毛穴が開くのをなんとかしたい!8つの対処法で毛穴レスな肌へ

頬に手を当てる女性

肌悩みの中でもいつも上位に入るのが「毛穴」の悩み。

特にパックリと開く毛穴に困っている人は多いのではないでしょうか?

まずは毛穴が開く原因を知って、スキンケアと生活習慣の両方から毛穴の開きを改善していきましょう。

開いた毛穴に悩んでいませんか?

目元を鏡でチェックする女性の写真

ぱっくりと開いた毛穴はメイクでは隠しにくく、毛穴が目立つと顔の印象が老けて見えるので困りますよね。

ポーラ文化研究所が行った肌悩みに関するアンケート※によると、具体的な肌悩みの第2位が「毛穴の開きが目立つ」ことでした。

年齢別に見ると、10代から30代の女性の4割以上が毛穴の開きや詰まりなどのトラブルに悩んでいることがわかります。

※「女性の化粧行動・意識に関する実態調査2015肌なやみ篇」(2015年5月インターネット調査15歳から74歳の女性1800人対象)

「毛穴の開きをなんとかしようと角栓を取ったり、毛穴を引き締める化粧品を使っているけれどなかなか改善しない」という声をよく耳にします。

毛穴が開く原因はいくつかあるので、原因を知って正しく対処しないといつまでたっても毛穴の開きが改善しないばかりか、かえって毛穴がどんどん開いていく…というケースも。

まずは毛穴が開く原因が何かを知って、普段の毛穴ケアを見直してみることから始めましょう。

毛穴が開く原因4つ

カルテをみる看護師女性

気がついたらいつの間にか「毛穴が開いていた」という人も多いのではないでしょうか?

毛穴が開く原因は日々のスキンケアや生活習慣の中にあるので、自分では気付きにくいかもしれません。

まずは自分の毛穴の状態をじっくり観察して、以下に思い当たるものがないかチェックしてみましょう。

毛穴が大きく開いてくる「開き毛穴」

「ぱっくりと毛穴が開く」と表現されるように、毛穴が口を空けたように開いているのが「開き毛穴」です。

本来毛穴は気温の変化などに合わせて閉じたり開いたりするようになっていますが、毛穴の入り口が開ききっていたり、すり鉢状になっていたりするのが「開き毛穴」で、皮脂の分泌が多い脂性肌(オイリー肌)の人に多く、顔全体に発生しやすいのが特徴です。

【開き毛穴になるメカニズム】

毛穴が開くのは過剰に分泌した皮脂が原因ですが、詳しい仕組みが資生堂の研究※から明らかになっています。

※資生堂素材・薬剤開発センター「ヒト頬部毛穴の目立ちと肌状態」より:

よく「毛穴が開く」という表現をしますが実際には毛穴の入り口が緩んで開いているのではなく、毛穴付近の皮膚がすり鉢状に陥没し、くぼみになっていることで「毛穴が開いた」ように見えていることがわかりました。

資生堂の研究によると、毛穴が目立つ人は皮脂量が多く、皮脂の中でも不飽和脂肪酸(オレイン酸やパルミトレイン酸など)という成分が特に多いとのこと。

不飽和脂肪酸は毛穴周りの皮膚に刺激を与え、毛穴付近の皮膚の「角化異常」を引き起こします。

「角化」とは肌の一番外側にある角質層が新しく作られる働きで、角化異常が起きると角質層が厚くなったり、角質層が剥がれやすくなったりします。

毛穴の入り口の皮膚に角化異常が起きた状態が続くことで、毛穴が変形してすり鉢状になり、毛穴が開いたように見えるのです。

角化異常の原因である皮脂の過剰分泌は、次のような要因で起こります。

  • ホルモンバランスの乱れ(男性ホルモンの働きが強くなる)
  • 遺伝
  • ストレス
  • 皮脂の分泌を増やす食品の摂りすぎ
  • 血糖値を上げる食品を摂る(血糖値を下げるインスリンが皮脂の分泌を促す)

