ドモホルンリンクルでシミ予防!こだわりの8点を成分から検証

ドモホルンリンクル アイキャッチ

画像引用:ドモホルンリンクル公式サイト

「30代からの年齢化粧品」として名高いドモホルンリンクル。

加齢とともに表面化するシミやシワ、乾燥などの肌トラブルを解決する商品というだけあって、ドモホルンリンクルのシミ対策効果が気になっている方も多いのではないでしょうか。

本記事では、ドモホルンリンクルでシミ対策ができるのか、成分から検証しました。

ドモホルンリンクルでシミは消えない

シミ

シミに悩んだとき、「できてしまったシミを今すぐにでも消したい」「すぐにシミを消せる商品が欲しい」「これ以上シミが増えるのは避けたい」と考える方は多いでしょう。

結論から言うと、残念ながらドモホルンリンクルを使っても、既にできてしまったシミをすぐに消すことはできません。

ドモホルンリンクルの公式サイトにあるQ&Aでも、「シワ、シミは消えますか?」という質問に対し、はっきりとした回答は避けられている状態です。

シミやシワができる根底には、お肌が本来持っている「自己回復力」の低下があります。これには加齢が大きく影響しています。

加齢は止めることができませんので、一旦できてしまったシミやシワを消すということは難しいことです。

【引用元】シワ、シミは消えますか?|よくあるご質問|基礎化粧品ドモホルンリンクル

シミやシワを消すのが難しいという回答があるから、ドモホルンリンクルはシミに全く効果がないのかというと、そういうわけではありません。

ドモホルンリンクルの商品では既にあるシミをすぐに消すことはできませんが、これからできるシミを予防し、今あるシミが濃くなったり大きくなったりするのを防ぐ効果があります。

なぜドモホルンリンクルでシミの予防ができるのか、各商品に配合された成分を分析しながら説明していきます。

ドモホルンリンクルとは?

ドモホルンリンクルは、漢方専門の製薬会社である「再春館製薬」が作ったエイジングケアのための基礎化粧品です。

女性の年齢肌の悩みに対応するべく、約170種類もの和漢植物を中心とした原料を配合し、原料が持っている力を余さず活かして効果を最大限に発揮できる先端技術を使用。

ドモホルンリンクルの工場がおかれた熊本にある、日本屈指の名水である阿蘇の伏流水をはじめとし、こだわりを持って選ばれた様々な自然由来の原料をもとに「肌本来の力」を引き出す化粧品として研究・改良が進められています。

ドモホルンリンクルの商品紹介

ドモホルンリンクル

画像引用:ドモホルンリンクル公式サイト

ドモホルンリンクルには全部で8商品、1種類のスキンケアラインしか存在しません。

8点ある商品のうち、ひとつひとつに役割があって、正しい使い方をすることでお互いの力を引き出し、最大限の効果を発揮するように作られています。

肌本来の力を引き出すために必要な成分を、少しずつ肌のすみずみまで届けたいという思いから、時短で使用できるオールインワンなどの商品が用意されていないのです。

ここで、ドモホルンリンクルが8点のスキンケア化粧品にどんな役割を与えているのかを表にまとめてみました。

商品名

役割

化粧落しジェル

汚れを落とす

(落ちにくいメイクも、素早く溶かす。)

洗顔石鹸

洗い上げる

(毛穴の奥の汚れまで、しっかり落とす。)

泡の集中パック

ダメージを取り除く

(硬い年齢肌を、蒸らして柔らかくする。)

保湿液

うるおいで満たす

(乾いた肌に水分を補い、深くうるおす。)

美活肌エキス(医薬部外品)

透明感を与える

(うるおいのある透明感とツヤを与える)

クリーム20

弾力とハリを与える

(コラーゲンを補い、ハリを与える。)

保護乳液

角層をしっかり護る

(肌にベールをかけて、乾燥から守る。)

光対策素肌ドレスクリーム

紫外線から守り・ケアする

(紫外線を防ぎながら、素肌美を引き出す。)

表の役割を見るだけでもそれぞれの商品がどのような目的をもってつくられているのかがわかります。

ドモホルンリンクルの商品は8点そろって初めて最大効果を発揮するようにつくられてはいますが、ひとつひとつの商品に明確な意味があるので、1点のみの使用でも、選んだ商品に与えられた効果を発揮してくれます。

ライン使いが難しいなら【美活肌エキス】がおすすめ

美活肌エキス

画像引用:ドモホルンリンクル公式サイト

ライン使いが推奨されているものの、最低でも1点5,400円以上するドモホルンリンクルの商品を8点すべて購入するとなると、金額的に、気軽に手を出すのは難しいですよね。

