乾燥肌は花王キュレルで毎日保湿!顔も体も潤すセラミドケアとは?

乾燥肌のスキンケア化粧品は保湿力が高いことが大切ですが、毎日使うものなのでコスパも重視して選びたいですよね。

花王キュレルは保湿に欠かせないセラミド配合の化粧品ですが、値段も手頃で顔用、ボディ用、頭皮用とラインアップも豊富です。

口コミでも「乾燥肌が改善した」と高評価を得ているキュレルについて、人気の秘密を詳しく解説します。

目次

乾燥肌の人のスキンケア化粧品選びのポイント

乾燥肌は少しでもスキンケアを怠ると、すぐに肌がカサついたり、粉を吹いたりと肌トラブルに悩まされることになるので、毎日のお手入れが欠かせません。

また、顔が乾燥肌という人は、手足や背中、頭皮など全身の乾燥肌に悩まされる人も多く全身のスキンケアも必要です。

乾燥肌の人がスキンケア化粧品を選ぶ際には以下のようなポイントに気をつけて選ぶようにしましょう。

【乾燥肌用】スキンケア化粧品を選ぶポイント

  1. 保湿力が高いか
  2. 乾燥肌や敏感肌でも刺激を感じないかどうか
  3. 顔だけでなく全身の乾燥肌のスキンケアができるかどうか
  4. 毎日使うものなのでコストパフォーマンスがよいかどうか

乾燥肌向けの化粧品はたくさん販売されていますが「保湿力は高いけれど、値段も高い」、「リーズナブルな値段の化粧水だけど、エタノールが入っていて刺激を感じる」といったように、満足できる化粧品を探すのは難しいですよね。

そこでおすすめなのが、花王のキュレル(Curel)シリーズです。

キュレルは乾燥性敏感肌の人向けに作られた化粧品で、上に挙げた乾燥肌の人がスキンケア化粧品を選ぶときのポイントを満たしているので、乾燥肌に悩む人に多く支持されています。

乾燥肌の人にキュレルが人気の理由

上を指差す女性

乾燥肌の人に人気のキュレル。

口コミでは「保湿力が高い」「コスパがよい」といった声が多いようですが、人気があるのには理由がきちんとあります。

キュレルの人気の秘密を詳しく解説しましょう。

乾燥肌を保湿する独自開発のセラミドを配合

乾燥肌の人が保湿に使うスキンケア化粧品を選ぶ場合、最も大切なのは、水分だけでなく保湿成分(セラミド、ヒアルロン酸、アミノ酸など)や油分をバランスよく肌に補給することです。

保湿成分は、もともと私たちの肌にある成分で、肌の水分を抱え込む働きをしています。

保湿成分の中でもとくに重要なのが、肌の水分の約80%を保っている「セラミド」です。

セラミドは、肌の一番外側の角質層にある「細胞間脂質」にあります。

角質層にある角質細胞同士を接着する働きをすると同時に、水分挟み込むような構造を持ち、角質層の水分を保つ「細胞間脂質」。

細胞間脂質がしっかりと角質細胞を固定することで、角質層は肌を外部からの刺激(紫外線や摩擦、細菌など)から守ることができます。

乾燥肌の人の角質層は、加齢や紫外線、間違ったスキンケアなどが原因で細胞間脂質(セラミド)が減少。

細胞間脂質(セラミド)が減少した肌は、十分に水分を保つことができずカサつき肌荒れなどのトラブルが起きやすくなり、角質細胞が剥がれて角質層がもろくなり、肌を外部からの刺激から守る働きが弱ってしまいます。