毛穴に角栓が詰まる「詰まり毛穴」

毛穴が開いた部分をよく観察すると、角栓が詰まっていることがよくあります。

毛穴が開いたところに角栓が詰まっているものを「詰まり毛穴」といい、角栓とは皮脂と皮膚から剥がれ落ちた角質が混ざってできています。

角栓は本来白っぽい色をしていますが、毛穴に長く詰まっていると角栓の中の皮脂が酸化して「過酸化脂質」となり、色が黒ずんで毛穴が黒く目立つようになります。

詰まり毛穴はTゾーンにできやすく、特に鼻の頭や小鼻によく見られ、鼻の頭に角栓が詰まった状態を、果物になぞらえて「いちご鼻」と呼ぶこともあります。

毛穴に角栓が詰まる原因は大きく分けて4つあります。

1.皮脂の過剰分泌

皮脂の分泌が多いと、毛穴の中にいつも皮脂が溜まった状態になり、角栓ができやすくなります。

2.肌のターンオーバーの乱れ

肌の一番外側に有る角質層と呼ばれる組織は、1~2か月のサイクルで新しい細胞に生まれ変わっています。

加齢、ストレス、間違った洗顔方法などが原因で肌のターンオーバーが乱れると、毛穴の出口の角質層が厚くなってきます(角質肥厚)。

角質肥厚になると毛穴の出口が狭くなって皮脂が毛穴に溜まり、角栓ができやすくなります。

3.肌の乾燥

肌の乾燥が長く続くと、インナードライと言って肌の水分は少ないのに皮脂の分泌が多い状態になることがあります。

また、乾燥している肌は角質層が傷ついているので角質が剥がれやすく、剥がれた角質と皮脂が混ざって角栓ができやすくなります。

4.毛穴に残ったメイク汚れ

毛穴には、ファンデーションなどのメイク汚れが入り込んでいます。クレンジングが不十分だとメイク汚れが毛穴に残り、毛穴詰まりを起こしやすくなります。

またメイクに含まれている油性成分が酸化すると過酸化脂質となり、毛穴の黒ずみの原因となります。

毛穴周辺の皮膚の老化が原因の「たるみ毛穴」

加齢によって肌にたるみが起こるように、毛穴にもたるみが生じます。

皮膚は外側から表皮→真皮→皮下組織という構造になっていますが、真皮の中にあるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった肌の弾力を保っている成分が減少することでたるみが起こります。

コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸は真皮内にある「繊維芽細胞」が生産していますが、加齢によって生産量が減ってしまいます。

また、紫外線(UV-A)は真皮まで届いてコラーゲンやエラスチンにダメージを与え、たるみを生じさせます。

たるみ毛穴の特徴は、開いた毛穴の形が楕円形やしずく型に見えることです。たるみ毛穴が増えると、毛穴同士が連なって帯状になる場合もあります。

たるみ毛穴は頬などの皮膚の薄いところにできやすく、肌を上に引っ張ると目立たなくなるのが特徴で、30代以降に発生することが多い毛穴トラブルです。

ニキビ跡のクレーター

ニキビによる炎症も毛穴が開く原因になります。

ニキビとは毛穴の入り口が詰まり、毛穴に溜まった皮脂の中でアクネ菌が増殖して炎症を起こしたものですが、ニキビの炎症が収まった後の毛穴に、クレーター状のくぼみができることがあります。

クレーターはニキビの炎症が皮膚の表皮を通り越して真皮にまで及び、真皮内のコラーゲンやエラスチンといった組織が破壊されることで発生します。

クレーターができやすい場所は、ニキビができやすい額、アゴ、頬、鼻などが多く、真皮が変形してしまっているために、肌のターンオーバーによっても回復せずそのまま肌に残ってしまいます。

毛穴が開くのを改善する方法【スキンケア編】

化粧品容器が並んでいる画像

毛穴が開く原因である過剰な皮脂分泌や、毛穴に詰まった角栓、毛穴のたるみ、ニキビなどはどれも日々のスキンケアで改善することが可能です。

毛穴の開きを改善するスキンケア法について解説します。

クレンジングを見直す

クレンジングの種類

毛穴が開くのを改善するファーストステップは、クレンジングの見直しです。

普段から毛穴が気になっている人は、クレンジングの際に毛穴に詰まったメイクや皮脂を必死に落とそうとして、ゴシゴシと毛穴をこすっていませんか?

