鼻や顎のザラザラ毛穴は角栓が原因!簡単にできる5つのスキンケア

お花を持つ 女性

なめらかな肌に憧れているのに見た目にも凸凹として美肌から遠のいてしま「鼻や顎を触ると毛穴がザラザラ…」という人は、毛穴に皮脂が詰まって角栓となっている可能性が高いです。

実は簡単に対策できるおすすめのスキンケアがあります。

本記事では、角栓によるザラザラ毛穴が気になる人が、美肌になるための5つのスキンケア方法を紹介していきます。

何度も繰り返す鼻と顎のザラザラ毛穴の原因は「角栓」

頬に手を当てて悩む女性の画像

毎日洗顔しているのに毛穴がザラザラしていたり、ザラザラの表面が黒くなってイチゴ鼻になったりしているのなら、毛穴に皮脂や汚れが詰まって起こる「角栓(コメド)」が原因として考えられます。

角栓は、外部からの汚れだけでなく、内部からの過剰な皮脂分泌が原因で起こる毛穴詰まりのことで、毛穴に詰まった皮脂が酸化して固くなることでザラザラとした手触りになる不快な毛穴トラブルのひとつです。

では毛穴に角栓が詰まってザラザラしてしまうのはなぜなのでしょうか。

角栓がザラザラ詰まる理由は肌のターンオーバーの遅れ

角栓詰まりができる原因のひとつに肌のターンオーバーの遅れがあげられます。

ターンオーバーは肌の新陳代謝ともいわれており、皮膚の表面である表皮の細胞が生まれてからはがれ落ちるまでの肌の生まれ変わりのことをいいます。

一般的にはターンオーバーの周期は約28日がいいとされていますが、年齢・紫外線・肌荒れなどが原因でターンオーバーが遅れると、古い角質がはがれ落ちにくくなり肌がごわごわしてしまうことがあります。

肌がかたくなることで毛穴に詰まった余分な皮脂や角質が、角栓となってザラザラと残ってしまいやすくなるのです。

ザラザラ毛穴の元!角栓ができてしまう3つの原因

肌の乾燥

肌のメカニズム 説明

乾燥する季節になると、特に鼻や顎のザラザラ毛穴が気になるということはありませんか?

肌の乾燥がすすみ毛穴の中まで乾燥してしまうと、皮膚がごわごわになって皮脂・角質・汚れが詰まりやすくなります。

また、乾燥により肌のバリア機能が低下し、防衛反応で皮脂を過剰に分泌してしまうことも角栓をつくり毛穴のザラザラを引き起こす原因になってしまいます。

肌の乾燥を防ぐために保湿には力を入れて角栓対策していきましょう。

過剰な皮脂分泌

毛穴のザラザラの原因である角栓は、皮脂・角質・汚れが毛穴に詰まることで引き起こされます。

さまざまな理由で皮脂が過剰に分泌されることで、毛穴に多くの角栓が詰まってしまうのです。

肌が過剰な皮脂分泌を起こすさまざまな理由

  • 乾燥
  • 紫外線
  • 間違ったスキンケアなどによる外部刺激
  • 生活習慣の乱れ

肌が過剰な皮脂分泌を起こさないようにするためには、肌の外側からの刺激を少なくすることと、からだの内側から皮脂分泌のバランスをとることのふたつが重要です。

鼻や顎の毛穴がザラザラになってしまわないためにも、このあと紹介するスキンケア方法を確認し、適度な皮脂分泌が行われるよう気をつけてみてください。

生活習慣の乱れ

寝起き 女性

毛穴のザラザラのもととなる角栓は、以下の2つの生活習慣とも大きく関係しています。

食生活の乱れ

脂っこい食べ物や糖質の多い食べ物が過剰な皮脂分泌をまねき、鼻や顎の毛穴のザラザラのもととなることがあります。

ジャンクフードなどは食べ過ぎないようにして、毛穴のザラザラを改善するビタミンC・ビタミンB群などの食べ物・飲み物を積極的に摂取しましょう。

毛穴のザラザラ、角栓に効果的な食べ物・飲み物について知りたい人はこちらの記事も参考にしてみてください。

睡眠不足

角栓の原因となる肌のターンオーバーの乱れと乾燥は睡眠時間と睡眠の質に大きく関係しています。

睡眠時間が足りないと肌のターンオーバーを促す成長ホルモンの分泌が少なくなり、睡眠の質が悪化すると肌の潤いを保つ働きのある女性ホルモン(エストロゲン)のバランスが乱れてしまうためです。

