正しい基礎化粧品の順番で保湿して健やかなすっぴん美人へ

両頬に手を当て目を瞑る女性

丁寧に保湿しても、気になる乾燥。

みなさんは、正しい基礎化粧品を使って保湿できていますか?

本記事では基礎化粧品の役割をそれぞれ理解し、正しい保湿をして乾燥知らずの肌を導く方法を紹介します。

さらに、日中の乾燥からも防ぐ方法も紹介します。

基礎化粧品とその種類

化粧品とは大きくわけて基礎化粧品とメイクアップ化粧品の2つにわかれます。

基礎化粧品とは、肌を健やかに保ち、肌に不足している成分を補いながら肌の調子を整えるスキンケア化粧品のことです。

主にクレンジング・洗顔・化粧水・乳液・美容液・クリーム・美容オイルなどの肌の調子を良くするための化粧品を基礎化粧品といいます。

一方でメイクアップ化粧品とは、自身の素肌に色や立体感を加え、肌を美しく見せるアイテムのことです。

日焼け止め・下地・ファンデーション・パウダーなどのベースメイクや、口紅・頬紅・アイライナー・マスカラ・アイシャドウ・アイブローなど色味で素肌に華やかさをもたらす化粧品を指します。

基礎化粧品、メイクアップ化粧品それぞれ目的と役割が違う意味を持っていますが、基礎化粧品で肌を健やかに保つことで、メイクアップ化粧品がよりきれいに栄えますので、どちらも大切な役割を果たしています。

それでは、基礎化粧品にはどのような種類や効果があるのかをみていきましょう。

効果的な基礎化粧品の使用順番と方法と理解しよう

洗顔中の女性

基礎化粧品はそれぞれに使用順序や役割・効果があるため順番を守って使用することでスキンケアの効果が最大限に引き出されます。

たとえば料理をする時に、作る順番や調味料のさじ加減などレシピを参考にしたり段取りを考えて調理すると、目分量で作るよりもより良い味や風味の完成度が高まっておいしく楽しく食べることができますよね。

基礎化粧品も使用する際にそれぞれに効果があるので、好きなものや使いたいものから使用するよりも、順番通りに使用することでより効果を感じられます。

基礎化粧品は毎日使用するものなので、効果が感じられると嬉しいですよね。

メーカーによっての使用方法、また美容液の種類や乳液の種類、導入液と呼ばれるブースターまたはオイルを使用するとまた順番がかわってきますので、ここでは基本的なステップとして基礎化粧品の使用順番を紹介します。

まずはクレンジング・洗顔、その後化粧水を塗布します。

そして肌の悩みに合わせて美容液で肌に栄養を補い、乳液やクリームなどの油分の多いスキンケアで保護していきましょう。この一連の流れが、基本的なスキンケアの順番となります。

日中施したメイクや汚れをクレンジングと洗顔で落としたら、油分の濃度が薄いスキンケアから顔に載せていきましょう。

油分の多いクリームなどを洗顔後すぐに塗布してしまうと、油分は膜を張るためその後に化粧水を塗布しても水分をはじいてしまい、浸透しにくくなります。

そのためせっかく美容液などをつけたとしても、美容有効成分はクリームの油分で邪魔されてしまいます。

クリームはあくまでも最後に載せることで肌を保護するといった役割になります。

このようにそれぞれに果たす役割があるからこそ、順番を守ることでより効果的にお手入れができます。

クレンジング・洗顔で落とす

日中に施したメイクや不要な角質などを落とす役割として、クレンジング・洗顔はスキンケアの一番初めにおこないましょう。

メイクや日焼け止めは、一日中つけていると、夜には日中のほこりなどの汚れが付着したり皮脂が分泌することでメイクと混ざり合い、体内の細胞を酸化させ肌の老化を進める活性酸素を生み出します。

リンゴを切って放っておくと黄色くなるイメージです。

顔についている汚れをしっかりと落とすところから、スキンケアの通り道をつくることができます。

化粧水で潤す

化粧水を手に取る画像

洗顔をした後肌は、角質層の水分が一時的に奪われます。

角質層とは、肌の水分を保持したり外的刺激から守る肌のバリア機能の効果があります。

角質層の水分を満たして肌に刺激を与えないために、化粧水を洗顔後一番に使用する必要があります。

化粧水をつける際にコットンでつけるのか手でつけるのか、どちらでつけたほうが良いのか悩んだことはありませんか?

