乾燥肌には5つの種類がある!タイプ別スキンケア方法・アイテムとは

「化粧水をたっぷり使っているのに浸透していないような気がする」

「スキンケア後は肌がうるおうのに、時間が経つとすぐに乾燥してしまう」

「乾燥肌なのに部分的にベタつきやテカリが気になってしまう」

…このように、乾燥肌のケアで悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

乾燥肌対策をしているのに肌のコンディションに変化がない場合は、普段のスキンケアやスキンケアアイテムを見直すきっかけかもしれません。

本記事では、乾燥肌の種類やタイプに合わせたスキンケア方法を詳しく紹介していきます。

5種類の乾燥肌の特徴&スキンケア方法

指をさす女性

乾燥肌の場合、角質層の水分量が不十分であったり皮脂の分泌量が少なめなので、保湿力のある基礎化粧品で肌の水分と油分を同時に補うことが基本的なスキンケア方法です。

しかし、同じ乾燥肌でも脂性乾燥肌や老人性乾燥肌といったタイプによって、適切なスキンケアアイテムが異なります。

乾燥肌の種類、そしてそれぞれのタイプに合わせた適切なスキンケア方法について見ていきましょう。

通常の乾燥肌

乾燥した地面

乾燥肌とは、肌の保湿機能がうまく働かないことで角質層の水分が逃げてしまい、肌表面がカサカサする状態の肌を言います。

私たちの肌は、角質層にある水分とNMF(天然保湿因子)、肌表面の皮脂によって保湿機能が働いています。

しかし、空気の乾燥や紫外線などさまざまな影響で角質層のNMFや細胞間脂質が減少すると、肌に含まれる水分量が減り乾燥状態になるのです。

また、肌が乾燥することでうるおいを取り戻そうと肌のターンオーバーが早まると、ますます肌が乾燥するという悪循環に陥ることも。

肌のターンオーバーとは、一定のサイクルで表皮が生まれ変わることを言いますが、サイクルが早まると未熟な角質細胞が次々に作られてしまい、肌表面の角質が厚くなってうるおいを失います。

普段のスキンケアでミルクやジェルのようなさっぱりした保湿剤を使っているのであれば、クリームのようなコクのある保湿剤に切り替えて肌の乾燥を防ぎましょう。

脂性乾燥肌

乾燥した肌に虫眼鏡を当てている女性

脂性乾燥肌とは、肌の表面が皮脂でべたついているのに、肌の内部が乾燥している状態の肌を言います。

別名インナードライ肌とも言われる脂性乾燥肌は、肌のバリア機能の低下が原因です。

私たちの肌にはバリア機能というものが存在しており、肌内部の水分が蒸発しないように働いたり、細菌やホコリなどの外的刺激が肌に侵入しないようブロックする働きがあります。

しかし、過剰な洗顔や紫外線の影響で角質層がダメージを受けてしまうと、肌のバリア機能を支えるために皮脂分泌が活発になり、肌のターンオーバーを早めようとします。

肌のターンオーバーのサイクルが早まることで未熟な角質層が作られると、結果的に肌のバリア機能は低下したままとなり、脂性乾燥肌となってしまうのです。

スキンケアの際は、ジェルや乳液のようなさっぱりした保湿剤で油分を与えすぎないように保湿ケアを行いましょう。

老人性乾燥肌

老人女性

老人性乾燥肌は、年齢とともに皮脂分泌が低下してひどく乾燥した状態の肌を言います。

加齢によって皮脂の分泌量が少なくなると、肌のバリア機能が低下したり肌内部の水分バランスを保てなくなるので、紫外線や細菌などの外的ダメージを受けやすくなり、顔だけではなく体全体が乾燥気味になります。