鼻や顎の毛穴がザラザラしてきたら睡眠不足のサインかもしれません。

なるべく早い時間に眠りについたり、リラックス効果のある飲み物を飲んで睡眠の質を高めたりして、角栓対策していきましょう。

鼻と顎のザラザラ毛穴を除去するスキンケア方法5つ

洗顔 泡立てる 女性

鼻や顎のザラザラ毛穴を改善するために行える簡単なスキンケア方法を紹介していきます。

【ざらざらケア①】クレンジング方法を見直す

毛穴汚れにアプローチするクレンジング料を選ぶ

ザラザラ毛穴の原因である角栓は、毛穴詰まりが原因ということもあり洗浄力の強いクレンジングで皮脂・角質・汚れを洗い流せばいいと考えられがちです。

ですが洗浄力が強いクレンジングは肌への刺激が強いものも少なくありません。

洗浄力の強さだけでなくザラザラ毛穴の毛穴汚れに効果的にアプローチするクレンジング料を選んでいきましょう。

たとえば温感作用のあるホットクレンジングはザラザラ毛穴の毛穴汚れを落とすクレンジングとしておすすめアイテムのひとつです。

ホットクレンジングの特徴である肌を温める作用は、角質を柔らかくして毛穴汚れを洗い流しやすくするだけでなく、肌に保湿成分を浸透させやすくする効果があります。

【角質剥がれ防止】クレンジングに5分以上かけない

毛穴に詰まった汚れを落として、鼻や顎のザラザラを改善しようと、クレンジングに時間をかけているという人も多いかもしれません。

ですがクレンジングに含まれる界面活性剤などの洗浄成分は、肌に長く触れていると、皮脂だけでなく肌の角質や潤い成分まで溶かしてしまい、肌のバリア機能を低下させてしまう可能性があります。

肌のバリア機能が低下することで過剰な皮脂分泌が起こり、毛穴に角栓が詰まってしまうという悪循環に陥る可能性があるためクレンジングは必要以上に時間をかけず、できれば5分以内で済ませるようにしましょう。

クレンジング時間の目安

  • オイルタイプ … 1分以内
  • ミルク・クリームタイプ … 5分以内

皮脂の多いおでこから順にメイクを落とす

Tゾーン イラスト

過剰な皮脂分泌が角栓の原因になると聞くと、皮脂はザラザラ毛穴の天敵のように感じてしまうかもしれませんが、適量の皮脂は肌のバリア機能にも役立つ必要な存在です。

クレンジングの洗浄成分で肌の必要な皮脂・油分まで奪い、肌を乾燥させてしまわないよう、皮脂の多いTゾーン(おでこ・鼻)からメイクを落とし、皮脂の少ない部分は最後に洗い流すようにしましょう。

クレンジングはぬるま湯で落とす

クレンジングを洗い流すぬるま湯の効果的な温度は、ちょうどよく毛穴が開き皮脂が溶け出す32~35度が目安。

熱すぎる温度は肌の乾燥のもとになりますし、低すぎる温度は皮脂を十分に洗い流すことができません。

毛穴のザラザラ改善のためにはぬるま湯でこすりすぎずに洗い流すのがポイントです。

【ざらざらケア②】洗浄力の高い洗顔料を選ぶ

 毎日当たり前のようにおこなっている洗顔ですが、なんとなく選んだ洗顔石鹸や洗顔フォームを使い続けていませんか?

スキンケアの基本ともいえる洗顔料のうち、ザラザラ毛穴に効果をもたらす2つの洗顔料について説明していきます。

 ザラザラした角栓を取り除く「酵素洗顔」

毛穴のザラザラにはたらきかける洗顔料のひとつとして「酵素洗顔」はおすすめできるアイテムのひとつです。

酵素洗顔はパイン酵素・パパイン酵素などの力で、クレンジングで落としきれない古い角質を分解してくれます。

洗浄力の強いタイプの洗顔料なので、ニキビができたときには使用を控え、鼻や顎のザラザラケアとして週1回程度使用するのがおすすめです。

毛穴汚れに吸着する「泥洗顔」

「泥洗顔」はクレイ洗顔ともいわれる天然の粘土を使った洗顔料のことで、泥に含まれる細かな成分の力で毛穴の汚れを吸着する効果があり、ザラザラ毛穴に効果的です。

また、ミネラル豊富で保湿効果が高いため、過剰な皮脂分泌のバランスを整えるのにも役立ちます。

ゴシゴシ荒い厳禁!こすらずに優しく洗う

鼻や顎の毛穴のザラザラが出てくると、毛穴の汚れが気になってゴシゴシと顔を洗ってしまっていませんか?

