違いは何!?クレンジング料の種類や選び方の基本をご紹介

クレンジングが3つ並んでいる

様々な種類のクレンジング料が市販されていますが、どういった違いがあるのでしょうか。

クレンジング料によって、油分や界面活性剤の配合割合に違いがあり、肌への刺激も異なります。

今回の記事では、クレンジング料の種類を紹介するとともに、ベースメイクや肌への刺激をもとにした、クレンジング料の選び方を解説していきます。

クレンジング料の種類による違いとは

棚に並べられたスキンケア化粧品たち

メイクアップ化粧品には油性の成分が多く含まれているため、水やお湯だけでは落としきれないメイク汚れを落とすことがクレンジングの役割です。

クレンジング料に配合されている成分で、主にメイク汚れを落とす働きを持っているのは、油分と界面活性剤です。

油分は、油性のメイクを浮かす性質があり、界面活性剤は水になじみやすい親水性と油になじみやすい親油性を兼ね備えているため、浮き上がった油性の汚れを水と混じり合わせて落とす働きを持っています。

界面活性剤は肌への刺激となりますが、界面活性剤が含まれていなければ、水と油は混ざりにくいため、油性のメイク汚れは落ちにくくなってしまいます。

クレンジング料の種類によって、油分や界面活性剤の配合されている割合が異なり、界面活性剤の割合が多いと、メイクが落としやすい反面、肌への刺激が強いのです。

クレンジング料のタイプごとの特徴

クレンジング剤の刺激と洗浄力のグラフ

クレンジング料のタイプ別メリット・デメリットを見ていきましょう。

オイルタイプ

オイルタイプのクレンジング料は、油分も界面活性剤の量も多いのが特徴です。

華やかなパーティメイクや、仕事柄普段から「バッチリメイク」をしている人に向いたクレンジング料で、ウォータープルーフタイプの化粧品でもなじみやすく、どんなメイクでも落としやすいことがメリット。

一方で、オイルの配合成分によっては肌への刺激が強く、うるおいを保つために必要な油分まで落としてしまうため、乾燥しやすいことがデメリットです。

ジェルタイプ

ジェルタイプのクレンジング料は、水性タイプと油性タイプに分けられます。

水性ジェルタイプ

水性ジェルタイプは透明なクレンジング料で、オイルフリータイプとオイルインタイプがあります。

オイルフリーのタイプはオイルが含まれておらず、界面活性剤を多く配合することでメイクを落としますが、その洗浄力は弱く、界面活性剤による刺激が強いため、敏感肌や乾燥肌の人には不向きです。

その一方で、油分の含まれたクレンジング料を使うことができない「まつ毛エクステ」をしている人や、ナチュラルメイクの人、さっぱりした使用感が好きな人にはおすすめといえます。

オイルインタイプは、水性のジェルに油分を少し加えたもので、市販されているジェルタイプのクレンジング料の多くを占め、油分が配合されていることによって、オイルフリータイプよりはメイク落ちが良いのが特徴です。

油性ジェルタイプ

油性ジェルタイプはオイルを乳化させてジェル状に固めたタイプで、メイク汚れとなじみやすく、ジェルタイプの中ではメイクを落としやすいことがメリット。

メイクを落とす成分のほとんどがオイルで、界面活性剤の配合割合が少ないため、敏感肌や乾燥肌の人でも比較的使いやすいクレンジング料です。

しかし、脂性肌の人やニキビ肌の人は、クレンジング料に配合された油分がニキビの原因になったり、過剰に分泌された皮脂をとりきれなかったりするため、おすすめできません。

クリームタイプ

クリームタイプのクレンジング料は、油分と界面活性剤の配合割合のバランスがよいのが特徴です。

オイルタイプよりも洗浄力は劣りますが、洗浄力が弱すぎず、肌への刺激が強すぎないことがメリット。

クレンジングの際に肌をこすってしまうと、摩擦による刺激で肌にダメージを生じることがありますが、クリームタイプのクレンジング料は重めのテクスチャーのため、摩擦による肌へのダメージも起きにくいのです。

クレンジング料の中では、メイクなどの汚れ落ちと肌への刺激の少なさのバランスが良いため、どんな肌質の人にもおすすめですが、洗い上がりのさっぱり感を求める人には不向きでしょう。

