1ステップで完了!オールインワンゲルは肌の補水と保湿のミカタ

微笑み指で頬を触れる女性

オールインワンゲル(ALL IN ONE GEL)は、簡単にスキンケアを済ませて肌の保湿ができることで、多くの女性に支持を得ています。

「オールインワンゲルは、本当にひとつの化粧品で保湿できるの?」と不安に思う方も多くいるのではないでしょうか。

オールインワンゲルは、本来スキンケアの順序である化粧水・乳液・美容液・クリームなどを、ひとつのアイテムだけで完了するけれど、本当に肌の水分を補って保湿できるのか?知りたい方が多いと思いますので実験をしてみました。

オールインワンゲルを使ってみようか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

肌の水分補給と保湿維持にはオールインワンゲル

花と化粧品ボトルの画像

一般的にスキンケア化粧品は、洗顔後に化粧水・乳液・美容液・クリームなどを順番におこなうことで肌に水分を与え保湿することができます。

一方、オールインワンゲルは、たったひとつの工程だけで保湿することができ、時短スキンケアとして人気の高い化粧品です。

オールインワンゲルとオールインワンジェルは名前がよく似ており、どのように違うのか悩む方もいますが英語(ジェル)とドイツ語(ゲル)の違いだけで、ゲル状化された同じ化粧品ですよ。

オールインワンゲルは、とろっとしたゲル状になっており、1ステップで補水と保湿が完了できるように各化粧品メーカーで開発されています。

また、オールインワンゲルの内容成分のほとんどは、水・増粘剤・乳化剤・防腐剤・美容成分を配合し、ゲル状に混ぜ合わせた化粧品。

一般的にオールインワンゲルで使用されている内容成分は、カルボマーというゲル化させる増粘剤(ゲル化剤)です。

カルボマーの他に◯◯ポリマーと成分名につくものがあり、すべて水溶性高分子ポリマーと呼ばれています。

カルボマーは、肌表面で水を含んだ皮膜を形成し肌内部の水分蒸発を防ぐ保湿効果もあり、低刺激で品質の均一性、温度変化に対して安定性も高く化粧品に多く使用されているのです。

また、カルボマーはオールインワンゲルに配合した美容成分や、水以外の高分子成分をよく混ぜ合わせることができるので、肌の潤いとシミやシワなどの目的応じた化粧品を作ることができます。

BB・CCクリームの前に塗っても大丈夫

リキッドファンデーションを手の甲に乗せている画像

多くの女性は、忙しい朝の時間にスキンケアとメイクの両方をこなさなければいけませんよね。

スキンケアやメイクをなるべく時間をかけずにさっと済ませたい方は、オールインワンゲルと時短ベースメイクのBBクリームやCCクリームで仕上げることができますよ。

BBクリームとCCクリームを詳しく知りたい方はこちら「乾燥肌の人にはBBクリームがおすすめ!選び方や塗り方のコツ」

しかし、ネットのクチコミでオールインワンゲルとBBクリーム・CCクリームを塗ると「ヨレる」「モロモロとカスがでる」など見かけますが、正しい使用方法でつけると悩みは解消します。

毎日、忙しい朝の時間の中でスキンケアが肌に浸透しないうちにファンデーションを塗っても、肌表面で水分の上をつるつる滑るだけで、肌に密着しないのでくすみや毛穴を隠すことができません。

オールインワンゲルは肌に塗った後、手のひらでやさしく押し当ててしっかり浸透させたら、次の工程でBBクリームやCCクリームを塗ることができるので、2ステップでメイクベースが完了します。

BBクリームやCCクリームは、額・頬・鼻・顎へ少しずつ乗せてから、指の腹でこすらずやさしく伸ばしていき、スポンジパフでポンポンと軽く叩きながらまんべんなく肌へのせていきましょうね。

BBクリームやCCクリームは、オールインワンゲルが肌に浸透しないうちに慌てて塗って過度にこすると、ヨレたりモロモロがでてしまいますので、スキンケアを丁寧におこなうことが大切です。

オールインワンゲルの浸透と持続

オールインワンゲルは、化粧水のみならず美容液、クリームまで配合されていますが、混ぜ合わせたスキンケア化粧品が肌へ一気に浸透して保湿できるのでしょうか?

