クレンジングで乾燥肌ケア!乾燥から肌を守る5つのポイント

タオルで顔を拭く女性の画像

クレンジング料には、「シート」「オイル」「クリーム」「ジェル」「ミルク」など、様々な種類が存在しています。

「たくさん種類があって何を選んだらいいのかわからない!」

「乾燥による肌荒れや粉吹きが気になるけど仕事や外出で化粧をしない訳にいかない・・・」

「乾燥肌・敏感肌用とうたっている低刺激処方のクレンジング料だと、化粧品をしっかり洗浄できるのか気になる…」

なんて方も多いのではないでしょうか?
そんな乾燥肌に悩めるあなたに今回は豊富な種類のクレンジング料の中から、乾燥肌の方にぴったりなクレンジング料と、乾燥を防ぐ正しいクレンジングのための5つのポイントを紹介します。

鏡を見る女性の写真

クレンジング料の特徴を見極めよう

クレンジング料は種類によって特徴が異なり、そのタイプごとに洗浄力や肌への負担の大きさが変わってきます。

自分の肌に合ったクレンジング料を使用しないと、誰でも乾燥や肌荒れなどの肌のトラブルを引き起こす可能性が高くなるのです。

それぞれのクレンジング料の特徴を見極めて、乾燥肌の方にぴったりのクレンジング料を見つけましょう。

クレンジングの種類を表にした画像

「クレンジングシート」と「クレンジングオイル」

メイクや毛穴の汚れをしっかり浮かせて落とすことができる反面、クレンジングシートはメイクをオフする時に肌を擦るため、肌への負担が大きくなります。

クレンジングオイルは配合されている油分がメイクをしっかり落とす分、肌に必要な皮脂まで一緒に落としやすい特徴があります。

肌の潤いを保ちながら摩擦による負担をなるべくかけずに洗い上げたい乾燥肌には不向きです。

「クレンジングクリーム」と「クレンジングジェル」

クレンジングシートやクレンジングオイルよりも、クレンジング料の手触りが柔らかく、クレンジング時の指と肌のクッションの役割を果たすので、摩擦による肌への負担をより減らすことができます。

しかし、クレンジングクリーム・クレンジングジェルのどちらも、メイクや汚れを落とすための洗浄力が強い成分を含んだ商品が多くあるため、配合されている成分によっては注意が必要です。

「クレンジングミルク」

他のクレンジング料に比べると洗浄力は落ちますが、クレンジング料が乳液のように柔らかく、なめらかで滑りやすい手触りで、クレンジング時の肌への摩擦による負担を抑えて洗い上げることができます。

また、美容成分が配合されているものが多く、肌に必要な油分を落としすぎず洗浄します。

肌へのダメージが少ないのは「クレンジングミルク」

上記のクレンジング料の種類に挙げた「オイル」「シート」「クリーム」「ジェル」「ミルク」の5つの特徴から、洗浄力の高さ、肌への摩擦力の高さを表したグラフがこちらです。

クレンジングの種類分布のグラフ

特に乾燥肌の方は、

  • 肌に必要な皮脂まで取りきらない
  • 美容成分が配合されていてうるおいをキープできるタイプ
  • 肌への摩擦での負担が少ない柔らかく優しい使い心地

のクレンジング料を選ぶことで、クレンジング時に起こる肌への負担を軽減することができます。

以上のことがすべて含まれている「クレンジングミルク」が、乾燥肌の方に一番おすすめのクレンジング料であると言えます。

乾燥肌におすすめ!クレンジングミルクランキング

クレンジングミルクを手に乗せている画像

乾燥肌におすすめの様々な「クレンジングミルク」の中から、おすすめのクレンジングミルク5選を紹介していきます!

テラクオーレ【ダマスクローズ クレンジングミルク】

(ダマスクローズ クレンジングミルク/125ml ¥3,780)

ダマスクローズクレンジングミルクの画像

テラクオーレの「ダマスクローズ クレンジングミルク」は、保湿効果の高いダマスクバラ花エキスやカモミールなどの美容成分が肌に潤いを与えます。

メイクなどの油性汚れを落とすオリーブオイルと、水溶性の汚れを落とすオリーブ石鹸が配合されているので、乾燥肌の人が避けたいダブル洗顔が不要なクレンジングミルクです

ダマスクローズの香りも心地良く、毎晩のクレンジングが楽しみになる1本です。

出典:テラクオーレ公式HP

 カバーマーク【トリートメント クレンジングミルク】

(カバーマーク トリートメントクレンジングミルク/200g ¥3,000)

カバーマーク クレンジングミルクの画像

カバーマークの「トリートメント クレンジングミルク」は、トリートメントミルクというだけあって、89%配合された美容液成分が肌にうるおいの膜を張るので、クレンジング料を流し終わった後の肌は化粧水をつけたかのようにしっとりもちもちに。

クレンジングミルクを肌にのせるだけで汚れを浮き上がらせる、独自の「アクアクレンジングゲル構造」で、デリケートな乾燥肌でも摩擦による肌への負担を抑えながらメイクをしっかりと落とします。

