保湿にもアロマは効果がある!?肌の乾燥が気になるときの使い方とは

アロマオイルでも保湿はできる!のイラストイメージ

アロマというとリラックス作用のある心地よいイメージですが、実は保湿など美肌にも効果が期待できます。保湿効果のあるアロマオイルを選べば、香りをかいでリラックスしながら、乾燥肌対策のスキンケアをすることができるのです。

保湿対策でのアロマオイルの使い方をはじめ、手軽に肌の乾燥ケアに使える、アロマオイルを配合した化粧品を紹介します。

肌の保湿にもアロマは効果がある

保湿アロマのイメージ写真

アロマテラピーは、植物から抽出したアロマオイルを用いて、心身のトラブルの回復を目指す自然療法です。アロマオイルは、エッセンシャルオイルや精油とも呼ばれています。

アロマテラピーは、リラックス効果を得るためのものというイメージが強いですが、保湿効果のあるアロマオイルもあり、美容への効果も期待できます。

アロマオイルを使った肌ケアは、心地よい香りに包まれながら、肌荒れなど乾燥肌による肌トラブルを改善し、肌の調子を整えることができることがメリットです。

アロマテラピーには、アロマオイルの香りを楽しむ臭いによる作用、アロマオイルの成分を口や鼻から吸い込む吸入作用のほかに、皮膚の表面からアロマオイルの成分を吸収する経皮作用があります。

保湿効果のあるアロマオイルの成分が肌から吸収されることで、肌の保湿への効果が期待できるのです。

保湿に効果のあるアロマオイルとは

アロマ(精油)の写真イメージ

アロマオイルの中でもアロマテラピーに使用されるのは、天然成分が100%の精油です。合成香料を使用して人工的につくられたポプリオイルもありますので、成分表示を確認することが大切です。

保湿効果のあるアロマオイルとして、代表的なものを挙げていきます。

ウッディ系の香りの「サンダルウッド」には、角質が厚くなった固い皮膚を柔らかくするエモリエント作用や皮脂分泌調整作用などがあります。

フローラル系の「ゼラニウム」は昆虫忌避効果から虫除除けとして使われることが多いアロマですが、皮脂分泌調整作用もあるのが特徴です。

ハーブ系の「キャロットシード」や「パルマローザ」には、皮膚細胞活性作用があるため、肌の再生を促されることで、乾燥で肌荒れした肌の改善と、アンチエイジング効果も期待できます。

フローラル系の「ラベンダー」も、皮膚細胞活性作用や抗炎症作用があり、乾燥で荒れた肌の炎症を抑えて、肌の再生を促すとともに、殺菌作用があるためニキビ肌の改善にも役立ちます。

「ローズ」も血流を改善し、肌の弾力を回復させる効果があり、保湿効果が高いです。

ただし、アロマでの保湿は、肌本来の機能を高めて水分をキープできる状態に持っていくため、即効性のあるものではなく、肌の状態を少しずつ健康な肌になるよう改善していきます。

保湿対策としてのアロマオイルの使い方

水しずく(保湿イメージ)

保湿対策としてアロマオイルを使うには、アロママッサージとアロマローションを使ったスキンケア方法などがあります。

アロママッサージ

アロママッサージは心地よい香りに包まれてリラックスして、ストレスの解消を図りながら、全身の乾燥ケアができます。就寝前の自分へのご褒美としてもおすすめです。

マッサージオイルの作り方

保湿対策でアロママッサージを始めるには、まずはマッサージオイル作りから。保湿効果のあるアロマオイルにキャリアオイルを混ぜて、濃度が1%以下になるように配合します。

アロマオイルは付属するスポイトで1滴が5mlになるように設計されていることがほとんどですので、たとえば、50mlのキャリアオイルに対して、10滴のアロマオイルを加えます。

キャリアオイルは植物から抽出されたオイルをいい、ホホバオイルやスィートアーモンドオイルが使われることが多く、どちらも保湿効果も期待できます。

ホホバオイルにはビタミンEが多く含まれるため、エイジングケア効果もあり、スィートアーモンドオイルは、日焼けなどによるシミを抑制する効果があります。

アロママッサージのやり方

部位別!効果的なアロママッサージ法

アロママッサージは入浴後に行うと、血行の流れがよくなっているため、酸素や栄養素が身体のすみずみまで運ばれやすく、肌が柔らかい状態となり、マッサージ効果が高いです。

マッサージオイルを手にとり、手のひらで人肌に温めてから、薄く伸ばしていきながらマッサージをします。手や脚の先端からリンパの流れに沿ってマッサージすることがポイントで、老廃物の排出も促せます。

脚は、足の甲から足首に向かって、強くこすり、足の裏をもみほぐします。足首からふくらはぎ、ひざの裏側、ももの裏側という順番でマッサージしていき、ひざからももにかけては少し強めの力が最適です。

お腹はおへその周囲をやさしくなでるように 、時計回りでマッサージしましょう。肩は中央に向かって強めの力でこすり、もみほぐします。背中は自分ではマッサージしにくい部分ですが、腰骨に沿って円を描くように、背中までさすっていきます。

手は甲の側を指先から手首に向かってマッサージした後、親指を使って指1本1本をもんでいきます。

マッサージ後はオイルを洗い流さず、そのまま肌に浸透させますので、ベタつきが気になる部分だけ、タオルなどで抑えてふき取りましょう。

アロマローション

好きな香りでアロマローションを作ろう!

