今日から始めよう!正しいクレンジングで肌荒れとサヨナラ

クレンジングはメイクや毛穴の汚れを落とすために大切なスキンケアの一部。

しかし、クレンジングの種類や使用方法によっては、肌荒れの原因になりかねないということを知っていますか?

肌に優しいクレンジング料を使用した正しいクレンジング方法で、肌荒れを予防しながらしっかり汚れを落としましょう。

間違ったクレンジングが肌荒れの原因に!

しっかり洗ってしっかり保湿しているはずなのに、最近なぜだか肌荒れする・・・肌が乾燥して調子が悪い・・・というあなた。

もしかすると、クレンジングが肌荒れの原因になってしまっているかもしれません。

化粧や肌についた汚れを落とすためのクレンジングも、自分の肌に合ったものを使わなければ、汚れは落とせても肌への負担になってしまいます。

それでは、クレンジングによる肌荒れの原因を見ていきましょう。

【原因①】皮脂を取り過ぎることによる肌荒れ

クレンジング料

クレンジング料の種類によって配合成分が変わってきますが、ほぼ油分で構成されているメイクアップ化粧品を落とすためには、油分が必要になります。

しかし、油分だけでできたクレンジング料だと水で洗い流せないため、水と油をなじませる働きをもつ「合成界面活性剤」や「界面活性剤」という洗浄成分も配合されることがほとんどです。

クレンジングオイルや油性のクレンジングジェル、クレンジングシートなどに主に多く含まれる合成界面活性剤は、石油・合成成分などを原料にしています。

洗浄力が高く汚れ落ちが期待できますが、必要以上の皮脂をとってしまい、肌のバリア機能の低下による乾燥や肌荒れを引き起こしやすいのが特徴。

天然成分からつくられる界面活性剤は、動物や植物の油からつくられていることが多いので、肌へのダメージは少なく、必要最低限の汚れを洗い落としながら保湿をすることもできます。

界面活性剤と合成界面活性剤の違いを詳しく読む

「界面活性剤不使用」の石鹸が肌にいいとは限らない

【原因②】摩擦による肌荒れ

クレンジングの際に、アイメイクなどの濃いポイントメイクをしている箇所や、毛穴の汚れが気になる鼻や頬をゴシゴシと強く擦ってはいませんか?

肌に必要以上の負担をかけて洗浄を行ってしまうと、肌表面を傷つけ、肌荒れを引き起こす原因になります。

ゴシゴシと力を入れてクレンジングを行う他に、クレンジングシートを使用してメイクを落とす行為も、シートが肌と触れ合って摩擦が起きやすいクレンジング方法です。

肌への摩擦による刺激が強いクレンジング方法は、できるかぎり控えましょう。

【原因③】すすぎ残しによる肌荒れ

桶の水で頬をすすぐ女性

クレンジング料や化粧品が落ちきらずにすすぎ残してしまうと、不必要な成分が肌の上に乗っかっている状態のため、肌荒れの原因のひとつになります。

髪の生え際やフェイスラインなどは、クレンジング料のすすぎ残しが起こりやすい部位なので、特に注意してすすぐように心がけてください。

また、クレンジングのときにすすぎが少ないとクレンジング料の洗浄成分が肌に残ってしまうため、丁寧にすすいでから洗顔も忘れずに行いましょう。

【原因④】体調の変化による肌荒れ

体調不良の女性

花粉などのアレルギー物質により肌が敏感になっていたり、体調不良などでホルモンバランスの乱れたりしていると、身体と同じように肌のバランスも崩れがちになり、いつも使っている化粧品でも肌荒れを起こしやすくなります。

身体の免疫力が低下しているときは、肌のバリア機能も低下している状態。

普段から毛穴の汚れなどをしっかり落とすために洗浄力の強いクレンジングや、スクラブ入りのクレンジングを使っている人でも、洗浄成分やスクラブが刺激になり、肌荒れの原因になることもあるので注意しましょう。

