肌の保湿重視!無香料でおすすめスキンケア商品9選

ロシア女性手を鼻に画像

肌が乾燥するとちょっとした刺激にピリピリ感じたり、肌トラブルに悩まされることはありませんか?

そんな肌を保湿する、スキンケア化粧品選びは慎重になりますよね。

今回は、肌トラブルを防ぐため、化粧品を選ぶ要素のひとつである「無香料」に着目して、厳選したおすすめの保湿商品を紹介しますね。

乾燥した肌はトラブルを起こしやすい

冬の季節になると肌のトラブルに悩む方が増えますが、その原因のひとつは乾燥肌です。

肌は、最上部に薄い「角質層」があり、肌内部の水分を「皮脂」が覆って潤い成分を保っています。

乾燥した肌は、保湿力が低下して、角質層がはがれてしまっている状態。

そして、紫外線や外からの刺激を受けて、肌を守る肌のバリア機能が働かなくなり、肌トラブルを起こしやすくなっているのです。

乾燥肌の特徴

このように乾燥肌は、外部の刺激に肌が敏感に反応し「触ると痛い」「痒くなり炎症を起こす」など様々な肌トラブルの症状を発生してしまいます。

また、肌の角質層がはがれて潤い成分が減少している状態なので、肌がカサカサして硬くなり滑らかでないため化粧の乗りも悪く、目元のシワやほうれい線など目立ちやすくなってしまうのです。

とくに冬は、外気の乾燥や暖房などの影響により肌の水分が蒸発し、皮脂分泌も減少するため角質層に隙間ができてしまいます。

角質層に隙間ができると肌のバリア機能が働かなくなり、肌に必要な水分や皮脂の潤い成分を保てなくなってしまうのです。

そして、乾いた空気にさらされた肌は、水分保持機能が低下するため、さらに水分の蒸発量が多くなり潤いを保てない乾燥した肌になってしまいます。

乾燥した肌は、保湿を持続できず角質層が剥がれてしまうので、外部の刺激や紫外線を受けると肌の痛みや炎症などの肌トラブルを起こし、シワやシミの原因をつくってしまいます。

肌トラブルを起こさないためにも、スキンケア商品に配合されている成分を確認して選ぶことが大切です。

無香料のスキンケア商品を選びましょう

クリームとキャンドル画像

化粧品は香りつきの商品が多く存在しており、成分を混ぜたニオイをマスキングする役割や防腐作用、そして香りによってリラックス効果を与える目的として、香料が配合されています。

特に女性は、花や爽やかな香りに幸せな気分を感じる人も多いので、商品を選ぶ要因にもなりますよね。

しかし化粧品に配合されている香料によっては、ごくまれに肌荒れやアレルギーを発生させる可能性があるのです。

香料は様々な種類が存在するため、調合された香料の何の物質が肌に合わないのかを特定することは難しいといえます。

化粧品開発技術の進歩により、香料でのアレルギーを発生する可能性は低いですが、乾燥肌やアレルギー体質の方は、肌が刺激に反応して肌トラブルを引き起こしやすくなっています。