乾燥肌の人は毎日のスキンケアで細胞間脂質の主成分である「セラミドを補うこと」がとても重要です。

乾燥肌のスキンケアに欠かせないセラミドですが、一口にセラミドといっても、さまざまな種類があり、原料やコストなどが大きく違います。

以下に主なセラミドとその特徴を挙げてみましょう。

【主なセラミドの種類とその特徴】

セラミドの種類 特徴 成分名 保湿力 コスト
ヒト型セラミド

酵母などから作られる人の肌のセラミドとほぼ同じ構造を持つ

セラミド+数字、セラミド+アルファベット

高い

やや高い

天然セラミド

馬などの脂質から抽出されたセラミド。人のセラミドに近い構造をしている

ウマスフィンゴ脂質、ビオセラミドなど

高い

高い

植物セラミド

米や大豆、こんにゃく芋などに含まれるセラミド。まれにアレルギーを起こす人がいる

コメヌカスフィンゴ脂質、植物性セラミドなど

やや低い

やや低い

疑似セラミド

人工的に作り出したセラミド。

ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド、セチルPGヒドロキシエチルパルミタミドなど

やや低い

低い

キュレルに配合されているセラミドは「疑似セラミド」と呼ばれるタイプのセラミドで、成分名は「ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド」や「セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド」と表記されています。

キュレルに配合されている疑似セラミドは、花王が研究を重ねて独自に開発した物質ですが、「比較的コストが安い」「他のセラミドに比べて水に溶けやすい」といった特徴があり、顔用をはじめ、ボディケア用、頭皮用など幅広くスキンケアアイテムに配合することが可能になりました。

「疑似セラミド」と聞くと他のセラミドに比べて「保湿力が弱いのでは?」と気になる人も多いですよね?

疑似セラミドは、保湿力が高いヒト型セラミドと比較すると保湿力が劣ってしまうのも事実ですが、肌への効果が不十分な訳ではありません。

花王の開発した疑似セラミドは花王の研究結果で以下のような成果が確認されています。

  1. 花王が開発した疑似セラミドを配合した乳液を使用した所、細胞間脂質が水分を挟んで抱え込む構造(ラメラ構造)が40%破壊された「荒れ肌」を約90%回復させることに成功。
  2. セラミドが極端に減少しているアトピー性皮膚炎の人に、花王が開発した疑似セラミドを配合したクリームを4週間使用したところ、アトピーの症状の改善がみられた。

    (参考:西日本皮膚科「アトピー性皮膚炎患者に対する合成擬似セラミド含有クリームの有用性の検討」

    これらの研究結果から、花王キュレルに配合されている疑似セラミドは肌への効果が十分期待できる成分だとわかります。

コストパフォーマンスがよい

キュレルの人気の秘密はなんといっても、コストパフォーマンスの良さです。

キュレルに配合されている疑似セラミドはコストが安いことが特徴なので、一般的なセラミド配合の化粧品よりも低価格でセラミドを配合することが可能。

キュレルフェイスケアシリーズ(顔用)の化粧水は、150mlで1,900円前後(価格はショップによる)。

セラミド配合の化粧水は一般的に価格が高い傾向(150mlだと、3,000円~4,000円)にあるので、キュレルは「安い」部類に入りますが保湿力も高い化粧品。

口コミでは「保湿力が高い」「乾燥肌が改善した」と言う声が多く、@cosmeのベストコスメアワードを獲得するなどの実力が認められています。

「保湿力が高いのに、手頃な価格」という特徴が、キュレルをおすすめする最大の理由です。

豊富なラインアップで全身保湿できる

乾燥肌の人は、顔だけでなく手足や頭皮の乾燥肌にも悩んでいる人が多いですよね。

顔の皮膚と体の皮膚、頭皮はそれぞれ角質層の厚さが違い、化粧品の成分の浸透度や刺激の感じやすさなどが異なります。

全身の乾燥肌のスキンケアには、できれば顔用、ボディ用、頭皮用とそれぞれ専用のスキンケア商品を使うことが望ましいです。

キュレルの大きな特徴の1つが、フェイスケア(顔用)からボディケア(体用)、頭皮ケアなど用途にあわせて豊富なラインアップを用意しています。

キュレルのラインアップは、保湿シリーズとして、顔用の「浸透保湿フェイスケアシリーズ」が9アイテム、ボディ用の「浸透保湿ボディケアシリーズ」が10アイテム、頭皮用の「浸透保湿頭皮&ヘアケアシリーズ」が3アイテム。

さらに、過剰な皮脂が気になる敏感肌向けの「皮脂トラブルケアシリーズ」やシミ・そばかすが気になる敏感肌向けの「美白ケアシリーズ」、紫外線(UV)による乾燥を防ぐ「紫外線(UV)カットシリーズ」、BBクリームなどの「ベースメイクシリーズ」と、乾燥肌や敏感肌の肌悩みに合わせた豊富なアイテムがそろっています。