ミルクタイプ

ミルクタイプのクレンジング料は水ベースでつくられ、油分も界面活性剤も少ないため肌にやさしく、うるおいを保つために必要な皮脂を落とさずにクレンジングできることがメリットです。

その反面洗浄力が弱く、濃いメイクは落としにくいので、ミルクタイプはナチュラルメイクの人に向いたクレンジング料といえます。

ふき取りシートタイプ

ふき取りシートタイプのクレンジング料は、シートでふき取るだけで手軽にメイクを落とせることがメリットですが、ふき取ることによる摩擦が肌に刺激になるので注意が必要です。

また、ふき取りシートタイプのクレンジング料は界面活性剤を多く含んでおり、肌への刺激が強く敏感肌や乾燥肌の人に限らず、継続して使用すると肌荒れを起こしてしまう可能性があります。

ふき取りシートタイプのクレンジング料は、日常的に使うのではなく、仕事で遅くなったときや家事で忙しいときなど、クレンジングに時間をかけられないときの使用に限定するようにしましょう。

ポイントメイク落とし

ポイントメイク落としは、目元用、あるいは口元用の専用リムーバーです。

マスカラやアイラインは皮脂や汗、摩擦などで日中落ちにくくするためにウォータープルーフタイプが多く、口紅は食事をしても落ちにくいタイプのものが市販されています。

ポイントメイク落としを使い、メイクが落ちにくい箇所だけに刺激の強いクレンジングを使用することで、肌全体に強い刺激を与えることを避けられることがメリットとしてあげられます。

ポイントメイク落としでアイメイクなどを落とした後、ベースメイクはまた別途クレンジング料を使用してクレンジングする必要があるので、ひと手間かかりますが、肌にとっては最善のクレンジング方法になりますよ。

クレンジングの選び方

女性が化粧品を手に持っている

クレンジング料の選び方には、ベースメイクを基準にする方法と肌質をもとに肌への刺激から肌状態に合わせて選ぶ方法があります。

ベースメイクを基準に選ぶ

マスカラやアイラインなどのアイメイクや口紅は、ポイントメイク落としを使って落とすことが推奨されているので、クレンジング料はベースメイクを基準に選ぶのが基本です。

ウォータープルーフタイプや、油分の割合が多くカバー力があるリキッドタイプのファンデーションなど、落ちにくいベースメイクをしている場合には、オイルタイプのクレンジング料が向いています。

ナチュラルメイクを楽しみたい人がよく用いるパウダーファンデーションは、油分よりも粉の配合が多くので、ミルクタイプやジェルタイプの主成分が水のクレンジング料でもベースメイクを落とすことが可能です。

肌への余分な刺激による負担を避けるためには、使用しているベースメイクに合わせて、クレンジングを選ぶことが大切ですよ。

肌への刺激から選ぶ

乾燥肌や敏感肌の人の場合、配合成分による肌への刺激が弱い、クリームタイプやミルクタイプのクレンジング料がおすすめです。

ミルクタイプやクリームタイプは保湿成分の配合量が多く、肌との摩擦を抑えられるなじみのよいテクスチャーのため、クレンジング料による肌への負担を軽減しながら、クレンジングすることができます。

敏感な状態の肌は、メイクアップ化粧品も肌への負担になりやすい状態です。

濃いメイクはなるべく避けてお湯で落とせるメイクアップ化粧品を使用したり、肌に優しいクレンジング料でも落とせるナチュラルメイクで生活したりすることが、肌荒れの悪化を防ぐポイントです。

ニキビ肌の人は、油分が多いクレンジング料はニキビの原因になり、油分や界面活性剤の割合が多いと肌への負担になるため、ミルクタイプや水性ジェルタイプのクレンジング料の使用が向いています。

また、脂性肌や普通肌の人も、クレンジング料による肌への刺激から肌トラブルが起こることを避けるためには、肌への刺激が少ない、クリームタイプやミルクタイプのクレンジング料がおすすめです。

まとめ

クレンジング料の種類によって、肌への刺激や負担には違いがあります。

ベースメイクとポイントメイクを別々に落とすことで、強い洗浄力をもつクレンジング料による肌全体への負担を減らすことができるのです。

また、肌荒れをしている時は、洗浄成分による負担が少ないクリームタイプやミルクタイプでも落としきれるようなナチュラルメイクをすることもポイントのひとつ。

自分に合ったクレンジング料を見つけたり、メイクに合わせてクレンジング料を使い分けたりして美肌を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です