肌トラブルの原因である香料を避けて、無香料の化粧品を選ぶようにしましょう。

香料は添加物のひとつ

フラスコ持った女性のイラスト

化粧品や日用品に配合されている「香料」とは、有機化学物質を調合した香りの添加物です。

香料とは大きく分けて、自然の動植物から抽出した「天然香料」と化学物質を合わせて製造した「合成香料」の2つに分類されています。

天然香料とは、たとえば、自然界の動植物から成分を抽出して作るため、同じ花でも産地や収穫の年によって香りにばらつきがあり、高価で大量生産をすることが出来ません。

一方、合成香料は産地や収穫に左右されることなく、品質の安定と安価で大量生産することが出来るので、多くの化粧品に使用されています。

現在、合成香料は世界市場で約5000種類ほど流通しており、そのうち化粧品で使用されているのは約500種類といわれています。

数多くの合成香料は、天然に似せて香りを作り出すために、様々な化学物質を合成しており、たとえばバラの香りだけでも何通りかの組み合わせがあるのです。

幾つかの化学物質を調合した合成香料は、ひとくくりに「香料」という添加物として、化粧品や日用品に成分表示されています。

しかし、私たちは香料という成分表示を見るだけでは、合成香料に調合されている成分や配合量が分からず、どの香料が肌に悪影響を与えるのか知ることが出来ませんよね。

だから、肌トラブルを避けるためには、化粧品に香料が配合されていないかを確認することが大切です。

バラ画像

従来、化粧品は薬事法により、使用する人の体質によって皮膚にアレルギー障害や、発ガン性をもたらす可能性のある香料を含んだ103種類の成分は、「指定表示成分」として扱い、肌トラブルを回避するために表示することを定めていました。

しかし、2001年以降は「全成分表示」に改定されたことで、化粧品に配合されている「指定表示成分」だけでなく、すべての成分を化粧品容器や箱に表示することが義務づけられています。

現在の化粧品は、すべての成分を表示しているので、香料が配合されていれば成分表示に記載してありますが、天然香料の場合は香りがあっても合成香料とは違うため、香料とは別の成分表示となっています。

たとえば、天然のバラを抽出した香りの場合は、「バラ花油」という成分表記をしているので、香りがあっても添加物の「香料」という表示ではありません。

しかし、無香料の化粧品なのに嗅いでみたらニオイがしたり、いい香りがするなど疑問に感じた方がいるかと思いますが、無香料は無臭という意味ではないのです。

化粧品が無香料という表示で合成香料は配合されていなくても、香りのある天然香料が美容成分として配合されている場合があります。

化粧品の無香料とは、合成香料が不使用という表示なので、化粧品を選ぶ基準にしてくださいね。

保湿が必要な肌は無香料がベスト

木漏れ日のイラスト

 

健康な肌は、肌のバリア機能が正常に働いており、肌内部の水分が保たれてうるおっていますが、乾燥した肌は、自らの力では保湿できないためスキンケアで補う必要があります。

肌の水分保持機能を高めるためには、肌の水分を逃がさないように保湿クリームを角質層に馴染ませて、蓋をすることが大切です。

そんな保湿が必要な乾燥肌は、肌のバリア機能が働かず外からの刺激に弱くなっているので、肌トラブルを起こさないためにも、角質層を整える低刺激な保湿ケア商品を選ぶ必要があるのです。

乾燥肌の方や肌トラブルを起こしやすい方は、健康な肌を目指すためにも、刺激を与えず潤い成分を保てるようにスキンケアは、香料配合を避けましょう。

また、過去に香料が配合された化粧品で肌トラブルを起こされた方も、未然に防ぎ潤いを保つための保湿ケアには無香料を選んだほうが安心です。

無香料の保湿スキンケアおすすめ9選

今回、紹介する無香料の商品は、肌に低刺激で保湿効果が優れているスキンケア商品を厳選しました。

毎日、保湿のスキンケア商品を使っているけど現状では満足していない方、いつまで経っても乾燥肌が治らない方、もっと保湿効果を上げたい方に全身を保湿する「保湿クリーム」、「ボディクリーム」、「入浴剤」のおすすめスキンケア商品を紹介しますので、参考にしてくださいね。

【フェイシャル】保湿クリーム

1.ヒフミド 「エッセンスクリーム」

内容量 40g 価格:6,480円(税込)

ヒフミドURL

ヒフミド エッセンスクリームの特徴

  • ヒアルロン酸を上回る優れた水分保持力をもつリピジュア®配合
  • クリームの伸びとやわらかい使用感で肌がベタつかない
  • 無香料で肌に刺激を与えない
  • 年齢に負けない高保湿エイジングケア

ヒフミド エッセンスクリームは、肌の潤いキープのために話題のヒト型セラミドを配合し、小林製薬が開発した高保湿クリームです。

肌のうるおいを保つ役割のヒト型セラミドは、人の肌に存在するセラミドと同じ構造をもつ保湿成分です。

そして、ヒト型セラミドは、他の合成セラミドより3倍の保水力を持っているため、肌のバリア機能の改善に働きかけ、肌内部の水分を逃さず、肌が一日中うるおうように保ち続けるのです。

