洗顔石鹸の選び方!どれが肌に優しい?おすすめ石鹸・3つもご紹介

マーブル模様の石鹸

洗顔料にも実に様々なタイプが存在しますが、あなたは何を基準に洗顔石鹸を選んでいますか?

洗顔石鹸を選ぶにおいて、使い心地や洗い上がりはもちろん大切ですが、何よりも大切なのは肌に対する優しさや、自分の肌に本当に合うかどうかなのではないでしょうか。

そこで今回は、洗顔石鹸の選び方について網羅的にご紹介します。洗顔石鹸選びに迷っている方は特に必見ですよ。

洗顔石鹸は形状ではなく成分で選ぶべき!

foursoup洗顔石鹸選びで大切なのは、肌に対する優しさと自分の肌にあっているかどうかの2点です。まずは、肌に対する優しさについて考えてみましょう。

あなたは、肌に優しい洗顔石鹸と聞けばどんな洗顔石鹸を連想しますか?

よく、「固形の石鹸は肌に優しい」「皮膚科で勧められる純石鹸が一番肌に優しい」という意見をネットで目にするように、世間的には固形石鹸=肌に優しいというイメージを多くもたれています。

しかし、固形の洗顔石鹸であってもクリーム状・ペースト状の洗顔石鹸であっても、どちらか一方が肌に優しいというわけではありません。

固形の洗顔石鹸も、原料であるパーム油由来の油脂や脂肪酸ナトリウムに、水酸化ナトリウムや水酸化カリウムによるアルカリ性物質を反応させて作った界面活性剤の一種。

一般的に汚れに対する洗浄力が強いのですが、製造過程で発生した天然由来の界面活性剤が含まれているため、合成界面活性剤と比べると肌に対する刺激は少ないとされています。

また、見た目が透明な石鹸は保湿成分のグリセリンやスクロースが入っているので、洗浄力がマイルドで肌に対する刺激も少ないメリットを持っています。

一方でクリーム状やペースト状の洗顔料は、様々な活性剤が使用できるため、肌と同じ弱酸性でマイルドな洗い上がりのものもあります。

このように、肌に優しい洗顔石鹸を形状で選ぶことはできません。では、肌に優しい洗顔石鹸を選ぶ際は何に注目すればよいのでしょうか?答えは成分です。

なかでも、科学的な成分ではなく、天然由来の成分を配合した洗顔石鹸は肌に対する刺激も少なく、肌に与えた保湿成分を落としすぎないのでスキンケア効果が期待できます。

天然成分を配合した洗顔石鹸を選んだほうがよい理由

foursoup洗顔石鹸は、汗やほこりといった汚れを落としてくれるものなので、毎日の生活に必要不可欠な存在です。

しかし、洗顔石鹸の配合成分によっては肌にダメージを与えかねません。

なぜなら、洗顔石鹸の持つ洗浄力で、肌のうるおいを守るために必要な皮脂が奪われてしまうと、肌内部の水分が蒸発して肌のバリア機能が失われ、紫外線や乾燥といった外的ダメージを受けやすい肌質になってしまうからです。

肌への優しさを一番に考えるなら、化学成分が多く含まれている洗顔石鹸よりも、天然成分が含まれた洗浄力の弱い洗顔石鹸を選びましょう。

化粧品に含まれる化学成分(添加物)は、性質を長持ちさせるため、そして使いやすさを実現させるために配合されています。

例えば石油系界面活性剤。水洗いでは落ちない油汚れも、この石油系界面活性剤が洗浄剤として働くことよって洗い流すことができるのですが、石油系界面活性剤は皮脂までをも油と認識してしまうため、必要な皮脂を奪ってしまうのです。

しかし洗いすぎなくても、私たちの肌はギトギトになるほど汚れてはいませんので、ある程度の洗浄効果があれば全く問題ありません。

また合成香料や防腐剤などの化学成分がたっぷり含まれた洗顔石鹸は、細胞をさびつかせる活性酸素を発生させる恐れがあり、肌のターンオーバーの促進を妨げたり、シワやたるみといったエイジングサインを引き起こす原因を招いてしまいます。

