イキイキとした目元を守る!正しいアイメイクのクレンジング方法

ばっちり濃い目メイクの外がい女性

毎日クレンジング剤を使って化粧を落としているのに、アイメイクだけが残ってしまうという経験がある方も多いのではないでしょうか。

残ってしまったアイメイクを落とす時、ゴシゴシと強い力でクレンジングしていると、目元を老化させる原因になってしまいます。

落としにくいアイメイクをしている場合には、目元専用のリムーバーが必要です。

アイメイクリムーバーを使った正しいクレンジング方法を説明します。

アイメイクのクレンジングを見直して目元の老化を防ぐ

目元にツヤがなくなったり、くすみや小じわ、乾燥が気になったりしている人は、もしかしたら、間違った方法で目元のクレンジングをしているという可能性があります。

ベースメイク用のクレンジング剤だけで、クレンジングを行っていると、アイメイクなどの落ちにくい化粧は、完全に落とすことができないために、肌をこするなどして肌に負担をかけてしまい、目元の老化に繋がってしまうのです。

目元専用のクレンジング剤を知り、正しいアイメイクのクレンジング方法を実践することで、目元の老化を防ぐことができます。

ベースメイクとアイメイクのクレンジング剤の違い

ファンデーションなどのベースメイクを落とすためのクレンジング剤は、通常、毎日使用するものなので、洗浄力はそれほど強くありません。

水や汗に強いウォータープルーフタイプや、長持ちするタイプのロングラスティングのアイラインやマスカラ、ラメ入りのアイシャドウなどで、しっかりメイクをしている場合は、ベースメイク用のクレンジングでは落とすことができません。

ベースメイク用のクレンジングで、ウォータープルーフなどのアイメイクを落とそうとすると、落ちにくいために、どうしても瞼(まぶた)を強くこすってしまいがちになり、肌荒れの原因になっていまいます。

ウォータープルーフなどの落ちにくいアイメイクを落とすためには、洗浄力の高いアイメイク専用のアイリムーバーを使用してクレンジングする方が、洗浄力の低いクレンジングでゴシゴシと瞼をこするよりも肌荒れを防ぐ効果があるのです。

アイメイクリムーバーを使用するメリット

洗浄力の高いアイメイクリムーバーを使うことで、落ちにくいアイメイクも、こすらず簡単にクレンジングすることができ、小じわや色素沈着などの目元のトラブルから守ることができます。

私たちの目元の皮膚の厚みは、ゆで卵の薄皮程度(約0.6mm)しかなく、とてもデリケートな部位です。

薄くてデリケートな目元の皮膚を、強い力でゴシゴシこすると、摩擦によって皮膚表面の角質細胞層を必要以上にそぎ落としてしまうために、肌のバリア機能が低下して乾燥を招き、目元の肌荒れ、くすみ、小じわ、色素沈着などの原因になってしまう可能性があります。

ベースメイク用の洗浄力の低いクレンジング剤よりも、アイメイク専用のアイメイクリムーバーを使用することで、皮膚に負担をかけずにクレンジングできるので、目元のデリケートな皮膚への負担が減るのです。

目元の色素沈着のメカニズム

皮膚構成

目元のくすみや黒ずみは、落とし切れずに残っているアイメイクが皮膚に浸透してしまうことで、色素沈着を起こして黒ずむと思っている方も多いのではないでしょうか?

実際には、アイシャドウやアイラインなどの化粧品は分子が大きいため、色が肌に浸透するということはありません。

色素沈着を起こす原因は、紫外線を浴びることや、メイクを落とすための過剰な刺激(皮膚のこすり過ぎなどの外的刺激)によって、肌を守ろうとするメラニンの生成が活発になって増えることで、目元のくすみや黒ずみとして表れてしまうのです。

一度黒ずんでしまった目元の皮膚も、正しいクレンジング方法を続けていけば、正常なターンオーバーに戻っていきます。

ターンオーバーが正常になると、正しい周期で新しい細胞が生成されるようになるので、古くなった角質ははげおちていき、黒ずみも徐々に薄くなっていきます。

アイメイクリムーバーの選ぶときの3つのポイント

考えている女性

アイメイクリムーバーが良いといっても、数ある商品からどれを選ぶか迷いますよね。

アイメイクリムーバー(目元専用クレンジング剤)をどのような視点から選んだら良いのか、アイメイクリムーバーを選ぶ3つのポイントについてみてみましょう。

アイメイク商品と同じメーカーのリムーバーを選択

もし可能ならば、自分自身が使用しているアイメイク商品と、同じブランドやメーカーのアイメイクリムーバーを選択することをおすすめします。

アイメイク商品を販売している各ブランドやメーカーでは、自社ブランドのアイメイクが落ちやすいように、アイメイクリムーバーも研究開発しているため、アイメイク商品と同じブランドのリムーバーを選択することで、すっきりとアイメイクを落とすことができます。

敏感肌の人は配合成分に注意

乾燥やアトピーなどの敏感肌で悩んでいる人は、合成着色料や合成香料などが含まれていないアイメイクリムーバーを選ぶことが大切です。

また、アイメイクリムーバーは、洗浄力の高いオイルを使用していることが多いのですが、オイルを使用している商品を選ぶ際にも合成油ではなく天然オイルを使用しているものを選ぶようにしましょう。

アイメイクリムーバーを購入する前に、公式ホームページの成分表示を確認したり、商品の裏側や外箱などについているラベルの成分表を調べたりして、できるだけ天然成分を使用している商品を選ぶようにすることをおすすめします。

