キズパワーパッドで毛穴ケアができる!?恐怖の実験を体験リポート

キズパワーパッド アイキャッチ

転んで怪我をしたり、紙や刃物で指を切ってしまったりしたときに使って患部をカバーする「キズパワーパッド」

そんな本来は絆創膏の役割を持つキズパワーパッドで、毛穴の悩みを解消できる方法があるというのです。

果たしてキズパワーパッドで本当に毛穴を隠したり目立たなくすることができるのでしょうか。筆者であるハリツヤ研究員Mが体を張って検証してみました。

キズパワーパッドで毛穴がなくなるのか検証してみた

キズパワーパッドで毛穴ケアのやり方

  1. キズパワーパッドを鼻から頬にかけての毛穴が目立つ位置に貼る
    ⇒キズパワーパッドを鼻の大きさや曲線に合わせてカットするとより密着します
  2. キズパワーパッドを毛穴が気になる箇所に貼ったままで数時間(6~8時間程度)過ごす

1日実験!キズパワーパッドの毛穴への効果はいかに!?

キズパワーパッドを毛穴の開きが目立ちやすい鼻の頭から小鼻、頬にかけて貼付けて、8時間後にキズパワーパッドを外して毛穴の様子を見ていきます。

実験前の毛穴の状態はこちらです。

鼻の頭のあたりは毛穴が開き、小鼻にいくにつれて黒ずみがあるのがわかります。

頬のあたりはたるんで毛穴が落ち込んでいるようにも見えますね。

8時間後キズパワーパッドを外した鼻の毛穴の様子はこちらです。

実験前よりも毛穴が開いて凹凸が深くなっているようにも見え、毛穴の中に脂が溜まりテカりも出てしまっています。

貼り付けている間や剥がした後はピリピリとしたかゆみがあり、湿疹や赤みこそないものの肌に刺激が与えられているような感覚もありました。

実験前と実験後の毛穴を並べて比較してみると、実験後の方が毛穴が開いているのが一目でわかるほど。

30倍にスコープできる肌チェッカーを使用しても、毛穴の認識数が32から50にまで増え、毛穴が大きくなり全体に増えてしまっています。

さらに、キズパワーパッドが肌にずっと密着している中で発汗し肌がふやけたためか、肌のキメも乱れてしまっているようです。

実験結果のまとめ

キズパワーパッドでの毛穴ケアには、毛穴を引き締めたり黒ずみをなくしたりする効果はありません。

さらに、肌に負担を与えて本来のキメまで損なってしまうので、全くおすすめできない毛穴ケア方法であるといえます。

キズパワーパッドが毛穴ケアにおすすめできない理由

キズパワーパッドで毛穴の開きやたるみ、詰まり・黒ずみを目立たなくすることはできません。

キズパワーパッドが本来持つ効果をもとに、なぜ毛穴ケアに効果がないのかを見ていきましょう。

キズパワーパッドは傷を治すもの

キズパワーパッドは、怪我をした患部に貼って治療のサポートをする絆創膏です。

通常の絆創膏は「傷の部分を乾かしてかさぶたにして治す(ドライヒーリング)」ようにできていますが、キズパワーパッドは「傷から出てくる体液を保つことで痛みを抑えながら傷を治す(モイストヒーリング)」方法で治療していきます。

あくまでも傷口から出る体液を利用して新しい皮膚をつくるサポートをするものなので、傷がついているわけでも、傷口から体液が出ているわけでもない毛穴の開きやたるみ・黒ずみには、全く効果がないのです。

開き・たるみ毛穴は一時的に改善が見られることも

今回体験した筆者の開き・たるみ毛穴には効果がありませんでしたが、キズパワーパッドを貼ってしばらくすると毛穴が小さくなったようにも見えるという口コミもあります。

しかし、これはキズパワーパッドの密着力によって、肌の乾燥が防がれて毛穴がうるおって柔らかい状態になりふっくらして見えるというだけのこと。

しばらく時間を置くとすぐに元に戻ってしまうので、毛穴の開きやたるみが改善されたわけではありません。

開き・たるみ毛穴が改善された!と喜んで継続して使用していると、鼻からの発汗状態によっては皮脂を詰まらせて、詰まり毛穴や黒ずみの原因を引き起こすこともあるので、毛穴ケアでのキズパワーパッドの使用は控えましょう。