ちなみに肌のターンオーバーとは、約28日の周期で肌が生まれ変わることを言います。

しかし、活性酸素の影響で肌の細胞が錆び付いてしまうことで、ターンオーバーが滞ってしまい、古い角質がどんどん溜まって悪循環を引き起こすので注意が必要です。

一方天然由来の洗浄成分は、肌に不必要なほこりや皮脂のみに反応し、適度な洗浄力で肌に負担をかけること無く汚れを落とすことができます

このほかにも、美容目的や香料として天然成分を使用しているものがあり、天然成分の持つ働きによって活性酸素を除去したり、保水力をキープするセラミドを作り出してくれるので、肌質の改善にも役立ちます。

スキンケア効果の向上にも期待できますね。肌にストレスを与えず、自然の力でトラブル肌を改善したい場合には、天然成分を配合した洗顔石鹸を選ぶようにしましょう。

「枠練り製法」の洗顔石鹸は美容成分がたっぷり配合!

オーガニック石鹸の画像

肌への負担を抑えるだけでなく、美容効果の高い成分を多く含んだ洗顔石鹸を選びたいという方は、洗顔石鹸の製造方法に注目してみることも大事です。

洗顔石鹸を作る際の製造方法は、主に機械練り製法と枠練り製法の2つに分かれます。

機械練り製法は、洗顔石鹸を作るために必要な原材料を機械で練り上げて、型に押し出したら急速で冷やして固めるという製造方法。

人件費がかからず洗顔石鹸の製造にも数時間しかかからないので、コストを抑えて大量生産ができるというメリットをもっています。

しかし、美容成分が多いと固めるのに時間がかかってしまうため、98%以上の成分は洗浄成分である石けん素地にしなければなりません。

一方枠練り製法は、原材料を練り上げたあと枠の中に入れてから60日~90日ほどかけて、ゆっくりと乾燥させるという製造方法です。

枠練り製法と機械練り製法の大きな差は美容成分の配合量。枠練り製法だと急速に洗顔石鹸を固めないため、成分の40%程度まで美容成分を配合することができるのです。

ただ、枠練り製法だと作るまでに日数がかかるので大量生産ができず、機械練り製法と比較すると商品価格が高いというデメリットもあります。

洗顔石鹸に高い美容効果を求めているという方は、洗顔石鹸を選ぶときに「枠練り製法」であるかどうかを確認してみるといいでしょう。

枠練り石鹸についてもっとくわしく知りたい方はこちら
賢い洗顔石鹸の選び方。美容成分豊富な枠練り石鹸や練り石鹸に注目!

自分の肌状態を見極めて洗顔石鹸を選ぶことが大切

洗顔をする女性の写真

天然成分は肌への負担が少ないのでおすすめですが、何より大事なことは自分自身の肌タイプや今の肌状態に合った洗顔石鹸を選ぶということ。

乾燥肌の方が洗浄力の高い洗顔石鹸を使うと、皮脂が洗い流されて乾燥が悪化するだけでなく、肌に赤みや痛みなどの炎症を起こしてしまう可能性もあるため、肌タイプを見極めることは重要です。

乾燥肌・敏感肌の方は、ヒアルロン酸などの潤い成分が多く配合された保湿効果の高い洗顔石鹸を選ぶことをおすすめします。

特に敏感肌の方の場合だと、洗顔石鹸に含まれるほんの少しの成分でも肌に炎症を起こしかねないので、敏感肌用の洗顔石鹸を探すというのもいいでしょう。

また、思春期のニキビ肌や大人ニキビに悩まされているという方には、「グリチルリチン酸ジカリウム」や「アラントイン」など抗炎症作用がある医薬部外品の洗顔石鹸を使用するのがおすすめです。

抗炎症作用のある医薬部外品の洗顔石鹸なら、ニキビや肌荒れを防ぐ効果が期待できますよ。

ただ、スキンケア用品で対処できるニキビは、ポツポツと白く現れる「白ニキビ」、だんだんと痛みや赤みを帯びてきた「赤ニキビ」までです。

赤ニキビからさらに膿をもってしまった「黄ニキビ」やニキビ跡やクレーターはスキンケア用品では対処することができません。皮膚科を受診して専門医の診断を仰ぐようにしてくださいね。

