【2017年保存版】毛穴レス美人になれるコンシーラーの選び方&使い方

コンシーラー3種

コンシーラーを使うだけで毛穴はこんなに目立たなくなる

シミやクマを隠したり、肌色を整えたりするために使用するコンシーラー。

そのコンシーラーを上手く使えば、女性の大敵である毛穴の悩みを目立たなくさせることができるのです。

コンシーラーを使った場合と使わなかった場合の比較

左側の写真はコンシーラーを使わず、リキッドファンデーションとフェイスパウダーでメイクをした状態の毛穴です。

毛穴が開いてポツポツと凹んでいたり、黒ずんでいるようにも見えます。

一方、右側の写真はパウダーファンデーションをつける前に、クリームコンシーラーを使用してメイクをした状態の毛穴です。

左のコンシーラーを使わないタイプよりも毛穴の凹凸が隠れていて、肌色も均一に整っているように見えますね。

コンシーラーの正しい選び方と使い方さえマスターすれば、憎き毛穴の応急処置ができますよ。

コンシーラーはシミ・くまを隠すだけじゃない!

コンシーラー3種類を手の甲に乗せた写真

コンシーラーは別名「部分用ファンデーション」とも呼ばれており、肌の色をピンポイントに補正することができるメイクアイテムで、ベースメイクの一部として活用される化粧品のこと。

コンシーラーといえば、シミやクマを隠すのに大活躍で手放せないという人も多いのではないでしょうか。

塗りやすいスティックタイプや、伸ばしやすいリキッド・クリームタイプ、先端が筆のようになった筆ペンタイプなど、たくさんの種類があるのもコンシーラーの特徴です。

主にシミやニキビ跡、クマ、部分的な肌色の補正が必要な部分に使われ、ファンデーションよりも高いカバー力があるので、肌の悩みを隠したい時に必須のアイテムです。

◆肌悩み別コンシーラーの選び方を詳しく見る

シミやクマなどの目に見えて肌よりも暗い部分に使用して隠し、肌色を均一に見せて顔色自体を明るく見せることはもちろんですが、実はコンシーラーは毛穴隠しにも効果があるのです。

毛穴レス肌に仕上げる毛穴タイプ別コンシーラーの選び方

ポーラ文化研究所調査レポート

引用:ポーラ文化研究所/化粧と生活の調査レポート

20代~50代にかけての女性が抱えている肌悩みの中で、多くの人が悩んでいる「毛穴」。

毛穴の悩みはスキンケア化粧品を使って、肌の根本から改善をしていくほかに、応急処置としてコンシーラーを使って毛穴を隠すこともできるのです。

毛穴のタイプ別におすすめのコンシーラーやつけ方が変わってくるので、自分の毛穴タイプを見極めて、最適なコンシーラーを使いましょう。

まずは自分の毛穴タイプを見極めよう

コンシーラーで毛穴を隠すためには、まず自分の毛穴のタイプを見極めることが大切です。

下の毛穴診断チャートを使用して、自分の毛穴タイプを知りましょう。

自身の毛穴タイプが分かるちゃーと表

簡易診断で自分の毛穴タイプがわかったら、それぞれの毛穴タイプ別に使うべきコンシーラーを見ていきましょう。

開き毛穴タイプにおすすめのコンシーラー

たるみ毛穴タイプにおすすめのコンシーラー

詰まり・黒ずみ毛穴タイプにおすすめのコンシーラー

また、開き毛穴、たるみ毛穴、詰まり・黒ずみ毛穴の他に、毛穴の黒ずみのように見えたり浅黒くくぼんでいるように見えるのは、毛穴ではなくシミの可能性があります。

シミの場合も毛穴と同様にコンシーラーで隠すことができますが、伸びがよくなめらかなリキッド・クリームタイプよりも、より肌に密着しやすいスティックタイプの使用がシミを隠すには最適。

シミタイプの人は「詰まり・黒ずみ毛穴タイプ」から、おすすめのコンシーラーを見てくださいね。

開き毛穴タイプはクリーム・リキッドタイプを

開き毛穴タイプは、毛穴が詰まって見えたり黒ずんで見えたりするというよりも、毛穴が常に開いていて近くで見ると毛穴の部分がへこんで見えるような状態です。

毛穴を埋められるような柔らかく伸びの良いテクスチャーのクリームタイプやリキッドタイプを使用すれば、ナチュラルで厚塗り感なく毛穴を隠すことができますよ。

リキッドタイプ・クリームタイプコンシーラーの基本の使い方

■リキッドタイプ:筆ペン・スパチュラ
■クリームタイプ:スパチュラ・パレット

  1. 直接肌につけずに、手の甲でコンシーラーの量を調節する
  2. 手の甲に乗せたコンシーラーを少しずつとり、毛穴の気になる部分に指でトントンと叩き込みながら塗っていく
    ※下から上に伸ばすように叩きこむのが毛穴隠しのポイント