肌荒れ中の最適なクレンジング方法

鏡を見る横向きの外国人女性

クレンジング料やクレンジングの際にかかる負担によって起こる肌荒れも含めて、ニキビに悩んでいたり、乾燥に悩んでいたりと肌荒れの悩みは人それぞれです。

肌が荒れているとはいえ、仕事や外出などでどうしても化粧を避けられない女性も多いのではないでしょうか。

肌荒れしているときにも化粧をしなければならない人のために、できるだけ肌にダメージを与えない最適なクレンジング方法を紹介していきます。

シート・オイル・油系ジェルタイプのクレンジングを使用しない

アイメイクをシートクレンジングで落としている女性

クレンジング料には、シート・オイル・ジェル(油系・水系)・リキッド・ミルク・クリーム・バームなど、さまざまな種類があります。

その中でも、シートタイプ・オイルタイプ・油系のジェルタイプのものは、肌に必要な皮脂まで溶かしてしまう油分や合成界面活性剤が多く含まれており、より肌荒れの原因になるので使用を控えましょう。

2つのタイプにわかれるジェルタイプの中でも、油系のジェルタイプは合成界面活性剤を多く使用しており、水系のジェルタイプは化粧品が落ちにくく、必要以上に肌を擦りながら洗浄してしまう恐れがあります。

シートタイプは、肌との摩擦によって化粧を落とすタイプで、さっぱり感をだすためにアルコールを使用しているタイプのものが多いため、肌への刺激になりやすいので、肌荒れしているときは使用しないほうが良いでしょう。

ポイントメイクは専用リムーバーを使用

汗や涙に負けないウォータープルーフのマスカラやアイライナー、口紅などはクレンジング料を使用しても落ちにくい部類の化粧品です。

濃いポイントメイクには、つい洗浄力の高いオイルタイプや油性のジェルタイプのクレンジング料を使いがち。

洗浄力の強いクレンジング料は配合された成分が肌に刺激をあたえるものが多く、肌荒れの原因になりかねません。

ポイントメイクは専用のリムーバーを使用して、先にポイントメイクだけ落としておけば、顔全体に洗浄力の強いクレンジング料を使うことなく、濃いメイクを落とすことができますよ。

クレンジング料を使わなくても落とせるメイクをする

机の上にバラまかれた化粧品や化粧道具

肌荒れをしているときには、肌に負担を与えるクレンジングをしないで済むように、メイクをしないで過ごすのもひとつの手段です。

仕事や用事でどうしてもメイクをしなければいけないときは、クレンジング料の配合成分による肌への負担を防ぐために、クレンジング料を使わずとも石鹸やお湯で落とせるタイプの化粧品を使用するのがおすすめ。

最近では、お湯や石鹸で落とせるUVカットの効果付きのフェイスパウダーや、ミネラルファンデーションも販売されており、クレンジングの際に起きる負担をさらに減らすことができますよ。

肌荒れからさよならできるクレンジングの選び方

女性が化粧品を手に持っている

肌荒れをしていても、していなくても、肌にはなるべく負担をかけずにクレンジングをしたいものです。

できる限り肌にかかる負担を抑えることができるクレンジング料の選び方を紹介します。

クリーム・ミルク・バームタイプのクレンジングを使って

肌荒れは、肌の乾燥が原因であることが多いので、乾燥対策のために保湿成分が入った、肌に負担のかかりにくい使用感のクレンジング料を選ぶのがポイントです。

数あるクレンジングの種類の中でも、クリームタイプまたはミルクタイプのクレンジング料は、保湿成分が配合されているものが多いのが特徴です。

保湿成分がクレンジング料自体に含まれていることによって、クレンジングの際に失われがちな肌本来の保湿成分を補いながら汚れを落とすことができます。

また、クリーム・ミルクタイプのクレンジングは、肌になじませやすく、柔らかく肌を包み込むような使用感なので、肌への負担を減らしてクレンジングをすることができ、肌荒れをしている時でも使いやすく、おすすめですよ。

