オーガニックオールインワンゲルのメリットとおすすめ商品を解説!

家事に仕事にと毎日忙しい女性でも手軽にスキンケアができるオールインワンゲル。

「いつまでもキレイでいたいけど、スキンケアに時間はかけたくない」という方に特におすすめしたいのが、天然由来の成分をメインに配合した肌にやさしいオーガニックのオールインワンゲルです。

本記事では、オーガニックオールインワンゲルをスキンケアに活用するメリットと、おすすめの商品を紹介していきます。

「オーガニック」オールインワンゲルとは

「オーガニック」とは、直訳すれば「有機的な」という意味。

たとえば、農薬や化学肥料を用いず、自然の肥料だけで栽培された野菜を「有機野菜」と呼びます。

つまり、オーガニックのオールインワンゲルとは、天然由来の成分を使用して作られた、肌にやさしいオールインワンゲルのことを指すのです。

「無添加」オールインワンゲルとの違い

白いオーガニック石鹸とラベンダー

「無添加=オーガニック」だと捉えている方も多くいますが、「無添加」のオールインワンゲルと「オーガニック」のオールインワンゲルは、それぞれ異なる性質を持つものです。

無添加オールインワンゲルとは、化粧品を長持ちさせたり有効成分の効果を高めたりするために配合される添加物や、化学合成物質を含まないオールインワンゲルのこと。

ただし、「無添加」の基準は製品を販売している各化粧品会社によって異なります。

たとえば、化学合成物質が含まれていても、添加物を使用していないオールインワンゲルであれば、ある意味では“無添加”オールインワンゲルです。

しかし、肌が弱い方であれば、無添加オールインワンゲルに含まれる一部の化学合成物質に肌が反応を示し、赤みやかゆみなどの肌トラブルを招くことがあります。

無添加オールインワンゲルを選ぶ際は、添加物と化学合成物質の両方が配合されていない「完全無添加」のオールインワンゲルであるかを、表示などを見てチェックすることが大切です。

一方、オーガニックオールインワンゲルは、添加物や化学合成物質を極力使用せず、天然由来の成分をメインに作られており、肌が弱い方でも安心して使いやすいといえます。

ただし、オーガニックオールインワンゲルの中には、化学系の成分をメインに、天然由来の成分を少し足しただけの製品もあります。

肌トラブルを最小限に抑えて適切なスキンケアを目指すには、オーガニックオールインワンゲルも無添加オールインワンゲル同様、添加物・化学合成物質をできるだけ使用せず、「100%天然素材」に限りなく近い状態で作られているかをチェックすることが大切です。

オーガニックのオールインワンゲルを使うメリット

アロマオイルと紫の花

1本で手軽にスキンケアができるオールインワンゲル。

その中でもオーガニックのオールインワンゲルにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

肌にやさしく、安心して使える

オーガニックオールインワンゲルの最大のメリットは、通常のオールインワンゲルよりも肌への刺激が少なく、肌にやさしいことです。

オーガニックオールインワンゲルは天然由来の成分を中心に極力添加物などを使用しないよう配慮されているため、敏感肌や乾燥肌などの肌トラブルに悩んでいる方でも安心して使えます。

有効成分が豊富に配合されている

フルーツと緑の野菜のスムージー

オーガニックオールインワンゲルには、保湿、肌荒れの改善、アンチエイジングなどの効果が期待できるさまざまな成分が1本にぎゅっと凝縮されています。

そのためオーガニックオールインワンゲルは、「乾燥やニキビなどの肌トラブルを予防しながら、アンチエイジングなどの美容ケアも!」といったように、効果を1つに限定したくない方におすすめです。

もちろん、それらの有効成分のほとんどが天然由来なので、安心して毎日のスキンケアに活用できます。

オーガニックのオールインワンゲルを使うデメリット

肌にやさしい、有効成分が豊富、といったうれしいメリットがあるオーガニックオールインワンゲルですが、以下のようなデメリットもあります。

しかし、オーガニックオールインワンゲルの選び方や使い方に注意すれば、安心して肌に使うことが可能です。

アレルギー体質の人には向かない場合がある

「天然由来の成分=肌によい成分」と考えてしまいがちですが、天然素材のすべてが必ずしも肌によい影響を及ぼすとは限りません。

特にアレルギーを持っている方などは、オーガニックオールインワンゲルに含まれる一部の天然成分に肌が反応を示し、肌が赤くなったり、ピリピリとした刺激を感じたりすることもあります。

