髪も保湿が重要!ツヤツヤの髪を取り戻す方法とおすすめアイテム5選

女性の美しい髪

肌と同じように、髪も保湿が必要なのを知っていますか?

髪のパサつきや、枝毛、切れ毛などの悩みは乾燥が原因のひとつなので、保湿することで予防と改善が可能です。

本記事では髪のうるおいを守るための保湿方法とおすすめの保湿ヘアアイテムを紹介していきます。

毎日丁寧に髪の保湿ケアをして、パサつき知らずのツヤ髪を取り戻しましょう!

 髪にも保湿が必要!

ロングヘアとドライヤー

自分の髪をじっくり見ることが少ない…という人は意外に多いかもしれませんが、他人からは至近距離で見られることが多いパーツ。

せっかくきれいにメイクをしていても、髪がボサボサだったり、傷んでいると台無しですよね。

毎日のスキンケアでは「保湿」が重要だと言われていますが、肌と同じように髪にも保湿が大切なことを知っていますか?

髪のトラブルの原因は髪が乾燥です。以下のチェックリストで1つでも当てはまるものがある人は、髪が乾燥している可能性大なので、髪を保湿することが必要です。

保湿が必要!髪の乾燥チェック

☑髪がパサつく
☑髪が広がりやすい
☑切れ毛が多い
☑枝毛が多い
☑髪にツヤがない
☑髪に静電気が起きる

健康な髪の水分量は12%~13%ですが、髪が乾燥して水分量が7%を切ると、髪の表面を覆っているウロコ状の組織であるキューティクルが剥がれやすくなります。

キューティクルは、髪の表面を隙間なく埋めて髪の水分が蒸発するのを防いだり、髪にツヤを与えたりと髪の健康を保つためにとても重要な組織。

キューティクルが剥がれると、髪が乾燥して「パサつき」「枝毛・切れ毛」などのトラブルが起こります。

髪の乾燥が原因のトラブルは、髪をしっかり保湿することで改善することが可能です。

また、美しい髪の条件である髪の「ツヤ」は、髪に適度な水分が保たれている状態で生まれるので、髪の保湿は髪を美しく健康に保つためにとても重要なのです。

「普段から肌の保湿は心がけている」という人は多いと思いますが、「髪の保湿」も心がけていますか?上に挙げたような髪のトラブルが気になる人は、ぜひ髪の保湿を意識してみてください。

髪が乾燥する5つの原因

乾燥してぱさついた髪の毛

髪のトラブルの元凶となる「髪の乾燥」ですが、一体どんなことが原因で髪が乾燥してしまうのでしょうか?

5つの原因を紹介します。

【髪が乾燥する原因1】空気が乾燥している

髪が気になり鏡から目が話せない女性

冬など空気が乾燥する季節だけでなく、夏のエアコンなど髪は1年を通じて乾燥した空気にさらされています。

「肌の乾燥を感じる」人は多いと思いますが、肌が乾燥しているときは、同じく髪も乾燥している可能性が高いので、保湿が必要になります。

【髪が乾燥する原因2】洗浄力の高いシャンプー

オレンジのボトルのシャンプーとタオル

シャンプーは髪や地肌の汚れを落とす目的で使われますが、配合されている洗浄料の強さによってはシャンプーすること自体が髪の乾燥につながっている場合も。

特に注意が必要なのが、皮脂など油性の汚れを落とすために配合されている界面活性剤で、髪の乾燥が気になる人は「石油系界面活性剤」と呼ばれる洗浄力の強い成分は避けたほうがいいでしょう。

石油系界面活性剤はドラッグストアなどで販売されている比較的安価なシャンプーに配合されていることが多いので、ドラッグストアでシャンプーを購入する際には石油系界面活性剤が含まれていないかチェックするようにしましょう。

以下に成分名の見分け方を紹介するので、商品に記載されている成分表を確認してみてくださいね。

注意したい石油系界面活性剤の例

名前に「硫酸」が付くものや、名前が「ラウリル」「ラウレス」などから始まるもの

  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラウレス硫酸ナトリウム
  • ラウリル硫酸アンモニウム
  • ラウリル硫酸TEA

など

【髪が乾燥する原因3】ドライヤー・ヘアアイロンの熱

ドライヤーを髪に当てる様子

ドライヤーやヘアアイロンなど、髪に熱を与えることも髪の乾燥の原因になります。

髪の構造は下図のように外側から中心に向かって三層になっていて、最も外側にあるウロコ状の組織は「キューティクル」、その下にある髪の大部分を占める繊維状の組織は「コルテックス」、髪の中心部は「メデュラ」と呼ばれています。