摩擦で肌が傷つくと、バリア機能が低下して乾燥をまねき、皮脂分泌が過剰になって肌のターンオーバーが乱れてしまうという悪影響があります。

角栓落としには物足りないと感じるかもしれませんが、こすらず優しく洗うことがスベスベ毛穴への近道です。

正しい洗顔方法を確認して、ザラザラした毛穴に効果的にアプローチしましょう。

【ざらざらケア③】保湿も効果的!2つのおすすめ成分

スキンケアをする女性

徹底した保湿はザラザラ毛穴の原因の角栓を防ぐ!

徹底した保湿がザラザラ毛穴を防ぐ2つの理由を確認してみましょう。

  • 乾燥からくる過剰な皮脂分泌を防ぐ

鼻や顎のザラザラ毛穴予防では、肌の乾燥対策を欠かすことはできません。

肌が乾燥することで過剰な皮脂分泌が起こるだけでなく、毛穴に詰まった皮脂・角質・汚れが落ちづらくなります。

徹底した保湿で過剰な皮脂分泌を防ぎ、ザラザラ毛穴を予防していきましょう。

  • 肌をやわらかくして毛穴のザラザラを予防する

肌が乾燥すると、皮脂の過剰分泌だけでなく肌がガサガサ・ごわごわとかたくなってしまうことがあります。

肌がかたくなることで毛穴に詰まった皮脂・角栓・汚れが落ちづらくなるため、保湿でいつもやわらかい肌を目指しましょう。

肌がやわらかくなると、保湿成分も浸透しやすくなり乾燥しづらい肌ができ、ザラザラ毛穴をつくりづらくしてくれます。

セラミドが配合された保湿化粧品を選ぶ

化粧品 手にとる

セラミドは肌の細胞同士の間で水分をつなぎとめる役割があり、保湿に欠かせない成分のひとつです。

加齢や生活習慣などでセラミドの量が減ってしまうと、肌のバリア機能が低下して乾燥をまねき、毛穴のザラザラをつくりだす原因となる可能性があります。

保湿化粧水選びではセラミドが配合されたものを選ぶことで、肌の潤いを保つことを目指してみるのがおすすめです。

ビタミンC誘導体で皮脂分泌を抑制

鼻や顎のザラザラ毛穴の原因となる角栓予防では、過剰な皮脂分泌をおさえることが重要な対策のひとつです。

ビタミンC誘導体は崩れやすいビタミンCを肌に浸透させやすくしたもので、皮脂分泌の抑制をはじめ、抗酸化作用やコラーゲン生成などさまざまな効果が期待されています。

化粧水に含まれていることも多い成分ですので保湿化粧品選びに取り入れてみるのがおすすめです。

【ざらざらケア④】角栓による鼻のザラザラは定期的な重曹パックで解決

重曹

「重曹パック」を試したことはありますか?

掃除で使用したことがあるという人は、「顔に重曹を塗って大丈夫?」と不安に思うかもしれませんね。

ですが重曹パックを使用している人の中には敏感肌やアトピー性皮膚炎の人もいるほど、肌にはやさしい自然成分なのです。

重曹パックはその洗浄力でなかなか落ちない角栓を落とし、鼻や顎のザラザラ毛穴をスベスベにしてくれる効果が期待できます。

重曹パックの方法

重曹パックの材料

  • 重曹(美容用のもの):大さじ2
  • 水:大さじ2

重曹パックの手順

  1. 材料を混ぜておく
  2. 蒸しタオルをつくる(厚手のタオルに水を含ませ、垂れない程度に絞ったら、500Wの電子レンジで1分程度温める)
  3. 蒸しタオルを3分間素肌にあてる
  4. 鼻や顎など気になる部分に重曹パックを塗る
  5. 10分おいたらぬるま湯でよく洗い流す