コットンでつけるのでも、手でつけるのでもどちらを使用した方が良いかと言うのは、明確に答えはありません。

ポイントは化粧水の特性に合わせて使用することがおすすめです。コットンと手のおすすめをまとめましたので、是非参考にしてみてくださいね。

コットンの場合

サラッとした化粧水を使用する場合がおすすめ。コットンに広く浸透するので、一度にムラなく全体的につけることができます。
肌の毛穴や凹凸は、目で確認はできませんが、毛穴の大きさなどによって大小問わず隙間がたくさんあります。コットンでつける場合はそのような小さな隙間にも隅から隅まで行き渡らせることができます。

手の平でつける場合

とろみのある化粧水を使用する場合がおすすめ。コットンに含ませてしまうと、とろみがコットンに引っかかり浸透しにくいのです。自身の肌に直接ふれることから、自分の肌状態がより確認できるメリットがあります。手で使用する場合は、一気につけようとするのではなく適量を何度かに分けながらつけてみましょうそう。するとムラになりにくいので、均等に塗布することができます。

美容液で肌に栄養を与える

美容液からスポイトで液体を取る画像

化粧水で乾いた肌に潤いを満たしたら、美容液で栄養を与えていきましょう。

美容液は美白やエイジング、保湿など肌に足りない要素をプラスで補う効果があります。

特別に美容液などで、栄養を与える必要がない方は乳液のステップに進んでも良いですね。

美容液の質感、肌なじみによって使用順番が変わるので是非参考にしてみてくださいね。

(※)本記事内での「美白」は、「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすの原因を防ぐ」ことです。

乳液で蓋をする

頬に両手をつけて微笑む女性の画像

必要な水分と栄養を与えたら、次は乳液の油分による膜で蓋をして水分蒸発を防いでいきましょう。

乳液を使用する際は、まず皮膚の薄い目元や口元などから重点的に載せて、全体的伸ばしていくことがおすすめです。

とくにTゾーンのテカりが気になる人は、Tゾーンに乳液は軽く塗布する程度で、油分を過剰に与えすぎないよう全体とのバランスをスキンケアではかっていきましょう。

クリームで保護する

最後に今までのスキンケアの工程を保護するようにクリームで覆います。

クリームは、外部の刺激や雑菌の進入から保護する肌のバリア機能の役割になり、効果的に保湿することが可能です。

とくにクリームは乾燥の気になる目元・口元などから塗り始めて、最後には手の平で顔全体を包み込むようにして下から上へ覆い馴染ませると、手のひらの体温で顔全体の血行が促され、浸透も良くなります。

いかがでしたか?基礎化粧品は種類がたくさんありますが、順番を守って使用すると、より効果が期待できます。

今までちゃんと基礎化粧品を使ってきたけどなかなか効果を感じられなかった人は、順番を正すだけでも変化がある可能性があります。是非参考にしてみてくださいね。

基礎化粧品の保湿成分に着目する

クリームを手の甲におく

みなさんは基礎化粧品を選ぶ際に、成分など着目していますか?

保湿に有効的な美容成分は、たくさんありますが今回はセラミドという美容成分に着目してみましょう。

セラミドは、角質層にある角質細胞を埋める半分以上の脂質のことで、水分を挟み込み保持する役割があるため、肌の水分保持力をあげる効果があります。

セラミドはもともと私たちの身体の中にある保湿成分ですが、季節の環境や老化によって減少してきます。

減少したセラミドを基礎化粧品の成分などで補うことで、元から持っている自発的な回復力を補いつつ、バリア機能を正常化することで健康な肌へと導いているのです。

そのことから、化粧水にセラミドが配合されていると、水分補給だけではなく、同時に角質層の水分保持効果があるので、保湿を必要とする肌にはセラミド入りの成分を選ぶと良いですね。

基礎化粧品を選ぶ際にぜひ参考にしてみてください。

保湿効果の高いおすすめ基礎化粧品

それでは基礎化粧品の重要性を話してきたように、それぞれの役割を意識しながらラインで使用できるトライアルセットを紹介します。

以下のポイントを参考にして、自身にピッタリの保湿基礎化粧品を見つけてみてくださいね。

  • 極度の乾燥肌でカサカサした敏感肌の人へ→ヒフミドへ
  • 乾燥対策だけではなく年齢にあわせてエイジングケアもしたい→ドレスリフトへ
  • 敏感肌ケアと美肌のケアを両立させたい人→つつむへ
  • 保湿しながら肌の潤う機能を自分の力で作り出したい→米肌へ

