油分だけでは保湿はムリ!正しい肌の保湿方法と美容オイルを紹介

美肌には欠かせない肌の保湿ですが、肌の保湿のために必要なものは何だと思いますか?

肌に水分が足りないと思って水分をたくさん与えようと思う人、肌に潤いを与えようと油分を補給する人など、保湿の仕方は人それぞれです。

本記事では肌が乾燥した場合にとるべき正しい保湿の仕方と、肌の保湿におすすめの美容オイルを紹介していきます。

 「油分だけ」では保湿はできない

女性が鏡を見て微笑んでいる画像

「乾燥がひどい場合にはクリーム」というのは、基礎化粧品を扱う上で多くの人が一度は耳にしたことのある話ではないでしょうか。

しかし、実際には乾燥してしまった肌に、オイルやクリームなどの油分「だけ」を与えても保湿はできません。

乾燥した肌の保湿には、油分だけではなく水分も与える必要があるからなのです。

保湿がしっかりできている肌というのは、肌の表面部分が潤っている肌のことをいいます。

肌の表面部分とは角質層といわれ、細胞が並んで積み重なっている構造をしています。

角質層がきちんと整っていることで肌の潤いを保ったり、外部の刺激から肌を守る働きをしているのです。

また、整った角質層というのは、レンガのように細胞同士がきちんとくっつき合って並び、積み重なっている状態のことをいいますが、そのためには角質層内に水分が十分である必要があるのです。

この角質層内の水分が十分でない場合は、細胞同士が潤わず、レンガのようにきちんとくっつかないので、肌の保湿ができないことはもちろん、外部の刺激にも弱い肌になってしまいます。

角質層が整っていないために保湿ができていない肌に必要なのは水分なので、油分だけを肌に与えても角質層の状態は改善されず、肌の保湿ができるようにはなりません。

しかし、肌の保湿のためには水分だけでなく油分もまた必要になるのです。 

肌の状態がよいイラスト 肌が悪い状態イラスト

 

肌の保湿には水分と油分が必要

お団子頭の女性が頬に手を当ててリラックスした画像

肌の一番表面である角質層を整えて保湿するために必要なのは、水分と油分です。

角質層を整えるためには水分が必要ですが、角質層にある水分を保つためには油分が必要なのです。

本来ならば、角質層の表面は皮脂膜が覆っています。

皮脂と汗が混じり合ってできる皮脂膜が、角質層の水分が蒸発しないように天然の保湿クリームのような働きをするのです。水分がたくさんある状態の角質層でも、それを覆う皮脂膜がなければ、保湿された肌の状態は長続きしません。

皮脂膜が、まるで食品を包むラップのような役割を果たして角質層を乾燥と刺激から守るのです。

この角質層と皮脂膜がどちらとも整い、正しく働いている状態のことを肌のバリア機能といいます。

しかし、年齢や生活環境の変化によって、皮脂の分泌が十分でない場合には、皮脂膜がきちんと形成されず、肌のバリア機能がうまく機能しなくなってしまいます。

肌のバリア機能が働いていない肌は、角質層の水分が蒸発してしまうので乾燥しやすくなりますし、外部からの刺激にも弱い肌になってしまうのです。

肌の保湿のためには、角質層が水分で満たされていることが第一条件にはなりますが、この角質層を守る皮脂膜という油分がなければ潤った肌を保つことはできません。

肌の保湿には、水分と油分のどちらともが必要というわけなのです。 

皮脂膜はバリア機能をサポート

水分と油分を使用した効果的な保湿方法とは

化粧水を手に取っている画像

毎日のスキンケアの中で効果的な保湿をするためには、水分と油分をどのように補給すればいいのでしょう。

角質層を水分で満たし、皮脂膜の代わりに油分で角質層を覆うための化粧品選び、スキンケアをしていく必要があります。 

水分を補給するために

スキンケアにおいて、水分を補給するといえば真っ先に思いつくのが化粧水ではないでしょうか。

角質層に水分を補給するためには、化粧水の成分にもこだわって保湿をしていくと効果的です。

化粧水選びをする上で着目すべきものは、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿成分が化粧水の中に含まれているかどうかです。