髪内部の模式図

髪の水分はほとんどがコルテックスに存在し、外側のキューティクルがしっかり表面を覆って水分をキープしているのです。

キューティクルは「ケラチン」と呼ばれるタンパク質でできていますが、ケラチンは摩擦や熱に弱く、ドライヤーの熱で剥がれたり、ヘアアイロンの熱で溶けてしまうことも。

キューティクルが剥がれてしまうと、髪内部にある水分が蒸発してしまうので、髪が乾燥してしまいます。

【髪が乾燥する原因4】入浴後の自然乾燥

泡風呂に浸かる外国人女性

あなたはシャンプーの後、どんな方法で髪を乾かしていますか?夏など気温の高い季節だと「自然乾燥」をしている人もいるかもしれませんね。

キューティクルはウロコ状に重なり合って髪の表面を覆っていますが、髪が濡れた状態だとキューティクルが開いたままに。

キューティクルが開いた状態でタオルドライしたり、ブラシを使用すると、髪が摩擦を受け、キューティクルが剥がれて髪が乾燥してしいます。

また、髪が半乾きの状態は細菌などが繁殖しやすく、髪のニオイの原因となるので、衛生面からも自然乾燥はおすすめできません。

髪を洗った後は「できるだけ早く乾かす」ことを心がけましょう。

【髪が乾燥する原因5】パーマ・ヘアカラーのダメージ

ヘアカラーをおこなっている女性

パーマや縮毛矯正、ヘアカラーは、キューティクルが「アルカリ性になると開き、酸性になると閉じる」というしくみを利用して、薬剤を髪の内部に浸透させています。

キューティクルが薬剤の力で強引に開閉されるので、どうしてもダメージが発生しがちに。

キューティクルがダメージを受けることで、髪内部の水分を保つことができなくなり、髪が乾燥してしまいます。

髪の保湿方法とおすすめのアイテム5選

髪の毛をいじる女性

身の回りの様々な原因によって、髪は日々乾燥していることがわかりました。肌の保湿方法はよく知られていますが、髪の保湿をするにはどういう方法が効果的なのか知っていますか?

髪を保湿する方法とおすすめの保湿アイテム5選を紹介します。

保湿シャンプーを使う

シャンプーをしてもらう女性

髪が乾燥する理由の1つに「洗浄力の強いシャンプー」があるように、シャンプー選びは髪のコンディションを大きく左右します。

シャンプーの中には、「保湿シャンプー」と呼ばれる保湿効果の高いシャンプーがあり、髪が乾燥しがちな人におすすめです。

「保湿シャンプー」には厳密な定義があるわけではありませんが、以下の基準で選ぶと良いでしょう。

洗浄成分にアミノ酸系界面活性剤を使用している

シャンプーに使用されている界面活性剤の中でも、洗浄力がマイルドで肌への刺激も少ない界面活性剤に「アミノ酸系界面活性剤」があります。

アミノ酸系界面活性剤は髪や頭皮の潤いを残したまま洗うことができ、髪や頭皮が乾燥しにくいという特徴があるので、髪の保湿におすすめです。

アミノ酸系界面活性剤の見分け方は以下の通りです。

  • 名前に~グルタミン酸、~アラニン、~グリシンが付く成分
  • ココイル~、ラウロイル~で始まる成分

例)ココイルグルタミン酸TEA、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグリシンKなど

保湿成分が配合されている

保湿シャンプーを選ぶには、配合されている保湿成分もチェックしましょう。

シャンプーに使われる成分で保湿効果の高い成分は次の通りです。

  • セラミド3
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • アミノ酸(アルギニン、タウリン、イソロイシン、ロイシン、チロシンなど)
  • グリセリン  など

また、以下のような保湿効果の高いオイルもおすすめです。

  • ホホバオイル
  • オリーブオイル
  • シアバター  など

おすすめの保湿シャンプー

モーガンズ ノンシリコン アミノ酸シャンプー
(モイスト&フォレスト)

モーガンズのシャンプー

300mL 2,052円(税込)

ノンシリコンアミノ酸シャンプー (モイスト&フォレスト)の特徴

  • 洗浄成分は保湿シャンプーに最適なアミノ酸系界面活性剤を使用
  • 保湿成分の20種のアミノ酸が髪をしっとり保湿
  • ローマカミツレ油、ユーカリ油など髪と地肌を整えるこだわりの植物由来オイルを使用