1ステップだけでどのくらい肌が潤い続けるのかを実験したのでみていきましょう。

化粧水とクリーム対オールインワンゲルを検証

オールインワンゲルを浸透させて経過をみるために、ベトナム料理で有名な生春巻きのライスペーパーを使用して、どのくらい潤いを保てるのかを実験しました。

ライスペーパー四角に切った

【実験で使用したもの】

  • 乾燥ライスペーパー(7㎝×5㎝)
  • ライスフォース ディープモイスチャー
    ローション(化粧水)とクリーム
  • ナチュラルエレメンツ バランシングゲル
    (オールインワンゲル)
  • ちふれ 美白うるおいジェル
     (オールインワンジェル)
濡らしたライスペーパー1
濡らしたライスペーパー2

同サイズのライスペーパーに水を浸透させたものと、各化粧品を両面に染み込ませた4種類を並べて同環境で実験を開始しています。

ローション&クリームに関しては、ローションに浸してやわらかくなる前にクリームを塗っていますので、急いで肌につけた状態を再現しました。

高野豆腐とライスペーパー実験
経過 水道水 ローション&クリーム バランシングゲル 美白うるおいジェル
直後 とろとろ状態 やわらかい状態 とろとろ状態 とろとろ状態
1時間 角が乾燥 少し固い しっとり状態 しっとり状態
2時間 半分以上乾燥 油分が多く固い 角が少し乾燥 角が少し乾燥
1日後 全部乾燥 浸透せず乾燥 角以外しっとり 中心しっとり
4種類のライスペーパーを上から見た
アクリル台の上に4種類のライスペーパー

肌状態を再現するために弾力と水分保持の要である真皮層は、高野豆腐を水で戻し水気を絞った状態を土台に、水や各化粧品をライスペーパーに浸透させ、肌表面の角質層の代わりとして乗せて比べてみました。

ライスペーパーは、乾燥して薄く固いアクリル板のようですが、水分を含むとあっという間にやわらかくモチモチとした透明の薄皮シートに変わります。

4種類とも水分を含ませて乗せた直後は、同様の手触りですが1時間経過すると変化があり、早くも水道水のライスペーパーの角が固くなっているのがわかります。

実験のローション&クリームは、ライスペーパーに水分を十分に浸透させてからではなく、両面にローションを浸してすぐにクリームで塗っているので、オールインワンゲルと同じ位の時間で仕上げました。

そのため、ライスペーパーに水分が浸透しないうちに油分の多いクリームを塗っているので、どんどん水分が蒸発して表面は固くなりぬるつきが残ったまま乾燥しています。

肌に化粧水が浸透しないうちにクリームを塗ってしまうと、肌へ水分が十分に補われず保湿効果が弱まることがわかりますよね。

一方で、オールインワンゲルのバランシングゲルと美白うるおいジェルは、つけた直後よりは時間が経つと乾いていますが、2時間経っても手触りがモチモチとしてしっとり感は変わりません。

最後に4種類のライスペーパーを高野豆腐から剥がすと、画像のように完全に乾いた状態とうるおいを保った状態の違いがわかります。

実験の結果、4種類の中でうるおいを一番保っていたのは、オールインワンゲルのバランシングゲルでした。

オールインワンゲルは、時短スキンケアでも十分に肌に潤いを与え保湿維持ができる化粧品だといえます。

日頃のスキンケアでクリームや乳液を使用している方は、肌に化粧水を十分浸透し潤わせてからにしましょう。

とくに肌が乾燥しがちな方や、スキンケアをいい加減におこなっている方は、単品のスキンケア化粧品を順番通り使用するより、素早く肌の補水と保湿が可能なオールインワンゲルをおすすめします。

