つっぱりは解消できる!洗顔後につっぱらない洗顔石鹸と正しい洗顔方法

洗顔石鹸とお花のイメージ画像

洗顔後のお肌のつっぱりとは、洗顔によって皮脂が取り除かれた時に、急激に水分が乾いていく時に感じるものです。このつっぱり感を経験したことのあるかたは実感されているはずですが、強い違和感があり、時には痛みさえ伴うことがあるんですよね。

そうしたお肌のつっぱりでお悩みのかたにおすすめなのが、洗顔石鹸です。

石鹸はもちろん、洗剤などにもふくまれる界面活性剤は、汚れを落とす効果のある洗浄成分ですが、洗顔フォームは、石油などで人工的に作られた合成界面活性剤を使用しているものが多いです。

一方、洗顔石鹸は、自然界に存在する油脂とアルカリから作られた天然の洗浄成分(界面活性剤)に美容成分をつけ足して作られているものがあります。

アルカリ性と聞くとお肌に悪い印象を持つかたもいらっしゃるかもしれませんが、アルカリ性の洗顔石鹸が皮膚の弱酸性と合わさると、中和が起きますから、どんな肌質のかたでも神経質になる必要はありません。

むしろ、洗顔フォームが合成界面活性剤を入れて洗浄成分を強くさせたものなので、洗顔石鹸よりも刺激が強くなることがあります。

さらに、洗顔フォームなどに使われる合成界面活性剤の洗浄力は、洗い流されにくいことも洗顔石鹸との違いとして挙げられます。

天然の洗浄成分を配合している洗顔石鹸は、洗顔フォームと違って、必要な皮脂は残しながらサッと汚れだけを落として水だけで綺麗に洗い流すことができるので、どんな肌質のかたでもお肌への刺激が少なくて済み、時間やお水の節約にもなるんです。

洗顔後に顔がつっぱる原因

woman_trouble001

お肌のつっぱりが起きると、お肌の健康を保つのに必要な皮脂が分泌されるので、お肌のつっぱりは必ずしも悪いことではありません。しかし、つっぱりすぎるのは、お肌に違和感を与えますし、乾燥の原因になることもありますから、ぜひ改善しましょう。

そもそも、洗顔後にお肌がつっぱるのには、乾燥と不純物という大きく2つの原因があります。

必要な皮脂まで取り除いてしまうせい

皮脂の役割は、細菌などによる外の刺激からお肌を保護し、水分の蒸散を防ぐこと。この皮脂が不足すると、お肌は外の刺激にさらされたり、水分が失われます。

つまり、洗いすぎや洗浄力の強すぎる洗顔料を使うことによって、お肌を保護している皮脂まで取り除いてしまうことになるため、かえってお肌を不健康な状態にさせてしまうことになります。

油ベットリのお皿は、洗剤を使えば「キュッキュッ」と鳴って気持ち良いのですが、顔を洗浄力が強すぎる洗顔料で洗うと、お肌の油分の落としすぎてつっぱりを感じることになってしまうのです。

洗顔料に含まれる不純物のせい

洗顔料に含まれる不純物に反応して、お肌のつっぱりやピリピリとした刺激を引き起こすこともあります。

化粧水やクリームといった、お肌に「入れる」ケアに使うものにお肌に負担をかける成分が入っていることは少ないのですが、洗顔料といった「落とす」ケアに使うものは、洗浄力を重視した結果、お肌に負担をかける成分を入れざるを得ないことがあります。

その時に使う洗顔料に刺激のある成分、お肌にとって良くない成分が入っていれば、お肌への負担を増長させ、お肌のつっぱりを引き起こすことになるのです。

刺激のある成分、お肌にとって良くない成分というと、例えば、エチルパラベンなどの洗顔を長持ちさせるための保存料や防腐剤、泡立ちをよくするために使われるジエタノールアミンがあります。

顔のつっぱりが起こす肌トラブル

ここまででご説明したように必要な皮脂まで取り除いてしまい、洗顔料に含まれる不純物が原因で起こるお肌のつっぱりは、放置していると乾燥を引き起こします。

お肌には、外からの刺激が体内に入らないようにしたり、肌内部の水分が蒸発したりしないようにするためのシャッターの役割を果たす角質層という層が備わっています。

ところが乾燥状態が続くと、この角質層が剥がれ始めて、お肌のキメが消えて、シャッターの役割を果たせなくなります。これが肌荒れの状態です。さらに、この肌荒れが起こると、わずかな刺激に対してすぐに炎症を起こしてかゆみや赤みを引き起こし、これが敏感肌の原因となっていくのです。

さらに、お肌の細胞が新しく生まれ変わる新陳代謝であるターンオーバーが乱れ、肌の柔らかさや透明感を失ってしまい、ざらつきやくすみ、古い角質が溜まって毛穴の黒ずみ、といった肌老化を進めることにもなります。

また、シャッターの役割を果たす角質層が剥がれると、お肌を保護するために皮脂を過剰に分泌しようとします。油性肌のかたは、特に皮脂を落とそうと洗いすぎてしまう傾向がありますが、必要な皮脂まで取り除いてしまうと、つっぱり感だけだけでなく、より油性肌が進行してしまうこともあります

つっぱらない洗顔石鹸を選ぶポイント

これらの原因から、つっぱりを解消するための洗顔石鹸の選び方のポイントをご紹介します。

キーワードは「保湿」

after_face_wash001

ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなど保湿に効くとされている美容成分を配合している洗顔石鹸を選んでお肌に潤いを与えましょう。お肌に潤いを与えることによって、お肌の乾燥と乾燥によって起こるつっぱりを解消することができます。