かぶれを起こして肌荒れの原因に

キズパワーパッドは皮膚との密着力を活かして傷口の湿潤状態を保って傷を治すためのもの。

そのため、傷のない箇所に継続して貼っていると、汗をかいてパッド内が蒸れ、あせものような湿疹やかゆみといったかぶれの症状を引き起こすことがあります。

また、キズパワーパッドの素材自体がアレルギーを起こしやすいポリマーやポリウレタン素材であるということからも、敏感肌の人やアレルギーを起こしやすい人はかぶれを起こす危険性があります。

もしキズパワーパッドでかぶれを起こしてしまったら、すぐに使用を中断し、商品を持ってかかりつけの皮膚科医を受診して指示を仰ぎましょう。

毛穴3タイプ別|効果的なケア方法をご紹介

キズパワーパッドを使用しての毛穴ケアは、全く効果がないだけでなく、さらに肌荒れやかぶれなどを引き起こしてしまうためおすすめできません。

毛穴の悩みには、効果的なスキンケアを用いた根本からの改善が一番効果的です。

自分の毛穴タイプ別に、最適なスキンケア方法を見つけて毛穴の悩みを根気強くケアして解消していきましょう。

まずは自分の毛穴タイプを知ろう

毛穴タイプ診断

■開いてデコボコ!開き毛穴タイプ

■加齢で垂れ下がる!たるみ毛穴タイプ

■プツプツ・ザラザラ!詰まり・黒ずみ毛穴タイプ

実は毛穴ではなくて「シミ」かも!シミに効果的なスキンケア方法の記事

毛穴が目立つのはシミが原因かも?5つの改善法とおすすめ化粧品を紹介

開き毛穴にはビタミンC誘導体を

開き毛穴の原因は、皮脂の過剰分泌と乾燥の2つが考えられます。

皮脂が過剰に分泌されることで毛穴に皮脂が蓄積し、蓄積した汚れが毛穴を押し広げてしまいます。

また、あぶら取り紙で皮脂をとったままにしたり、クレンジングや洗顔で皮脂を洗い流した後、皮脂が多く出るからといって保湿をしないでいると、毛穴が乾燥して開いた状態が形状記憶されてしまうのです。

開き毛穴タイプは皮脂抑制効果・毛穴引き締め効果のある「ビタミンC誘導体」が配合された保湿剤を使用して乾燥を防ぐのが最適なお手入れ方法。

皮脂分泌が盛んなので、化粧水や乳液などの毎日のスキンケアの間に、油分の少ない毛穴対策用スキンケア化粧品を取り入れるのがおすすめです。

開き毛穴におすすめ「ビーグレン 毛穴専用トライアルセット」

ビーグレン毛穴ケアトライアル

7日分/1800円(税抜)

<ビーグレン 毛穴ケアトライアルセットの特徴>

  • 浸透テクノロジーQusomeを活用し、毛穴の奥の角質層まで有効成分が浸透
  • 化粧水・美容液・ゲルクリームでの保湿なので油分が少ない
  • 3つの保湿成分でしっかり保湿