また、セラミド配合のエッセンスクリームの使用感は、さらっとしたつけ心地で伸びが良く、メイクも崩れにくいと口コミでも評価が高い商品です。

ベタつかないので、季節を問わずオールシーズン気持ちよく使用できるのは嬉しいですね。

初回は、保湿クリームを含む基礎化粧品(クレンジング、洗顔石鹸、化粧水、乳液、UV)のトライアルセットがお得なので、まずは一度試してみてください。


2. ロベクチン「バリアリペア プレミアムクリーム」

内容量:50ml 価格:7,560円(税込) 

ロベクチン プレミアムクリームの特徴

  • 肌を刺激する成分が一切含まれていないため、乳児や敏感肌の人も使用できる
  • 肌の水分油分のバランスを整え、適切な水分を維持することで乾燥や刺激から肌を守る
  • クリームですが、ベタつきのない滑らかな使用感

ロベクチンは製造元のアメリカのカリフォルニア州にある、皮膚科学研究所が放射線治療や抗がん剤治療の副作用のトラブルで悩む患者でも使用できる、保湿クリームの開発がきっかけでできたクリームで、肌を刺激する成分やパラベンなどを一切使用せず、敏感肌や乳児でも使用できるバリアリペア プレミアムクリームが誕生しました。

ロベクチン独自技術の「シルキーシールドベース」で、クリームが肌に素早く馴染み、肌全体に美容液成分が行き渡り潤いを満たしてくれます。

美容液効果の高いアーモンドオイルやヒマワリ種子油、シアバター、セラミドをはじめとする厳選された16種類の天然保湿成分が配合されており、肌の水分蒸発を防ぐ効果があります。

肌を刺激する石油系界面活性剤や、着色料、人工香料、パラベンなど一切含まれておらず、乳幼児を含む全年齢の人が安心して使用できますよ。

プレミアムクリームは発売から2年で世界売り上げ100万本突破した世界的に人気の保湿クリームなので、どんな保湿クリームを使っても効果が感じられない人は、一度プレミアムクリームを是非試してみてください。


3.黒龍堂 「薬用 保湿クリーム黒龍」(医薬部外品)

内容量:35g メーカー標準価格1,200円(税抜、送料無料) 

保湿クリーム

黒龍堂 薬用 保湿クリーム黒龍の特徴

  • 黒龍クリームは、1907年生まれの歴史の長い薬用クリーム
  • 水を含まないオリジナル処方は、潤いヴェールで肌を守ります
  • 無香料、無着色、アルコール無添加で低刺激
  • 抗シワ評価試験済み
  • セラミド成分配合で肌の潤いを保つ

100年という長い歴史のある保湿クリーム黒龍の原型は、肌のひび、あかぎれなどの皮膚病に悩む方のために誕生した薬用の保湿クリームです。

クリーム黒龍は、コクのある濃厚な使用感で、乾燥した肌をセラミド成分配合の保湿クリームが、薄いヴェールで覆い、肌の水分の蒸発を防ぎ潤い成分を保ちます。

そして、角質層を整え肌のバリア機能を改善することによって、外的な刺激に強くなりうるおいを保てる健康的な肌へ変わっていくのです。

薬用クリーム黒龍は使い続けることによって、乾燥による気になる小ジワを目立たなくします。

 

肌にやさしい3つの条件

①ニキビのもとになりにくい→ノンコメドテスト済み

②アレルギーが起こりにくい→アレルギーテスト済み

③刺激(ピリピリ、チリチリ)が起こりにくい→スティンギングテスト済み

 

マッサージ、ボディ、化粧下地、口元や目元の集中ケアなど様々な用途で使用できます。

薬用クリームで保湿効果の高いクリーム黒龍は、乾燥肌で悩む女性の口コミで人気の商品です。


【ボディ】保湿クリーム

4.NOV 「オリゴマリン ボディミルク」医薬部外品

内容量:100g 価格:1,944円(税込)

NOVオディゴクリーム

 