クレンジングにはメイクの油性成分を落とすために界面活性剤が配合されています。

界面活性剤はメイクだけでなく肌の油分も分解してしまうので、毛穴付近をゴシゴシこすると、肌の一番外側にある角質層が傷ついてしまいます。

角質層は肌の水分を保ち、同時に肌を外部からの刺激から守る大切な組織ですが、角質層が傷づくと、肌は自らを守るために角質を厚くします(角質肥厚)

角質肥厚になると、毛穴が詰まりやすくなってしまいます。

毛穴が開くのを改善するには、「角質層を傷付けずに、毛穴に溜まったメイクを落とす」クレンジングが必要です。

毛穴に優しいクレンジングとは?

クレンジングにはメイクの油性成分を落とすために界面活性剤が含まれています。

界面活性剤はメイクの油性成分や皮脂を溶かすようにして落とすので、物理的にゴシゴシと擦る必要はありません。

大切なのは、クレンジングの成分を毛穴汚れになじませることです。

クレンジングの成分が毛穴汚れに浸透すれば後は優しく洗い流すだけで汚れが落ちていきます。

毛穴に優しいクレンジングの方法

  1. 手のひらを使ってクレンジングを肌全体になじませる
  2. 毛穴の開きが気になる場所は、指先を使ってクレンジングが毛穴に入るように優しくなじませる
  3. 34度くらいのぬるま湯で優しく洗い流す

おすすめのクレンジング

【肌をこすらず毛穴汚れを落とす】ファンケル マイルドクレンジングオイル

120mL 1,836円(税込)

 

ファンケル マイルドクレンジングオイル
ファンケル マイルドクレンジングオイルの特徴

  • 角質クリアオイルの働きで軽くなじませるだけで角栓が落とせる
  • のびの良いスムーズなテクスチャーで肌に負担を掛けずにメイクをオフ
  • こすらずに汚れを落とせるので、肌の潤いをキープできる

ファンケル マイルドクレンジングオイルは、オイルクレンジングの欠点である「肌への摩擦」を最小限に抑えたクレンジングオイルです。

水のような軽いテクスチャーでスルッと肌になじむので、マッサージが不要でクレンジングにかかる時間が短く、肌に負担を掛けずにメイクを落とすことができます。

角栓の汚れを落とす「角栓クリアオイル」配合で、毛穴に詰まった角栓をスッキリ落とせます。

洗顔を見直す

洗顔もクレンジングと同じく、毛穴汚れを落とそうと物理的な力を肌に加えないことが大切です。

毛穴の開きを改善するには、スクラブなどの毛穴に物理的な刺激を与える成分より、毛穴に詰まった皮脂や角栓などを吸着する成分(クレイ、シリカなど)が入った洗顔石鹸がおすすめです。

毛穴に優しい洗顔方法

  1. 洗顔料を泡立てる
  2. 毛穴汚れが気になる部分から泡をのせ、泡をクッションにして肌を直接こすらないようにして優しく洗う
  3. 34度位のぬるま湯で15回以上すすぐ
  4. タオルで水分を優しく押さえるようにして取り、すみやかに保湿する

おすすめの洗顔石鹸

【シリカパウダーが毛穴汚れを吸着】然-しかり-よかせっけん

88g 1,944円(税込)

然-しかり-よかせっけんの特徴 

  • 超微細シリカパウダーが、毛穴が開く原因となる毛穴汚れを吸着
  • 豊富な泡立ちで、肌に負担を掛けずに毛穴汚れが落とせる
  • コラーゲン、ローヤルゼリー、アロエエキスなどの美容成分が毛穴周りの角質層をしっかり保湿