低刺激性で赤ちゃんから敏感肌まで使える

キュレルは乾燥肌だけでなく、乾燥肌が進行することで起こる「乾燥性敏感肌」のスキンケア化粧品

乾燥性敏感肌とは乾燥肌が進行して肌のバリア機能が低下することで、外部からの刺激(紫外線や化粧品、細菌、摩擦など)に敏感になってかゆみや炎症を起こしやすくなっている肌。

キュレルは敏感肌に使うことが前提なので、無香料、無着色、アルコールフリーで作られていて、アレルギーテストと、乾燥性敏感肌の人によるパッチテストも行っています。

アレルギーテスト

人が化粧品を含んだパッチを肌に一定期間繰り返し貼付して、休止期間を空けたあとに再度化粧品を肌に貼ってアレルギー※が起こらないか、刺激を感じないかをチェックするテスト

※すべての人にアレルギーが起こらないということではありません。

パッチテスト

上腕の内側などに化粧品を貼付して、24時間後と48間後に反応を見るテスト

有効成分を配合した「薬用(医薬部外品)化粧品」

キュレルは頭皮保湿ローションとベースメイクシリーズを除くすべてのアイテムが「薬用(医薬部外品)」の指定を受けています。

薬用化粧品とは、厚生労働省が認めた特定の効能をもった有効成分が規定量配合されている化粧品です。

薬用化粧品は、有効成分による効能が期待できることから、医薬品と化粧品の間に位置する「医薬部外品」に分類されます。

【キュレルに使われている有効成分と働き】

有効成分 働き 配合されているアイテム
グリチルリチン酸2K

肌の炎症を抑える

ジェルメイク落とし
泡洗顔料、シャンプーなど

アラントイン

肌荒れを修復す
肌への刺激を緩和する
肌の炎症を抑える

化粧水、乳液、フェイスクリーム、美容液、アイゾーン美容液など

グリチルレチン酸ステアリル

肌の炎症を抑える

リップケアクリーム、紫外線(UV)ローション、紫外線(UV)ミルクなど

L-アスコルビン酸 2-グルコシド 日焼けによるシミ・そばかすができるのを防ぐ 美白化粧水など
カモミラET(カミツレエキス)

日焼けによるシミ・そばかすができるのを防ぐ

美白乳液、美白クリーム

【全身の乾燥肌に対応】キュレルの豊富なラインアップを紹介

それでは、乾燥肌の改善にぴったりの顔用スキンケア化粧品「潤浸保湿フェイスケアシリーズ」と体用スキンケア化粧品「潤浸保湿ボディケアシリーズ」、頭皮の乾燥肌を潤す「潤浸保湿 頭皮&ヘアケアシリーズ」からおすすめのアイテムを紹介します。

【セラミドを守って洗う】キュレル 泡洗顔料[医薬部外品]

curel(キュレル)泡洗顔料

150ml 参考価格 Amazon 1,296円 送料無料

【キュレル 泡洗顔料の特徴】

  • 洗浄成分は安全性が高く低刺激性の界面活性剤「ラウリルヒドロキシスルホベタイン液」を使用
  • セラミドを守る「泡洗顔」に最適なきめ細やかな泡が作れるポンプタイプ
  • 肌の炎症を抑える「グリチルリチン酸2K」配合で乾燥性敏感肌による肌荒れを防ぐ

乾燥肌や乾燥性敏感肌の原因である角質層のセラミドの流出を防ぐには、肌に優しい「セラミドを守る洗顔」が必須です。

セラミドを守る洗顔とは、洗顔時に手や指で肌に刺激を与えず、泡をクッションにして摩擦を最小限にして汚れを落とす洗顔。

「キュレル 泡洗顔料」はポンプタイプなので洗顔料を泡立てる必要がなく、押すだけできめ細やかな泡が出てくるので、とても便利です。

【3タイプの使用感が選べる】キュレル化粧水 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ[医薬部外品]

キュレル 化粧水Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ  各150ml 参考価格 Amazon 1,944円 送料無料