  3. 指ではつけにくい小鼻の脇はリップブラシにコンシーラーをつけて塗っていく
  4. 全体に伸ばしたらムラ防止のためにスポンジを使って全体になじませ、均一にしていく

NARS ラディアントクリーミーコンシーラー

ナーズのコンシーラー
ラディアントクリーミーコンシーラーの特徴

・濃厚な保湿クリームを塗っているかのようななめらかさ

・伸びがよくムラになりにくい

・色が豊富にあるので毛穴やシミ隠しだけでなく、ハイライトやローライトとしても使える

ラディアントクリーミーコンシーラーを試してもらいました

【体験者】ハリツヤ研究員M(20代後半/敏感肌/冬場は粉が吹くほど乾燥する)

コンシーラーで開き毛穴を隠した正面画像

ラディアントクリーミーコンシーラー使用前後の正面から見た鼻の写真です。

毛穴が開いて凹凸になっており、くぼみによって影ができて黒ずみのようにも見えてしまいますが、塗った後は開き毛穴特有の毛穴の凹凸にしっかりとコンシーラーが密着して、なめらかな肌に見えます。

小さなニキビができてしまっていますが、ニキビの赤みもしっかりと隠すことができていますね。

毛穴はもちろんのこと、鼻のあたまや小鼻周りにポツポツとできていたシミやそばかすもカバーされています。

このあとパウダーファンデーションを重ねれば、さらに毛穴やシミを隠すことができそうです。

コンシーラーを使って開き毛穴を隠した横からの画像

横から見てみても均一に毛穴を隠せているのが分かりますね。

特に小鼻は黒ずみもできてしまっていましたがしっかりとカバーできています。

敏感肌なので小鼻の脇から頬にかけて赤みが出やすいのですが、コンシーラーを使用すればファンデーションを厚塗り感なく隠すことができますよ。

体験者の声|ラディアントクリーミーコンシーラーの使用感

・「クリーミー」の名にふさわしい滑らかさ!
コンシーラーはパサパサするイメージでしたがこれなら乾燥しなさそうです。

・スポンジで伸ばしていくとムラがなく全体に均一につけられて厚塗り感を防げます。

・夜になっても毛穴の周りがヨレることなく、綺麗な状態で過ごせました。

・スパチュラでそのまま肌に乗せるのではなく、手の甲に一度とってからリップブラシなどで毛穴に伸ばしていくと、より細かい部分まで綺麗に塗れそうです。

たるみ毛穴はリキッド・クリームタイプを

年齢を重ねるにつれて出てきやすいたるみ毛穴の悩みには、リキッドコンシーラーやクリームコンシーラーのうるおいをプラスしながら毛穴をカバーできるものを使いましょう。

リキッドコンシーラーに含まれる水分や油分が、たるみ毛穴の原因のひとつとされる乾燥を防いでたるみを目立たなくしてくれます。

乾燥が起こりやすい肌でもコンシーラーがしっかり密着して、乾燥によって毛穴が目立ってしまう人でもなめらかでツヤのある肌を演出できますよ。

ロレアルパリ|ルーセントマジック スカルプティングデザイナー

ロレアルパリの商品画像
ルーセントマジックの特徴

・ペンタイプなので細かいところまで筆が行き届く

・伸びが良いリキッドタイプなので全体に均一に伸ばすことができる

・ツヤ感をプラスできるので乾燥しがちな年齢肌でも若々しさをプラスできる

ルーセントマジックを試してもらいました

【体験者】体験者N(50代後半/乾燥肌/シミやたるみが何をしても隠れない)

たるみ毛穴をコンシーラーで隠した正面画像

肌全体にたるみが出てきている50代後半の体験者Nさん。

黒ずみやシミは少ないものの、肌全体がたるみにつれて毛穴の開きがどんどん大きくなってしまっている毛穴が、ルーセントマジックを使うことで目立たない程度までカバーできています。