マツエクをしている人はオイルフリータイプを

マツエク(まつ毛のエクステ)をしている場合、マツエクは油分に弱いため、油分が含まれたリムーバーを使用すると、まつ毛が取れやすくなり、長い間美しい状態をキープするのが難しくなります。

マツエクをしている人は、オイルを使っていないオイルフリーのアイメイクリムーバーか、マツエクをしている人も使用可能と謳って(うたって)いるクレンジング剤を選ぶと良いでしょう。

マツエクOKのクレンジングの紹介をしている記事を読む「マツエク長持ちの秘訣はクレンジングにあり」

おすすめしたいアイメイクリムーバー3商品

ここでは、通常のアイメイクリムーバー2商品と、まつ毛のエクステをしている人におすすめしたい1商品を紹介します。

マンダム ビフェスタ『うる落ち水クレンジング アイメイクアップリムーバー』

マンダム ビフェスタ『うる落ち水クレンジング アイメイクアップリムーバー』

145ml本体価格 918円(税込)参考価格

『うる落ち水クレンジング アイメイクアップリムーバー』の特徴
・一度でアイメイクが良く落ちるので、W洗顔の必要がありません。
・油分と水分の量が一目で分かる2層式タイプのアイメイクリムーバーです。
・肌にハリと潤いを与える成分が配合されています。

保湿性洗浄成分という成分によって、落としにくいアイメイクのメイク油を素早く浮かして汚れを包み込むので、メイクをすっきりと落として、潤いも与えてくれます。

洗浄成分を含んだ化粧水部分の水層と、肌に柔軟性を与える油性エモリエントという油層の2層に分かれているため、水性と油性のダブル効果が期待できます。

ヒアルロン酸やビタミンB・E誘導体など、保湿成分がたっぷりと配合されているので、肌の潤いを保ちながら目元やまつ毛を守ってくれます。

低刺激処方、無香料、無着色、防腐剤フリーなので、敏感肌の人にもおすすめです。

メイベリンニューヨーク『エクスプレス ケア トータル クリーン』

メイベリンニューヨーク『エクスプレス ケア トータル クリーン』

メーカー希望小売価格 540円(税込)

『エクスプレス ケア トータル クリーン』の特徴
・使用直前に振って使う2層タイプなので、みずみずしいテクスチャーをキープします。
・目元や口元のデリケートな肌に、やさしい使い心地です。
・ベタつかず、しっとりとした仕上がりです。

淡いパープルのオイル層と、クリアな水の層からなる2層タイプのポイントメイクアップリムーバーで、油性のメイクでも水溶性のメイクでも、素早くなじんでメイクオフします。

落ちにくいマスカラ、アイライン、ラメ、パールなども、油性と水性の特性を生かした洗浄成分と保湿成分によって、肌に負担をかけずにメイクオフすることができます。

求めやすい価格設定で、持ち運びもしやすいコンパクトタイプです。

EYEZ『ジェントルアイメイクアップリムーバー』

EYEZ『ジェントルアイメイクアップリムーバー』

150ml 1,728円(税込)

『ジェントルアイメイクアップリムーバー』の特徴
・マツエクが取れにくいオイルフリータイプです。
・低刺激性なので安心して使用できます。
・植物エキスの保湿成分配合で、肌に負担をかけません。

キュウリ果実、セイヨウオトギリソウ、トウキンセンカ花、カミツレ花、ヤグルマギク花、ローマカミツレ花、フユボダイジュ花などの植物エキスをふんだんに配合しているので、肌へ負担をかけないメイクアップリムーバーです。

オイルフリーで、綿棒やコットンを使用してアイメイクを落とす、ローションタイプなので、まつ毛のエクステをしている方にもおすすめです。

リムーバークレンジングの方法と注意点

クレンジングシートで化粧を落とす女性

アイメイクの正しいクレンジング方法を紹介します。

    1. コットンにアイメイクリムーバーを、500円玉ほどの大きさで、裏側にも浸透する位の量を染み込ませます。

    2. アイメイクリムーバーが染み込んだコットンを、片方の目の瞼(まぶた)の上にのせて、10秒間待ちます。

    3. 10秒経過したら、そっとアイメイクをふき取ります。

      【ポイント】

      アイメイクリムーバーが目に入ると、目がかすんだりする可能性があるので、目をつむって、クレンジング剤が目に入らないようにすることが大切です。

      アイメイクを落とす際は、ゴシゴシと力を入れずに、アイメイクリムーバーをコットンに十分浸したものを、10秒以上目元になじませてから、軽くふき取るようにしましょう。

    4. までの過程で、アイラインやマスカラがまだ残っている場合は、綿棒にアイメイクリムーバーをたっぷりつけて、コットンを目の下に置き、リムーバーがついている綿棒を使用して、残っているアイメイクをやさしく取り除いていきましょう。

    5. 反対側の目元も同様に、新しいコットンを使用して1~4を繰り返し、やさしくアイメイクを落としましょう。

    6. アイメイクリムーバーは洗浄力が高いために、油分の取り過ぎなどによって、肌荒れの原因になることがあります。
      アイメイクリムーバー使用後は、保湿成分の高いヒアルロン酸やスクワラン、ホホバオイルなどが入ったクリームを塗って保湿し、くすみや小じわのないイキイキとした目元を守りましょう。

アイメイクをした女性の目

アイメイクリムーバーを使用して、肌に異常があったり、違和感があったりした場合は、使用するのを止めましょう。

肌に合わない成分が含まれているアイメイクリムーバーを使用し続けていると、肌荒れや乾燥を引き起こす原因になることがあるので、注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です