シミ予備軍とは?シミになる前にやっておきたい対策

パンチする女性

美白化粧品を使っても、できてしまったシミを消すことは難しいもの。

シミになる一歩手前のシミ予備軍の段階で、シミになるのを防ぐことができれば、一度できてしまうと消えにくいシミに悩まされずに済みます。

本記事では、そもそもシミ予備軍とは何か解説していくとともに、シミ予備軍をつくらない方法やシミ予備軍をシミにしないための方法などについて紹介します。

シミ予備軍とは

女性が鏡を見て微笑んでいる画像

シミ予備軍とは何か、シミができるメカニズムを踏まえた上で見ていきましょう。

シミができるメカニズム

皮膚は、肌表面の表皮の中で一番下にある基底層でケラチノサイト(角化細胞)が生まれて、有棘層、顆粒層へと押し上げられ角層細胞となり、少しずつ垢となって剥がれ落ちる、「肌のターンオーバー}という仕組みによって生まれ変わっています。

紫外線を浴びると、肌を守るために表皮の一番奥にある基底層のメラノサイトという色素細胞に情報が伝えられるとメラニンが生成され、ケラチノサイトに送られます。

メラニンはケラチノサイトで、肌トラブルを起こすもとになる紫外線を吸収して、肌を守る役割を持っているため送られているのです。

通常はターンオーバーの過程で、メラニンは外に排出され、肌の色は元に戻ります。

しかし、年齢を重ねることやストレス・睡眠不足、あるいは、紫外線を大量に浴びたことなどによりターンオーバーの周期が乱れてしまうと、メラニンが残って色素沈着を起こし、シミになってしまうのです。

シミ予備軍は「メラニンが蓄積している状態」

シミ予備軍とは、メラニンが肌に蓄積してシミになる一歩手前の「隠れジミ」の状態をいいます。

まだ、シミに悩まされていない人も、シミ予備軍が潜んでいる状態かもしれません。

エステや化粧品売り場で特殊な機械を使った肌診断を受けると、シミ予備軍の画像を確認することができます。

たとえば、紫外線を多く浴びている人をはじめ、肌のくすみが気になったり、化粧品のノリが悪くなったりしているなど、ターンオーバーの周期の乱れが感じられる人は、シミ予備軍が肌の奥に存在している可能性があります。

シミ予備軍ができるのを防ぐ方法

シミをつくらないためは、シミ予備軍ができるのを防ぐことが先決です。

紫外線は春や夏だけに限らず、秋や冬も降り注いていますので、シミ予備軍ができるのを予防するためには、紫外線対策は1年中必須。

日焼け止めなどによるUVケアを行ったり、帽子や日傘を使用したりするなど、日々の積み重ねがシミのない肌につながっていきます。

シミ予備軍をシミにしないためには

顎に手をあてる女性

シミ予備軍をシミにしないための対策として、ターンオーバーの周期の乱れを改善することと、美白化粧品を使ってメラニンの生成を抑えることが挙げられます。

ターンオーバーの周期の改善を図る

ベッドで眠る女性

肌のターンオーバーの周期の乱れは、メラミンの蓄積を招き、シミの発生につながっていきます。

ターンオーバーの周期の改善を図ることは、シミ予備軍の対策に有効です。

睡眠不足であったり、質のよい睡眠がとれていなかったりすると、睡眠中に分泌される成長ホルモンの分泌量が減少してしまいます。

また、栄養バランスの偏った食生活も、ターンオーバーの周期を乱れさせる原因です。

ターンオーバーに必要な栄養素の中でも、皮膚を修復するビタミンAは、うなぎや鶏や豚のレバー、人参などの緑黄色野菜に多く含まれています。

皮膚の粘膜の生成を促すビタミンB群も鶏や豚のレバーや緑黄色野菜のほか、まぐろやかつお、豚肉、牛乳、卵などが豊富に含まれている食品です。

ビタミンCはメラニンの生成を抑制するとともに、コラーゲンの生成を促す作用があり、キウイなどの果物、ピーマンやブロッコリーなどの野菜に多く含まれています。

充分な睡眠時間を確保し、食生活を見直すなど、生活習慣を整えることで、ターンオーバーの周期の乱れの改善につながっていくことが期待できます。

また、肌の乾燥もターンオーバーの周期の乱れを招きますので、保湿ケアも欠かさないようにしましょう。

美白化粧品でメラニンの生成を抑える

化粧水を手にのせる女性

 

