保湿しつつメイクはきっちりオフ!うるおい守る正しいクレンジング法

クリームを頬にのせる外国人女性

あなたが保湿に良かれと思ってやっているクレンジング方法は、より肌の乾燥を進ませる原因になっているかもしれません。

本記事では、肌のうるおいはきちんと守りつつ、しっかりメイクを落とす正しいクレンジング方法と、保湿効果の高いおすすめのクレンジング料について紹介していきます。

肌の乾燥を感じたらクレンジング料を見直す

クレンジングオイルの画像

季節の変わり目や加齢等で、肌の乾燥やうるおい不足を感じたら、普段使っているスキンケアアイテムを見直してみましょう。

その際、化粧水や乳液をより高保湿なものに変えるのは気付きやすいものの、つい見落としがちなのがクレンジング料です。

クレンジングは、落としにくいメイク汚れを落とすという性質上、他のスキンケアに比べて特に肌の負担になりやすいもの。

汚れをきちんと落としつつも、肌のうるおいを守ってくれるクレンジング料を使うのが、乾燥肌対策に必要です。

肌がうるおい不足になる原因

肌がうるおい不足になる原因は、主に4つあります。

① エアコンや外気による乾燥
特に日中オフィスで働く人は、エアコンで湿度が奪われるため肌が乾燥し、また冬など乾燥しがちな季節は、外気によっても肌の乾燥が進みます。

② 紫外線の影響
強い紫外線を浴びたことで、肌の正常なターンオーバー(一定の周期で肌の細胞が生まれ変わること)が乱れ、角質層に水分と油分が保持できなくなってしまい肌が乾燥しま

③ 偏食による乾燥
ファストフードなど栄養が偏った食事によって、肌に必要な栄養素が足らず、正常な肌の水分量を保持できなくなってしまうため、肌が乾燥してしまいます。

④ 普段のスキンケアの誤り
日頃行っているスキンケア方法が間違っていることによって、肌の乾燥が悪化することもあります。

乾燥による肌のダメージとは

さまざまな要因で、肌の水分不足が続くと「乾燥肌」になってしまいます。

乾燥肌は、皮膚表面の「皮脂」とその下の「角質層」が傷つき乱れることで、肌本来がもつ保水力が失われ、また紫外線などの外部刺激から皮膚を守る「バリア機能」の働きが弱くなっている肌状態のことを指します。

クレンジングで肌のうるおいを守る

クレンジングには、第一に日焼け止めやファンデーション、アイシャドーなどの油分の多い化粧品をきれいに肌から落とすことが求められています。

ただし、クレンジング料の種類によっては、皮膚の皮脂をとりすぎてしまい肌のバリア機能(紫外線などの外部刺激から肌を守る働き)と保水力を弱め、乾燥をすすめる原因になってしまうので注意が必要です。