ヒアルロン酸やコラーゲンは、肌の水分量を上げてくれますし、セラミドは元々角質層の細胞の間に満たされている成分で、化粧水から取り入れることもできます。

これらの保湿成分が含まれていることで、角質層に水分を与えるだけではなく、角質層に満たされた水分を逃さないような働きを期待できます。

肌の乾燥が気になるときには、まず使っている化粧水を見直してみましょう。

肌に水分を与えるだけではなく、保湿成分が含まれていて肌の保水力をアップさせてくれるような化粧水を選ぶと効果的です。 

油分を補給するために

肌の保湿のために必要なことは、角質層に水分が満たされていることです。

しかし、角質層を覆う皮脂膜が十分でない場合には、角質層を守るために皮脂膜の代わりとなる油分が必要になります。

皮脂の分泌量が少なく、皮脂膜がうまく形成されない乾燥肌には、スキンケアで油分を補給する必要があります。

スキンケアで油分を補う働きをするのは、クリームや美容オイルです。

保湿成分を含む化粧水で角質層に水分を補給した後に、クリームや美容オイルを塗って角質層から水分が失われるのを防ぎましょう。

ここで注意したいのは、肌の保湿のために必要なのは「皮脂膜の代わりになる油分」であるということです。

肌の保湿のためにスキンケアに取り入れる油分はどんなものでもいいというわけではなく、皮脂膜の成分に近いものや、浸透性の良いオイルを選ぶことがおすすめです。

肌質によってオイルの使用順序を変えよう

美容オイルをスキンケアで使用する時は、どのタイミングで使用したら良いか迷いますよね。

美容オイルの使用順序には明確な決まりはないのですが、肌質によって使うタイミングを少し変えるだけで、保湿効果がぐんとあがります。

メーカーによっておすすめの方法がある場合はメーカーの指示通りに使用し、もし使用順序が書いてなければ以下を参考にしてみてくださいね。

【おすすめの使用順序】

  • 普通肌:スキンケアの一番最後に使用するのがおすすめ。スキンケア全体の保護効果を高めてくれます。
  • 乾燥肌:化粧水にオイルを混ぜて使用することがおすすめ。化粧水の水分と油分を同時に肌に馴染ませることで、肌への浸透力がより高まります。
  • 混合肌:洗顔後すぐに使用するのがおすすめ。混合肌の場合、角質層の脂質がスカスカになっている可能性があるので、まず角質層の隙間をオイルの油分で満たしてあげてから、化粧水をつけると化粧水の水分保持力があがるので、過剰な皮脂分泌を抑えることができます。
  • 脂性肌:化粧水のあとに使用するのがおすすめ。脂性肌の場合は自らの皮脂で潤う力はあるので、化粧水のあとに、美容液代わり肌全体的に軽く使用することがおすすめの使用方法です。

『オイル美容』の種類と効果

目元に指を乗せて微笑む女性

保湿には水分だけではなく、皮脂膜の代わりにもなる油分が必要です。

スキンケアで美容液代わりに油分を補うスキンケア方法を『オイル美容』と呼びます。

オイルには、大きく分けて2つの種類があります。

馬油をはじめとする動物性オイルと、アルガンオイルやホホバオイルなどの植物から抽出された植物性オイルです。

動物性オイルと植物性オイルの違いは原材料だけではなく、油分の材料である「脂肪酸」のバランスにあります。

脂肪酸には、大きく分けて飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸という2種類があり、2つの脂肪酸が合わさって油分を構成しています。

一般的に、飽和脂肪酸は動物性オイルに多く含まれ、不飽和脂肪酸は植物性オイルに多く含まれていますが、人の皮脂と馬油の脂肪酸のバランスはほぼ同じなのです。

(参照:「管理薬剤師.com」)

では『オイル美容』でおすすめのオイルをみていきましょう。

動物性オイル

数ある動物性オイルの中で、有名なのが馬油。

馬油は人の皮脂に近く、馴染みが良いことから肌の保湿には効果的です。

肌の保湿のためには、皮脂膜の代わりになる油分を補給する必要なのですが、馬油は皮脂酸のバランスが私たちの皮脂と近いので理想的な油分であるといえるのです。

【馬油の特徴】

  • 人と似た皮脂膜を形成して保湿
  • ニキビや肌荒れに効く殺菌作用
  • 肌のターンオーバーを正常化する血行促進効果

皮脂の分泌が不足していて皮脂膜がうまく形成されない場合には、皮脂に似た油分である馬油を塗ることで、効率的に肌の保湿をすることができます。

次に殺菌作用には、ニキビや肌荒れに効果的です。

ニキビや肌荒れには多くの場合細菌が関わっており、傷口が細菌によって炎症を起こすことで皮膚が化膿してしまいます。

馬油は皮膚の中で繁殖している細菌を油の中に取り込んで封じ込め、馬油を肌に塗ることで外気を遮断して細菌の繁殖を防ぐ効果が期待でき、ニキビ跡を残さずに治す手助けになりますよ。