キュレル 化粧水の特徴

  • 肌がセラミドを作り出す力を高める「ユーカリエキス」配合
  • 化粧水はⅠ(ややしっとり)、Ⅱ(しっとり)、Ⅲ(とてもしっとり)の三種類の使用感から選べる
  • 肌の炎症を抑え、肌荒れを修復する作用のある有効成分「アラントイン」配合で乾燥肌性敏感肌の肌荒れを防ぐ

「キュレルの化粧水Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」は、配合成分は同じですが、成分の配合比率を変えることで使用感の違いを出しています。

乾燥がひどい部分や乾燥が気になる季節はⅢ(とてもしっとり)を使い、ベタつきが気になるTゾーンや汗をかく季節などはⅠ(ややしっとり)を使う、という風に使い分けすることが可能です。

【独自開発のセラミドでしっかり保湿】キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム

[医薬部外品](顔用)

curel(キュレル)潤浸保湿フェイスクリーム

キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム 40g 参考価格 Amazon 2,484円 送料無料

キュレル 潤浸保湿フェイスクリームの特徴

  • 潤浸保湿セラミド機能成分「ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド」が角質層の保湿機能を高める
  • 肌がセラミドを作り出す力を高める「ユーカリエキス」を配合
  • 肌の炎症を抑える「アラントイン」が乾燥性敏感肌による肌荒れを防ぐ

「キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム」は花王が独自開発した疑似セラミド配合の保湿クリーム。

口コミでは「乾燥肌が改善した」との評価が高く、@cosmeのベストコスメアワードで2年連続ベストクリーム1位を獲得。2016年にはベストコスメアワード殿堂入りを果たした人気のクリームです。

【赤ちゃんにも使える】キュレル 泡ボディウォッシュ[医薬部外品](体用)

curel(キュレル)泡ボディウォッシュ

キュレル 泡ボディウォッシュ 480ml  参考価格 Amazon 1,296円 送料無料

キュレル 泡ボディウォッシュの特徴

  • 洗浄成分は安全性が高く低刺激性の界面活性剤「ラウリルヒドロキシスルホベタイン液」を使用
  • 押すだけできめ細やかな泡が出て来るポンプタイプ
  • 無香料、無着色、弱酸性、アレルギーテスト済み※で赤ちゃんから敏感肌の人まで安心して使える

※すべての人にアレルギーが起こらないというわけではありません。

「キュレル 泡ボディウォッシュ」は肌に摩擦を与えず体を洗うのに適した泡タイプのボディウォッシュ。

低刺激性の成分を使用しているので、乾燥肌の人や乾燥性敏感肌の人、赤ちゃんまで安心して使えます。

480mlで1,296円と低価格で詰め替え用もあり、毎日使うのにコストパフォーマンスが高いと人気です。

【さっぱりとした使い心地が人気】キュレル ジェルローション[医薬部外品](顔・体用)

curel(キュレル)ジェルローション

キュレル ジェルローション 220ml 参考価格 Amazon 1,404円 送料無料

キュレル ジェルローションの特徴

  • 潤浸保湿セラミド機能成分「ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド」が角質層の保湿機能を高める
  • べたつかずさっぱりとした使用感のジェルタイプで、春夏の保湿におすすめ
  • 汗などによるあせも・肌荒れを防ぐ「アラントイン」配合

「キュレル ジェルローション」は汗などが気になる季節にぴったりのさらっとした使用感の保湿ジェルローション。

べたつかないので、体など下着や洋服に付く心配もありません。

あせもや肌荒れを防ぐ「アラントイン」が配合されているので、赤ちゃんのあせも予防にもおすすめです。

口コミでの評価も高く@cosmeベストコスメアワード2016ベストボディケア第3位を獲得しています。

【頭皮の乾燥肌に】キュレル 頭皮保湿ローション (頭皮用)

curel(キュレル)頭皮保湿ローション(頭皮用)

キュレル 頭皮保湿ローション 120ml 参考価格 Amazon 1,404円 送料無料

キュレル 頭皮保湿ローションの特徴

  • 頭皮の乾燥肌を保湿する潤浸保湿セラミド機能成分「ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド」配合
  • 気になる部分に直接塗れる「ダイレクトタッチノズル」採用
  • サラッと頭皮になじんでべたつかないノンオイリー処方

「 キュレル 頭皮保湿ローション」は頭皮の乾燥肌を保湿する頭皮専用の保湿ローションです。

花王が独自開発した疑似セラミド配合で、シャンプーによって皮脂やセラミドが流出した頭皮をしっかり保湿。

先が細くなったダイレクトタッチノズルで、直接頭皮の気になる部分に付けることができます。

【乾燥肌への効果】気になるキュレルの口コミ

全身のセラミドケアが叶うキュレルのスキンケアシリーズですが、乾燥肌への効果や使い心地はどうでしょうか?