然-しかり-よかせっけんは、美容成分を60%以上も配合したペースト状の練り石鹸です。

南九州の火山灰から作られた超微細シリカパウダーは肌に負担をかけない「ミクロ加工」と、毛穴の隅々まで洗うための「バルーン加工(丸い形状にすること)」がされています。

弾力のあるモチモチ泡で肌に摩擦を与えず毛穴汚れが落とせます。

毛穴ケアにおすすめしたい洗顔石鹸を詳しく知りたい人はこちら

毛穴ケアで人気の洗顔石鹸ランキング│毛穴トラブルは洗顔で解決!

毛穴が開くのを改善するスキンケア化粧品を使う

クレンジングが3つ並んでいる

毛穴が開く原因の「過剰な皮脂分泌」は、毎日使用するスキンケア化粧品を見直すことで改善することが可能です。

毛穴の開きを改善するスキンケア化粧品には以下の成分が配合されているものを選ぶと良いでしょう。

  • 「開き毛穴」「詰まり毛穴」「ニキビ」→皮脂の分泌を押さえる成分(ビタミンC、イソフラボンなど)
  • 「たるみ毛穴」→コラーゲンの生成を促進する成分(ビタミンC、レチノールなど)
  • 毛穴の開き全般→毛穴周りの角質層を整える保湿成分(セラミド、ヒアルロン酸、アミノ酸など)

「開き毛穴」「詰まり毛穴」におすすめのスキンケア化粧品

【肌の奥まで届くビタミンCで毛穴ケア】ビーグレン毛穴ケア トライアルセット

1,944円(税込)

ビーグレンの毛穴ケアトライアルセットの画像

〈トライアルセットの内容〉

  • クレイウォッシュ 15g
  • QuSomeローション 20mL
  • Cセラム 5mL
  • QuSomeモイスチャーゲルクリーム 7g
ビーグレン毛穴ケア トライアルセットの特徴

  • 毛穴汚れを吸着するクレイ(泥)配合のクレイウォッシュが毛穴汚れを優しくオフ
  • 毛穴が開く原因となる過剰な皮脂分泌を抑えるビタミンCを配合
  • ビタミンCがコラーゲン生成を促進してたるみ毛穴を改善

ビーグレンはアメリカ発の薬学博士が開発した化粧品で、独自のナノカプセルQuSome(キューソーム)よって、成分が肌奥深く(角質層)まで届き、長時間効果を発揮し続けます。

美容液には毛穴が開く原因の過剰な皮脂分泌を抑えるビタミンCを高配合。

ビーグレンはトライアルセットを含むすべての商品が365日返金保証付きなので、安心してお試しすることができますよ。

「たるみ毛穴」におすすめのスキンケア化粧品

【年齢肌に働きかける成分が魅力】

ディセンシア アヤナス トライアルセット 10日分 1,480円(税込)

ディセンシアアヤナストライアルセット商品イメージ

〈トライアルセットの内容〉

  • アヤナス ローションコンセントレート(濃密化粧水)  20ml
  • アヤナス エッセンスコンセントレート(糖化ケア美容液) 10g
  • アヤナス クリームコンセントレート  9g
  • アヤナスアイクリームコンセントレート 1回分
ディセンシア アヤナストライアルセットの特徴

  • たるみ毛穴に不足しがちなコラーゲンやヒアルロン酸の生産を促進する「ヒルベリー葉エキス」配合
  • 傷ついた角質層を守り育てる独自技術「ヴァイタサイクルヴェール®」を採用
  • 通常のセラミドの4倍の浸透力をもった「セラミドナノスフィア」配合で毛穴周りの肌をしっかり保湿

年齢肌&敏感肌ケアで人気のディセンシア アヤナス。「たるみ毛穴」に必要なコラーゲン生成を促す成分「ヒルベリーは葉エキス」が魅力です。

保湿効果の高いナノ化した「セラミド」や、角質層形成をサポートする「パルマリン」、皮膚の血行促進効果のある「ジンセンX」が、毛穴周りの角質層を健康な状態に保ち、毛穴が開くのを防ぐ効果が期待できます。