NOV オリゴマリン ボディミルクの特徴

  • 海水ミネラル成分「オリゴマリン®」はノブ独自の保湿成分
  • 健康でハリのある肌をつくります
  • 無香料、無着色、低刺激性、肌荒れ防止

NOV オリゴマリン ボディミルクは、オリゴマリン®をつくるために、ミネラルが豊富な南大東島の深海の海水を採取しています。

NOV独自の製法を用いて、海水2トンからわずか10リットルしか抽出できないオリゴマリン®は、とても希少なミネラル成分を含む保湿効果の高い成分です。

オリゴマリン ボディミルクは、乾燥してカサついた肌に軽く伸びて、お肌のミネラル補給でハリと潤いを与え、全身に使用できる保湿クリームです。

そして、オリゴマリン ボディミルクは、無香料、低刺激なので、乾燥性敏感肌の方にも安心して使用できるボディケアアイテムですよ。


5.セタフィル® 「モイスチャーライジングクリーム」

内容量:566g 価格:3,456円(税込)

セタフィル
セタフィル® モイスチャーライジングクリームの特徴

  • 伸びがよく、すっとなじむ保湿クリーム
  • 低刺激性、無香料
  • 大容量なので、コストパフォーマンスが高い

セタフィル®は、スイス本社の医薬品企業が提供するスキンケアブランドで、世界50各国以上で愛用されている保湿ケア商品です。

モイスチャーライジングクリームは、こくがあり濃厚なのに、ベタつかず肌なじみが良く、心地よく伸びる使用感の保湿クリームで、肌本来の保湿力を高めます。

口コミでは「敏感肌でも染みない」、「全身にたっぷり使える」、「使い心地が良い」など評価が高いです。

モイスチャーライジングクリームは、低刺激性で無香料なので、香りが苦手な方や肌荒れが気になる方、毎日たっぷり全身に使いたい方など、乾燥肌対策に子どもから高齢者まで家族みんなが使えるので、おすすめ商品の保湿クリームですよ。


6.ロクシタン 「シアバター(保湿クリーム)」

内容量:150ml  価格:5,076円(税込)

ロクシタンURL

ロクシタン シアバターの特徴

  • シアの木から取れる全身に使用できる天然100%の保湿クリーム
  • 生後4週間以上の赤ちゃんから大人の男女まで幅広く使用できる
  • 無香料、無着色、防腐剤不使用

シアバターは、保湿力が高く全身にリッチな潤いを与えてくれる「保湿の王様」と呼ばれ、肌のみならず髪までも乾燥から保護してくれることから、発売以来30年間世界中で愛され続けているロングセラー商品です。

西アフリカに生育するシアの木の実から取れる天然100%の植物油脂であるシアバターは、全身に使用できる保湿クリームで、乾燥した肌の集中ケアや妊娠線の予防、そして日焼け止め効果もあり乾いた唇の保湿ケアとして使われています。

シアバターの生育する地域では、傷や火傷の薬として使用されており、乾燥肌、敏感肌の方も安心して使うことができ、保湿効果が優れているため長時間うるおいを保ってくれるのです。

ロクシタン6個

そして、ロクシタンでは、シアバター10mlの好きなカラーラベルに、お名前やメッセージを入れて作れる「マイシア」というオーダーメイドサービスがあります。

小さく持ち運びに便利なので、リップクリームやハンドクリームとしても使え、乾燥から肌を小まめに守ることができる人気アイテムです。


【ボディ】入浴剤

7.ECライフ 「ホットタブ重炭酸湯ベビタブ」

内容量:100錠 価格:6,998円(税込)

ベビタブURL

 

ホットタブ重炭酸湯ベビタブの特徴

  • ブツブツ、カサカサ、肌ストレスになる残留塩素から肌を守る
  • 重炭酸が肌表面の垢や汚れを除去し、肌の潤いを保つ
  • 無香料、無着色で赤ちゃんから大人まで使える
  • 頭皮の毛穴の汚れを取る