ドモホルンリンクルの商品全てを購入することはできないけれど、シミ対策のために効果を試してみたい、という方には「美活肌エキス」の使用をおすすめします。

ダメージを取り除く役割を持つ「泡の集中パック」の方が、肌が紫外線などのダメージを受けた結果できてしまったシミに効果があるのではないかと思われがちですが、注目してほしいのは美活肌エキスの隣にある「医薬部外品」の表示です。

「医薬部外品」という表示からは、厚生労働大臣が「肌の悩みに働きかける有効な成分である」と認可した成分が含まれていることがわかります。

美活肌エキスに含まれている医薬部外品は、シミの原因である「メラニン」の生成を抑える効果を持っているので、シミ対策にドモホルンリンクルを使用するときは美活肌エキスを使うのがおすすめです。

【成分分析】ドモホルンリンクルはシミ予防には効果的

ドモホルンリンクルの8商品の成分を分析した結果、ドモホルンリンクルの商品は肌の健康状態を整えて、シミができにくい肌にしてくれるということがわかりました。

ここでは、特に注目したい成分を紹介していきます。

L-アスコルビン酸でメラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

美活肌エキスに含まれている「L-アスコルビン酸」は「肌の悩みに働きかける有効な成分」だと国に認められた美白成分である、水溶性のビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は壊れやすいビタミンCを吸収しやすい形に変えたもので、シミの原因となるメラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防いでくれる効果を持っています。

L-アスコルビン酸は数あるビタミンC誘導体の中でも低刺激の成分なので、敏感肌でも安心して使えるのが嬉しいですね。

こだわりの成分で肌のターンオーバーを整える

顔をつつむ女性

こだわり抜かれたドモホルンリンクルの原料の中でも、ターンオーバーを整えてシミのできにくい肌をつくる助けとなる効果がある成分を含むものをピックアップしました。

ドモホルンリンクルならではの原料に含まれた成分が、シミのできにくい肌を作る助けとなるのはなぜなのかを説明していきます。

紫外線と戦う【ピンピネラ】【長白参の根】

顔に光が当たっている女性

肌の大敵であり、シミの原因となる紫外線と戦ってくれる効果を持つのが、ピンピネラと長白参(ちょうはくじん)の根です。

ドモホルンリンクルが独自に開発した成分であるピンピネラは、シミの原因となるメラニンが作られるのを抑制する効果を持っています。

ピンピネラが配合されている商品

  • ドモホルンリンクルのスキンケアライン8点すべて

長白参は薬用人参の一種で、コラーゲンの生成を促進する効果があるのに加え、紫外線ダメージから肌を守る働きを持っています。

メラニン生成の原因となる紫外線ダメージが少しでも軽減されればシミができる可能性がぐっと低くなるので、紫外線ダメージから肌を守る働きがあるのは嬉しいですね。

長白参の根が配合されている商品

  • ドモホルンリンクルのスキンケアライン8点すべて

自己回復タンパクを増やす【アルニカ・チューリップ・グアバ葉】

ドモホルンリンクルの商品には、自己回復タンパクというタンパク質を増やしてくれる成分が含まれています。

自己回復タンパクはHSP(ヒート・ショック・プロテイン)とも呼ばれ、私たち人間に元々備わっているタンパク質で、紫外線や物理的な刺激などで傷んでしまった細胞を修復する作用があります。

自己回復タンパクにはHSP47、HSP60、HSP70のようにたくさんの種類があり、それぞれ異なった細胞に対して働くので、肌悩みに対して使用する場合はどの種類の自己回復タンパクが効果的であるかを知っておくと便利です。

たくさん種類がある自己回復タンパクの中でも、ドモホルンリンクルが注目したのは以下の3種類です。

  • HSP70
    紫外線のダメージを減らすことで肌を守り、メラニンを減少させる効果を持つ
  • HSP47
    肌の土台である真皮の約70%を占めているコラーゲン繊維を正しい構造で生成するために役立つ
  • HSP30
    シミの原因となるメラニンを生成するメラノサイトにダメージを与える活性酸素を無毒化する効果を持つ

ドモホルンリンクルの美活肌エキスに配合されているルーマニアアルニカは、紫外線から肌を守るHSP70を増やす効果を持っています。

ルーマニアアルニカが配合されている商品

  • 美活肌エキス

また、ドモホルンリンクルの全商品に配合されているチューリップは、コラーゲン繊維をつくりだすHSP47を増やして、肌に弾力やハリをもたらしてくれますよ。

チューリップが配合されている商品

  • ドモホルンリンクルのスキンケアライン8点すべて

さらに、シミの原因となるメラニンを生み出すメラノサイトに攻撃してメラニンの生成を促してしまう活性酸素の働きを抑えるHSP30を増やす効果を持つグアバ葉も配合しているので、新たなシミを予防するのに有効だといえるのです。