毛穴に詰まった角栓をケアする

毛穴の開きのなかでも「詰まり毛穴」と呼ばれるタイプは、絶えず毛穴に角栓が詰まっているので、洗顔やクレンジングだけではなかなか目立つ角栓を改善できない場合があります。

角栓には毛穴に外部からの異物や細菌などが入らないように毛穴を守る役目があるので、必ずしも取らなくてはならないわけではありません。

毛穴からはみ出すくらい大きな角栓や、酸化して黒ずんだ角栓が目立つ場合は角栓を取るケアを行っても良いでしょう。

角栓を取るケアで注意が必要なのは、「角栓を取る時に毛穴の皮膚を傷つけない」ことです。

以下のような角栓ケアは毛穴の皮膚を傷つけてしまい、肌のターンオーバーが乱れて角化異常が起き、毛穴の詰まりや開きがひどくなるので注意が必要です。

  • 指や爪などで押し出す
  • 毛抜きピンセットで抜く
  • 角栓パックを使って一気に剥がす

角栓を取るケアでおすすめなのは、「蒸しタオル美容法」です。蒸しタオルを使って毛穴を温めることで次のような効果が期待できます。

  • 毛穴を開かせるので毛穴の奥に溜まった汚れが落ちやすくなる
  • 毛穴の皮膚を柔らかくすることで化粧水などの浸透をよくすする
  • 毛穴の皮膚の血行を促進して肌のターンオーバーを整える

蒸しタオル美容法は角栓が詰まった「詰まり毛穴」にはおすすめですが、毛穴が開いたままの「開き毛穴」や「たるみ毛穴」の人が行うと、さらに毛穴が開く可能性があるので、「詰まり毛穴」以外の人は行わないようにしましょう。

【蒸しタオル美容法のやり方】

  1. 軽く絞ったタオルを電子レンジで40秒から60秒温める
  2. 肌に優しいクレンジング法でクレンジングを行う
  3. クレンジング後、毛穴のつまりが気になる部分に蒸しタオルを当てる(1分以内)
  4. 蒸しタオルを外したらすぐに洗顔をする
  5. 洗顔後はすぐに保湿する
蒸しタオル美容法の注意点

蒸しタオルを使うタイミングは、クレンジングの前だと思っている人も多いでしょうが、メイクをした状態で蒸しタオルを乗せると、メイクに含まれる油性成分が溶け、毛穴の奥に流れてしまします。

蒸しタオルを使うタイミングはメイクが落ちた後、つまりクレンジングの後、洗顔の前が最も効果的です。

蒸しタオルは熱すぎると肌を傷つけるので、必ず手のひらにとって、肌が心地よいと感じる熱さまで冷ますようにします。

また、蒸しタオルを乗せる時間は長くても1分以内にするようにしましょう。

毛穴が開くのを改善する方法【生活習慣編】

毛穴が開く原因は私達の生活習慣のなかにも潜んでいます。

毛穴の開きを改善するために、生活習慣で見直して欲しいポイントを挙げてみました。

食生活を見直す

フルーツと緑の野菜のスムージー

皮脂の分泌は食べ物の影響を受けるので、毛穴が開くのを改善するためには食生活を見直すことも有効です。食生活で注意すべき点を解説します。

ポイント1:皮脂の分泌を促進する食べ物を避ける

皮脂の材料となる中性脂肪を含む食品は、皮脂の原料となる中性脂肪を多く含む食品です。

例)バター、チーズ、生クリーム、肉類の脂身など

ポイント2:皮脂をコントロールしてくれる栄養素を取る

皮脂の分泌を整える栄養素と多く含む食べ物は以下のとおりです

  • ビタミンC(皮脂の分泌を抑える)→ブロッコリー、ピーマン、柑橘類、イモ類など
  • ビタミンB2(脂肪の代謝を促進)→レバー類、うなぎ、納豆モロヘイヤ、海苔など
  • ビタミンB6(脂肪の代謝を促進)→まぐろ、カツオ、サンマ、唐辛子、抹茶など
  • 食物繊維(脂肪の吸収を緩やかにする)→コンニャク、ごぼう、海藻類、果物など