毛穴のたるみが大きい部分はコンシーラーを二度重ねて開きを埋めましたが、厚塗り感がなく均一な毛穴に見せられていますね。

ただ、鼻の頭が乾燥してコンシーラーが浮いてしまっているようにも見えるので、特に乾燥肌の人が使う場合は保湿を十分にしてから塗るのがポイントです。

たるみ毛穴をコンシーラーで隠した横からの画像

横から見てみると、小鼻あたりの毛穴が大きくたるみ、涙型に開いているのがわかりますね。

そんな大きな毛穴にもリキッドタイプのなじみやすいテクスチャーが密着して、毛穴を目立たなくしています。

このように自然なツヤ感が生まれるので、年齢を重ねた肌でも生き生きとした肌に見せることができますよ。

体験者の声|ルーセントマジックの使用感

・とにかく伸びがよくてびっくり!
50代の私でも簡単に使えるかしらと心配でしたが、手の甲で量を調整しながら塗れば厚塗りになることもありませんでした。

・筆で鼻全体に伸ばしたあとスポンジで全体に伸ばしていきました。
一度塗りでカバーできない大きなたるみ毛穴は二度塗りでかなり綺麗になりました。

・超がつくほどの乾燥肌なので、伸ばした後にコンシーラーが少し浮いてきてしまいました。
年齢肌の人はしっかり保湿の上で塗ったほうが良さそうです。

黒ずみ・詰まり毛穴はスティックタイプを

脂性肌でテカリやすく、毛穴に白くポツポツとした汚れが浮いてきたり、黒ずんでしまっている場合は、スティックコンシーラーを使うのがおすすめ。

リキッドタイプやクリームタイプに比べてテクスチャーに固さがあるので、日中脂が浮きやすい人でも崩れないマット肌に仕上げることができます。

スティックタイプコンシーラーの使い方

  1. 直接肌につけずに、指やリップブラシでコンシーラーをとる
    リップブラシでとった場合は手の甲でコンシーラーを温めてから、もう一度リップブラシにとって塗っていく
  2. 体温で溶けたコンシーラーを毛穴が気になる部分に点置きしていく
  3. 点置きした部分から伸ばすように指を使ってなじませていく
    下から上に伸ばしていくのが毛穴を隠すポイント!
  4. 指ではつけにくい小鼻の脇はリップブラシにコンシーラーをつけて塗る
    一度に大量につけるのではなく、薄く重ねるようにつけるとムラ防止に!
  5. 全体に伸ばしたらムラ防止のためにスポンジを使って全体になじませ、均一にしていく

 カバーマーク|ブライトアップファンデーション

カバーマークのコンシーラー
ブライトアップファンデーションの特徴

・気になる悩みをしっかりカバーする固めのテクスチャーのスティックタイプ

・配合されたライトフィットオイルがヨレを防いで一日中綺麗な素肌に

・スティックタイプながら保湿成分入りで乾燥しにくく、自然なツヤ感を出すこともできる

ブライトアップファンデーションを試してもらいました

【体験者】ハリツヤ研究員R(20代半ば/敏感肌/Tゾーンがテカリやすい)

詰まり・黒ずみ毛穴をコンシーラーで隠した画像
Tゾーンがテカリやすく、ポツポツとニキビができたり角栓が出てきたり、小鼻周りは黒ずんだりと毛穴の悩みが深いRさん。

ブライトアップファンデーションの使用で、普段ファンデーションでは隠しきれない黒ずんだ毛穴が目立たなくなっていますね。

小さなニキビは盛り上がりがあるので完全にカバーすることはできませんでしたが、赤みを軽減して、均一な肌色に見せられています。

詰まり・黒ずみ毛穴をコンシーラーで隠した横からの画像

横から見ても、スティックタイプ特有のパサつきが全くなく、光で毛穴が飛ばせているようにも見えますね。

特に気になっていた小鼻の黒ずみは頑固で隠しきることができませんでしたが、毛穴全体のボコボコとした感じがなく滑らかに整えられているようです。

上からファンデーションなどを重ねれば、より目立たなくすることができそうですね。

体験者の声|ブライトアップファンデーションの使用感

・容器の中に入っている状態だとかなり固かったので伸ばせるか心配でしたが、体温でとろけてムラなく伸ばせました

・肌全体の毛穴が滑らかに整えられた感じはあったが、頑固な小鼻の黒ずみはカバーが難しかった

・赤みが出やすい肌なので、赤みもカバーできてうれしい!

