低刺激で誰でも使える!ホホバオイルの正しい使い方で保湿効果UP!

オイルとタオルが並んでいる画像

皆さんはホホバオイルをご存知ですか?

ホホバオイルとは、「ホホバ」という植物から抽出されている美容オイルのことを指します。

ホホバオイルは身体への安全性が確認されているオイルであるだけでなく、保湿効果が高いのが魅力です。

また、ホホバオイルは肌ケアなどたくさんのメリットをもたらしてくれますが、使い方を間違えると余計に肌を傷めてしまう危険性もあります。

ホホバオイルの正しい使い方を実践してオイル美容の効果をより実感しましょう!

低刺激で乾燥肌さんにもおすすめのホホバオイルとは?

オイルの瓶が二つ並んでいる画像

ホホバオイルとは、「ホホバ」というツゲ科の多年草の種子から抽出されるオイルのことです。

ホホバはアメリカ南西部・メキシコ北部の砂漠地帯に生息する植物であり、暑さに強く乾燥の厳しい環境でも水分を保つことができます。

ホホバオイルは、そんなホホバのメリットが十分に活かされており、保湿効果を期待することができます

また、ホホバオイルは地球上で唯一、人工心臓の潤滑油として使われているオイルであるため、敏感肌さん含めどのような肌質の方でも安心して使うことができます。

さらに、ホホバオイルは酸化しにくい性質を持っているため、防腐剤などが不使用であるところも大きな魅力です。

気になる!ホホバオイルの効果は?

ヘアバンドをした女性が首をかしげている画像

肌の保湿効果

ホホバオイルの主成分である『ワックスエステル』が、肌の水分が蒸発するのを防いで、肌にうるおい・ハリを与えてくれるため、保湿効果が期待できます。

『ワックスエステル』とは、人間の肌に含まれている肌成分のことを指し、肌表面の角質層には20~30%も含まれています。

『ワックスエステル』は人間の肌を健やかに保つには欠かせない成分です。

そんな人間の肌成分と同じ『ワックスエステル』を生み出すことができるのは、ホホバオイルだけなのです。

ニキビ・吹き出物の防止

ホホバオイルの主成分である『ワックスエステル』は高い保水性を誇り、肌の乾燥対策をしてくれるため、大人ニキビなどの乾燥性のニキビケアに特に効果を発揮します。

ニキビは皮脂や汚れが毛穴を詰まらせたもののことを指します。

ホホバオイルには角質を柔らかくしてくれる効果があり、毛穴の黒ずみの主成分である角栓を落としやすくしてくれるためニキビや吹き出物知らずの肌になります。

また、ホホバオイルは肌の血行を促してターンオーバーを整えてくれるビタミンEを含んでいるため、肌の新陳代謝が良くなり、なかなか治らないニキビ跡が薄くなるといった効果が期待できます。

頭皮や髪を健康にする

ホホバオイルは、頭皮や髪にも活用できます。

抜け毛は皮脂などの蓄積による毛穴に詰まった汚れが原因で起こりますが、ホホバオイルには頭皮の汚れを溶かすだけでなく、殺菌作用もあると言われており、頭皮ケアに効果があります。

ホホバオイルと育毛剤を併用したい場合には先に育毛剤を塗布するようにしましょう。

また、ホホバオイルは髪にツヤやうるおいを与えてくれる効果もあるためヘアケアにも使用できます。

頭皮や髪に使う際にはオイルをそのままつけて構いません。

アンチエイジング効果

ホホバオイルに含まれるビタミンEには抗酸化作用があります。

肌が酸化することで、シワ・たるみなどの肌の老化の原因となります。

ホホバオイルはその酸化を防いでくれるため、アンチエイジング効果が期待できます。

ホホバオイルを使用する際は入浴後に、化粧水を塗った後がベストタイミングです。

日焼け防止・日焼け後のケアに効果的

ホホバオイルは、日焼けで傷ついた肌を修復する作用はありますが、日焼けを防止する力は高くありません。

ただ、ホホバオイルは人間の皮脂に構造が近いため、敏感肌さんやアトピー性皮膚炎の方でも安心して使うことができます。

そこで、おすすめなのがホホバオイルを下地として塗った後に日焼け止めを塗ることです。

日焼け止めを塗ったからといって、完全に紫外線を予防できるわけではありません。

肌の修復性が高いホホバオイルを塗っておくと、日焼けによる肌のダメージを軽くできます。

セルライト・妊娠線を目立たなくする

ホホバオイルは妊娠中やダイエット中にも活躍してくれます。

ホホバオイルをマッサージオイルとして使うことでセルライトや妊娠線の予防につながります。

低刺激なホホバオイルを用いたオイルマッサージは実際に医療機関でも行われています。

セルライトや妊娠線は一度ついてしまうとなかなか取れません。

水分の少ないホホバオイルが肌になじみやすい状態のお風呂上がりにマッサージするのがおすすめです。

ホホバオイルは未精製のものがおすすめ

ホホバオイルを思い浮かべたときに、無色透明のホホバオイルを想像する人と、金色のホホバオイルを想像する人がいるかと思いますが、どちらの種類も存在しているので、両方とも間違いではありません。

ただ、無色透明のホホバオイルは、消費者が安く手に入れやすいように高温でプレスして精製されたオイルになっており、高温で処理することでミネラルやビタミンなどの栄養素が減ってしまっている状態です。

それでも、ワックスエステルなどの成分によって保湿力があることには変わりはありませんが、未精製のホホバオイルに比べるとべたつきがでて使用感が悪くなります。

金色のホホバオイルは、精製されていない状態で出荷されているため、ビタミンやミネラルなどの栄養素がそのまま凝縮された状態なので、保湿力が高く、抗菌作用があるので乾燥によるニキビ肌にもおすすめです。