重曹パックの注意

重曹パックは洗浄力が強く、使いすぎると肌のバリア機能を低下させてしまう可能性があるため肌の状態をよく見ながら間隔をあけて行うことをおすすめします。

頻度としては週1回、敏感肌の人は月1回程度が目安です。

定期的に行って角栓予防していきたいですね。

【ざらざらケア⑤】顎のザラザラ毛穴は適度なピーリングが効果的

鏡をみつめる女性

顎のザラザラ毛穴には、肌の余分な角質を取り除きターンオーバーを促してくれるピーリングもおすすめです。

病院で行うケミカルピーリングの他にも、家で手軽にできるピーリング化粧品が販売されているのを見たことがある人も多いのではないでしょうか。

肌がごわごわしてターンオーバーが遅れることにより、顎にザラつきが目立つという人は、ピーリングの角質除去効果を試してみるのがいいかもしれません。

ピーリングの注意点

ピーリング化粧品の中にはスクラブとしてのゴマージュ効果を期待した角質除去化粧品が販売されていることもあります。

角質を溶かして除去するタイプのピーリングを試したいという人は、天然由来の成分でフルーツ酸ともよばれる「AHA(アルファヒドロキシ酸)」の成分が入っていることを確認して商品を選びましょう。

化粧品に含まれるAHA成分例

  • グリコール酸
  • りんご酸
  • クエン酸

ピーリングは角質を除去する効果があるため、続けて使用すると肌が薄くなりバリア機能が低下してしまう可能性もあります。

セルフケアとして使用する場合には週1回程度の使用をおすすめします。

また、角質を除去してターンオーバーを促すピーリングは、乾燥などが原因で肌のターンオーバーが早くなりすぎてしまった人には不向きだといえます。

乾燥などにより肌が敏感になっていると感じたら、保湿に力を入れるなど他のざらざらケアから試してみましょう。

ザラザラ毛穴をツルツルにする方法

微笑む女性 口元

鼻や顎のザラザラ毛穴、気になりはじめたらできる対策はなるべく試してみたいですよね。

スキンケア以外にもザラザラ毛穴をツルツルにする方法を紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

半身浴で新陳代謝と老廃物排出を同時に行う

半身浴は、からだをゆっくり温め血行促進することで新陳代謝が活発になり、じんわり汗をかいてからだの老廃物を排出する、美肌に効果的な入浴方法です。

特に鼻や顎のザラザラ毛穴に詰まった角栓対策として、リラックス効果でストレス軽減や、睡眠の質を高めることでターンオーバーのバランスを整える効果も期待できるため、ザラザラ毛穴に悩んでいる人には是非試してほしいケアのひとつです。

スペシャルケアは岩盤浴で!

岩盤浴も半身浴と同じメカニズムでザラザラ毛穴対策になるのだと思われるかもしれませんが、半身浴と比べてもよりザラザラ毛穴に効果が期待できる毛穴対策です。

入浴などでは「汗腺」から汗をかくのに対し、岩盤浴では体の深部を温める効果によって、有酸素運動をしたときと同じ「皮脂腺」から汗をかくことができます。

皮脂腺は毛穴の深部にあるため、皮脂腺から出る汗は毛穴の汚れを押し上げてくれるのです。

休日に時間ができたときなどにはスペシャルケアとして岩盤浴を利用したいですね。

鼻と顎のザラザラ毛穴を予防する2つの生活習慣

食事をする女性のイメージ画像

スキンケアだけでなく、生活習慣の改善も、鼻と顎のザラザラ毛穴の大切な予防法のひとつです。

規則正しい生活で肌のターンオーバーを整える

肌の新陳代謝であるターンオーバーは生活習慣の乱れから起こることも少なくありません。

以下に当てはまるものがある人は、生活習慣を改善すれば、鼻や顎の毛穴のザラザラも改善する可能性があります。

ザラザラ毛穴につながる生活習慣

  • 睡眠不足
  • ストレス
  • アルコール
  • 運動不足
  • 無理なダイエット

適度な食事・運動・睡眠は、からだ内部の調子を整えるとともに、肌のターンオーバーのバランスも整えてくれてザラザラ毛穴の改善に役立ちます。

できる範囲で生活習慣を見直してみましょう。

野菜中心の食生活を心がけて皮脂分泌を抑える

脂っこい食べ物や糖質の多い食べ物のとりすぎは、過剰な皮脂分泌を促し鼻や顎の毛穴をザラザラにしてしまう可能性があります。

また、皮脂分泌のバランスを整える栄養の不足も角栓の原因になってしまいます。

毛穴のザラザラが気になる人は、現在の食生活を振り返り、ジャンクフードや揚げ物中心の生活になっていないか確認してみましょう。

毛穴の角栓にも効果の高い、ビタミンCやビタミンB群などを多く含んだ野菜中心の食生活を心がけて、角栓予防に取り組むのがおすすめです。

まとめ

鼻や顎にできる毛穴のザラザラの正体、角栓の対策は、簡単なことから取り組めるものばかりです。

日常のスキンケアや生活習慣をほんの少し見直して、すべすべ素肌・ツルツル毛穴を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です