小林製薬 ヒフミド トライアルセット 

ヒフミドトライアルセットのバナー画像

トライアルセット 980円(税込)

ヒフミドの特徴

  • 高保湿成分の「ヒト型セラミド」配合で乾燥肌に効果的
  • クレンジングからベースメイクのUVクリームまで一式試せるトライアルのお得感!
  • 無香料・無着色・パラベン不使用の低刺激のこだわりで敏感肌の人も安心して使用できる

ヒフミドは、セラミドの中でも私たちの皮膚に存在しているのと同じ形をした「ヒト型セラミド」なので、肌に自然に馴染み、肌が本来もっている水分保持力を高めて、潤いを満たす効果があります。

とくに今まで保湿対策をしていても、肌の乾燥が改善できなかった人は、高保成分の「ヒト型セラミド」の保湿力を実感してみるのはおすすめです。

また、ヒフミドは単に保湿ができるスキンケアと言うわけではありません。

香料など一切使用しておらず、低刺激ということに加え、製薬会社で品質管理された製品なので、安全性には力を入れていることから敏感肌の人も安心して使用できます。

トライアルセットの内容:クレンジングミルク 10mL、ソープ 16g、エッセンスローション 20mL、エッセンスクリーム 4g、UVプロテクトベース 5g、花柄トートバッグ


アテニア ドレスリフト

 トライアルセット 2057円(税込)

ドレスリフトの特徴

  • 保湿に加え、ハリと弾力に満ちた肌へと導きます
  • 24時間変化する肌状態に合わせて朝・晩と違うケアで、2ステップで簡単にお手入れできる
  • 天然精油のアロマを使用しているので保湿に加えリラックス効果も感じられる

ドレスリフトは、高保湿成分ラフィノースを配合しており、保湿しながらバリア機能を整えてくれます。

また乾燥対策の保湿だけでなく、年齢を重ねるにつれて、乾燥に加え小じわやハリ感などといった加齢による悩みを持つ人におすすめです。

たとえば朝メイクした顔と、お昼を過ぎて見た自分の顔の違いに驚いた事はありませんか?

ドレスリフトは、気付かぬうちにハリが低下したり乾燥が進んでいたりする「大人の午後顔現象」に着目し「時間美容」として24時間変化する身体と肌に合わせたスキンケアです。

日中の美容液は摘果グレープフルーツなどのビタミンDを取り込むことによって肌細胞じたいの持久力を高め、日中の『お疲れ顔』を回避してくれます。

また、ナイトクリームは肌再生に必要な成分を補うヒアルロン酸や、さらにレッドシッター樹液の匂いで、睡眠前に使用することで快眠へ導いたりリラックスする効果があります。

24時間変化する肌の状態にそれぞれのアプローチ法で、理想の美肌に導くスキンケアラインです。

トライアルキットの主な内容:フェイシャルソープ(15ml)、ローション(30ml)、デイエマルジョン(15ml)、ナイトクリーム(8g)


DECENCIA(ディセンシア)つつむ トライアルセット 

ディセンシア つつむの画像

トライアルセット1470円(税込)

つつむの特徴

  •  肌のバリア機能に着目し、敏感肌でも使用できる高保湿のスキンケア
  •  角質層を強化してうるおい保持力を高め、肌そのものを健やかに導く効果がある
  • 非常にみずみずしい感触で、使い続けていくにつれて肌が潤っていくのを実感できる

DECENCIA(ディセンシア)つつむは、敏感肌の乾燥に対応したスキンケアラインです。

敏感肌は肌のバリア機能が乱れがちですが、正常な肌のターンオーバーに導くために、ディセンシアの独自技術“ヴァイタサイクルヴェール®”という肌のバリア機能を持たせる機能が水分を補い、角質層を外部の刺激から守りながら肌自らを元気にしてくれるのです。

保湿基礎化粧品を探しているけど何を試しても顔が赤くなったり、ヒリヒリした痛みなどの症状などでて試すのが怖いといった敏感肌の方でも、安心して使い始めることができますね。

トライアルセットの内容:ジェントルクレンジング(1.3g×14回分)、ジェントルウォッシュ(10g)、ジェントルクリームウォッシュ(1回分)、ローションセラムE(14ml)、フェイスクリーム(10g)、フェイスクリームR1(1回分)、デイモイスチャーヴェール(1回分)、ふんわり洗顔ネット(1個)


米肌 トライアルセット 

トライアルセット 1500円(税込)