 

モーガンズ ノンシリコン アミノ酸シャンプー(モイスト&フォレスト)は、アルギニンやタウリン、アラニンなど保湿効果の高い20種のアミノ酸で髪をしっかり保湿する、口コミ人気が非常に高いシャンプーです。

石油由来界面活性剤や鉱物油、シリコン、合成香料、パラベン、フェノキシエタノール不使用で、髪や地肌に刺激を与えず優しく洗い上げます。

インバストリートメントを使う

泡風呂につかる外国人女性

インバストリートメントの「インバス」とはin bathつまり風呂の中で使う、という意味でシャンプーの後、髪に付けて洗い流すタイプのトリートメントを指します。

ちなみに、ブローの前などに髪につけて洗い流さないタイプのトリートメントはアウトバス(風呂の外)トリートメントと呼びます。

シャンプー後の髪は、浴室の熱気によってキューティクルが開いたまま。

キューティクルが開いた状態は、キューティクル内部の成分が流れ出しやすい状態ですが、同時にトリートメントなどによって外部からの保湿成分が浸透しやすい状態でもあります。

インバストリートメントは、髪が最も保湿成分を吸収しやすいタイミングで行うので、乾燥が気になる髪や、ダメージがひどい髪を修復するのに最も適しているのです。

インバストリートメントに配合されている成分

  • 髪を保湿する成分
    ・加水分解コラーゲン
    ・ヒアルロン酸 ・グリセリン
    ・セラミド ・コレステロール
    など
  • 髪にハリやコシを与える成分
    ・加水分解ケラチン
    ・加水分解卵殻膜 など
  • 指通りを良くする成分
    ・ジメチコン
    ・ポリクオタニウム-10 など
  • 髪を保護し、乾燥を防ぐオイル
    ・オリーブ油 ・ホホバ油
    ・アボガド油 ・シアバター
    ・スクワラン など 

髪をしっかり保湿したい場合は、保湿成分やオイルが豊富に配合されているトリートメントがおすすめです。

インバストリートメントに配合している界面活性剤

インバストリートメントには髪を柔らかくして質感を良くしたり、静電気を防いだりするために、カチオン型界面活性剤が使われています。

カチオン型界面活性剤は洗い流した後、頭皮に残ると刺激を感じる場合があるので、注意が必要な成分。

インバストリートメントを使用する場合は、頭皮には付けず髪(特に毛先)にだけつけ、しっかりぬるま湯で洗い流すようにしましょう。

頭皮が敏感な人は、カチオン型界面活性剤が入っていないインバストリートメントを選んだほうが安心ですね。

カチオン型界面活性剤の見分け方

名前の最後に「~クロリド」「~アンモニウム」がつく成分

例)ベンザルコニウムクロリド、ベヘントリモニウムクロリド、塩化アルキルトリメチルアンモニウムなど

おすすめのインバストリートメント

フィヨーレ Fプロテクト ヘアマスクリッチ

フィオーレのヘアマスク

 

200g 1,620円(税込)

 

フィヨーレ Fプロテクト ヘアマスク リッチの特徴

  • セラミド誘導体、リピジュア、ヒアロベール、サトウキビなど豊富な保湿成分
  • パーマやカラーのダメージが気になる髪を修復するプロテシルLHやヘマチン配合
  • ガゴメ、カキタンニンなどが頭皮を健康に保つ

フィヨーレは、サロン向けヘアケア商品を数々の商品を販売しているメーカーで、Fプロテクト ヘアマスク リッチは他に類を見ないほど豊富な保湿成分が魅力です。

またドライヤーの熱に反応して髪コーティングする成分が配合されているので、ダメージヘアを修復する効果もあり、特に乾燥がひどい髪におすすめのインバストリートメントで、髪だけでなく頭皮ケアも叶う一本です。

アウトバストリートメントを使う

タオルで顔を拭く女性

アウトバストリートメントは「洗い流さない」タイプのトリートメントで、インバストリートメントとの違いは、髪や地肌にそのまま残ることから、髪や頭皮に刺激を与えにくい成分が使われていることです(敏感肌の人は刺激を感じる場合があります)。

アウトバストリートメントは界面活性剤を使用していないものも多く、界面活性剤が配合されている場合でも、インバストリートメントに使用されているカチオン型界面活性剤ではなく、刺激の少ないノニオン型(非イオン型)界面活性剤が少量使われるくらいです。

