクは薄付きなので、メイクの落ちがわかりやすいアイメイクの部分を中心に比較していきます。

クレンジング前

ワセリンクレンジング前
ワセリンクレンジング前

ブラウンのアイシャドウにブラックのマスカラ(ウォータープルーフではない)、アイライナーでアイメイクはばっちりの状態です。

白色ワセリンの使用感

ワセリンをなじませた手のひら

普段クレンジングを行う際に使用するクレンジングクリームと同様、マスカット大ほどの白色ワセリンを手のひらに取り、メイク料となじみやすくなるように温めてテクスチャーを柔らかくしていきます。

ハリツヤ
研究員M
この時点でもうギトギト、ベタベタで、今からこれでクレンジングをするのか・・・とちょっと腰が引けてしまいました。

クレンジング中

手のひらで温めた白色ワセリンを肌にのせて、実際にクレンジングしていきます。

肌にのせた瞬間はクレンジングバーム(半固形で、体温で液体に溶けていくタイプのクレンジング料)のような使い心地で、そこまで不快感はありませんでした。

メイク料となじんでいき、白色ワセリンの色がどんどんと茶色っぽく変化していきます。

ハリツヤ
研究員M
肌になじませていくうちに、あまりの油分の多さに肌が重たくなるような印象がありました。

アイメイクを落とす時にしっかりと目を閉じていないと目にしみて痛いので、目の際まで落とせているのか不安です。

すすぎ

白色ワセリンとメイク料がなじんだら、ぬるま湯ですすぎをしていきます。

・・・が、手の甲でのメイク落ち実験と同様、すすぎをしようとするとぬるま湯を白色ワセリンがはじいてしまって全くすすげません!

ワセリンクレンジングがすすいでも落ちないときの悲しい顔

何回ぬるま湯ですすいでも、肌の上を水分が滑って全くすっきりしません。

これではすすぎの意味がないので、柔らかいティッシュを使ってメイク料がなじんだ白色ワセリンを顔から拭き取ってからすすぎをするのがおすすめです。

ティッシュで拭き取った白色ワセリンはこちら。

メイクが落ちきらずに顔を拭いたティッシュ

ティッシュで頬を中心に拭き取りましたが、ファンデーションもしっかり落ちているように見えますね。

ティッシュで拭き取った後は顔についていた油分が減り、すすぎをしやすい状態になったので数十回に渡ってすすぎを行いました。

ハリツヤ
研究員M
ティッシュで顔全体の白色ワセリンを拭き取ったあと、ぬるま湯で数十回すすぎを行いましたが、顔全体に油膜が張っているような感覚は取れませんでした。

本当にメイク料が落とせているのかどうかすごく不安になる洗い上がりです。

クレンジング終了後

すすぎが終わり、顔全体の水分をふき取った状態がこちら。

ワセリンでクレンジングをした顔ワセリンでクレンジングをした横顔

クマ隠しのために厚めに塗っていたファンデーションやブラウンのアイシャドウもしっかりと落ちているように見えますが、マスカラはなじみきらずに残ってしまっているのがわかりますね。

ワセリンの油が肌に残っているような感覚があるので、頬や目元を中心に拭き取りクレンジングを使って、メイク料の残りがないか確認してみました。

ワセリンクレンジングが落ちきっているか確認したクレンジングシート

やはりファンデーションやマスカラが残ってしまっていました。

このままの状態で眠ってしまったり過ごしてしまったりすると、メイク料に含まれる油分や着色料・防腐剤などが肌荒れの原因になりかねません。

肌に優しいワセリンでのメイク料のクレンジングですが、メイク料は専用のクレンジング料を使用してメイクを落とすのが最適であるといえますね。

ハリツヤ
研究員M

ティッシュで拭き取りぬるま湯ですすいだ後も、ワセリン独特の油膜感が残るのでその後さらにクレンジング料を使用してしまいました(笑)本末転倒ですね。

結局、クレンジング料を使用した方が洗い上がりのさっぱり感や洗い残しのなさが安心に繋がるのではないかと感じました。

メイクを落とすなら専用のクレンジング料を使用しましょう

ワセリンは保湿剤ですが、100%油分で構成されているため、メイク料の油分となじんでメイクを落とすことができるのではないかと思う人もいるかもしれません。

しかしワセリンは本来クレンジング料として作られているものではなく、あくまでも保湿をするための化粧品(※プロペトは医薬品)です。

クレンジング料には油分だけでなく界面活性剤も含まれているため、油分以外の水溶性の汚れも落としやすくつくられています。

油分のみでつくられているワセリンとは、クレンジング後のさっぱり感が全く異なり、ワセリンでのクレンジングは油分がすすぎきれずに肌に残って違和感を与えることも。

さらに、黄色ワセリンや白色ワセリンは、容器に入っている状態ではバーム状の半固形になっており、体温で溶かして肌に伸ばしていきますが、粘度が高く肌を滑りにくいので摩擦による刺激を招きかねません。

メイク料を確実に落とすならば、専用のクレンジング料を使って落とし、保湿の際にワセリンを使用するようにしましょう。

クレンジング料による肌への負担が気になる人は、肌に優しい低刺激タイプのクレンジング料を選んでくださいね。

おすすめの肌に優しいクレンジング料を見たい人はこちら

肌に優しいクレンジングのタイプとおすすめ商品全5選

保湿としてワセリンを塗った次の日はクレンジングすべき?

夜のスキンケアの最後にワセリンを塗って保湿をすると、ワセリンの油分が顔に残り、翌朝テカリやベタつきが出てしまうことが多くあります。

油分は酸化すると黒ずみの原因になったり、ニキビなどの肌荒れの原因になることもあるのです。

クレンジング料を使用するとワセリンが持つ油分を取り除くことができ、さっぱりとします。

しかし、元々メイク料を落とすために多くの油分や界面活性剤を配合し、つくられたクレンジング料のメイク落とし以外に何度も使用するのは、肌荒れの原因になりかねません。

夜の保湿に使うワセリンの量を調節したり、朝の洗顔の際に洗顔石鹸を使用して洗顔するだけでも余計な油分が落ち、嫌なベタつきやテカりは充分抑えられます。

ワセリンの使用で日中テカりがでる場合も、保湿剤をワセリンから油分の少ない保湿クリームに変えるなどして、自分の肌状態に合わせてスキンケアの方法を見極めていきましょう。

注意

クレンジング料の中には肌への負担を少なくするために低刺激な成分でつくられたタイプのものもあるので、一概にどんなクレンジング料も肌に悪いとは言い切れません。

 肌に合うクレンジング料の種類を見極めて、クレンジングをした方が肌の状態が良くなるのであれば、クレンジング料の使用も効果的でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です