クレンジング料と保湿の関係

アイメイクの画像

クレンジングは、化粧水や乳液などの肌に栄養を届ける、プラスのスキンケアと異なり、メイクや皮脂の汚れを落とすマイナスのスキンケアです。

濃いメイクは、その分落とすのに時間がかかるため、ごしごし力を入れてこすって肌を傷め、必要な皮脂まで落としすぎるなど、肌の負担になる恐れも大きくなります。

おおまかなクレンジング料の種類

各社から、さまざまな種類が発売されているクレンジング料ですが、主に以下の5種類に分類することができます。

① クレンジングローション
化粧水のようなテクスチャーで、さっぱりした使い心地が特徴。

コットンにしみ込ませて肌にのせて使うため、時に摩擦で肌を痛めやすいのが難点です。

② クレンジングクリーム
水分と油分が適度に混ざり合い、こっくりとしたクリーム状で肌マッサージにも使えます。

洗浄力はあまり強くありませんが、肌のうるおいを守ってくれます。

③ クレンジングオイル
オリーブオイルなどの植物性オイルや、ミネラルオイルなどをベースに、水をまったく加えていないクレンジング料です。

汚れを浮かして落とす力は強いのですが、その分肌の水分を奪う恐れがあります。

④ クレンジングシート
あらかじめクレンジング料をしみ込ませた不織布がパックに入っていて、メイクを拭き落として使います。

使い捨てなので、手軽に使えるのがメリットですが、摩擦で肌を痛め乾燥を進ませてしまう危険性が高くなります。

⑤ クレンジングジェル
クレンジングローションなどをゲル化剤でゼリーのように固めたテクスチャーで、「油性ジェル」とオイルフリーの「水性ジェル」とに分けられます。

水性ジェルは、クレンジングクリームのように洗浄力は弱いものの、肌への刺激は穏やかなため乾燥肌にも比較的使いやすいクレンジング料です。

もっとも保湿を感じられるクレンジング料

紹介したローション、クリーム、オイル、シート、ジェル(ゲル)の5タイプのクレンジング料で、乾燥肌の方におすすめのクレンジング料は、洗浄力が弱いものの皮脂を落としすぎず、肌に摩擦がかからないものが良いでしょう。

おすすめ順にクリーム、ジェル、ローション、オイル、シートとなります。

も乾燥肌におすすめの「クレンジングクリーム」は、汚れを浮かせてきちんと落としつつ、肌に必要な皮脂をとりすぎません。

なめらかで適度な弾力性のあるクリームタイプは、肌と指の間でクッションのように働くことで摩擦を弱め、肌に余計なストレスを与えないのもポイント。

さらに美容成分が配合されたクレンジングクリームを選べば、クレンジングタイムが美容マッサージタイムにも変わります。

乾燥肌の方が避けた方が良いクレンジング料

乾燥肌の方が避けたほうが良いクレンジング料は、シートタイプです。

理由はクレンジング時に、シートが肌とこすれて摩擦で皮膚を痛めてしまう可能性が高いためです。

また洗浄成分に合成界面活性剤やエタノールなどのアルコールが配合されていて、洗浄力が高く乾燥肌の刺激になりやすいのでおすすめできません。

メイクは落としてうるおいを残す正しいクレンジング法

女性がメイクをしている様子

クレンジング料は肌に悪い気がして、ついつい素早く無理な力で行いがち。

そのようなクレンジング方法は皮脂をとりすぎ乾燥肌が悪化するだけでなく、肌に余計な力が入ると摩擦で濃いシミやシワをつくる原因にもなってしまいます。

普段のクレンジングで抑えておきたいポイントを紹介していきます。

毎夜必ずメイクをオフ

深夜の帰宅時など、疲れて夜にメイクを落とさないまま寝てしまうと、油性のメイク汚れが毛穴につまって酸化し、炎症やシミ、くすみを引き起こす原因になってしまうだけでなく、混合肌や乾燥肌など肌バランスが悪い状態になってしまいます。

10年後、20年後の自分の肌に後悔しないよう、メイクをしたら毎夜ごと必ずクレンジングしましょう。

目・口元のポイントメイクは専用リムーバーでオフ

ウォータープルーフのマスカラやリップクリームなどの落ちにくいメイクは、クレンジング料でじっくりクレンジングするより、専用のリムーバーで素早く落とすのが肌を乾燥させないコツ。

まず目元や口元のポイントメイクの上に、専用リムーバー液に浸したコットンを置いて、数十秒置いてからぬぐいます。

この時、こすると肌が摩擦でダメージを受け乾燥しやすくなってしまうので注意しましょう。

ポイントメイクを落としてから、顔全体のメイクをクレンジングクリームで落とすのが、肌のうるおいを逃がさずクレンジングできるポイントです。

絹ごし豆腐を撫でるような力加減でやさしくメイクを落とす

一刻も早くメイクを落としたくて、手のひら全体を使ってごしごし強い力で顔をこすっている場合は、肌を痛める原因になるので今すぐ止めましょう。

乾燥肌の方は、短時間で顔中スムーズにできるよう、クレンジング料を多めに使うようにします。

まず清潔な手にクレンジング料を多めにとったら、指先にクレンジング料をのせ、素早くくるくる顔上に回すようにしてメイクとなじませます

指先にも力を入れず、鏡を見たときに頬の肉が激しく動かない程度、絹ごし豆腐に触れるぐらいの力加減でクレンジングしましょう。

小鼻や生え際などのメイクが残りやすい箇所は、よりていねいにクレンジングします。特に皮膚の薄い目元は、指先に力を入れるとシワやシミ、乾燥の原因になってしまうので、あくまでも軽い力でクレンジングするようにしましょう。