キュレルを実際に使用した人の口コミを集めて検証してみました。

「乾燥肌が改善した」という口コミ

【乾燥肌が改善】

  • 化粧水だけだと保湿力が弱いがライン使いすると肌の調子が良くなった(キュレル化粧水Ⅱ
  • しばらく使い続けていると肌荒れがよくなった(キュレル 化粧水Ⅲ
  • 目の周りのちりめんジワが気にならなくなってきた(キュレル 化粧水Ⅲ
  • 冬のひどい乾燥肌にかかせない(キュレル クリーム
  • 夜塗ると翌朝にはしっとりモチモチになる(潤浸保湿フェイスクリーム
  • 乾燥肌の赤みが治った(潤浸保湿フェイスクリーム
  • 頭皮の乾燥によるフケやかゆみが収まってきた(キュレル 頭皮保湿ローション
  • 長年悩んでいた乾燥肌によるカサつきが改善されてきた(キュレル ジェルローション

キュレルを使用することで、「肌の乾燥が改善した」という口コミがたくさんありました。

乾燥肌が原因の「赤み」や「小じわ」などにも効果があるようです。

「キュレル 頭皮保湿ローション」は、頭皮の乾燥が原因のフケやかゆみが収まったという口コミが多数見られました。

「乾燥肌や敏感肌でも刺激が少ない」という口コミ

【乾燥肌や敏感肌に低刺激】

  • 優しい使い心地で刺激がない(キュレル 泡洗顔料
  • アルコール不使用で敏感肌でも刺激を感じない(キュレル 化粧水Ⅱ
  • アトピーのある肌だが刺激なく使えている(キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム
  • 肌の弱い子どもにも安心して使える(キュレル 泡ボディウォッシュ

キュレルは実際に乾燥性敏感肌の人に協力してもらってパッチテストを行っています。

どのアイテムも肌に付けたときの刺激が極力抑えられているので、乾燥性敏感肌の人や赤ちゃん、肌の弱い子どもまで使用できるから安心ですね。

使用感についての口コミ

【キュレル化粧水Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ】

  • さっぱりしていて肌への刺激がない(キュレル 化粧水Ⅰ
  • 滑らかでサラッと肌になじむ(キュレル 化粧水Ⅱ
  • しっとり保湿できるのにべたつかない(キュレル 化粧水Ⅲ

化粧水は3タイプあり、好みで使用感が選べますが、一番しっとりするⅢのタイプでもべたつかないという口コミが多くありました。

【キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム】

  • べとつかずサラッとした使い心地
  • ふんわりとしたクリームのような質感で、のびがよい
  • 水分が多めでみずみずしい仕上がり

「キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム」はしっかり保湿できるのにべたつかない使用感が人気です。