ポイント3:糖質の摂りすぎに注意する

「甘いものを食べるとニキビができる」と言われるのには、ちゃんとした科学的根拠があります。

甘いものに入っている砂糖は血糖値を急激に上昇させ、血糖値を下げるためのインスリンが大量に分泌されますが、インスリンは皮脂の分泌を促進するので毛穴が開く原因になります。

また、糖質を摂りすぎると、エネルギーとして使われなかった分は肝臓に貯蔵されますが、肝臓の貯蔵量を超えた分は、皮脂の原料となる中性脂肪に変えられてしまいます。

質の良い睡眠を取る

寝ている女性

毛穴が開く原因の1つは、毛穴周りの角質層に起こる異常ですが、角質層にある細胞は肌のターンオーバーの働きによって通常1~2か月のサイクルで新しい細胞に生まれ変わっているので、肌のターンオーバーを整えることで健康な角質層を取り戻すことができます。

肌のターンオーバーが最も盛んに行われるのは睡眠中です。

特に眠りについてすぐの深い眠り(ノンレム睡眠)の間に、肌のターンオーバーを促す成長ホルモンが分泌されます。

質の良い睡眠をとるコツ

  • 寝る前3時間以上前に夕食を摂る
  • お風呂はシャワーではなく湯船にゆったり浸かる
  • 寝る前にパソコンやスマートフォンを触らない
  • 寝る前にストレッチやマッサージをして身体をリラックスさせる
  • 昼間に適度な運動をする

紫外線を防ぐ

日差しを眩しそうにする女性のイメージ写真

毛穴が開くのを改善するには、紫外線を防ぐことも大切です。

紫外線のうちUV-Aと呼ばれる波長の長い紫外線は、皮膚の真皮にまで届き、肌のハリを保っているコラーゲンやエラスチンなどを変性させたるみ毛穴の原因になります。

また、紫外線は皮脂の酸化を促進するので、詰まり毛穴の角栓が黒ずむ原因にもなります。

お酒の飲み過ぎや喫煙に注意する

お酒を飲むと体内に入ったアルコールを分解するためにビタミンB2やビタミンB6を消費します。

ビタミンB2やビタミンB6は脂肪の代謝に必要なビタミンなので、不足すると体内の中性脂肪が増えて皮脂が多く作られてしまいます。

また、お酒は糖質が高いものが多く、大量に飲むと体内で糖質が消費されずに蓄積し、皮脂の原料となる中性脂肪に変わってしまうことにも注意が必要。

タバコに含まれるニコチンは、毛細血管の血流を減少させる働きがあるので、肌のターンオーバーに必要な栄養素が肌に十分に届かず、肌のターンオーバーが乱れ毛穴が開く原因になります。

また、タバコはコラーゲンの生産量を減少させるので、たるみ毛穴ができやすくなるので、美肌を目指すならおすすめできないといえるでしょう。

毛穴の開きは日々のケアで改善できる!

頬に指を当てる女性の画像

毛穴が開くのを改善しようと角栓を取ったり、クレンジングや洗顔をしっかりやっているのに、かえって毛穴がどんどん開いていく…というケースがよくあります。

毛穴ケアを頑張りすぎると、毛穴周りの皮膚を傷めてしまうので、毛穴周辺の角質層に角化異常が起こりやすくなります。

毛穴のケアは、「いかに優しく毛穴汚れを落とすか」と「毛穴周りの角質層を健やかに保つか」の2つがとても重要で、正しいスキンケアや生活習慣の見直によって改善することが可能です。

毎日コツコツと続けていれば、肌のターンオーバーが行われる1~2か月後には、きっと毛穴の開きが改善していますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です