オールインワンゲルの水分浸透力

オールインワンゲルとアロマオイル

オールインワンゲルは、各化粧品メーカーによってゲル化剤の状態や使用感が違い、ぷるっとした透明色からヨーグルトや乳液のようにとろっとした形状があります。

豊富な種類のオールインワンゲルは、オイル成分配合を使用しないものがあるので、さっぱりタイプやしっとりタイプなど使用感や肌質によって選ぶとよいでしょう。

オールインワンゲルは、水分と油分、美容成分をゲル状に混成しており、肌の水分保持に大切な細胞間脂質に似ているので肌表面の角質層に浸透しやすい性質があります。

スキンケア化粧品は、順序があり化粧水をつけて肌へなじむのを待ってから次の乳液や美容液を塗りますが、オールインワンゲルの場合、待つ必要がなく1ステップで補水と保湿ができるので簡単です。

そのため、オールインワンゲルは肌にすっとなじんで肌内部の潤い成分を逃さず、保湿維持する働きをもっています。

オールインワンゲルは、化粧水のように肌につけたときに液が垂れず、肌にしっかり密着させたまま補水と保湿を同時におこなうので、肌への水分浸透力が優れているといえるでしょう。

【実験】

バランシングゲルは、クリームのような使用感のオールインワンゲルですが、実際にクリームと比較してどのくらい水分の浸透力があるのかライスペーパーを使って実験してみました。

使用したスキンケア化粧品

左【ライスフォース】ディープモイスチャークリーム
右【ナチュラルエレメンツ】バランシングゲル

使用前とクリームを上に乗せた
クリームとバランシングゲルをつけて並べた

 

同サイズの各ライスペーパーの両面にディープモイスチャークリームとバランシングゲルを均等に塗ります。

各ライスペーパーにディープモイスチャークリームとバランシングゲルを塗ってから1分後に違いが出てきた画像です。

クリームとバランシングゲルを染み込ませた

左側のディープモイスチャークリームはパリッとまだ固いのに対して、右側のバランシングゲルの方は、浸透してしんなりしているのがわかります。

3分経過した画像ですが、ずらしてみると水分が浸透した様子がわかりますよね。

実験の結果、オールインワンゲルのバランシングゲルは、水分の浸透力が高く優秀といえます。

クリームの場合は内容成分に水が配合させていますが油分の含有量が多いため、ライスペーパーがやわらかくならないことから水分が浸透せず油膜を覆った状態になっています。

クリームは、肌の潤いを保持する役割をもっていますが、実験結果を見る限りライスペーパーに浸透しないので、肌にも同様の状態が推測できますよね。

本当に1つのアイテムで水分保持ができる

オールインワンゲルとさらっとした化粧水との比較実験でもライスペーパーに浸透させて検証してみましたが、化粧水だけの場合は約15分後に乾燥が始まり、1時間後には固くなっていました。

また、とろっとした増粘剤の多い化粧水でも同様の結果となり、化粧水だけでは水分の浸透力が高くても保つことができないようです。

化粧水と乳液を混ぜてもライスペーパーと同様に肌に浸透はしませんが、オールインワンゲルは化粧水・乳液・美容液・クリームなどすべてを兼ね備えています。

ライスペーパーにオールインワンゲルを染み込ませた実験から1日経過しても、高野豆腐に密着した部分は、やわらかくしっとり潤った状態を保っていました。

実験結果によりオールインワンゲルは、1つのアイテムで素早く肌に水分を与え潤い成分を保つことができる優秀なスキンケア化粧品のといえます。

おすすめオールインワンゲル3選

現在、オールインワンゲルは、ドラッグストア・バラエティショップ・百貨店・ネットショップ・TVショップ通販など、どこでも購入できる化粧品です。

オールインワンゲルは、日常のお手入れをはじめ、スポーツの後・旅行など簡単にスキンケアができるので1つ持っておくとよいアイテムですよ。

豊富に存在するオールインワンゲルの中、通販とドラッグストアで購入できる商品を3つ紹介します。

【ナチュラルエレメンツ】バランシングゲル

定期初回価格:3,725円(税込)内容量:150g

バランシングゲルとガラスの靴

バランシングゲルの特徴

  • 肌細胞を繋ぐ要であるセラミド成分を3種類配合した保湿力が高い
  • 合成着色料・合成香料・界面活性剤・アルコール・シリコン・鉱物油などを一切使用していない
  • 肌のハリや弾力の成分を生み出すプロテオグリカン成分配合