油分が少ないので、メイクにも響かないのがうれしいですね。

 【キュレル 泡洗顔料】

  • 洗い上がりがつっぱらずしっとりしている
  • 泡立て不要で忙しい朝に便利

セラミドを守るためには「泡洗顔がいい」と分かっていても、洗顔料をしっかり泡立てるのは時間も手間もかかります。

「キュレル 泡洗顔料」はポンプを押すだけで泡を作ることができる手軽さが人気です。

【キュレル泡ボディウォッシュ】

  • 泡の滑りが良く、優しく洗える
  • 必要なだけ泡が出せるのでムダがない

顔だけでなく全身の乾燥肌が気になる人は体も「泡」を使って優しく洗いましょう。

「キュレル泡ボディウォッシュ」は必要な量の泡がすぐに出せるのでとても便利です。

 【キュレル 頭皮保湿ローション】

  • ベタベタしないので使いやすい
  • 専用ノズルで手が汚れない

頭皮を保湿する場合は、保湿効果も大切ですが髪がベタつくと困りますよね。

「キュレル 頭皮保湿ローション」は頭皮をしっかり潤しながらベタつかないと人気です。

専用ノズルが付いているので気になる頭皮の部分だけにピンポイントで使えるのも便利ですね。

コストパフォーマンスについての口コミ

【コストパフォーマンス】

  • 詰め替え用があるので便利(キュレル泡洗顔料
  • コストパフォーマンスがよいので、いつもこれを選んでいる(キュレル 化粧水Ⅱ

キュレルはコストが安い花王独自の疑似セラミドを使うことで価格を抑えることが可能になりました。

「キュレル 泡洗顔料」や「キュレル 泡ボディウォッシュ」には詰め替え用があるので、継続して使う場合はお得に購入することが可能です。

キュレルの効果的な使い方と注意点

鏡を見て微笑む女性の写真

キュレルはライン使いがおすすめ

キュレルのフェイスケアシリーズはライン使いすることで保湿効果が高まります。

「キュレルの顔用化粧水Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」には肌自らがセラミドを作る力をサポートする「ユーカリエキス」が配合されていますが、疑似セラミド自体は配合されていません。

化粧水で肌を整えた後に疑似セラミドを配合した「キュレル 乳液」や「キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム」を使うことで、肌にしっかりとセラミドを補給するように作られています。

また、セラミドは補うだけでなくセ「ラミドを守る」スキンケアも大切です。

「キュレル 泡洗顔料」や「キュレル 泡ボディウォッシュ」は、泡の力で優しく汚れを落としてくれるので、セラミドを傷つけず守るスキンケアができます。

キュレルをライン使いすることで、「セラミドを守って補う」スキンケアが可能になるのです。

ボディ用は入浴後すぐのケアがおすすめ

「洗顔後はすぐに保湿することが大切」とよく言われますが、乾燥肌の人は顔だけでなく体も同じように保湿が必要です。

入浴後の体は体温が高く肌の水分が蒸発しやすいので、お風呂から上がったら早めにボディ用の「キュレル ローション」や「キュレル クリーム」を使って保湿するようにしましょう。

アトピー性皮膚炎の人は医師に相談してから使う

キュレルは乾燥性敏感肌人向けに作られているので、アトピー性皮膚炎の人でも使用することは可能ですが、肌の状態によっては刺激を感じたり、症状の悪化を招くことがあります。

アトピー性皮膚炎と診断されている人は、必ず使用前に医師へ相談するようにしましょう。

赤ちゃんに使う場合は生後2カ月以降を目安に

キュレルは乾燥性敏感肌の人だけでなく、子どもや赤ちゃんにも使用できます。

赤ちゃんに使用できるのはボディウォッシュ(泡、液体)、入浴剤、素肌いたわりタオル、ローション、ジェルローション、クリーム、スキンケアシート、シャンプー、紫外線(UV)ローション、紫外線(UV)エッセンスです。

赤ちゃんへの使用は生後2カ月以降を目安に、少量から様子を見ながら使用するようにしましょう。

キュレルは乾燥肌の毎日のスキンケアにぴったり

満足気な表情の女性

乾燥肌や乾燥性敏感肌に人気のキュレル。実際、@cosmeやAmazon、楽天などの口コミは数も多く評価も高いので、たくさんの人に支持されているのがわかります。

キュレルの人気の秘密をまとめてみましょう。

【キュレルの人気の秘密】

  • 花王が独自開発した低コストの疑似セラミド配合で全身のセラミドケアが低価格で叶う
  • 低刺激処方で赤ちゃんから乾燥性敏感肌の人まで安心して使える
  • @cosmeのベストコスメアワードを受賞するなど口コミの評価が高い

乾燥肌のスキンケアは顔だけでなく、全身のケアも必要です。

コストパフォーマンスのよいキュレルは、長く使っている人も多いのも頷けますね。

「保湿力が高いのに手頃な価格」のキュレルは、毎日の全身のスキンケアに惜しみなくたっぷり使えるところも魅力のひとつといえるでしょう。

乾燥肌のスキンケア化粧品選びに迷っている人は、ぜひキュレルを試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です