自分自身の肌タイプや今の肌状態に合わせて洗顔石鹸を選んで、すこやかな肌をめざしましょう。

繰り返すニキビにお悩みの方はこちらの記事もおすすめ!
然(しかり)よかせっけんがニキビに効くって本当?口コミ評価を検証

天然成分を含むおすすめの洗顔石鹸3つをご紹介

ではここで、天然成分を含む洗顔石鹸を3つピックアップしてご紹介します。

洗顔石鹸選びには、肌に対する優しさのほかにも、自分の肌に合っているかどうかを見極めることも大切。

ここでは、どんな肌質に合うのかもあわせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。


ココラルムマイルドソープ(85g 2,847円)

ココラルムマイルドソープ

ココラルムマイルドソープは、肌のうるおいを保つために必要な皮脂に近い成分であるVCO(ヴァージンココナツオイル)が配合されているのが最大の特徴。

長時間かけて手作業で行う「枠練り製法」により、美容成分を40%も配合することに成功し、たっぷりの泡で洗いあげてしっかり汚れを落としながら、しっとりとしたうるおいを肌に与えることができるのもココラルムマイルドソープだからこそ。

天然由来の成分のみを使用し、石油系界面活性剤や防腐剤などの化学成分は排除した、赤ちゃんでも使えるほどの肌に優しい成分のみでつくられたシンプルかつ安心な石鹸です。

ココラルムマイルドソープのポイント

  • 皮脂と近く、母乳と同じ成分であるヴァージンココナツオイル配合で優しく保湿
  • 枠練り製法で美容成分が40%配合
  • 天然由来成分のみ使用で、赤ちゃんでも使える低刺激処方を実現
  • 2015年洗顔石鹸口コミランキング1位を獲得

赤ちゃんのようなうるおい肌に ココラルムマイルドソープの詳細はこちら


ハニーサンゴ石鹸(80g 3,611円)

foursoup

洗浄力を発揮するために配合された化学成分ではなく、サンゴパウダーの持つ洗浄力で洗い上げる、固形タイプの洗顔石鹸です。

サンゴパウダーには肌表面の汚れはもちろん、毛穴の奥に詰まった汚れを除去する働きがあるので、強力な洗浄力の化学成分を使用していなくてもしっかりと汚れを落とすことができます。

また、保湿成分としてハチミツエキスを配合。

加えてはちの子エキスによる強力な抗酸化パワーで、活性酸素の発生を防いでシワやたるみ、乾燥といった年齢ダメージを防いでくれます。

ハニーサンゴ石鹸のポイント

  • 合成香料、着色料、鉱物油、パラベン、ラウリン酸不使用
  • 毛穴汚れを除去するサンゴパウダー配合、天然成分で負担無く洗浄
  • はちの子エキスによる抗酸化作用で肌老化を防ぐ
  • 普通肌はもちろん、乾燥肌、アトピー肌、敏感肌、エイジングケアを求める人向け

敏感肌・乾燥肌でも安心 ハニーサンゴ石鹸の詳細はこちら


肌潤石鹸(80g 3,500円)

米由来のライスパワー®No11を配合した、固形タイプの洗顔石鹸です。

ライスパウダー®No11には加齢とともに減少してしまうセラミドを再生する働きがあり、優れた水分キープ力によってキメの整ったうるおいある肌へ導きます。

また素手でもホイップクリームのようなきめ細かく弾力ある泡を簡単に作ることができ、泡がクッションの役割を果たすことで洗顔時における肌への摩擦を軽減します。

肌潤石鹸のポイント

  • 香料、着色料、鉱物油、石油系界面活性剤不使用
  • セラミドを再生させ水分保持力を高める
  • スキンケア効果を高めたい人や乾燥肌向け

スキンケア効果を高める 肌潤石鹸の詳細はこちら

まとめ

foursoup

今回ご紹介した3つの洗顔石鹸には、それぞれ天然由来の成分が配合されています。

天然由来の成分が持つ洗浄力や美容効果で、肌のうるおいを守るために必要な皮脂を残したり、活性酸素の発生を抑え肌トラブルを回避することができます。

肌をいたわりながら洗顔してみませんか?肌への優しさはもちろん、自分の肌悩みや肌質に合わせた洗顔石鹸を選んで、美肌を目指してくださいね。

おすすめ記事