*天然成分によるアレルギー反応を起こさないためには

アレルギーなどがあってオーガニックオールインワンゲルを使用するのに不安がある方は、オーガニックオールインワンゲルをオーダーメイドで作ってもらう方法がおすすめです。

オーダーメイドであれば、肌への刺激となる成分を除外し、自分の肌質に合ったスキンケア化粧品を作れます。

そのため、肌トラブルのリスクを避けられるのはもちろん、スキンケアの質も高まります。

もちろん、アレルギーなどを持っていない通常の肌質の方も、オーダーメイドで自分の肌質に合った化粧品を作ってもらえば、オーガニックオールインワンゲルが持つ肌によい効果を最大限に引き出すことができるでしょう。

オーダーメイドのオーガニックオールインワンゲルは、製品にもよりますが1本2万円程度と市販の製品に比べると少し値段が高めです。

しかし、「化粧水→美容液→乳液→クリーム」のように数ステップを踏む通常のスキンケアと比較すれば、1本でスキンケアができるオーダーメイドのオーガニックオールインワンゲルのほうがコストは抑えられます。

オーダーメイドのオーガニックオールインワンゲルは、オーダーメイドに対応した化粧品を取り扱うネットショップにて手軽に購入が可能です。

基本的に鉱物油、防腐成分、アルコール、香料・着色料は不使用で、成分も植物エキスから選べるため、敏感肌にも安心。

配合する成分や使用感まで選べるだけでなく、脂性肌や混合肌といった個々の肌質についてヒアリングし、適切なお手入れの方法を洗顔から教えてくれる点も魅力です。

また、「特定の植物由来の成分を使うと肌が荒れてしまう」など、アレルギーの原因となる成分を把握できている場合は、表示をよく確認し、その成分が含まれていない市販のオーガニックオールインワンゲルを使用する方法でもOK。

また、オーガニックオールインワンゲルにはさまざまな種類の天然由来成分が含まれていることが多く、含まれる成分が多ければ多いほど、そのどれかが肌への刺激となってしまう可能性も高くなります。

アレルギー体質の方が市販のオーガニックオールインワンゲルを使用する場合は、配合されている天然成分の種類ができるだけ少なく、シンプルな素材だけでできた製品を選ぶように気をつけてみましょう。

使用期限が短い製品が多い

ビーカーにオイルと両側に花の画像

天然由来の成分で作られるオーガニックオールインワンゲルには基本的に、化粧品の劣化を防いでくれる添加物の防腐剤が含まれていません。

そのため、オーガニックオールインワンゲルは、通常のオールインワンゲルに比べると使用期限が短い製品が多いことが特徴です。

*短い期限内で使い切るポイント

オールインワンゲルを使用したスキンケアは、化粧水など複数のアイテムを使用するスキンケアと比較すると、肌の乾燥を感じやすい方が多くいます。

肌の乾燥は皮膚のシワやたるみ、ニキビなどさまざまな肌トラブルの引き金となるので、オーガニックオールインワンゲルは量を惜しまず使用するようにしましょう。

1回でたっぷりの量を使うようにすれば、正しくスキンケアができ、同時に、オーガニックオールインワンゲルを期限内に使い切ることも可能です。

オーガニックオールインワンゲルの1回の使用量は、ゲルを手のひらに広げたとき、500円玉くらいの大きさになる量が目安です。

しかし、500円玉大の分量はあくまでも目安です。

肌の状態に合わせて必要であれば使用量を増やし、もっちりとした肌の状態になるまで数回に分けてゲルを肌にのせていきましょう。

また、期限が過ぎてしまったオーガニックオールインワンゲルを使用すると、かえって肌に悪影響を及ぼします。

もったいない気もしますが、使用期限のうちに使い切れず残ったゲルは、肌には使用せずに処分するのが正しい選択です。

オーガニックオールインワンゲルの選び方

指を指している笑顔の女性お

オーガニックオールインワンゲルのブランドといえば、無印や明色化粧品などが有名です。

比較的リーズナブルで手に入れやすい点は魅力ですが、こうした市販のオーガニックオールインワンゲルを活用したい場合は、以下のポイントに注意して、自分の肌に適したものを選ぶことが重要です。

