シミ対策をプチプラで!美白化粧品と生活改善でセルフケア

鏡をみつめる女性

紫外線の強くなる春から夏にかけての季節は、シミが気になる人も多いのではないでしょうか。

高級化粧品を使わずに、プチプラ化粧品を使って、手軽に自宅でシミ対策のセルフケアできたら嬉しいですね。

今回の記事では、シミはなぜできるのか原因を解説するとともに、プチプラでシミのセルフケアができる美白化粧品や、シミの予防に使いたい日焼け止めなどを紹介します。

シミができる原因とは

シミはなぜ、年齢を重ねるとできやすくなるのでしょうか。

シミの対策を行う前に、シミができる原因やメカニズムを理解しておきましょう。

紫外線の影響で過剰につくられたメラニンが残るのが原因

シミができる主な原因は、紫外線の影響によるメラニンの過剰生成です。

紫外線は細胞の核を攻撃するため、紫外線が皮膚にあたると細胞を守ろうとして、メラノサイトでメラニンをつくる物質が活性化し、通常よりも多くのメラニンがつくられます。

メラニンは紫外線を吸収するとともに、肌を黒くすることで、紫外線が肌の奥まで届くのを防ぐ役割を持っています。

紫外線を浴びなくなると肌は元の状態に戻り、メラニンは排出されますが、メラニンが肌に残ることでシミができてしまうのです。

メラニンが肌に残る原因とは

メラニンが肌に残ってしまう原因の多くは、ターンオーバーといわれる肌の新陳代謝の周期の乱れです。

肌は角質層の内側の基底層でできた細胞が、有棘層、顆粒層、角質層の順に押し上げられて、死んだ状態の角化細胞となった後、垢となって落ちることで生まれ変わっています。

メラニンも本来はターンオーバーによって、皮膚から排出されますが、ターンオーバーの周期が乱れると、メラニンが排出されずに肌に残ってしまうことがあります。

ターンオーバーは加齢によって周期が遅くなりやすいため、年齢を重ねた肌はシミができやすくなります。

反対に、肌への摩擦によって、皮膚を守るためにターンオーバーの周期が早まり、不完全な細胞が押し上げられ、肌がゴワゴワした状態になっているときも、メラニンが皮膚に残ることがあります。

また、ストレスや睡眠不足、あるいは、紫外線による刺激そのものも、ターンオーバーの周期を乱し、メラニンが肌に残る原因です。

活性酸素の発生もシミの原因に

紫外線による影響のほかに、活性酸素の発生もメラニンが過剰につくられる原因となります。

活性酸素は紫外線による影響をはじめ、ストレスや睡眠不足、喫煙や飲酒、食品添加物の摂取などが原因で発生します。

自宅でできる!プチプラのシミセルフケア方法

化粧水を手にのせている図

シミは費用をかけずに自宅でセルフケアを行うことでも、改善が期待できます。

プチプラでできるシミのセルフケア方法をみていきましょう。

美白化粧品を使う

シミができるイメージの肌断面イラスト

肌は表面から表皮、真皮、皮下組織という構造になっていますが、美白化粧品でのケアができるのは表皮のシミで、真皮のシミはケアできません。

美白化粧品でシミ対策の効果が期待できるものには、できているシミを薄くするのに効果的な化粧品と、シミの発生を抑制する化粧品があります。

メラニンは日々生成されているため、毎日継続して使用することで、シミを改善する効果が期待できるのです。

できているシミを薄くするのに効果的な美白化粧品は、ターンオーバーを促す効果や黒色メラニンを薄くする効果が期待できる化粧品です。

ターンオーバーを促す効果があるとされる美白成分には、エナジーシグナルAMPレチノールなどがあり、メラニンが排出されやすくなることが期待できます。

メラニンを還元し、黒色メラニンを薄くする効果があるとされる美白成分は、ハイドロキノンビタミンC誘導体などです。

一方、シミの発生を予防するには、紫外線を浴びているという情報がメラノサイトに届くのを抑える方法があり、カモミラETトラネキサム酸が含まれた美白化粧品が効果的です。

あるいは、メラニンが生成される過程でできるチロシナーゼの発生を抑制することで、メラニンの生成を抑えることができ、厚生労働省でシミの改善効果が認められた美白有効成分もあります。