また、熱いお湯のお風呂に入ることで肌に必要な皮脂が奪われたり、体をゴシゴシ洗うことで健康な角質が傷ついてしまうので、肌はますます乾燥状態に。

スキンケアにおいては、クリームのような油分の多い保湿剤で乾燥を防ぐことがポイントです。

そして、お風呂の湯加減に気を配ったり、顔や体はなでるようにして洗うことを意識しましょう。

幼児性乾燥肌

赤ちゃん

乳児期から10歳くらいまでの子どもの皮膚は角質層が薄く、思春期に入って活発に分泌される性ホルモンが不十分なので、皮脂の分泌量が少ない場合があります。

(性ホルモン…成長ホルモンの分泌を増加させたり骨の成長を促すホルモン)

これを幼児性乾燥肌といい、皮脂の分泌量が少ないと、乾燥や紫外線などの外的ダメージから肌を守るバリア機能が低下しているため、ちょっとした刺激が肌トラブルにつながる可能性があります。

ポイントは、肌を清潔に保つことと保湿ケアをきちんと行うことです。

使用するソープや保湿剤は、できるだけ子供用に作られている低刺激のものを選ぶと良いでしょう。

アトピー性皮膚炎による乾燥肌

アトピーの子どもの肌

アトピー性皮膚炎は、かゆみのある湿疹が特徴の皮膚疾患です。

症状は良くなったり悪くなったりを繰り返し、アトピー性皮膚炎にかかっている多くの患者は肌が乾燥しやすい素因(ドライスキン)を持っています。

アトピー性皮膚炎の人は、角質層にあるセラミドやNMFが少ないために肌のバリア機能が低下し、アトピー症状を引き起こす原因物質(アレルゲン)や微生物が侵入しやすい状態になっています。

ちょっとの刺激でもかゆみを感じてしまうアレルギー皮膚炎の場合、皮膚をかきむしることで炎症が起き、かゆみがさらに強くなるため悪循環に陥りやすいのです。

また、アレルゲンや微生物の侵入以外にも、汗の刺激や化学物質の刺激、ストレスなどが原因で症状が悪化するケースもあるため、適切なケアのためにもすぐに病院へ受診することをおすすめします。

乾燥肌がもたらす肌ダメージについて

鏡を見て困っている女性の写真

肌が乾燥すると、さまざまな肌ダメージにつながる可能性があります。

ここでは、乾燥肌がもたらす肌ダメージについていくつか紹介していきます。

かゆみ

乾燥肌は、角質層のセラミドやNMF、肌表面の皮脂が少ないために肌のバリア機能が低下しており、小さな刺激にも過剰に反応することからかゆみが現れることがあります。

保湿ケアを徹底させて、乾燥から肌を守ることが大切です。

色素沈着

肌のバリア機能が失われると、紫外線ダメージが侵入して皮膚が炎症しやすくなり、色素沈着が起きるケースがあります。

この色素沈着は何年か経ってシミのようになることがあるため、保湿ケアはもちろんメラニンの生成をブロックする美白成分を積極的に取り入れることも大切です。

くすみ

肌の乾燥によって皮膚の水分量が低くなると、肌の透明感やハリが失われて顔のトーンが暗くなることがあります。

肌がくすんでしまうと、全体的に不健康に見られてしまいがち。

保湿ケアで肌の水分量を補うと同時に、血行を良くするマッサージや肌のターンオーバーを助けるスキンケアアイテムを活用してくすみを予防しましょう。

ニキビ

肌のバリア機能が低下すると、肌が自らの力でうるおいを保つために皮脂分泌が過剰になり、皮脂が毛穴に詰まると、炎症を起こしてニキビになることがあります。

乾燥肌なのにニキビができてしまう、という人は普段のスキンケアを見直し、保湿成分配合のスキンケア化粧品を使用して肌の水分を逃さないようにしましょう。

シワ

角質層の水分量が減少すると、皮膚にハリがなくなると同時に柔軟性が乏しくなるため、乾燥ジワが現れるようになります。

初期段階であれば保湿ケアを徹底することで改善することもありますが、お手入れを怠ると真皮のシワにつながって解消が困難になります。

タイプ別!乾燥肌におすすめのスキンケアアイテム

女性が化粧品を手に持っている

ここでは、5つの乾燥肌別におすすめのスキンケアアイテムを紹介します。

それぞれの特徴や成分をチェックして、あなたの肌にぴったり合うスキンケアアイテムを見つけてみてください。

通常の乾燥肌におすすめ「キュレル 潤浸保湿フェイスケアシリーズ」

キュレルミニセット

キュレル 潤浸保湿ケアシリーズの特徴

  • セラミドを守りうるおいを与えるスキンケアシリーズ
  • 肌に優しい無香料・無着色・アルコールフリー
  • 医薬部外品(一部リップクリームを除く)