ビーグレン毛穴ケアトライアルセットは、洗顔料・化粧水・美容液・ゲルクリームがひとつになったスキンケアラインのセットです。

開いた毛穴を引き締めるビタミンC誘導体が角質層の隅々まで行き渡るように、独自の浸透テクノロジーQusomeでアプローチしていきます。

開き毛穴や詰まり毛穴に悩む20代半ばのハリツヤ研究員Yが3日間使用してみたところ、赤く囲われた開いた毛穴がどんどん小さく、数も少なくなっていくのがわかりました。

肌チェッカーでの数値だけでなく、見た目の状態も化粧ノリが良く、いつもより肌のくすみが冴えて生き生きとした印象になっていたのも驚きの結果でした。

ビーグレン毛穴ケアシリーズをライン使いして、毛穴の開きや詰まりの改善を目指しましょう。

たるみ毛穴にはたっぷり保湿のエイジングケアを

年齢とともに肌がたるみ、その重力に引っ張られるように毛穴まで大きく広がって見えてしまうたるみ毛穴タイプには、エイジングケア化粧品の使用がおすすめ。

肌のたるみは、表皮の下にある真皮内に存在するコラーゲンが減少し、ハリや弾力が衰えることで引き起こされます。

そのため、たるみ毛穴タイプには真皮に働きかけてコラーゲン増やすレチノールや、真皮を再生する作用を持つペプチドが配合された保湿剤を使ってのスキンケアが最適です。

たるみ毛穴におすすめ「ナールスピュア+」

肌にハリとツヤを取り戻すnahls Pure+(ナールスピュア+)

ナールスピュアの特徴

  • 毛穴引き締め効果のある高浸透型ビタミンC誘導体APPS配合
  • エイジングケア成分のナールスゲン®でハリや弾力をよみがえらせる
  • 保湿力の高い水溶性プロテオグリカンで乾燥を防ぐ

ナールスピュアプラスは、たるみ毛穴に有効なエイジングケアや毛穴の引き締め効果が期待できる成分が多数配合された毛穴対策化粧水。

たるみ毛穴に悩む50代前半の女性が実際にナールスピュアを使い、ハリツヤ研究所の肌チェッカーを使用して毛穴の数値を計測したところ、3日間だけでも大きな効果を得られました。

使用前は毛穴の一つ一つが大きく広がっていたのに対し、日を重ねるごとに毛穴の大きさが縮こまり肌のキメも細かくなっているのがわかりますね。

実際に使用した人からも「1ヶ月使えばもっともっと肌全体にツヤが生まれて毛穴が目立たなくなりそう!」と期待を寄せる口コミが得られました。

肌に浸透しやすい毛穴対策化粧水「ナールスピュアプラス」で、エイジングケアをしながらたるみ毛穴も解消していきましょう。

詰まり・黒ずみ毛穴には角栓除去効果のある洗顔料を

分泌された皮脂が毛穴に詰まったまま洗い流されず、古い角質と一緒に蓄積して白くポツポツと浮かび上がったり、皮脂と古い角質が混ざりあってできる角栓が空気と触れて酸化し黒ずみになったりしてしまう詰まり・黒ずみ毛穴タイプ。

角栓が蓄積されたまま毛穴の中に残ってしまうことが原因なので、余分な角栓を取り除いてあげましょう。

角栓の原因となる皮脂やタンパク質を除去するために、毛穴の奥まで洗浄できる洗顔料を使うと日常的に皮脂汚れが溜まるのを予防することができますよ。

詰まり・黒ずみ毛穴におすすめ「然(しかり)よかせっけん」

然(しかり)よかせっけんの特徴

  • きめ細かいシリカパウダーが毛穴の汚れを吸着して除去
  • 天然由来の成分だから肌に優しい
  • 毛穴のすみずみまで洗うミクロ加工とバルーン加工を採用

然(しかり)よかせっけんは、天然ミネラル成分の「超微細シリカパウダー」をふんだんに使い、肌に負担をかけずに毛穴のすみずみまで洗いあげる無添加の洗顔石鹸。

毛穴が目立つことが気になっている20代後半のハリツヤ研究員が使用したところ、角栓の原因のひとつである皮脂の汚れを落とす効果がしっかりと確認されました。

左側が洗顔前、右側が然(しかり)よかせっけんでの洗顔後の小鼻の皮脂量を、肌チェッカーを使用して測定した写真です。

洗顔前は55の数値を示していた皮脂量が、然(しかり)よかせっけんを使用した後は21まで下がり、20代女性の皮脂量の平均値とほぼ同等の皮脂量に改善していますね。

毛穴汚れの原因となる皮脂はしっかりとりながら、うるおいを保つ成分が配合されているので肌がつっぱる感じもなく、乾燥が気になることもありませんでした。

乾燥肌でTゾーンのテカリや毛穴の汚れが気になる人にもおすすめの洗顔石鹸ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です