グアバ葉が配合されている商品

  • 泡の集中パック
  • 保湿液
  • 美活肌エキス
  • クリーム20
  • 乳液
  • 光対策 素肌ドレスクリーム

肌にうるおいを与えターンオーバーを整える【泉州水茄子】

ウォータークラウン

紫外線や乾燥など、外からの刺激を受けがちな肌を守るうえで欠かせないのはやはり「うるおい」。

手で絞ると果汁が落ちるほどのみずみずしさを持つ泉州水茄子から抽出したエキスは、角質層の細胞に働きかけて天然保湿因子の生成を促し、肌のうるおいを保つ効果を持っています。

正しい方法で保湿を行って肌荒れを防止し、ターンオーバーを整えて、シミの原因となるメラニン色素を持った表皮からメラニン色素を持たない表皮へと生まれ変わらせることも、シミ対策には重要です。

保湿の正しい方法については、関連リンクを参考にしてくださいね。

泉州水茄子が配合されている商品

  • 保湿液

ドモホルンリンクルを購入する方法

指を指している女性

ドモホルンリンクルは通常、ドラッグストアやコスメショップなどでの取り扱いはありません。

一番手軽な方法としては、公式から購入するのがおすすめです。

ドモホルンリンクルの商品を公式で購入する場合は、実店舗での注文か、公式サイトからの注文、もしくは電話での注文のどれかになります。

ここでは、あまり知られていない店舗からの注文と公式サイトからの注文、それぞれのメリットを紹介し、どの方法で購入するべきかを判断するためのポイントを説明していきます。

ドモホルンリンクルの実店舗は全国に3件のみ

ドモホルンリンクルの使い心地を実際に確認し、スタッフの意見を参考にしたいという場合には実店舗で商品を体験することができます。

予約制ですが、実店舗には無料でフルラインの体験を行い、じっくりとカウンセリングをしてもらえる「個室キャビン」が設置されています。

自分の肌の悩みがドモホルンリンクルで解決できるのか、実際に体験しながらプロに相談できるのは嬉しいですね。

しかし、ドモホルンリンクルの実店舗は全国でも東京、大阪、福岡の3件しかありません。

実際に商品を手に取ってカウンセリングを行うこともできますが、あくまでもお試しや相談のみ。

気に入ったからその場ですぐ購入、ということはできなくなっています。

購入する場合はその場で申し込みを行い、郵送での受け取りか、後日また店舗を訪問しての受け取りになります。

公式サイトでもチャットで質問が可能

遠方の方や実店舗を訪問する時間が取れない方には、公式サイトからの購入がおすすめです。

何か気になることや聞きたいことがある場合には、公式サイトを訪問して10秒ほど待つと右下に「チャットで質問」というバナーが表示され、そちらからオペレーターに質問をすることができます。

自宅にいてもチャットを通してプロに確認することができるので、実際に店舗を訪れることができなくても安心ですね。

質問できてもいきなり本品を買うのはちょっと…という方は、無料お試しセットが準備されているのでそちらを注文して使用感を確認してみてください。

できてしまったシミを消すならシミ対策クリームを!

クリーム

ドモホルンリンクルの商品でシミ予防はできても、既にあるシミをすぐに消すことはできません。

なるべく早くシミが気にならないような状態にしたい、という方には「ハイドロキノン」という成分が含まれているシミ対策クリームがおすすめです。

ハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれ、すでに肌にあるメラニンを無色の状態に戻す作用があります。

また、高いメラニンの抑制効果を持っており、新しいシミが生まれるのを防止してくれるため、シミへの効果が高いと言えるのです。

しかし、ハイドロキノンはシミへの効果が高いという特徴を持つ一方で、使い方を誤るとかえってシミが目立ったり、新たなシミができたりしてしまう危険性を持っています。

ハイドロキノンを使う場合には関連リンクをよく読んで、正しい使い方をするように心がけてください。

ビーグレン QuSome®ホワイトクリーム1.9

ビーグレンホワイトクリーム2

内容量 15g 価格 6,480円(税込)

ビーグレン QuSome®ホワイトクリーム1.9は有効成分であるハイドロキノンをシミの原因となっている部分まで届ける浸透技術「QuSome®」を採用しており、継続して使用することでメラニンの色素を薄くして、シミの気にならない肌を作ってくれることが期待できます。

刺激の強いハイドロキノンをQuSome®の成分で包み込んで肌への刺激が軽減されているので、敏感肌や乾燥肌の人でも使えるのが嬉しいですね。

ビーグレンのホワイトクリームを使ったシミ対策スキンケアを紹介した記事があるので、こちらもぜひ参考にしてください。

おすすめ記事