ポイント1:成分表示を確認し、添加物は極力避ける

オーガニックオールインワンゲルの中には、植物由来の精油成分などがメインであっても、保存性を高めるために添加物が含まれる場合があります。

化粧品に含まれる代表的な添加物は、鉱物油(石油を原料として精製されるオイル成分)、界面活性剤、合成成分、パラベンや安息香酸などの防腐成分、合成香料・着色料などです。

これらが配合されていないか、購入前に成分表示をよく確認しましょう。

ただし、香料・着色料は、天然由来の成分であれば使用されていてもOK。

また、ゲル状にするためオールインワン化粧品によく使われる「水溶性ポリマー」は、合成成分ではありますが天然高分子と同じ構造のため、肌への大きな負担になることは少ないと考えてかまいません。

ポイント2:肌なじみのよさや使い心地も意識

「脂性肌で、オールインワンゲル使用後のべたつき感が気になる」という方は、ゲルよりも水分を多く含むジェル状の製品がおすすめです。

オールインワン化粧品は1本で簡単にお手入れができる反面、肌の状態に合わせたスキンケアが難しくもあるので、ゲルタイプ、ジェルタイプ、クリームタイプと、肌質や肌の状態に合わせて使い分けてもよいでしょう。

ポイント3:国産の製品を選ぶのがベスト

海外の製品には、刺激の強い成分が使われることも多くあります。

海外製だからといって必ずしも肌に影響があるとはいえませんが、できるだけ日本製のものを使うほうが安全度は高いといえるでしょう。

おすすめのオーガニックオールインワンゲル2選

肌にやさしいおすすめのオーガニックオールインワンゲルを2つ紹介します。

HANAムーンナイトミルク

通常価格:4,286円(税別)

HANA オーガニック ムーンナイトミルクの写真

HANAムーンナイトミルクの特徴

  • 天然由来成分100%
  • 基剤(ベース)にローズから抽出された水分のみを使用し、水を1滴も含まない
  • 3つの保湿成分と6つのエイジングケア成分で、ハリとツヤのある若々しい肌に

自然派コスメの代表格ともいえるのが、HANAのムーンナイトミルク。オーガニックオールインワンゲルとして、多くの人気を集めています。

ムーンナイトミルクの最大の魅力は、配合成分にあります。

たとえば、有機はちみつやコメ胚芽油、ツバキ油といった保湿成分。

そのほか、肌のバリア機能を高めるバイオエコリアやローズマリー葉エキス、抗酸化作用を持ちアンチエイジングに効果的なローズなどの花精油なども配合されています。

さらに、ムーンナイトミルクの成分は、100%天然由来。やさしく肌を労わりながら、年齢を感じさせないみずみずしい肌づくりが目指せます。

養麗潤(ようれいじゅん)

養麗潤オールインワンゲルクリームの商品紹介画像

価格:標準180g 3,780円(税込)

養麗潤の特徴

  • 8つの天然由来成分配合、5つの添加物不使用で肌にやさしい
  • 天然由来成分が肌本来のバリア機能を引き出し、肌の健康を保つ
  • 「うるおい成分」と「うるおい閉じ込め成分」のW効果で肌の乾燥をしっかり改善

養麗潤は、薬剤師が開発した赤ちゃんの肌にも使える安心・安全のオーガニックオールインワンゲルです。配合成分がすべて天然由来というわけではありませんが、香料や着色料、界面活性剤といった添加物を使用しておらず、肌のことを考えて作られています。

また、8つの天然由来成分が肌を正常な状態に整え、肌内部のうるおいを保持してくれます。

肌荒れを根本から改善したい方、乾燥肌が気になる方におすすめのオーガニックオールインワンゲルです。

まとめ

いかがでしたか?

選び方や使い方に気をつければ、メリットがたくさんあるオーガニックオールインワンゲル。

肌トラブルのリスクを最小限に抑えながら、たった1本で手軽に正しくスキンケアができるので、ぜひ一度試してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です