ノニオン型界面活性剤は、肌への刺激が少ないので洗い流さなくても肌に刺激を与える心配はありません。

アウトバストリートメントには、大きく分けて4つの形状があり、それぞれに特徴があるので用途に合わせて選ぶといいでしょう。

ミストタイプ

ベタつきがなく、髪の広い範囲にまんべんなく成分を行き渡らせることが可能で、ドライヤー前に使用して髪を熱からまもる効果もあります。

ローション・エッセンスタイプ

乾いた髪に馴染みやすく、髪への浸透が良いので、乾燥がひどい場合におすすめです。

クリームタイプ

しっとり仕上がるので髪を柔らかくしたい人や髪が広がるのを押さえたい人におすすめで、スタイリング剤としても使えますよ。

オイルタイプ

髪にツヤを与えたい人におすすめで、インバストリートメントで浸透させた成分を閉じ込める効果もあります。

アウトバストリートメントの選び方

アウトバストリートメントは1→2→3→4の順に、油分の割合が多くなります。

インバストリートメントなどでしっかり保湿した場合は、4のオイルタイプで蓋をしても良いですし、インバストリートメントを使用していない場合は、髪へのなじみが良い1.ミストタイプや2.ローションタイプを選ぶといいでしょう。

おすすめのアウトバストリートメント

La Sana 海藻ヘアエッセンス しっとり

ラサーナ海藻エッセンス

150ml 5,184円(税込)

 

La Sana 海藻ヘアエッセンス しっとりの特徴

  • 高ミネラル、高アミノ酸を含有したフランス産海藻エキスが髪を保湿
  • 水を一切加えない濃密処方
  • 保湿成分「ローヤルゼリー」と髪の乾燥を防ぐ「オリーブ油」を配合

La Sana 海藻ヘアエッセンス しっとりは、洗い流さない髪のトリートメント部門の国内売上No.1(化粧品マーケティング要覧 2009年~2017年より)を誇り、「美的」や「Voce」「MAQUIA」など数々の女性雑誌でも取り上げられている人気のアウトバストリートメント。

「髪の美容液」とも呼ばれるほど濃厚な保湿成分で、乾燥した髪をしっかりと保湿します。

ドライヤーの熱に反応して髪を補修する「エルカラクトン」配合で、パーマやカラーのヘアダメージを修復する効果も。

モロッカン オイル トリートメント
モロッカンオイル

100ml 4,200円(税込)

 

モロッカン オイル トリートメントの特徴

  • 髪への浸透がよく、保湿効果の高い高級アルガンオイルを使用
  • 髪がしっとり保湿されてまとまるので、スタイリング剤としても使用可
  • エキゾチックなバニラムスクの香りが人気

モロッカン オイル トリートメントは@cosmeのベストコスメアワード2015殿堂入りを果たした人気のヘアオイル。

アンジェリーナ・ジョリーやサンドラ・オーなどハリウッドセレブが使用し、日本でも小林麻耶さんが愛用していることで有名です。

アルガンオイルは保湿効果が高く、紫外線やドライヤー熱から髪を保護する働きが。オイルなのにべたつかず、艶やかな仕上がりが続きます。

頭皮を保湿する

セルフヘッドスパをしている女性

髪が乾燥している場合は、頭皮も同じく乾燥していることも…。

髪は1ヵ月で約1センチ伸びていますが、健康な髪を作り出すには、頭皮が健康な状態であることが必須です。

頭皮は他の部位に比べて、皮脂腺や汗腺が多く、肌のバリア機能が低いという特徴があるので、保湿する場合は頭皮専用の保湿ローションなどを使用するようにしましょう。

シャンプー後は皮脂が減少しているので、頭皮は最も乾燥しやすい状態になっています。シャンプーのあとはなるべく早く頭皮全体に保湿ローションを付け、マッサージするようにしてなじませていきましょう。

頭皮をマッサージすると、毛根にある髪を作り出す細胞(毛母細胞)に栄養が行き渡り、健康な髪を作り出すことができるのでおすすめです。

おすすめの頭皮保湿ローション

花王キュレル 頭皮保湿ローション

 キュレルの頭皮保湿ローション

120ml 1,404円(税込)

 

花王キュレル 頭皮保湿ローションの特徴

  • 花王が独自開発した潤浸保湿セラミドが頭皮をしっかり保湿
  • 気になる部分に直接塗れる「ダイレクトタッチノズル」
  • ノンオイリー処方で付けた後、頭皮がべたつかない

