メイク崩れを起こさない!朝の洗顔やスキンケアの基本

鏡を見て微笑む女性の写真

メイク崩れを起こさない!朝の洗顔やスキンケアの基本

the_makeup朝のスキンケアは夜に比べて軽視してしまいがちなのでは?

しかし、紫外線から肌を守り、メイク崩れを防ぐためにも、朝のスキンケアは大切です。メイクが崩れやすくて悩んでいる人や、肌の乾燥や大人ニキビが気になる人は、朝のスキンケアに問題があるのかもしれません。

朝はスキンケアに十分な時間がとれない人も、時短テクニックで美肌を維持することができます。朝の洗顔方法や化粧水やクリームのつけ方など、朝のスキンケア方法の基本を解説していきます。

夜だけじゃない!朝のスキンケアが大切な理由

人差し指を立ててポイントの説明をする女性の画像

スキンケアは夜念入りに行えば、朝は簡単で大丈夫と思ってはいませんか?しかし、寝ている間にも、肌から水分が蒸発して乾燥しますし、ホコリなどで肌は汚れていきます。

朝のスキンケアでは水分を補い、夜の間に分泌された皮脂の状態に合わせて、皮脂量をコントロールすることが大切です。

夜のスキンケアを入念に行っていても、肌の乾燥などの肌トラブルや化粧ノリが気になる人は、朝のスキンケアの方法に問題があるのかもしれません

 朝のスキンケアで保湿が不十分な場合には、肌表面を守るために皮脂が過剰に分泌され、肌のベタつきやメイク崩れを招く要因となります。

朝は洗顔では皮脂を適度に残して、水分を補う保湿ケアを行うことで、メイクが崩れにくい状態で、肌を夜まで保ちやすくなります。

つまり、化粧ノリ」は朝のスキンケアにかかっているのです。

朝のスキンケアに最適な洗顔方法とは

the_makeup

朝のスキンケアでは、洗顔料は使うべきなのでしょうか。朝の洗顔の考え方や肌タイプ別の洗顔方法についてみていきましょう。

朝の洗顔の考え方

朝のスキンケアでの洗顔のポイントは、「必要な皮脂」を落とさないことにあります。肌タイプに応じて、朝の皮脂の分泌量に合わせた洗顔方法をしましょう。

夜の洗顔ではメイクを落とすために、クレンジング料や洗顔料が必要です。しかし、朝の肌は、夜のようにメイクをした状態ではなく、日中ほど皮脂汚れも付着していません。

肌状態によっては、洗浄力の強い洗顔料を用いてしまうと、肌への刺激が強すぎて、外部刺激から守るために必要な皮脂まで流してしまい、肌のバリア機能が損なわれることになります。

朝の洗顔は、美容の専門家の間でも洗顔料を使うべきかどうか、意見が分かれるところです。皮脂や汗、肌のターンオーバーによる古い角質を落とすために、洗顔料は使った方がよいとする考え方もあります。

しかし、るま湯での洗顔を基本として、肌質ごとにあった洗顔方法とすることが大切です。

朝、肌を洗いすぎることで、肌が乾燥して肌を守るために皮脂が過剰に分泌されるため、隠れ乾燥肌の原因となったり、大人ニキビを招いたりすることもあります

 肌タイプ別の朝の洗顔方法

乾燥肌タイプの人は皮脂の分泌が少ないため、洗顔料を使わずにぬるま湯での洗顔で充分肌の汚れを落とせます。

熱いお湯での洗顔は、皮脂が流されすぎてしまい、反対に冷たい水で洗顔すると、毛穴を引き締めてしまうことから、化粧水などが浸透しにくくなってしまうためです。

普通肌タイプの人は皮脂のベタつきが気にならないようであれば、乾燥肌の人と同様にぬるま湯での洗顔が適切です。

おでこや鼻のTゾーンなど肌の一部がベタつくときには、石鹸などの洗顔料をよく泡立てて、Tゾーンを中心に泡をのせて、肌に触れずに泡を転がすようにやさしく洗っていきます。

混合肌タイプの人も、ベタつきが気に部分にだけ洗顔料を使用します。

脂性肌タイプの人は、洗顔料を使った洗顔が基本です。Tゾーンには多く洗顔料の泡をのせて、ほおなどのUゾーンには泡を軽くのせるといったように調整し、同様に泡を転がすように洗っていきます。

