もう安心!オールインワンゲルのモロモロの原因と対処法を紹介

簡単にスキンケアできることで人気のオールインワンゲル。

しかし、オールインワンゲルを塗った後、ポロポロとしたカスのようなものが出てきて、メイクをする時の妨げになったことはありませんか?

本記事では、ポロポロ出るカスの原因と対処法を紹介します。

オールインワンゲルは1本で万能機能

便利な基礎化粧品として様々なメーカーから販売されているオールインワンゲル。

オールインワンゲルとは、化粧水・乳液・美容液などを1つにまとめたゲル(ジェル)状の基礎化粧品のことです。

メーカーによっては、化粧水・乳液・美容液に加え、化粧下地の効果も含まれるオールインワンゲルもあるので、まさに1つで多くの役割を果たしてくれる便利な基礎化粧品です。

しかし1本で多機能の役割を果たすということは、それぞれにメリットとデメリットがあります。

では、オールインワンゲルにはどんなメリットとデメリットがあるのかを見ていきましょう。

オールインワンゲルのメリット

  • 時短のスキンケアが叶う

オールインワンゲルはオールインワンという言葉の通り、化粧水、乳液、美容液などのスキンケアの一連の工程を1本で済ますことができるため、スキンケアの時間が手短に済みます。

たとえば、仕事が忙しく朝に時間の余裕がない人や、子育てでなかなか自分に時間をかけることが出来ない人に適しています。

  • 1つでスキンケアできるので経済的

オールインワンゲルには、化粧水、乳液、美容液などの効果が1本に凝縮されているため、それぞれのスキンケア商品を購入するよりも、金額負担がかかりません。

  • 肌への摩擦による負担が少ない

化粧水から美容液、乳液、クリームと何種類ものスキンケアを使用すると、その分肌に触れる回数が自然と多くなりますよね。

オールインワンゲルは1度で全てのスキンケアを行うことができるので、肌に触れる回数も自然と減り、肌への摩擦による負担も少なくなります。

肌の調子が良い人は化粧水・美容液・乳液などを使用してスキンケアを行うより、肌の自己治癒能力を信じてオールインワンで簡単にスキンケアしてあげるのも良いですね。

使い勝手がよくて、簡単にスキンケアできることがオールインワンゲルの人気の理由ですが、反対にデメリットを見ていきましょう。

オールインワンゲルのデメリット

ニキビと乾燥に悩む女性のイメージ画像

  • 保湿や美容液効果など、少し物足りなさを感じてしまう場合がある

オールインワンゲルは1本で多機能ということもあり、化粧水や乳液、美容液などのそれぞれの効果と比べると、少し物足りなさを感じてしまう可能性があります。

たとえば美容液の場合、美白美容液となると美白に特化した有効成分が含まれるため、肌の透明感を上げたりくすみを改善する効果があります。

しかし、オールインワンゲルの場合は1本に満遍なく保湿効果や美白効果などが配合されているので、特別な効果を実感することは難しいのです。

そのため、オールインワンゲル1本で物足りなさを感じる場合は、美容液やクリームを追加して使用することをおすすめします。

  • 肌の状態や悩みにあわせてスキンケアできない

オールインワンゲルは肌のコンディションにあわせてスキンケアできないのもデメリットの一つです。

たとえば、風邪をひいた時咳がでて喉が痛い、喉が痛いとなれば、咳と喉にそれぞれの症状に対応する風邪薬を購入しますよね。

スキンケアも同じで、肌悩みにあわせて基礎化粧品を選ぶことが肌にとって効果的なのです。

しかし、オールインワンゲルの場合は風邪薬で言うと総合風邪薬のような役割になるので、必要なところに効果があるのではなく全体的にそれ相応の効果しか感じられないのです。

スキンケアで美白に力をいれたスキンケアをしたいなどであれば、美白効果の入ったオールインワンゲルを使用するより、一手間ではありますが美白スキンケアをラインで使用するほうがより効果が感じられますよ。

  • 使用すると、ポロポロとカスにようなものがでてくる

オールインワンゲルを使用しているとベタベタしたりポロポロとしたカスのようなものがでるというデメリットがあります。

ポロポロとしたカスのようなものはオールインワンゲルの成分やスキンケアする時の馴染ませかたの問題があります。

では、その原因と対処法をみていきましょう。

塗ったあとにポロポロでるカスの原因と正体

女性が大きい虫眼鏡を持てクエスチョンマークが浮かんでいる画像

見た目もプルプルしていて、みずみずしい感触で使い心地が気持ち良いオールインワンゲル。

1本で化粧水・乳液・美容液の効果が得られ、簡単にスキンケアができるので、便利ですよね。

便利となことは嬉しいのですが、オールインワンゲルを使用したときにポロポロとしたカスのようなものがでてくる場合があります。

このポロポロとしたカスのようなものを「モロモロ」と呼びます。

使用していて「モロモロ」のようなカスが出てくると、洗顔のすすぎが甘かったのかな?とか、肌の老廃物が出てきたのかな?など少し自分の肌が心配になりますよね。

しかし、「モロモロ」は、洗顔の落とし忘れでも肌の老廃物でもなく、オールインワンゲルの中に含まれるカルボマー(カルボキシビニルポリマー)とジメチコンという天然由来成分のシリコンが、ファンデーションなどをのせた時に混ざり合ってでてくるのものなのです。

