毛穴がボコボコする3つの原因となめらか素肌を目指す6つの対策

河辺にたたずむ女性

ファンデーションなどでベースメイクをしているときに、毛穴がボコボコしているのが目立って気になるという人はいませんか?

ボコボコとした毛穴はメイクで隠そうとしてもでこぼこが残ってしまうので、目立たなくすることはできてもなくすことはできません。

ボコボコ毛穴をなくすには、ボコボコしてしまった原因を知り、原因に合ったスキンケアを丁寧に続けることが大切です。本記事では、毛穴がボコボコする3つの原因と6つの対策について説明していきます。

毛穴のボコボコを解消したいなら「原因」を見つけよう

卵のようなつるつるの肌

ボコボコした毛穴が気になる人は、毛穴がボコボコしている原因が何かを考えることから始めるのが大切。

毛穴がボコボコしている原因は1つではないので、自分の毛穴タイプに合ったスキンケアをおこなうことが、ボコボコ毛穴を解消する近道になりますよ。

ボコボコ毛穴の4タイプの特徴を紹介していくので、自分のボコボコ毛穴の特徴に合った毛穴タイプを見つけて、効果的なスキンケア方法を実践していきましょう。

たるみによるボコボコ毛穴

たるみによるボコボコ毛穴
チェックポイント

☑特に頬の毛穴がボコボコしているように感じる
☑毛穴の形が涙型に垂れ下がっているように見える
☑加齢に伴い肌全体のハリがなくなってきた
☑毛穴が縦に垂れ下がり、繋がって小じわができている

角栓の詰まりによるボコボコ毛穴

詰まりによるボコボコ毛穴
チェックポイント

☑特に鼻や顎の毛穴がボコボコしているように感じる
☑ボコボコしている毛穴が白かったり黒ずんだりして見える
☑ボコボコ毛穴を爪で押し出したり、毛穴パックを使ったりしている
☑ボコボコした毛穴をよく見ると、ニュルっとしたものが出ている

毛穴の開きによるボコボコ毛穴

毛穴の開きによるボコボコ毛穴
チェックポイント

☑脂性肌(オイリー肌)で日中のテカリが気になる
☑顔全体の毛穴がボコボコしているように感じる
☑ボコボコとした毛穴が顔に影を作って、全体的に暗く感じる

ニキビやニキビ跡によるボコボコ毛穴

しみ毛穴のイメージ
チェックポイント

☑顔全体のニキビのせいで毛穴がボコボコとしている
☑ニキビだけでなく、顔全体の赤みが気になる
☑いつも決まった場所にニキビができるのが悩み
☑ニキビ肌自体は落ち着いてきたけど、ニキビ跡が残ってしまった

たるみによるボコボコ毛穴

たるみによるボコボコ毛穴に悩む女性

丸い形だったはずの毛穴が、涙型や楕円形など、縦の方向に伸びているならば、たるみ毛穴と考えられます。

たるみ毛穴はその名の通り、肌がハリや弾力を失ってたるみ、毛穴が開いてしまった状態のことをいい、肌のたるみが目立ちやすい頬に現れやすいのが特徴。

こめかみあたりの皮膚をつまみ、頭頂部に向かって斜め上に顔の毛穴を引っ張ったときに、ボコボコした毛穴が目立たなくなれば「たるみ毛穴」と見分けることができます。

加齢によって肌内部のハリを保つコラーゲンやエラスチンが減少したり、表情筋が衰えて頬が垂れ下がったりすることが主な原因です。

ハリを取り戻す美容成分配合のスキンケアを

肌のハリや弾力が失われてたるむのは、肌内部の「真皮層」に存在しているコラーゲンやエラスチンが減少してしまうのが原因。

コラーゲンやエラスチンが不足しているならスキンケア化粧品で補ったらいいのでは、と思う人もいるかもしれませんが、スキンケア化粧品が肌内部に直接届くのは、真皮層より外側の「表皮層」までなので、コラーゲンやエラスチンを直接肌内部に補うことは不可能です。

ただ、コラーゲンやエラスチンの生成を助ける成分を配合したスキンケア化粧品を使うことで、不足したコラーゲンやエラスチンを間接的に補うことができます。ボコボコとしたたるみ毛穴に悩んでいる人は、肌にハリや弾力を与えるコラーゲン、エラスチンの生成を助ける成分に注目してスキンケア化粧品を選んでみてくださいね。

