界面活性剤不使用なら肌にいい!は間違い?正しいクレンジングの知識

女性 鼻

界面活性剤は肌に悪いから、界面活性剤不使用のクレンジングを使うべき!」

と考えている方はいませんか?

本記事では、クレンジングに含まれている界面活性剤とは何なのか、肌トラブルを防ぐにはどのように付き合っていけばいいのかについて、解説していきます。

クレンジングに含まれる界面活性剤の役割

シャボン玉 イラスト

クレンジングや洗顔料に配合されており、肌の汚れを洗い流す洗浄成分として働く界面活性剤。

界面活性剤は肌に悪いもの、というイメージを抱いている方は少なくありませんが、実際には必ずしもそうではありません。

そもそも界面活性剤とは、水にくっつきやすい「親水性」と油にくっつきやすい「親油性」を兼ね備えた物質のこと。

本来なら混じり合うことなく2つの層に分かれてしまう水と油ですが、界面活性剤が加わると、界面活性剤が水と油どちらにも結びつくことができるために、水と油が混ざり合うことができるようになるのです。

メイクアップ化粧品は、油性の原料が主としてつくられているため、水のみで洗い流すことはできません。

メイクアップ化粧品を洗い流すためには、原料の主となる油分にくっつきやすく、すすぐ際の水にもくっつく界面活性剤は必要な存在なのです。

界面活性剤を含むクレンジングが嫌われる理由

手を顎に当て首をかしげる女性

クレンジングには欠かせない存在の界面活性剤が嫌われてしまう理由は、界面活性剤を使用したクレンジングを使用すると、メイクアップ化粧品の油分だけでなく、肌表面を保湿する皮脂まで洗い流して、肌の乾燥を招く可能性があるから。

界面活性剤には油分と結びつく性質があるので、肌表面の皮脂とも結びつき洗い流してしまいます。

肌の表面を覆う皮脂は、肌の乾燥を防ぐ働きと、肌を外部の刺激から守るバリア機能を担っているものです。そのため、肌表面に十分な皮脂がなくなると、乾燥肌や敏感肌を引き起こしてしまいます。

とはいえ、界面活性剤を含まない、あるいは、その量が十分でないために洗浄力の不十分なクレンジングを使うことで、肌にメイクが残ったままになったり肌をゴシゴシと擦ってしまったりするほうが、肌にとっては大きなダメージとなります。