カバーマーク クレンジングミルクの商品ページはこちら

MAMA BUTTER【クレンジングミルク】

(ママバター クレンジングミルク/130g:¥1,500 240g/¥2,070)

ママバタークレンジングミルクの画像

「ママバター クレンジングミルク」天然保湿成分のシアバターが配合されていることによって、シアバターに含まれた「オレイン酸」が乾燥から肌を守ってくれます。

さらに、人の皮膚にも含まれている「ステアリン酸」が配合されており、肌とのなじみを良くするので、とても優しい使用感のクレンジングミルクです。

合成着色料や防腐剤などを使用せず、肌に優しい無添加処方にこだわっているので、乾燥によって敏感になった肌にぴったりです。

出典:ママバター公式HP

カウブランド【無添加メイク落としミルク】

(カウブランド 無添加メイク落としミルク/
 ポンプ付150mL/¥880 詰替用130mL/¥700)

カウブランド無添加クレンジングミルクの画像

「カウブランド 無添加メイク落としミルク」は、乾燥によって敏感になっている肌のために、アレルギーを引き起こす可能性のある成分をすべてカットした無添加・低刺激処方のクレンジングミルクです。

水分を保つために肌本来が持っている天然保湿因子と同じ構造をした天然保湿成分のセラミドを配合しているので、乾燥によりデリケートになっている肌の潤いを守ってくれます。

カウブランド 無添加メイク落としミルクの商品ページはこちら

パラドゥ【スキンケアクレンジング】

(スキンケアクレンジング 120g/¥1,200)

パラドゥクレンジングミルクの画像

「パラドゥ スキンケアクレンジング」は、美容液成分が89%配合され肌の潤いを守るだけでなく、肌を擦らずにメイク汚れを浮き上がらせて落とす「アクアカプセル処方」で肌の摩擦による負担を避けて洗い上げます。

濡れた手で使用でき、ダブル洗顔も不要なので時間のない働く女性や主婦にもおすすめ。

全国のセブンイレブンで購入できる気軽さと旅行時にも持ち歩きやすい23gのミニサイズのタイプもあります。

パラドゥ スキンケアクレンジングの公式HPはこちら

落ちにくいアイメイクにはポイントメイクリムーバーを!

アイメイクをしている女性の画像

クレンジングでの肌への負担をなるべく避けたい乾燥肌の人でも毎日のお仕事や大事なパーティ等、ポイントメイクまでしっかりしなければいけない日もありますよね。

マスカラやアイライン等、ポイントメイクを濃くしている場合は、顔全体をクレンジングする前にポイントメイクリムーバーの使用がおすすめです。

落としにくいポイントメイクをポイントメイクリムーバーで先に落としておくことで、クレンジング料を肌にのせる時間と摩擦による負担が減るので、ポイントメイクをしっかりする乾燥肌の方におすすめです。

ここでは乾燥肌の人におすすめのクレンジングミルクだけでは落ちにくいポイントメイクをしっかり落としながら、肌に負担がかかりにくいポイントメイクリムーバーを紹介していきます。

ビフェスタ【うる落ち水クレンジング アイメイクアップリムーバー】

(部分用クレンジング145ml/オープン価格)

ビフェスタうる落ちアイメイクアップリムーバーの画像

「ビフェスタ うる落ち水クレンジング アイメイクアップリムーバー」は、保湿性の洗浄成分の「水層」と、皮膚から水分が蒸発してしまうのを防いでうるおいを保持する「エモリエント層」の二層になったクレンジング料を振って混ぜ合わせて使用します。これによって、うるおいを保ちながら力を入れずにメイク汚れを落とすので、肌への摩擦による負担も抑えます。

水のように軽い使用感で拭き取ったあとのベタつきも気になりません。

ビフェスタ アイメイクアップリムーバーの商品ページはこちら

無印良品【マイルドアイメイクアップリムーバー】

(クレンジング 110ml/¥800)

無印良品マイルドアイメイクアップリムーバーの画像

「無印良品 マイルドアイメイクアップリムーバー」は、オリーブスクワランやカツミレ花エキス、モモ葉エキスの植物由来の天然うるおい成分と、乾燥から目元を守る保湿成分「ヒアルロン酸Na」を配合し、デリケートな目元をいたわりながらメイク汚れを落とします。

使用後のベタつきやぬるぬる感も気にならず、優しくマイルドな使い心地です。

無印良品 マイルドアイメイクアップリムーバーの商品ページはこちら

正しいクレンジングのための5つのポイント

花の浮いた浴槽の画像

クレンジングミルクは肌との馴染みがとても良くなめらかな使い心地のため、摩擦による肌への負担は少なくなっています。

しかし、化粧が落ちないからといってゴシゴシ擦ってしまうと摩擦が起き、肌は大きなダメージを受けます。

肌自らが作り出したうるおいを守り、異物が肌の隙間から入り込むのを防ぐための「バリア機能」の役割を担う、皮膚の一番外側にある角層はわずか0.02mmの厚さしかありません。

摩擦や保湿不足による「バリア機能」が低下し、肌の乾燥がすすむのを防ぐため、「正しいクレンジングのための5つのポイント」を紹介します。

入浴時のクレンジングはお風呂から出る直前が理想的!