ビタミンCやビタミンC誘導体、ハイドロキノン、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、プラセンタエキス、トラネキサム酸、油溶性甘草エキスといったものです。

また、メラニンが蓄積するのを防ぐ美白有効成分として、D-メラノTMがあります。

シミの予防には日焼け止めが必須

シミ対策では、新たにシミができるのを予防することも大切。

外出時には日焼け止めを塗ることで、紫外線の影響により、メラニンが生成されるのを防ぐことができます。

紫外線には波長が長くエネルギーが弱いUVAと、波長が短くエネルギーが強いUVBがあります。

UVBは表皮に影響を及ぼしますが、UVAは肌の奥の真皮にまで届き、どちらもシミの原因になります。

紫外線吸収剤は紫外線が肌に吸収されるのを防ぐ効果がありますが、刺激が強いため肌への負担が掛かり、長時間使用すると肌を酸化させてシミの原因になってしまうこともあるため注意が必要です。

UV-AとUV-Bについてくわしく見る
紫外線は肌の大敵!シミが作られる原因と対策

シミの改善に効果的な食べ物を摂る

シミの改善には、美白効果のある成分を身体の内側から摂ることも効果的です。

ビタミンCは、メラニンの生成や活性化酵素の発生を抑制する働きがあります。

ビタミンCは赤ピーマンや黄ピーマン、ゆずの皮やレモン、キャベツなどに豊富に含まれています。

ターンオーバーを正常に整える成分として効果があるのは、豚レバーや牛レバーなどに含まれるビタミンB2やL-システインや大豆や、ハチミツに含まれるL-システインです。

また、トマトなどに豊富に含まれているリコピンは、紫外線による肌へのダメージを防ぐ効果がある成分なので、シミの改善に効果的です。

ドラッグストアで買えるシミ対策のプチプラ美白化粧品

花とローション

プチプラの美白化粧品は、メラニンの生成を抑えてシミを予防する美白有効成分が配合されたタイプが中心です。

ドラッグストアで販売されている美白化粧品の中から、口コミで人気の美白化粧水や美白美容液を紹介します。

おすすめ美白化粧水

メラノCC 薬用しみ対策 美白化粧水(ロート製薬)

170ml オープン価格

メラノCC美白化粧水の商品画像

メラノCC 薬用しみ対策 美白化粧水の特徴

  • ビタミンC誘導体の配合により、メラニンの生成を防ぐ
  • 抗炎症成分グリチルリチン酸ジカリウムを配合し、ニキビの改善も期待できる
  • 肌に潤いを与える美容成分として、アルピニアホワイトやレモンエキス、グレープフルーツエキスを配合

「メラノCC 薬用しみ対策美白化粧水」は製薬会社であるロートがつくった薬用美白化粧水で、角質層の奥まで浸透してうるおいを与えます。

美白有効成分であるビタミンC誘導体やグリチルリチン酸ジカリウムが配合されているので、シミやニキビ跡が気になる人におすすめ。

プチプラなので一度の保湿で気兼ねなくたっぷり使えます。

パーフェクトエッセンスシルキーホワイト(資生堂)

200ml オープン価格

パーフェクトエッセンスシルキーホワイトの商品画像

パーフェクトエッセンスシルキーホワイトの特徴

  • m-トラネキサム酸を配合し、メラニンの生成を予防
  • 抗炎症成分グリチルリチン酸ジカリウムを配合し、ニキビの改善も期待できる
  • 詰め替え用もあるので、エコで経済的

「パーフェクトエッセンスシルキーホワイト」は、有効成分m-トラネキサム酸の働きによって、メラニンの生成を予防し、シミやソバカスができるのを防ぐ医薬部外品です。

ヒアルロン酸や天然由来のシルクエッセンスなどの保湿成分が配合されていますが、ベタツキにくく、夏でも使いやすい使用感が特徴となっています。

おすすめ美白美容液

メラノCC薬用しみ集中対策美容液(ロート製薬)