重炭酸湯は、炭酸水素ナトリウム「重曹」は、炭酸効果で水のクラスターを細かくするため、お湯がまろやかになり保温効果が高まります。

そして、柑橘類に含まれる成分「クエン酸」は殺菌効果があり、重曹と合わせたタブレットの重炭酸湯をお湯に溶かすことにより炭酸ガスが発生する入浴剤です。

温泉治療で有名なドイツのバーデン・バーデンや大分の長湯温泉にある自然炭酸泉のお湯は「重炭酸イオン」に変化します。

重炭酸イオンは、刺激性が少なく体を芯から温めて血行を良くし、古くなった角質や皮脂の汚れを柔らかくして落とし、肌をスベスベにする効果があります。

「ホットタブ重炭酸湯ベビタブ」も炭酸ガスを発生し、お湯に溶け出すと同時に「重炭酸イオン」に変化しますので、温泉と同様の効果が得られます。

また、高濃度の「重炭酸イオン」は炭酸ガスのみ発生する入浴剤とは違い、空気中に揮発して逃げないので、24時間高濃度のまま溶解し続けるため、家族全員が温浴効果を持続して楽しむことが出来ます。

そして、お湯は重炭酸イオンの洗浄力で、肌の汚れを取り除き、毛穴や髪に付着するミネラル成分についた汚れもやさしく洗い流してくれるおすすめ入浴剤です。


8.オブクレイ 「ミネラルスパパウダーmuku」薬用入浴剤

内容量:1689g 価格:4,644円(税込) 医薬部外品

ミネラルスパURL

 

ミネラルスパパウダー[muku]の特徴

  • 天然温泉のミネラル成分を配合
  • 温泉ソムリエが約2年をかけて処方
  • 無香料、無着色、湯色は透明に近い
  • アトピー肌に良いホウ酸濃度が高い

ミネラルスパパウダーmukuは、日本の特殊な温泉地層から採取できる希少な青粘土から作られたミネラル成分配合のおすすめ入浴剤です。

職人が江戸時代からの技法で手間と時間をかけて作った、天然ミネラル100%成分の高純度品質のミネラルスパパウダーmukuは、ありのままの天然成分の香りで、添加物である合成香料は一切使用していません。

天然ミネラル成分100%の「muku」は、浸透圧が高く肌の角質層へ吸収されて、細胞の活性化を促し、潤いと滑らかさを与え肌の保湿機能を高める働きがあります。

肌トラブルが起こりやすい方は、体の代謝機能が下がっているので、ミネラル成分の有効成分が高いお風呂に入ることにより、体の血液循環が促進され、老廃物が排出し代謝機能も向上します。

体の代謝を活性化することによって、肌本来の保湿機能も正常になり、肌の潤いを保つことができます。


9.花王「キュレル 潤浸保湿」 薬用入浴剤

内容量:420ml(約14回分) 価格:1,080円(税込)医薬部外品

花王キュレル 入浴剤の商品画像

キュレル潤浸保湿の特徴

  • 弱酸性、無香料、無着色、アルコールフリー
  • 肌荒れ、しっしん、しもやけに効果のある薬用入浴剤
  • 潤浸保湿セラミド機能成分が角質の深部まで浸透

花王の「キュレル潤浸保湿」薬用入浴剤は、潤い成分である潤浸保湿セラミド機能成分とユーカリエキスが、お風呂で膨潤した肌の角層の深部まで浸透し、お風呂上りの肌の乾燥を防ぎます。

キュレル潤浸保湿は、コメ胚芽油配合で肌の柔軟効果、保湿効果に優れており、乾燥した肌の潤いを保持してくれるのです。

弱酸性のキュレル入浴剤のお湯は、肌にやさしく低刺激で無香料なので、赤ちゃんのデリケートな肌でも使用でき、カサつく乾燥肌や肌荒れの改善に役立ててくれます。

デリケートな乾燥肌や肌荒れなどで悩んでいる方は、お手頃な価格なのでぜひ使ってみてください。

まとめ

いかがでしたか?

乾燥によって肌荒れを起こし続けている方は、肌トラブルを未然に防ぐために、刺激のもととなる無香料のスキンケアを選びましょう。

顔だけでなく体のケアにも気を配り、しっかり肌を保湿して潤いを保ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です