クレンジングのタイミングは、お風呂に入ってすぐ・帰宅後すぐなど人それぞれですが、乾燥肌の方はそのクレンジングのタイミングが重要です。

入浴時であれば、クレンジングの後に保湿まで時間が空いてしまうのを避けるため、お風呂から出る直前にクレンジングをしましょう。

「いつも髪から洗うから・・・」

「クレンジングをいつも最初にしているからタイミングがわからない・・・」

なんて方には、こんな入浴ステップをおすすめします!

入浴ステップ

  1.  髪の毛を頭の上でまとめて、身体から洗う
  2. 身体を洗ったら、浴槽に入り身体をゆっくり休め、暖める
  3. 髪の毛を洗う
  4. 最後にクレンジングを行う

身体から先に洗い、浴槽に張ったお湯に浸かることで身体の代謝がよくなり、体温が上がるので毛穴が開きます。

浴槽でゆっくり休んだ後、髪の毛を洗い、お風呂から出る直前にクレンジングをします。

この手順を踏めば、シャワーでメイクが落ちて目に入ることもなく、お風呂から出る直前にクレンジングをすることができます。

お風呂の温度と蒸気で毛穴を開かせ、時間を空けずにクレンジングができるため、乾燥肌の方にはおすすめの入浴ステップです。

・帰宅後すぐにクレンジングをしたい時

どうしても帰宅後すぐにクレンジングをしたい場合は、肌の水分の蒸発をできる限り防ぐことが大事です。

クレンジング後にオイルを1~2滴手のひらに取って顔全体に伸ばすことで、乾燥を防ぐための油分の保護膜が肌の表面にでき、肌への負担を減らすことができます。

伸ばしたオイルはあくまでも、入浴中の乾燥を防ぐ応急処置なので、この場合も入浴後に保湿は欠かせません。

乾燥肌にはダブル洗顔不要タイプの「クレンジングミルク」がおすすめ

ダブル洗顔とは、クレンジング後に洗顔料や石鹸を使用して二度洗顔を行うということです。

クレンジング料と洗顔料または石鹸を同時に使用し、肌への摩擦による負担が二度かかるので、乾燥肌の方にダブル洗顔はおすすめできません。

クレンジング料の中では肌への負担が一番少ないクレンジングミルクの中でも、ダブル洗顔不要タイプのクレンジングミルクを選ぶようにしましょう。

乾燥肌のクレンジングは30~60秒以内で!

なんとなく適量を手にとったクレンジング料をそのまま顔全体に伸ばしてクレンジングしていませんか?

基本動作は「ゴシゴシ擦らず、優しく撫でるように」が鉄則です。

乾燥しやすい頬や目元・口元よりも、Tゾーンから先にクレンジングをはじめ、頬を撫でるようにクレンジングミルクを馴染ませていきましょう。

最後に、顔の中でも一番皮膚が薄く、乾燥肌の方にとっては特にデリケートな部分である目元・口元は、肌の上でクレンジングミルクを滑らせるようにクレンジングしていきます。

負担の少ないクレンジングミルクを使用しているとはいえ、クレンジング料に入っているメイク汚れを落とす成分や肌の摩擦により、少なからず肌への負担は生じます。

少しでも肌への負担を軽減するために、この過程をなるべく30~60秒以内で行うことが一番のポイントです。

クレンジングのすすぎは必ず32~34度のぬるま湯を使用しましょう!

入浴時のクレンジングだと、身体を洗う36~40度くらいの温度のシャワーを使用する方が多いかと思いますが、クレンジングをすすぐ時は必ず32~34度のぬるま湯を使用しましょう。

身体を洗う時のような温度が高めのお湯では、肌の水分を保つのに必要な皮脂まで洗い流してしまうので、乾燥が進む可能性が高まります。

また、冷たい水では水の冷たさで毛穴が収縮してしまい、クレンジング料や肌の汚れを十分に落としきれなくなります。

クレンジング後20~30分が保湿のゴールデンタイム!

クレンジング後どれだけすぐに保湿ができるかが重要なポイントです。

入浴後は肌の温度が上がっているため、肌本来が持っている水分が蒸発しやすく、お風呂場よりも湿度の低い場所に出ることで肌表面の乾燥も一気に進みます。

入浴後の保湿は、20~30分以内でなるべく早めに、デリケートになっている肌にたっぷりの化粧水を優しく顔を包み込むように馴染ませ、乳液やクリームで水分に蓋をしてあげることで保湿効果を高めます。

まとめ

乾燥肌の方は美容液成分が多く配合され、肌への摩擦による負担を抑えて洗い上げる「クレンジングミルク」を選びましょう。

クレンジングはお風呂から出る直前に行い、32~34度のぬるま湯ですすぐことが重要で、クレンジング後は20~30分以内に早急に保湿を行うことが鉄則です。

乾燥を防ぐ役割を果たすのは化粧水や乳液・クリームだけではありません。

自分にぴったりのクレンジングミルクを見つけ、毎日のクレンジングから変えることで、乾燥から肌を守り、うるおい肌をつくりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です