キュレルの潤浸保湿フェイスケアシリーズは、セラミドの働きを守り、角質層の水分量をキープするスキンケアシリーズです。

洗顔から化粧水、乳液、クリームなど豊富なラインナップで肌の乾燥を防いでくれますよ。

脂性乾燥肌におすすめ「ビオデルマ セビウムシリーズ」

ビオデルマスキンリファナー

ビオデルマ セビウムシリーズの特徴

  • 皮膚生物学専門家のビオデルマ研究所から誕生
  • 特許複合成分フリュイダクティブ®(ニキビケア成分)配合
  • 毛穴を引き締めて肌のキメを整えるアガリン酸配合(ジェルクリーム)

ビオデルマのセビウムシリーズは、過剰な皮脂による肌トラブルを予防する皮脂補整複合体を配合したスキンケアシリーズです。

皮脂分泌を抑えたい脂性乾燥肌の人に特におすすめで、皮脂の分泌を抑えることで毛穴を目立たなくするという効果もありますよ。

老人性乾燥肌にぴったり「小林製薬 ヒフミドシリーズ」

ヒフミドトライアル花柄の画像

小林製薬 ヒフミドシリーズの特徴

  • 3種の天然型セラミド配合
  • 無香料・無着色・パラベン不使用・エタノール不使用
  • デリケートな肌に優しい低刺激性

小林製薬のヒフミドシリーズは、肌なじみの良い3種の天然のヒト型セラミドを配合したスキンケア化粧品です。

基本のスキンケアアイテムに加え、ハリ用美容液や目元用美容液などエイジングケアにおすすめのアイテムが揃っていて、老人性乾燥肌はもちろん、バリア機能が弱った敏感状態の肌でも安心して使える保湿ケアラインですよ。

幼児性乾燥肌にぴったり「DHC ベビーケアシリーズ」

DHCベビーケアセット

DHC ベビーケアシリーズの特徴

  • 赤ちゃんから使用できる天然成分配合のスキンケアシリーズ
  • 無香料・無着色・パラベンフリー・鉱物油不使用
  • 化粧水とベビーオイルは医薬部外品

DHCのベビーケアシリーズは、乳児期から使用できる低刺激性のスキンケアシリーズです。

スキンケアはもちろん、ソープやシャンプー、日焼け止めが揃っているので、デリケートな子供の肌を守りたい人にぴったりです。

アトピー性皮膚炎による乾燥肌におすすめ「アトピーラボ ドクターイツコシリーズ」

ドクターイツコのホホバオイル

アトピーラボ ドクターイツコシリーズの特徴

  • アトピー研究から生まれたスキンケアシリーズ
  • 天然原料にこだわり化学成分をカット
  • 防腐剤・乳化剤・保存料・PH調整剤・酸化防止剤すべて不使用

アトピーラボのドクターイツコシリーズは、アトピー肌や敏感肌のために開発されたスキンケアシリーズです。

間違って飲んでも体に害のない原料しか使用していないため、デリケートなアトピー肌でも刺激が少なく安心して使うことができます。

※アトピー肌の症状が疑われる場合は必ず医師の診察を受け、新しい化粧品を使用する際は必ずパッチテストを行いましょう。

まとめ

ひとくちに乾燥肌といっても、さまざまなタイプが存在します。

どんなスキンケアを試しても乾燥肌の状態が改善されない場合は、自分の肌タイプや今までのスキンケア、使用しているスキンケアアイテムを見直して、今日から自分に最適な保湿スキンケアを実践してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です