米肌の特徴

  • 肌の潤いを満たす、3つのライスパワー、大豆発酵エキス、ビフィズス菌発酵エキスなどの美容成分が配合され、高保湿が期待できる
  • 老化とともに減少する「セラミド」を再生させ、肌のバリア機能を高める効果
  • 私たちが食べている米のライスパワーNO.11で内部から肌を良くするというコンセプト

米肌は、造り酒屋に伝わる醸造発酵技術からヒントを得て独自の技術によって生み出された保湿効果を重視した基礎化粧品です。

保湿を与えることで、キメを整え、ハリや弾力、透明感をあげる働きがあります。

科学の力では作り出せない米由来のエキスでアミノ酸やペプチド、糖類などが配合されることで、高保湿を生み出すセラミドを生み出す力を持っているので自己再生能力を高める効果があります。

普段お米は私たちが食事で口にする米をスキンケアの外からケアすることによって身近に感じられますね。

トライアルセットの内容:肌潤石鹸(15g)、肌潤化粧水(30ml)、肌潤改善エッセンス(12ml) 、肌潤クリーム(10g)、肌潤化粧水マスク(1回分)


日中用の保湿スキンケアで昼間の乾燥を防ごう

花とローション

朝メイクをする前に、しっかり化粧水や乳液で保湿をしても、日中紫外線の影響やオフィスなどの空調などの外的要因によって乾燥に悩むこともありますよね。

日中の悩みは、朝のスキンケアが足りないというのではなく、外的要因によっておこることなので、昼の化粧直しの時にミストなどで保湿することをオススメします。

乾燥肌ではなくても、外的要因によって乾燥は怒りおこりうる事です。

そして、乾燥した肌は外界からのウィルスを受けやすいので、メイクの上からしっかりと保湿することが大切です。

では、メイクの上から保湿する化粧品は、どのようなものがおすすめなのかみていきましょう。

ミスト化粧水

ミスト化粧水は、Tゾーンはテカるけど、頬は乾燥するという混合肌の人におすすめです。

なぜならTゾーンの油分を軽く抑えながらも、水分が不足しているところに満遍なく保湿できるからです。

ミスト状化粧水はスプレータイプのものが多く粒子が細かいので、メイクの上からかるくシュシュっと吹きかけるだけで、ストレス無く保湿できます。

ミスト化粧水を使用する際は、以下のポイントを参考に化粧直ししてみてくださいね。

【ポイント】

  1. まずティッシュで余分な油分を抑える
  2. ミスト化粧水を10cm位顔から離して、全体的に吹きかける
  3. ミスト化粧水を吹きかけて少し湿ったら、ハンドプレスをしてスポンジで馴染ませた上にファンデーションで化粧直しする
  4. 最後にもう一度ミスト化粧水を吹きかける

日中用保湿美容液で保湿

ミスト化粧水だけでは物足りない乾燥肌の人は、油分も配合された日中用美容液で保湿することがおすすめですよ。

日中用保湿美容液はクリームタイプ、バームタイプ、オイルタイプなどたくさん種類があるので、自分の乾燥の度合いによって保湿力が高いのを選びましょう。

油分が多く配合されていればされているほど、保湿力が高くなるので肌質と好みにあわせて選びましょう。

また、日中用保湿美容液を使用して、保湿する場合は以下の方法を参考にしてみてくださいね。

【ポイント】

  1. まずティッシュで余分な油分を抑える
  2. 日中用保湿美容液を目元や口元など、とくに乾燥が気になるところに塗りこむ
  3. 日中用保湿美容液を塗ったところがよれないように、ティッシュオフしてハンドプレスでなじませる
  4. 馴染ませたら、ファンデーションを上から塗って化粧直しする

日中用の保湿化粧品もたくさんあるので、肌質に合わせて、日中用の化粧品を選んで昼間も保湿したツヤ肌を目指しましょう。

まとめ

微笑みかける女性の写真

様々な保湿基礎化粧品、とくに乾燥肌にアプローチをかけた保湿基礎化粧品があります。

乾燥対策に加え、毛穴のケア、敏感肌用、そしてエイジングケアが加えてできるもの、など悩みに合わせて選べるものを参考にして選んでみましょう。

そして、日中の乾燥は専用の化粧品で保湿しましょう。そうすると、自身の悩みにあった基礎化粧品が選ぶことができますよ。

是非、今回紹介した基礎化粧品も参考にして保湿うるうるのツヤ肌を目指してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です