肌の潤い感を長時間逃さないバランシングゲルは、ゲル状の化粧品の中でもクリーミーで重い使用感ですが、肌バランシングゲル使用後の肌は、クリーム特有のベタつきもなく潤いあるさっぱりした使い心地。

ポンプタイプのバランシングゲルは、ジャータイプのように蓋を開ける手間もなく、プッシュしてすぐ肌につけることができ、衛生的で簡単なところがポイントです。

そして、オールインワンゲルの使用感でモロモロやポロポロのカスが出る現象もなく、しっとり潤った肌を実感できます。

バランシングゲルを塗ると肌がしっとりするのにベタつかず、水分補給と保湿のバランスがよく、ふっくらモチモチした肌に仕上がります。

【ちふれ】美白うるおいジェル(医薬部外品)

販売価格:1,100円(税抜)内容量:108g

ちふれ美白うるおいジェル

美白うるおいジェルの特徴

  • 無香料・無着色・ノンアルコールで肌にやさしいオールインワンジェル
  • 美白成分トラネキサム酸配合で、肌のシミ・ソバカスを防ぎます
  • ヒアルロン酸・トレハロース・油溶性甘草エキス配合で保湿効果が高い

ちふれ「美白うるおいジェル」は、化粧水+美容液+乳液+クリーム+パック+化粧下地と6つの役割をもったオールインワンゲル。

紫外線の影響でダメージを受けた肌に、美白うるおいジェルの美白成分トラネキサム酸配合が、メラニン生成を抑えてシミ・ソバカスを防ぎます。

また、トラネキサム酸は、妊娠や加齢によってできる肝斑の改善効果でも医療品として使用されてきた実績ある成分。

とろっとした使用感の美白うるおいジェルは、3種の保湿成分ヒアルロン酸・トレハロース・油溶性甘草エキス配合の働きで、肌表面の角質層に潤いを与え肌の水分保持機能を高めます。

美白うるおいジェルは手頃な価格で購入でき、年齢を重ねた肌の保湿をしっかり持続してくれるエイジングケア化粧品。

美白うるおいジェルは、うるおい下地効果でたっぷり肌になじませた後、ファンデーションを塗ってもカサつきや粉吹きを防ぎ、しっとりとした透明感あふれる美肌に仕上げてくれますよ。

【セザンヌ】大人のねりジェル

販売価格:880円(税抜)内容量:95g

セザンヌ大人のねりジェル

大人のねりジェルの特徴

  • 無香料・無着色・無鉱物油・アリコールフリー・弱酸性で肌にやさしい
  • コラーゲン・セラミド・ヒアルロン酸・リピジュア®などたっぷり美容成分配合
  • 速乾性・持続性・密着性の3段階の保湿力

セザンヌ「大人のねりジェル」は、年齢を重ねた女性の肌を考えてエイジングケア※するオールインワンジェルとして開発されました。※年齢に応じた潤いのお手入れのこと。

化粧水+乳液+ブライトニング美容液+クリーム+パック+潤い下地の6つの役割を1ステップで完了できるオールインワンジェルです。

ドラッグストアやバラエティショップで購入でき、値段も手頃なので気兼ねなくたっぷり使用できます。

年齢を重ねた女性の肌の悩みである乾燥やシワ、たるみなどにアプローチするコラーゲン・セラミド・ヒアルロン酸・リピジュア®の美容成分を配合。

肌のハリとツヤを与える美容成分が水分保持を高めてくれるので、しっとりとみずみずしい美肌を実感できます。

忙しい朝の洗顔後に大人のねりジェルをたっぷり肌になじませたら、そのままファンデーションが塗れるので時短ケアが可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です