使い心地はさらっとしており、全身や髪に塗ってもべとつきがなく、抗菌作用があるのでアトピー肌の改善のために使用している人も多くいます。

価格帯が低く手に入れやすい精製されたホホバオイルよりも、栄養が凝縮されていて保湿力が高く、乾燥肌の改善を期待できる未精製のホホバオイルの使用がおすすめです。

ホホバオイルの保湿効果の高い使用方法

トレイにオイルが観葉植物と一緒に並んでいる画像

ホホバオイルの効果的な使い方のポイントとしては、入浴後や洗顔後のたっぷり水分を含んだ時がホホバオイルを使う最適のタイミングなのです。

お風呂上がりや洗顔後5分以内に必ず塗るようにしましょう。

ホホバオイルは水分との相性が非常に良いので、つけた後はさっぱりとして肌になじみやすいです。

ホホバオイルの使用方法

  1. 入浴後や洗顔後、化粧水を塗った後に3・4滴のホホバオイルを手に取る。
  2. 顔の中心から外側に向かって丁寧にホホバオイルを伸ばす。
  3. 美容液と乳液・クリームなどをつける。
  4.  最後に1~2滴ホホバオイルを手で軽く温めてから肌になじませる。

「化粧水を塗った後」が最も保湿効果を感じられるホホバオイルを塗るベストタイミングです。

化粧水を塗る前にホホバオイルを塗る人もまれにいますが、敏感肌さんの場合かゆみを感じたり、オイルが伸びにくいので注意しましょう。

このときに刺激を与えない「ハンドプレス」を実践するのがおすすめです。

「ハンドプレス」を行うときのコツは、オイルをすぐになじませるのではなく手の上で温めて塗ることです。

ホホバオイルは、温めることで滑らかになり肌への浸透力が高くなります。

肌を押すときは手のひらで頬全体を包み込み、10秒程度肌に押し込んでいきます。

さらにホホバオイルの効果を発揮させたい場合

ホホバオイルは単独でも使用することができますが、他のオイルをブレンドすることでさらに相乗効果が期待できます。
自分の肌の悩みに合ったオイルをブレンドすることをおすすめします。

■ブレンドオイルの作り方
ホホバオイル9の割合に対し、効果を得たいオイルを1混ぜれば完成です。
保管する際には遮光性の高い色付きのガラス容器に入れましょう。

ホホバオイルを使用するときの注意点

女性が怒って人差し指を立てている画像

アトピーの炎症がひどい場合は使用を控えて

世界一安全といわれるほどに低刺激なので、アトピーを起こした後の乾燥がひどい敏感肌の保湿にも使えますが、掻き壊しなどで皮膚が炎症を起こしている場合は、抗菌作用のあるホホバオイルでも使用をやめましょう。

ホホバオイルには、皮脂の代わりになるほどの高い保湿力がありますが、炎症を抑える抗炎症成分が入っているわけではないからです。

いつも塗っているから大丈夫と思って、掻き壊して血がにじんでしまっているような箇所に塗ってしまうと、さらに炎症が悪化してしまうこともあります。

アトピーの炎症を起こしているときは、皮膚科医の指示に従って処方された外用薬を使って治療するのが最適です。

暖かい部屋で保管することが最適

天然のオイルであるホホバオイルは、約10℃以下になると固まってしまいます。

ただし、常温に置いておくと元に戻る上に品質は変わりません。

それでも固まることに抵抗がある方は比較的暖かい部屋で保管することをおすすめします。

もし、固まったホホバオイルをすぐに使いたい場合は容器ごとお湯で温めて構いません。

使用前にはパッチテストの実施を推奨

基本的にホホバオイルは低刺激で安全性の高いオイルですが、100%アレルギーが発症しないとは言い切れません。

よって、使用前にパッチテストを行うことをおすすめします。

パッチテストのやり方

  • 体の目立たない部分にホホバオイルを1滴つけ、その後24時間経過観察する
    ⇒肌に湿疹が出たり赤くなったり等、何も異常がなければホホバオイルの使用が可能
アトピー性皮膚炎の方はこちらのパッチテストのやり方を!

    • 湿疹のない部分に1滴つけて24時間経過観察する
    • 何も異常がなければ、次に湿疹のある部分に1滴つけ、24時間経過観察する
    • それでも異常がなかければ、今度は10円玉程度の量を湿疹のある部分に塗って同様に経過観察する
      ここまでで何も異常がなければ使用可能!

※もしも異常が見られた場合はすぐにホホバオイルの使用を中止し、医師に相談するようにしましょう。

必ず適量を守って使用する

サプリメントや医薬品では適量を守ることが当たり前になっていますが、天然オイルであるホホバオイルにも同様のことが言えます。

適量よりも少ない量で抑えようとしてしまうと本来得られるはずの効果が薄まります。

逆に、適量を超えて使用すると、ともと肌が持っている免疫力を下げてしまったりと、スキンケアが逆効果になってしまうことが考えられます。

必ず適量を守って使用するようにしましょう。

開封後は約1~2年以内に使用を!

ホホバオイルは酸化に強いオイルですが、あまり長い間同じものを使い続けると雑菌などの繁殖の原因につながります。

雑菌の繁殖したホホバオイルは肌トラブルなどを引き起こす危険性があります。

どうしても続けて使いたい場合は、小さな容器に移しましょう。

まとめ

ホホバオイルは顔だけでなくさまざまな箇所に使用可能で、多くの効果が期待できるので非常にコスパの高い商品です。

少し値段が高いと感じる方もいると思いますが、低刺激で敏感肌さんにも使えて安全性も高いオイルはなかなかありません。

ホホバオイルを正しく使用して、高い保湿効果を手に入れましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です