花王キュレル 頭皮保湿ローションは頭皮の乾燥やかゆみ、フケなどが気になる頭皮に、直接塗って洗い流さないタイプの保湿ローションです。

弱酸性、無香料、無着色、アルコールフリーで、乾燥性敏感肌の人のパッチテスト※済みなので、頭皮が敏感な方も安心して使うことができます。

※肌に刺激がないかのテスト

健康な髪を保つ方法

髪を掻き分ける女性

乾燥してパサついた髪も、毎日髪の保湿ケアを続けることで、次第にしっとりとツヤのある髪になっていきます。

トリートメントなどの集中ケアも大切ですが、しっとりと保湿された髪をキープするために、日頃から髪を健康に保つことを心がけたいですね。

髪を健康に保つために日々できることを紹介するので、きれいな髪を保つためにぜひ実践してみてください。

髪に優しいシャンプーを心がける

上で紹介したように、髪の乾燥が気になる人は、保湿シャンプーがおすすめです。髪の保湿には、シャンプー選びだけでなく、正しいシャンプーの仕方も大切。髪に優しいシャンプーを心がけると、髪はどんどん健康になっていきますよ。

正しいシャンプーの仕方

  1. 髪を軽くブラッシングして、髪のほつれなどを解いておく
  2. 34度前後のぬるま湯を使って、3分ほど髪をすすぐ(予洗い)
  3. シャンプーを泡立て、頭皮に泡を付けていく
  4. 指の腹を使って優しくマッサージするようにして頭皮を中心に洗う(髪は泡を乗せるだけでOK)
  5. 34度前後のぬるま湯で、泡がすっきり落ちるまですすぐ

アミノ酸系の保湿シャンプーは、保湿効果が高い反面、すすぎのときの泡切れが悪く、髪に少しぬるぬるとした感触が残ることがあります。

シャンプーの成分が頭皮に残ったままだと、肌荒れなど刺激を感じる場合があるので、ぬめりがなくなるまでしっかりとすすぐようにしましょう。

髪を傷めない乾かし方

女性のつややかな髪

髪の乾燥を招く「自然乾燥」。髪を洗った後は、速やかにドライヤーで乾かすことが大切です。

ドライヤーは間違った使い方をすると、髪にダメージを与えることがあるので、髪を傷めないドライヤーの使い方を是非マスターしてくださいね。

正しい髪の乾かし方

  1. 髪をタオル挟み込むようにして、優しく水分を取る(髪をゴシゴシこすらないように)
  2. 髪が絡まっている場合は、目の粗いクシなどで解いておく
  3. ドライヤーの熱から髪を守るタイプのアウトバストリートメントやオイルを、毛先中心に付ける
  4. ドライヤーを髪から20センチほど離し、髪を根本から乾かしていく
  5. 根本が乾いたら毛先を乾かしていく
  6. 全体の8割から9割乾いたら、冷風モードに切り替えて髪を完全に乾かす

ドライヤーを使うときのポイントは、キューティクルがしっかり閉じるよう、キューティクルの向きに合わせて髪の根元から毛先に向かって風を当てることと、最後は冷風で髪を冷やしてキュッとキューティクルを閉じることです。

健康な髪を作る食事

健康な髪を保つためには、日頃から髪の保湿に気をつけることが大切だとわかってもらえたでしょうか?髪は外側から保湿するだけでなく、内側から健康な髪を作ることも髪の保湿に繋がります。

健康な髪を保つためには、髪を作るために必要な栄養素をバランスよく摂ることが大切。髪の乾燥が気になる場合は、日々の食生活を見直してみるのもいいですね。

髪にいい栄養素と多く含む食べ物

  • 髪の材料になる「タンパク質(アミノ酸)」→肉類、魚類、大豆製品など
  • 髪の作るために必須な栄養素「亜鉛」→カキ、卵、ナッツ類
  • 地肌の血行を良くして健康な髪を作る「ビタミンE→植物油、うなぎ、いくら、モロヘイヤなど
  • 頭皮の新陳代謝をアップ「ビタミンB群」→マグロ、カツオ、卵黄、レバー類など

ツヤツヤの髪を保つためには髪の保湿を忘れずに

海風になびく女性の髪の毛

きれいな人の条件である、美しい肌と髪。髪のお手入れは肌のお手入れと同じように、女性のキレイを作る大切な要素です。

髪に水分が足りないと、ツヤは生まれません。美しい髪を手に入れるためには、髪を外側から保湿するケアと、健康な髪を保つ日々のお手入れが重要。

髪は日々新しく作られているので、コツコツとお手入れを続けていれば、きっとツヤツヤの髪が手に入りますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です