オールインワンゲルは見た目がプルプルしていますが、プルプルした状態を維持するために、粘着調整剤としてカルボマー(カルボキシビニルポリマー)という成分が配合されています。

しかしカボルマーは乾くと肌となじみが悪く皮膜感を感じたりボロボロと粉になって剝がれていくのです

オールインワンを手で肌に塗るときに自然と摩擦がおきてしまいます。

その段階でカルボマーが乾燥して肌から離れて剥がれ落ちてしまうのですが、肌から剥がれ落ちたものが「モロモロ」と呼ばれる正体なのです。

またジメチコンの場合は、保湿するために水分や油分に強く膜を作る役割があります。

ジメチコンは保湿効果を高めるために、化粧下地やBBクリーム、ファンデーションなどベースメイクの中にも入っているのでオールインワンのジメチコンの成分とベースメイクのジメチコンとの成分の相性が悪かった場合、「モロモロ」が発生します。

では、スキンケアの段階でこの「モロモロ」がでないようにするにはどのように対処していけば良いか見ていきましょう。

「モロモロ」が出にくくするスキンケア方法

手でOKサインを出す女性

多くのオールインワンゲルでは、プルプルとした感触やみずみずしさを維持するために、カルボマーが含まれています。

メーカーによっては「モロモロ」がでない商品もありますが、オールインワンゲルの成分にカルボマーが含まれている限り性質上全くでないというわけではありません。

しかしちょっとした工夫でオールインワンゲルを使用したときのモロモロをでにくくする対処法があります。

是非以下の対処法を参考にしてみてくださいね。

オールインワンを肌にのせる時に力を入れて擦りすぎない

オールインワンはプルプルしてある程度固さがあるため、知らず知らずのうちにどうしても力を入れて伸ばしてしまいますよね。

しかし、オールインワンゲルを肌にのせる時に力が入ってしまうと肌の上で摩擦がおきてしまいます。

肌の上で摩擦がおきてしまうと、配合成分のカボルマーが乾燥してしまい、ダイレクトにモロモロの原因となります。

力をいれなくても角質には水分や栄養素は行き渡るので、子猫をなでるような優しさで顔全体に伸ばしていきましょう。

オールインワンゲルを塗る量は適量を一度に塗る

オールインワンゲルを塗るときに、何回かに分けてこまめに塗るのではなく、一回でぬりましょう。

何回かにわけてこまめにぬることは一見良さそうに感じますが、一番初めに塗った箇所が乾燥して、もしその上から新たにオールインワンを重ねると、肌が摩擦されてしまい、モロモロの原因となります。

オールインワンゲルを塗ったあとは、ティッシュオフしてからメイクにはいる

オールインワンゲルでスキンケアしたあと、メイクに入る前は軽くティッシュオフしましょう。

ティッシュオフとは、スキンケアした後、顔に軽くティッシュを貼り付けるように抑えつけて、角質に浸透しなかった余分な水分と油分を吸い取ることです。

ティッシュオフする際、ティッシュにオールインワンの水分や栄養がとられてしまうのではないかと心配になりますよね。

しかし一度肌に馴染ませ、両手で押さえてハンドプレスすると、角質にはオールインワンの水分や栄養は肌に固定されます。

忙しいときこそ、ティッシュオフを使用して肌馴染みがよくなるように活用してみましょう。

以上モロモロのでにくくするような対処法を紹介しましたが、これでもオールインワンゲルのモロモロがでてしまうという方に、モロモロが出にくいオールインワンゲルを紹介します。

モロモロのでにくいオールインワンゲル『メディプラスゲル』

180g 3,700円(税抜)

メディプラスの商品紹介の画像

メディプラスゲル特長

  • リニューアルして、モロモロがでにくくなり使いやすい
  • 防腐剤、着色料、合成界面活性剤、鉱物油、アルコール、香料、合成乳化剤が排除された無添加で敏感肌でも使用できる
  • 高濃度セラミド、ヒアルロン酸などを含む66種類の美容成分が配合されているので、使い続けることで潤いのある肌に変化していく

メディプラスゲルは、敏感肌でも使用できるオールインワンゲルです。

もともと、開発者が敏感肌で悩んでいたため開発には非常に時間と、自身の腕でパッチテストを行い炎症やかゆみがでた成分は全て排除して敏感肌でも使用できる、と労力をかけて徹底的にこだわり作られたオールインワンゲルなのです。

さらに美肌に効果的で有名な玉造温泉水を使用し、さらに66種類の美容成分が配合されているので、オールインワンとしてはとても贅沢な1本です。

そして、2016年にリニューアルして、オールインワンゲル特有のベトベト感を軽減し、みずみずしさあふれる使用感となりました。

同時にオールインワン使用者の悩みであるモロモロがでにくい処方となったので、保湿もさながらメイク前でも使いやすく、香料も使用していないので安心して使用できます。

オールインワンを使用したいけど、モロモロが気になって中々挑戦するのをためらっていた人は是非メディプラスゲルを試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です