日常的にメイクをすることが多い女性にとって、肌が界面活性剤に触れるのは仕方のないこと。

界面活性剤を避けるのではなく、クレンジングの選び方や使い方に注意して、界面活性剤と上手につき合っていくことが重要なのです。

界面活性剤の種類とそれぞれの特徴を知ろう

成分表示を確認する女性

まずは、「界面活性剤と上手に付き合うコツその1」と題して、クレンジングの選び方を解説します。

クレンジングの選び方を詳しく説明する前に、まずは、クレンジングに含まれる界面活性剤の種類と、それぞれの特徴を把握しておきましょう。

天然界面活性剤と合成界面活性剤

界面活性剤には非常にたくさんの種類があり、分類の仕方もいろいろとありますが、大きく分ければ天然と合成の2つに分類されます。

化粧品に多く使われているのは、合成界面活性剤です。

  • 天然界面活性剤

動物や植物に含まれる、水とも油とも相性のいい界面活性剤の性質を持つ成分を天然界面活性剤といいます。

たとえば、大豆や卵黄に含まれるレシチン、牛乳に含まれるカゼイン、広くさまざまな植物に含まれるサポニンなどが挙げられます。

これらは人が手を加えたのではなく自然に存在しているものなので、肌に害を与えることはほとんどありません。

  • 合成界面活性剤

自然に存在する天然界面活性剤は人体への影響が少ない反面、安定性が低く変質しやすいという弱点を持っています。

そこで、人が手を加えて人工的に作り出したのが、安定性の高い合成界面活性剤です。

合成界面活性剤の種類は数千種類にも及び、化粧品だけでなく、シャンプー、ボディソープ、洗剤など、さまざまな場面で活用されています。

石油系界面活性剤と植物系界面活性剤

食べ物

人工的に作られた合成界面活性剤は、さらにその組成や性質から「石油系」と「植物系」に分けることができます。

一般的に、石油から抽出した成分で作られたものが石油系界面活性剤、植物から抽出した成分で作られたものが植物系界面活性剤とされています。

しかし、植物油を原料とする石油系界面活性剤もあれば、植物由来の成分に石油由来の成分を付加して生成する植物系界面活性剤もあり、両者を明確に区別することは難しいのです。

植物由来の合成界面活性剤なら安心?

赤色のクエスチョンマークと赤鉛筆の画像

よく「石油系界面活性剤は肌に悪い」といわれることがありますが、石油系界面活性剤を完全に避けることは現実的ではないといえます。そして、「天然成分由来の植物系界面活性剤なら安心」といえる根拠もないのです。

たしかに、石油系界面活性剤が肌への刺激が強いことは事実です。

しかし、たとえ天然由来の成分から作られているとしても、植物系界面活性剤も合成界面活性剤である以上は、自然界にない組成で人工的に作られたものです。

合成界面活性剤であるということは、安定しているというメリットがある一方で、簡単に壊れない、肌に残りやすいというデメリットがあります。たとえ天然由来の植物系界面活性剤であっても、石油系と同じく、肌に悪影響を及ぼす可能性は否定できないのです。

クレンジングは界面活性剤の種類よりも量で選ぶべし!

○と×を持つ女性

「はじめから天然の成分しか使っていない化粧品を選べば、合成界面活性剤そのものを避けられるのでは?」と思われるかもしれません。

しかし日本では、できる限り天然由来成分のみを使用して作られるナチュラルコスメや、有機栽培で作られた植物由来の成分がメインとなるオーガニックコスメに明確な基準と認証機関がないため、各化粧品会社の独断で「ナチュラルコスメ」「オーガニックコスメ」と呼べます。

つまり、天然の成分しか使っていないと思って購入した化粧品の中に、合成界面活性剤が含まれる可能性はあるといえるのです。

以上のことを踏まえると、クレンジングは、「どんな種類の界面活性剤が使われているか」に神経質になるよりも、「どれだけ界面活性剤が含まれているか」で選び、界面活性剤の肌への刺激を最小限に抑えることを考えるほうが、現実的ですし効率がいいのです。これが、「界面活性剤と上手に付き合うコツその1」になります。

クレンジングにはオイル、クリーム、ジェルなどいくつかのタイプがあり、それぞれに含まれる界面活性剤の量が異なります。

用途や肌質に合わせてそれぞれのクレンジングを使い分けることも重要ですが、「界面活性剤がどれくらい含まれているか」にも注目して選んでみましょう。

クレンジグに含まれる界面活性剤の量

化粧品 イラスト
  • オイルタイプ

主成分は油分ですが、界面活性剤も多く含むため、もっとも洗浄力の強いタイプのクレンジングです。油分とのなじみがいいため濃いめのメイクを落としたいときには重宝しますが、肌に必要な皮脂まで取り去ってしまうおそれも。

乾燥肌・敏感肌の方は特に、使っても濃い目のメイクのときのみにして、オイルタイプの使用は極力避けましょう。

  • リキッドタイプ

油分を含まないため、サラサラとしたテクスチャが特徴のクレンジングです。

ただし、オイルフリーでも界面活性剤を多く含んでいることから、メイクをしっかりと落とせるものの、肌への刺激も強め。こちらも特に乾燥肌・敏感肌の方には向きません。

  • シートタイプ(拭き取りタイプ)

いつでも簡単にメイクオフできる手軽さが魅力のシートタイプですが、拭き取るだけでメイクを落とせるように界面活性剤がしっかりと含まれています。

さらに、メイクを落とす際に肌を擦る摩擦が加わることから、どのタイプのクレンジングよりも肌への刺激は強めです。肌の乾燥やダメージを最小限に抑えたいなら、シートタイプの使用もできるだけ避けたほうがよいです。