シミになってしまうと美白化粧品だけを使用してシミを改善することは難しいため、シミ予備軍のうちに美白ケアをすることで、シミを防ぐことが期待できます。

美白有効成分として、厚生労働省が認めている成分が含まれた美白化粧品をスキンケアに取り入れましょう。

シミ予備軍に効果がある美白有効成分

  • アルブチン
  • コウジ酸
  • リノール酸
  • トラネキサム酸
  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタエキス
  • 4MSK

「アルブチン」はコケモモやリンゴンベリーなどに含まれ、メラニンが生成されるときに発生する酵素チロシナーゼの働きを妨げて、メラニンの生成を抑える効果があり、コウジ菌をもとにした「コウジ酸」も、チロシナーゼの活性を抑制する成分です。

一方、ベニバナ油からつくられる「リノール酸」はチロシナーゼ自体の量を減少させる効果があります。

「トラネキサム酸」は抗炎症剤としても使われる成分で、シミを発生させるプロスタグランジンという物質の生成を抑え、「ビタミンC誘導体」は、壊れやすいビタミンCを改良し、メラニンを還元する作用がある成分です。

ターンオーバーに関連する成分では、「プラセンタエキス」と「4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)」があります。

「プラセンタエキス」は哺乳動物の胎盤から栄養素を抽出したもので、メラニンの発生を防いだり、血流の流れをよくしてターンオーバー促すことで、メラニンを排出したりする美白効果のある成分です。

「4MSK」もメラニンを抑制することで、ターンオーバーを促進します。

シミ予備軍対策におすすめの化粧品

化粧水と石鹸

シミ予備軍をなくす効果ができる口コミでも人気の美白コスメを紹介します。

HAKU メラノフォーカス3D(資生堂)

HAKUメラノフォーカス3Dの画像
HAKU メラノフォーカス3D の特徴

  • 美白有効成分4MSKとトラネキサム酸を配合
  • ホワイトリリーとグルコサミンとグリセリンを配合したアンダーシールダーを配合し、シミを抑制して肌を整える
  • 3Dターゲティング処方という3D解析よるメラニンの分布データ用いた調合法を採用

「HAKU メラノフォーカス3D」は美白美容液。

美白有効成分の4MSKとトラネキサム酸の組み合わせは肌の奥まで浸透力を高める効果もあり、メラニンの発生を抑制します。

3Dターゲティング処方によって、メラニンが生成される肌の奥まで美白有効成分が届いて、メラニンの発生抑えられることが期待できます。

美白クリームAR(ちふれ)

ちふれ美白クリームAR
ちふれ 美白クリームARの特徴

  • 美白有効成分のアルブチンを配合
  • 保湿成分のヒアルロン酸を配合
  • 無香料、無着色、アルコールフリーの医薬部外品

「美白クリームAR」はプチプラの美白クリーム。

美白有効成分のアルブチンを配合してメラニンの生成を抑えるとともに、保湿成分のヒアルロン酸によって、肌をしっとりと整えます。

無香料、無着色、アルコールフリーのため、敏感肌の人も使いやすいこともちふれ美白クリームARのメリットのひとつです。

ホワイトニングエッセンス(ファンケル)

ファンケルホワイトニングエッセンス
ファンケル ホワイトニングエッセンスの特徴

  • 肌の奥までビタミンCを届けるアクティブビタミンCを配合
  • 防腐剤と香料、合成色素、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤が不使用

無添加化粧品で知られるファンケルの「ホワイトニングエッセンス」は、アクティブビタミンCによって、メラニンを還元する効果のあるビタミンCを肌の奥まで浸透させるのが特徴。

ヤグルマギクエキスによって肌のダメージを防ぐ効果が期待できます。

まとめ

できてしまったシミは化粧品で取り除くことは難しいので、シミ予備軍の段階で美白化粧品を使ってシミを防いだり生活習慣を改めて、ターンオーバーを促すことが大切です。

エステや美容クリニックに頼らずに、自分で美肌を保つためには、毎日のUVケアと美白ケアを習慣にしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です