20ml 1,180円

メラノCC薬用しみ集中対策美容液の商品画像

メラノCC薬用しみ集中対策美容液の特徴

  • 活性型ビタミンCといわれるアスコルビン酸を配合した薬用美白美容液
  • アスコルビン酸と血行促進作用のあるビタミンC誘導体の働きで、メラニンの生成を抑制し、透明感のある肌に
  • 殺菌成分のイソプロピルメチルフェノールと抗炎症成分のグリチルリチン酸ジカリウムを配合し、ニキビにも効果的

「メラノCC薬用しみ集中対策美容液」はメラノCC美白化粧水と同じ美白シリーズの薬用美白美容液で、ライン使いするとより効果的。

活性型ビタミンCとビタミンC誘導体が配合され、メラニンの生成を抑えてシミを予防するとともに、ニキビを改善する効果も期待できます。

また、配合されたビタミンCが毛穴をキュッと引き締める効果もあるため、毛穴が気になる暑い夏の季節にもおすすめです。

ダイレクトホワイトEX美白美容液(pdc)

50ml オープン価格

ダイレクトホワイトEX美白美容液の商品画像

ダイレクトホワイトEX美白美容液の特徴

  • 美白有効成分トラネキサム酸が配合され、メラニンの生成を抑えてシミやソバカスを予防
  • グリチルリチン酸2Kの配合により、紫外線による肌荒れを防ぐ
  • 無香料、無着色で肌への負担を軽減

「ダイレクトホワイトEX美白美容液」は、トラネキサム酸の配合により、新たなシミができるのを予防する効果が期待できる医薬部外品です。

抗炎症作用のあるグリチルリチン酸2Kが肌を整えるので、日焼けなどで肌が炎症を起こしがちな夏にもぴったり。

まるで水のような使用感で、肌にぐんぐん浸透していくのがわかるウォータータイプの美容液です。

シミ予防にドラッグストアで買いたいプチプラ日焼け止め

日傘をさして外を歩く女性

シミの予防には、日焼け対策が欠かせません。

ドラッグストアで1000円以下の価格で販売されている、コスパのよいプチプラ日焼け止めの中で、シミ予防に使いやすい商品を紹介します。

UV化粧品と組み合わせて、紫外線を防ぎましょう。

ビオレUV アクアリッチウォータリー ジェル

90ml オープン価格

ビオレUVアクアリッチウォータリージェルの商品画像

ビオレUV アクアリッチウォータリー ジェルの特徴

  • 「SPF50+」「PA++++」と高い紫外線予防効果
  • リニューアルにより水や汗に強いジェルに
  • ヒアルロン酸が配合され、日焼けによる乾燥で起こる肌荒れを防止

「ビオレUV アクアリッチウォータリー ジェル」は、「SPF50+」「PA++++」と紫外線予防効果が高く、UVAやUVBから肌を守ります。

紫外線を防ぐ効果が高いのに、専用のクレンジングではなく、いつも使用している石鹸や洗顔料などでも簡単に落とせるのも魅力的。

化粧下地としての使用もできるため、朝のメイク時間を短縮できるので、働く忙しい女性や主婦にもおすすめの日焼け止めです。

ユースキンS UVミルク(ユースキン製薬)

40ml オープン価格

ユースキンS UVミルクの商品画像

ユースキンS UVミルクの特徴

  • 紫外線吸収剤無配合で、肌への負担を軽減
  • 無香料、無着色、アルコールフリー敏感肌の人も使いやすい
  • 日常使いには十分な「SPF25」「PA++」

「ユースキンSUVミルク」は、肌の負担となる紫外線吸収剤や香料・着色料、アルコールなどが無配合で、敏感肌の人やお子さまも使いやすい日焼け止めです。

「SPF25」「PA++」と紫外線防止効果はやや弱めですが、短時間の外出など日常使いには十分で、しその葉エキスが肌にうるおいを与えてくれます。

まとめ

肌の奥の真皮にできたシミはセルフケアでは改善できませんが、表皮のシミは美白化粧品を使った美白ケアで改善することが期待できます。

ドラッグストアで売っているプチプラの美白成分配合の基礎化粧品でも、肌質に合ったものを選べば、肌トラブルを防いで、これからできるシミ対策は可能ですので試してみましょう。

シミの改善には食生活を見直すとともに、十分な睡眠時間を確保するなど、生活改善を図ることも大切です。

おすすめ記事