コンシーラー+αでさらに毛穴が目立たない肌へ

毛穴タイプに合わせたコンシーラーを使えば、毛穴を隠してなめらかで年齢を感じさせない肌に仕上げることができますが、毛穴をカバーできるタイプの化粧下地を使えばさらに毛穴レスな美肌に見せることができますよ。

コンシーラーだけでなく化粧下地も見直して

コンシーラーはスティックタイプやスパチュラで直接肌に塗るタイプなど、一度に塗る範囲が狭く、ピンポイントに悩みをカバーすることができます。

しかしその反面、顔全体をカバーするとなると時間と手間が多くかかってしまうため、朝の時間を少しでも短縮しながら綺麗になりたい女性にとって効率的とはいえないですよね。

鼻や小鼻の周りだけでなく、顔全体の毛穴が目立って気になる場合は、化粧下地から毛穴をカバーできるタイプのものにしましょう。

毛穴カバー用化粧下地の上からさらに、気になるピンポイントにコンシーラーを重ねれば、均一な顔色に見せることができ、毛穴レスな肌に仕上げることができますよ。

ハリツヤ編集部おすすめの化粧下地2選をご紹介!

毛穴を隠すコンシーラーと一緒に使うとさらに毛穴カバーを叶えられる、編集部イチオシの化粧下地を2つ紹介します。

プリマヴィスタ 毛穴・色ムラカバー下地
毛穴色ムラカバー下地

25g 2800円

プリマヴィスタの毛穴・色ムラカバー下地は、柔らかいスフレのようなテクスチャーで毛穴の凹凸をナチュラルに隠してくれる化粧下地。

透明色の多い化粧下地タイプですが、日本人の標準的な肌色がついているタイプなので、毛穴を隠すだけでなく、くすみがちな年齢肌のカバーもできます。

(■プリマヴィスタ 毛穴・色ムラカバー下地の詳しい使い方や説明はこちら

毛穴・色ムラカバー下地を実際に使用した肌が、以下の写真です。

プリマの化粧下地とコンシーラーを使った毛穴

毛穴・色ムラカバー下地を塗っただけで、コンシーラーだけを使った状態よりも毛穴のポツポツが目立たなくなり、黄味がかった肌色が補正されて均一で滑らかな状態になっていますね。

さらにそのあとリキッドファンデーションとフェイスパウダーを使ってメイクを行えば、乾燥で化粧がのらないということもなく、一日中綺麗な状態がつづきますよ。

マナラ BBリキッドバー
マナラBBリキッドバーの商品画像

7g 3400円

マナラ BBリキッドバーは、化粧下地・日焼け止め・ファンデーションの機能を1本で叶えられる、時短メイクにぴったりのBBクリームです。

BBクリームといえばクリームタイプで手にとって伸ばすものが多いですが、BBリキッドバーは肌に直塗りできるスティックバータイプなので手も汚しません。

体温でとろけるクリームが毛穴の凹凸や肌のきめに密着して、毛穴の目立たないツヤのある肌をつくりだします。

マナラBBリキッドバーの使い方や詳しい説明はこちら

マナラBBリキッドバーを実際に使用した写真がこちら。

マナラBBリキッドバーとコンシーラーを使った画像

左がコンシーラーのみ使用した状態で、右がマナラ BBリキッドバーとコンシーラーを使用した肌です。

コンシーラーだけでは隠しきれなかった部分も、毛穴の凹凸がない肌の滑らかさが際立ち、豊富に配合された美容成分によって自然なツヤ感も生まれています。

乾燥する季節になるとファンデーションが粉のように浮いてしまう人も、マナラBBリキッドバーを使えば悩みを解消できますよ。

毛穴はスキンケアで根本から改善を

開き、たるみ、黒ずみ・詰まりとさまざまなタイプがある毛穴ですが、コンシーラーや化粧下地で一時的に隠すことはできても、毛穴の悩み自体を改善するわけではありません。

各毛穴タイプに効果的なスキンケア化粧品を使用して、すっぴんの肌から毛穴が目立たない状態を目指しましょう。

関連記事はこちら

■開き毛穴におすすめなスキンケア紹介記事はこちら
【徹底調査】開き毛穴に引き締め効果の高い化粧水4選!
乾燥による毛穴の開きを撃退!4つの改善方法とおすすめ化粧品

■たるみ毛穴におすすめなスキンケア紹介記事はこちら
頬の毛穴開きを治したい!正しいスキンケア方法とおすすめ化粧品5選

■黒ずみ・詰まり毛穴におすすめなスキンケア紹介記事はこちら
毛穴の角栓で悩まない!正しいスキンケア方法とおすすめ商品をご紹介

■体内から毛穴悩みにアプローチする!積極的に摂りたい食べ物はこちら
4つの毛穴悩みに体内からアプローチ!効果的な食べ物・飲み物まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です