  • ジェルタイプ

透明に近いものはほとんど油分を含まず、白色に近いタイプは油分を多く含んでいて、クリームタイプに近くなります。

油分と界面活性剤のバランスがよく、肌へのダメージを抑えてしっかりとメイクも落とせるのが特徴です。ただし、透明に近くなればなるほど界面活性剤の量が多くなるため、肌への刺激も強くなります。

  • クリームタイプ

ほかのタイプのクレンジングと比較すると、もっとも油分と界面活性剤とのバランスがよいクレンジングです。

しっかり伸びてメイクなじみもよいので、少々濃いめのメイクでも、肌への負担が少なく落とすことができます。

  • ミルクタイプ

油分を含んでいながらさらりとしたテクスチャで、界面活性剤の量も少なめ。クレンジングの中ではもっとも肌にやさしいタイプです。

ただし、界面活性剤が少ないので、洗浄力が劣るというデメリットも。ナチュラルメイクを落とすとき向きです。

クレンジングは「やさしく・手早く・丁寧に」が基本!

洗顔をする女性 イラスト

肌のことを考えてせっかく界面活性剤の少ない低刺激のクレンジングを選んでも、間違ったクレンジングのやり方を毎日続けていては、界面活性剤の影響をもろに受けてしまうことに。

「界面活性剤と上手に付き合うコツその2」は、正しいクレンジング法を実践することにあります。そのポイントは以下のとおりです。

ポイント1:時間をかけすぎない

界面活性剤が肌に触れている時間が長ければ長いほど、肌への負担も大きくなります。

クレンジングはメイク落としに30秒、すすぎに30秒を目安にして、少なくとも1分以内に終わらせるよう心がけてください。

クレンジングを短時間で終わらせるためには、アイメイク・リップメイクなどのポイントメイクを専用のリムーバーで先に落としておくのもポイントです。

ポイント2:肌を擦らない

頬に手を当ててリフトアップしている女性

短く感じるかもしれませんが、30秒という時間は意外に長いのです。ポイントメイクを落としておくなど工夫すれば、擦り落とさなくてもきちんとメイクオフできます。摩擦を生じさせずメイクを落とすために必要なことは、クレンジング剤をケチらず、しっかり適量使うこと。

肌へのダメージを少なくしたいからと、1回に使うクレンジング剤の量を少なくする方がいます。

しかし、クレンジング剤が十分でなければメイクとなじみにくくなるので、かえって肌を擦ってしまったり、メイクが落ちないまま肌に残ったりしてしまうのです。

また、特に気温が低くなる冬場などは、肌にのせる前に、手のひらや指の腹でクレンジング剤をしっかりと温めるのがポイント。冷たいまま使用するより、メイクとのなじみがよくなります。

ポイント3:肌にクレンジング剤を残さない

水をすくう手

クレンジングの工程の中でもっとも大事だといっても過言ではないのが、「すすぎ」。

落とし残した界面活性剤がずっと肌に付着していることは、多大なダメージになるからです。

両の手のひらで30~33℃くらいのぬるめのお湯をすくい、そこに顔をひたすようなイメージで、30回ほどを目安にすすぎを行いましょう。

実際にやってみると30回という回数は多く感じるのですが、肌を擦らないようクレンジング剤をきれいにすすぐには、それくらい回数をかさねることが必要です。肌を傷めないように、「やさしく」「丁寧に」を忘れないでくださいね。

まとめ

ここまで、「クレンジングにまつわる正しい知識」と題して、クレンジングに含まれる界面活性剤の役割や、界面活性剤との上手な付き合い方を解説してきました。

身だしなみとしてほとんど毎日メイクが必要な女性にとって、クレンジングはなくてはならないものです。かしこく使ってその後にしっかりとスキンケアをしていけば、お肌を守ることにもつながります。

本記事で紹介した内容を、ぜひ今日から実践してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です