アロマオイルを使って、保湿対策用のアロマローションを手作りすると、肌質や肌状態に合わせて、好みの香りの化粧品を作れることがメリットです。

アロマローションの作り方

ビーカーにキャリアオイルを5ml入れて、保湿効果のある好みのアロマオイルを3滴加えて、ガラス棒などでよく混ぜた後、遮光瓶に入れます。精製水を加えて、瓶の蓋をしてよく振ったらでき上がりです。

精製水の代わりにフローラルウォーター、キャリアオイルの代わりに薬局で入手できるグリセリンを使ってもつくることができます。フローラルウォーターは、キャリアオイルが抽出されるときに副産物としてできるものです。

アロマローションを使う時の注意

キャリアオイルと水は混じり合わないため、使用のたびに瓶を振り、水道水は様々な物質が混じっているので精製水を使うことが注意点です。また、冷蔵庫で保管し、2週間以内に使い切るようにします。

参照:http://www.t-tree.net/howtouse/skinlotion.htm

アロマローションの使い方

アロマローションはスプレー容器に入れて、洗顔後の肌につける手作り化粧水として、日々のお手入れに使用できます。コットンなどにアロマローションを染み込ませて、顔の乾燥が気になる場所へのスペシャルパックとしても使えます。

アロマオイルが向かない人もいる?

妊娠中・肌が過敏、高血圧の人は要注意!

肌が過敏な人の中には、アロマオイルが向かない人もいます。

キャリアオイルで0.5%~1%程度に薄めたアロマオイルをコットンで、腕の裏側につけてパッチテストをしておくと安心です。24時間~48時間ほど経過観察をし、かゆみや赤みが出ないかチェックしましょう。

また、妊娠中の人は初期の使用は避け、中期以降の使用も医師に相談するようにします。高血圧の人も血圧に影響を及ぼすアロマオイルもありますので、医師への相談が必要です。 また、3歳以下の乳幼児への使用は避けるようにします。

アロマを使ったおすすめのオーガニック化粧品

アロマを使った保湿対策を毎日のスキンケアに手軽に取り入れるのなら、アロマを配合したオーガニックのスキンケア化粧品の使用もおすすめです。オーガニック化粧品は、肥料や農薬に化学合成物質を使用せずに育てられた植物由来の化粧品です。

肌の刺激になりやすい化学物質を使用していないため、敏感肌の人でも肌荒れの心配が少ないので安心して使用できます。口コミなどで人気のあるアロマオイルを配合したオーガニック化粧品をご紹介します。

HANAオーガニック(えそらフォレスト)

HANAオーガニック(えそらフォレスト)の特徴

  • ローズオイルのなかでも香りが高く、最高峰 とされる「ダマスクローズ」をはじめ、ラベンダー、ゼラニウムなどを6種類のアロマオイルを使用し、リラックスしながら保湿ができる
  • 肌の再生力と免疫力を取り戻すため、肌を浄化して必要な成分を還元することで、肌本来の力を引き出す
  • 着色料や香料、鉱物油、パラベンなど不使用の無添加化粧品

「HANA」シリーズはローズオイルなどのアロマを使用し、肌本来の保湿機能を取り戻す美容効果が期待できるオーガニック化粧品です。

THREE(ACRO)

「HANA」(えそらフォレスト)の特徴

  • 保湿効果のあるダマスクバラやサンダルウッドなどのほか、多くのアロマオイルを配合
  • 植物オイルや植物エキス、ボタニカルウォーターなども配合し、天然由来成分85%以上
  • ソイルアソシエーションなどのオーガニック機関からの認定を受けた原料など、国産原料を使用

THREEはアロマオイルや植物オイル、ボタニカルウォーターなど国産原料を使用しています。みずみずしく、ベタつかない使い心地でしっとりと潤い、アロマの香りに癒されます。

まとめ

アロマを使った美容は、心や体の回復を図りながら、肌の乾燥を改善していくことができます。

疲れを感じていたり、化粧ノリが悪い、肌がゴワゴワするなど、肌の乾燥の悩みがあるときは、アロマを使ったスキンケアを取り入れ、しっとりとしたうるうる肌を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です