クリーム・ミルクタイプのクレンジングの他におすすめなのが、バームタイプ。

容器に入っている状態では固形ですが、肌にのせると体温で固形のバームが溶けてクリームのような使用感に変わり、力をいれずにメイクを落とすことができます。

バームタイプの特徴は、油分を多く含むためメイクを落としやすい上に、油分自体が天然由来の植物油などを原料としたバターであったり、保湿成分や有効成分も多く配合されているので、洗いあがりはしっとりもちもちに。

保湿成分が多く配合されるミルク・クリームタイプのクレンジング料は、洗いあがりの肌の質感や、テクスチャーの好みがさまざま分かれるので、自分にぴったりなクレンジング料を選んでストレスなくクレンジングをしてくださいね。

無添加タイプなら肌への負担が少ない

オーガニック食品

肌に負担がかかる成分は合成界面活性剤だけではありません。

クレンジング料には、使用期限を延ばしたり、配合されている成分を保持したりするために、防腐剤や保存料・香料・合成着色料などの添加物を使用しているものが多く存在しています。

無添加のクレンジング料を使用すれば、添加物によるアレルギーを起こしやすい人や、肌荒れのときでも、肌の負担を少なく洗いあげることができますよ。

ダブル洗顔は低刺激石鹸で

白いオーガニック石鹸とラベンダー

クレンジングの後に洗顔料を使用してダブル洗顔を行うのには、クレンジング料で落とすことが出来なかった油性汚れ以外の汚れを落とすという役割があります。

ダブル洗顔不要のクレンジング料を使えば一度で洗顔が済むので、ダブル洗顔するよりも肌への摩擦を少なくすることはできますが、クレンジング料を落としきらず肌に残っている方が、肌にとっては負担になってしまいます。

クレンジング料を使用したあとは、肌に優しい無添加で低刺激な固形石鹸タイプの洗顔料で洗顔を行えば、配合成分による肌への負担を抑えることができますよ。

固形石鹸は手では泡立てにくいものが多くありますが、泡立てネットを使用すると、豊富な泡で肌への摩擦も少なく洗いあげることができるので、クレンジングだけではなく洗顔石鹸も低刺激なものを選んで使用してくださいね。

自分の肌に合ったクレンジングを使う

指をさす女性

クリーム・ミルクタイプの滑らかで肌になじみやすいテクスチャーであったり、無添加で肌にやさしいクレンジングであることも大切ですが、肌荒れを防ぐためのクレンジングは、自分の肌に合っていることで初めて成り立ちます。

オイルタイプやジェルタイプの洗浄力の強いクレンジング料を使用していても、肌荒れをするどころかその方が肌の調子がよいという肌質の人もいるので、一概にどの肌質の人にどんな種類のクレンジングがいいとは言い切れません。

自分の肌で試して、かゆみやヒリつきなどの違和感を感じない、ストレスの少ないクレンジングを選んで使い続けましょう。

まとめ

クレンジングによる肌荒れを防ぐためにはまず、クレンジング料そのものとクレンジング方法の見直しが必要です。

いつも使っているクレンジングに強い洗浄成分が配合されていたり、知らず知らずの内に肌を傷つけてしまっている可能性もあるので、肌を擦らずクレンジングできるミルク・クリームタイプのクレンジングの使用がおすすめ。

加えて、保湿成分入りで低刺激のクレンジングを選べば、クレンジングしながら乾燥肌のケアができ、肌荒れの原因のひとつとなる乾燥を防げて一石二鳥ですよ。

肌荒れしない健やかな肌を保つためには日々の保湿ケアも大事ですが、まずはそのスキンケア化粧品から、自分にぴったりなクレンジングや洗顔料を使用して、肌が感じるストレスを軽減してあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です