ぬるま湯で素早くていねいにすすぐ

クレンジング後は、すぐに人肌よりぬるい30度程度のお湯ですすぎます。

パシャパシャとお湯を顔にあてるようにすすぎ、その時も手で顔をこすって刺激を与えないように気を付けましょう。

クレンジング料が確実に落とせたらすすぎをストップ。

多すぎるすすぎは、皮脂をとりすぎて肌の乾燥をすすませる原因になってしまいます。

クレンジング料を洗い流した後は、洗顔料でやさしく洗い、化粧水、乳液でお手入れしましょう。

落とした後もうるおい感じるおすすめクレンジング3選

乾燥肌の方にもおすすめの、きちんと汚れを落とし、うるおいは残してくれるおすすめのクレンジングクリームを3つ紹介していきます。

ポーラ モイスティシモ クレンジングクリーム

モイスティシモ商品画像

内容量120g 価格3,780円(税込)

【モイスティシモ クレンジングクリームの特徴】

  • なめらかなクレンジングクリームが、肌にのせた後すばやくオイルに変化して化粧品と馴染むので、肌摩擦少なくメイクがオフできて肌への負担が少ない。
  • 乾燥肌に悩む方専用のスキンケアシリーズのクレンジングクリーム。
  • 敏感肌の方を対象にパッチテスト済み、低刺激性。(使用した全ての方に皮膚刺激が起きないというわけではありません)

高品質な化粧品で知られるPOLAによる、高保湿スキンケアシリーズのクレンジングクリーム。

一年を通じて肌の乾燥に悩む、乾燥肌向けのスキンケアシリーズなので、肌のうるおいは保ちつつも、メイクや汚れはすっきり落とせます。

こちらのクレンジングクリームを始め、洗顔料、ローション、ミルク、クリームの「スキンケア製品」と、さらに化粧下地、ファンデーション、フェイスパウダーの「ベースメイク製品」もあるので、ライン使いするのもおすすめです。

なめらかなクリーム状で、肌になじみやすい使用感です。

コスメデコルテ AQミリオリティ リペア クレンジングクリーム

リペアクレンジングクリーム画像

内容量150g 価格10、800円(税込) ※メーカー希望小売価格

【リペア クレンジングクリームの特徴】

  • エモリエント成分と保湿成分をぜいたくに配合し、クレンジングしながら美容効果が期待できる。
  • 天然香料の香り。
  • 使用後、肌のハリやうるおいがアップ。

肌からの水分蒸発を防いで肌のうるおいを保ち、やわらかにするエモリエント成分と保湿成分のダブルペプチドをたっぷり配合した贅沢なクレンジングクリームです。

頑固なポイントメイクもすばやく浮きあがり、すっきり落とすことができます。

こちらのクレンジングクリームを使用したら、洗い上がりに肌がワントーン明るくなったという使用者のコメントも多い、人気商品です。

コーセー プレディア クレンジングクリーム

内容量120g 価格2、700円(税込) ※メーカー希望小売価格

【プレディア クレンジングクリームの特徴】

  • ポイントメイクの「拭き取り」と、肌に刺激を与えにくい「洗い流し」の両方に使える、両用タイプ。
  • メイクに馴染みやすく、皮脂汚れも素早くオフできるので、肌摩擦でうるおいを逃しにくい。
  • チューブタイプで衛生的に使える。

ミネラル豊富な「海洋深層水」や「スパ水(温泉水)」、海藻、海泥を使用したコーセーのプレディアシリーズのクレンジングクリームです。

忙しい時やポイントメイクを落としたい時に助かる「拭き取り」と、汚れを落として肌に優しい「洗い流し」の両用タイプ。

ミネラルオイルがベースでありながら、使用後ヌルつきが感じにくいのもポイント。

肌にのせると素早く乳化し、スムーズにメイクと皮脂汚れを落とせるので、摩擦で肌を傷めずクレンジングできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です