ただし、肌質にこだわりすぎず、朝の肌状態に応じた洗顔方法としましょう。

また、タオルで顔を拭くときには、ゴシゴシ拭くとタオルの摩擦で肌を傷めてしまうので、顔をこすらずにトントンと肌を軽く叩くように水分をとっていくようにします。

肌質別のおすすめ洗顔料を知りたい方は「保湿ケアは洗顔から!正しい洗顔方法と肌質別おすすめ洗顔料」を読んでください。

朝のお手入れは化粧水とクリームがスキンケアの基本

the_makeup

朝のお手入れは、洗顔後に化粧水を浸透させた後、乳液かクリームをつけていくのが、スキンケアの基本です。

化粧水は浸透させよう

洗顔の後のスキンケアは、まずは化粧水で保湿をします。このとき、コットンを使う人もいますが、コットンで肌を傷つけないようにパッティングするのは難しいため、手を使う方法がおすすめです。

手で化粧水をつけるときには、化粧水を手で温めて、顔を包み込んで抑えるようにしてつけていくと、化粧水が浸透しやすくなる効果も期待できます。

ただし、雑菌が顔につかないように、洗顔後のきれいな手の状態で化粧水をつけるようにします。化粧水をつけた後は1分ほどおいて、肌に浸透させていきましょう。

 脂性肌の人も乳液かクリームは必須

つぎに、化粧水が浸透した肌にクリームか乳液をつけていきます。脂性肌でベタつきが気になる人の中には、化粧水だけでスキンケアを終わらせてしまう人がみられます。

しかし、化粧水だけでは、肌の表面の水分の蒸発を招いてしまうため、クリームなどで蓋をして、潤いを閉じ込めることが大切です。肌が乾燥して肌のバリア機能が低下すると、紫外線によるダメージも受けやすくなり、肌の乾燥などを招きます。

肌の表面の角質層では、角層細胞の間を細胞間脂質が隙間なく埋めて、角質細胞の内部で天然保湿因子が水分をキープし、肌の表面を皮脂膜が覆うことで肌のバリア機能が保たれています。

クリームをつける量は、おでこや鼻などのTゾーンは少なめに、ほおなどのUゾーンは多めにするのが基本です。

肌の皮脂量に合わせてそして、クリームや乳液を塗った後、10~20分時間をおいて、肌に浸透していくのを待ってから、化粧下地やファンデーションをつけていくと、メイクが崩れにくいです。

脂性肌の保湿のポイントは「 【脂性肌】油分の少ない化粧品で保湿」も合わせて読んでください。

朝のスキンケアの時短テクニック

朝は忙しく時間に追われ、化粧水をつけて時間をおいてクリームをつけるといったような時間の余裕が持てない人もいるかもしれません。

シートマスクをしながら、身支度や朝食の準備をすると、化粧水や乳液を浸透させる時間を省いて、スキンケアにかける時間が短縮できます。

また、「オールインワン」タイプのスキンケア化粧品もおすすめです。

オールインワン化粧品は、化粧水と美容液、クリームが1本で済むもので、最近の商品の中には保湿効果に優れているものもあります。

洗顔後に化粧水を簡単につけて、朝のスキンケアを終わりにしてしまうよりは、オールインワン化粧品をしっかりと肌につけた方が美肌の維持につながります

平日はオールインワン化粧品、週末はゆっくりと、化粧水やクリームをつけていく、といった使い分けもおすすめです。

さらに、メイクもBBを使えば、下地からファンデーションまでが一つで済むので、時短が図れます。

BBクリームは、もともとは美容施術後の肌を保護する目的でつくられ、美容クリームや化粧下地、日焼け止め、ファンデーション、コンシーラーの役割を持っています。

朝は時間がなくてもスキンケアを行うとともに、化粧下地やBBクリーム、ファンデーションなどUV効果のあるアイテムを使って、紫外線対策を行うことが大切です。

メイク崩れは朝のスキンケアに原因が!

the_makeup

イク崩れがしやすいのは、化粧下地やファンデーションに原因があるのではなく、朝のスキンケアに問題があることが多いです。

朝、洗顔で過度に皮脂を落としてしまうと、肌の表面を守るために皮脂が過剰に分泌されてしまうことで、メイクが崩れやすくなります。また、朝のスキンケアの後にすぐメイクをすることも、メイクがよれやすくなる原因です。

朝起きてスキンケアをした後、朝食を摂ってからメイクをすると、クリームや乳液が肌に浸透しているのでメイクのよれを防げます。

メイクが崩れやすい人は、朝のスキンケアを見直すことで肌の状態が改善されることが期待できます。

まとめ

朝のスキンケアは肌の水分量と皮脂量を整えて、1日のスタートを切るために大切なものです。

肌タイプをもとに、朝の肌状態にあった洗顔方法としましょう。朝はスキンケアにかける時間がとりにくいですが、化粧水や乳液を浸透させる時間を確保し、時間をおいてからメイクをすることで、メイク崩れを防ぐことができます。

時間がないからと、「何もしない」状態が一番よくないですので、時短テクニックも駆使して、朝のスキンケアに気を配りたいですね。

おすすめ記事