最後に血行促進効果についてですが、血行が悪くなると肌の新陳代謝も衰えてしまいます。

肌の新陳代謝が衰えてしまうと、肌の生まれ変わりであるターンオーバーを正常に保つことができなくなり、肌が乾燥してごわついたり、くすんだりしてしまうのです。

馬油には血液の循環を促す不飽和脂肪酸(リノレン酸)が含まれているので、塗った場所の血行を良くして、肌の生まれ変わりを助けてくれます。

このように、馬油は保湿効果だけではなく、肌を正常に若々しく保つためのスキンケア効果まで持つ美容オイルなのです。

しかし、アトピー肌の人や特定のアレルギーに反応する敏感肌の人は注意しなければなりません。

馬油と人の皮脂はとても似ているので肌に塗ったときの刺激は少なくなりますが、すべての人が安心して使えるというわけではないのです。

まず馬油に対してアレルギーがある人はもちろんのこと、動物性の油脂に対してアレルギーがあるという人は、馬油を塗ってしまうと赤みが出たり、湿疹やかゆみなどの症状が出てしまう可能性があります。

また、アトピーの人も患部に赤みがある場合は馬油の使用は控えましょう。

赤みがある部分に馬油を塗ってしまうと、馬油の血行促進効果によって炎症が悪化してしまう恐れがあります。

馬油を初めて使うというときには、の腕や太ももなどの皮膚の柔らかい部分に馬油を塗り、24時間そのままにして赤みやかゆみが出ないかチェックするパッチテストを行いましょう。

動物性美容オイルのおすすめ記事はこちら→『馬油の優れた保湿力&馬油の効果的な使い方・6つをご紹介!

植物性オイル

植物性オイルは、植物の天然成分から抽出したオイルのことで、抽出方法や植物の原料によって効果が異なります。

植物性オイルには多くの種類があり、それぞれの植物由来の力で配合されている成分により、アンチエイジング効果や、血行促進効果など保湿以外の効果がより期待できます。

それでは、人気の植物性オイルと効果を紹介していきます。

【植物性オイルの種類と特徴】

種類

効果

アルガンオイル

保湿効果、抗炎症作用、血行促進作用、抗菌作用、ビタミンE配合

ホホバオイル

保湿効果、人の皮脂に似ている油分、抗菌作用、殺菌作用、抗炎症作用

ローズヒップオイル

保湿効果、肌のターンオーバーの促進効果、ビタミンC配合、

オリーブオイル

保湿効果、抗酸化作用、ビタミンAやビタミンC配合

植物性オイルは保湿効果に加え、ビタミンが豊富に含まれているのでエイジングや美白などの美容効果に期待ます。

また抽出された植物によって独特の匂いに癒されますし、それぞれの成分によってオイルの質感が違うので、サラサラしたものからしっとりしたものまで、選択肢の幅が広いのです。

しかし、植物性オイルは植物由来の栄養素を使用しているため、酸化しやすいのが難点です。

酸化したオイルをもし顔に塗ってしまったら、保湿ができるどころか肌を老化させてしまうなどの肌トラブルの原因となります。

商品の使用期間や化粧水の先に塗るのか、化粧水の後に塗るのか、など使用方法を守って、スキンケアに取り入れてみましょう。

植物性美容オイルおすすめ商品はこちら→『マルラオイル

(※)本記事内での「美白」は、「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすの原因を防ぐ」ことです。

まとめ

いかがでしたか?

保湿と聞くと、水分を補うことを優先してしまいがちですが、皮脂膜を補う油分も足してあげることも保湿なのです。

美容オイルの乾燥対策は顔だけではなく、身体にも使用できるので全身の保湿にも効果的です。

オイルと聞くとべたつくから苦手という意識を持っている人も、乾燥肌対策に是非はじめてみましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です