シミ・シワ・たるみなどの原因となる乾燥を、保湿に効く美容成分で解消します。さらに、保湿に効く美容成分を洗顔で取り入れることによって、洗顔後の化粧水や美容液などのスキンケアの美容成分の浸透力も高めることができるんですよ。

なお、オリーブオイルやホホバオイルなどの油分が添加されているものは、洗顔後にお肌から水分が蒸発するのを防ぐ油膜を残してくれるので、特につっぱる季節や乾燥肌のかたにおすすめです。

低刺激なもの

つっぱりの原因となる不純物が入っていない洗顔石鹸を選んで、つっぱりを解消しましょう。

敏感肌の人のために、アルコールや防腐剤、香料、着色料といったアレルギーの抗原になりやすい成分を除去した洗顔石鹸には「低刺激」「敏感肌用」「無添加」「無香料」「無着色」「オーガニック」といった記載がパッケージにされていますから、注目してみてください。

おすすめのつっぱらない洗顔石鹸

お肌のつっぱらないおすすめの洗顔石鹸を3つご紹介します。

VCOマイルドソープ(さくらの森)

VCOは初回半額1423円のイメージ画像

長時間かけて美容成分を凝縮してつくられたVCOマイルドソープは、美容成分が40%以上と高配合なうえに、保湿成分であるヒアルロン酸も配合され、洗いあがりはつっぱることなくしっとりもちもちに。

乾燥肌のカサカサ・ゴワゴワとした肌から、つっぱり感のない赤ちゃんのようなつるつるもちもちの肌に変わっていくのを洗いあがりの肌から実感できます。

専用の泡立てネットを使うと、弾力のあるもっちりとした泡をたっぷりつくれることも正しい洗顔方法には重要なポイント。

時間がたってもへたらない濃密な泡が毛穴の奥まで入り込んで、肌に負担をかけずに洗浄することができますよ。

VCOマイルドソープ(さくらの森)のご購入ページはこちら

然 よか石けん(長寿の里)

yokassekken_soap

火山灰を超微粒子化したグレー色をしたペースト状の洗顔石鹸。

つっぱりの原因となる防腐剤、鉱物油、石油系界面活性剤、合成香料、合成着色料、エタノールを含まない「完然無添加」を謳っており、つっぱりの原因となる乾燥を防ぐためのアロエエキスや緑茶、ウーロン茶エキス、黒砂糖など自然由来の保湿成分がたっぷり含まれています。

さっぱりとした洗い心地で、つっぱり感を感じにくいのはもちろん、ニキビや肌あれにも効果が期待されています。

然 よか石けん(長寿の里)のご購入ページはこちら

パーフェクトワン クレンジングソープ(新日本製薬)

メイク落としと洗顔が1度にできるオールインワン洗顔石鹸。

つっぱりの原因となるお肌に負担のかかる「落とす」ケアを1度に済ませることができます。

さらに、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミド、サトウカエデエキス、グリセリンといった保湿に有効な美容成分が豊富で、泡立ちがよく、しっとりとした洗い上がりでつっぱりを感じにくいのが特徴です。

パーフェクトワン クレンジングソープ(新日本製薬)のご購入ページはこちら

つっぱらない洗顔のコツ

つっぱらない洗顔のコツは、つっぱらない洗顔石鹸を使うことと、正しい洗顔方法の実践にあります。洗顔方法を見直すだけでお肌のつっぱりを抑えることができることもありますから、これからご紹介する正しい洗顔方法をぜひマスターしてくださいね。

顔の前に手を洗う

手が汚れていると泡立ちが悪くなりますし、そのまま顔に雑菌を塗り広げてしまうことにもなります。顔の前にまずは手から綺麗にしましょう。

また、乾燥した手はガサガサして肌への刺激となってしまいますから、手も保湿も忘れないようにしましょう。

よく泡立てて、ゴシゴシしない


洗顔石鹸は汚れが落ちにくいとされていて、ついつい顔をこするように洗ってしまいますが、摩擦によってお肌を傷つけてしまい、お肌のバリア機能を剥がしてしまうため避けたほうがよいでしょう。。

洗顔ネットを使ってモコモコの泡を作ってから、泡の力でなでるようにお肌を洗いましょう。本当に泡で落ちるのかと思われる方もいらっしゃるとは思いますが、泡は顔についた瞬間から汚れを吸着してくれますから、お肌を傷つけないためにも、なでるだけでOK。

お湯で洗い流す時も、タオルで水分を拭き取る時もゴシゴシは厳禁です。

ぬるま湯を使う


皮脂は温度が高いほど溶ける性質があり、熱いお湯を使うとお肌の油分を取りすぎてしまうんです。35℃くらいのぬるま湯を使いましょう。

もちろん、洗い流す時もゴシゴシは禁止ですから、お湯で泡を溶かすイメージで20回くらいかけて洗い流してください。なお、顔を濡らさずに泡をつけると摩擦が起き、肌が傷つきやすくなるので、必ず顔を濡らしてから洗顔を始めてくださいね。

洗顔後は保湿重視のスキンケアを

つっぱりを解消するために必要なのは、お肌が水分を「保つ」ことです。化粧水などで水分を与えることよりも、保湿美容液や保湿クリームを使って水分が蒸発するのを抑えるケアが大切です。

お肌に必要な皮脂を分泌させるのに必要なつっぱり感ですが、つっぱりすぎない洗顔石鹸と保湿ケアで、乾燥知らずのお肌づくりを目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です