コラーゲンやエラスチンの生成を助ける美容成分

  • ビタミンC誘導体
  • レチノール

たるみ毛穴におすすめの化粧品【アスタリフト】

たるみ毛穴におすすめの化粧品【アスタリフト】
アスタリフトの特徴

  • 肌のハリを保つコラーゲンの生成を助ける「ビタミンC誘導体」配合
  • 「アスタキサンチン」と「リコピン」がハリと弾力をもたらす
  • ヒト型セラミドを配合しているので保湿効果の高さも期待大

松田聖子さんのCMでもお馴染みのスキンケア化粧品「アスタリフト」。

アスタリフトは、肌のハリを保つコラーゲンの生成を助けるビタミンC誘導体を配合しているため、たるみが原因のボコボコ毛穴にとって効果的といえるでしょう。

またアスタリフトの特徴ともいえる、「アスタキサンチン」と「リコピン」の2つの赤い美容成分も、肌にハリと弾力をもたらす働きがあります。保湿効果の高いヒト型セラミドも配合しているので、ボコボコ毛穴だけでなく乾燥肌や敏感肌に悩む人にとっても効果が期待できますよ。

トライアルセットは5日分で1,000円(税抜)なので、ボコボコとしたたるみ毛穴に悩んでいる人はぜひ試してみてくださいね。

角栓の詰まりによるボコボコ毛穴

鏡を覗き込み心配した表情を浮かべる女性

ボコボコ毛穴の中に白い芯が見られたり、ボコボコ毛穴の表面が黒く汚れていたりする場合は、毛穴に汚れが詰まっている「詰まり毛穴」といえるでしょう。毛穴に詰まっている白や黒の汚れは、肌表面の古い角質に、皮脂やメイク汚れなどの油分が混ざり合ってできる「角栓」です。

通常の健康な肌だと、肌表面が生まれ変わる肌のターンオーバーの働きにより、角栓が詰まってしまうことはありません。しかし、皮脂が過剰に分泌されたり、加齢や乾燥により肌のターンオーバーがうまく働かず、古い角質が溜まったりしてしまうと角栓ができやすく、詰まりやすくなってしまいます。

ボコボコした詰まり毛穴を改善するためのスキンケアで重要なのは、角栓の元になるメイク汚れや皮脂を丁寧に洗い流すクレンジングと洗顔を行うこと。

また、肌のターンオーバーを正常に促すために水分と油分で保湿をして、肌表面の古い角質を柔らかくすることもボコボコ毛穴に効果的なアプローチになりますよ。

毎日のスキンケア方法を見直して

ボコボコとした詰まり毛穴を取り除くために、爪やピンセットを使ってニュルニュルした角栓を取り除いたことがある人もいるのではないでしょうか。

角栓は無理に取り除くと、毛穴自体がぽっかり空いた「開き毛穴」にもなりかねないので、ボコボコした詰まり毛穴を解消したいなら丁寧なクレンジングと洗顔で洗い流すのが大切です。

角栓が詰まったボコボコ毛穴に悩む人は、日々のクレンジングや洗顔方法が毛穴汚れに効果的かどうか見直して、正しい方法を取り入れてくださいね。

ボコボコした詰まり毛穴に効果的なクレンジングのポイント

  • すすぎはぬるま湯を使って、すすぎ残しがないように15~20回おこなう

    クレンジング料をすすぐときには、手で触れたときにすこし冷たく感じる32~34度のぬるま湯を使うのがおすすめです。

    クレンジング料をすすぐときの水温が高すぎると、保湿に必要な皮脂まで洗いながされてしまい、水温が低いとクレンジング料の油分を洗い流しにくくなってしまいます。

    顔をすすぐ前に水温を手で確認し、少し冷たいと感じる位の温度に調整してからすすいでくださいね。

メイク汚れが残っていないかどうか、クレンジングシートでチェック

詰まり毛穴の元である角栓は、クレンジングで落ちきらなかったメイク汚れの油分からも作られます。普段のクレンジングでメイクがしっかり落ちているか気になる人は、クレンジング料を使用してすすいだ後に、クレンジングシートで顔を拭き取ってみましょう。

特にボコボコ毛穴が気になる箇所をクレンジングシートで拭き取ったときにメイク汚れが残っていたら、ボコボコ毛穴の大きな原因になるので、洗い残しがないように丁寧なクレンジングを心がけましょう。

※クレンジングシートで顔を拭き取ると、摩擦の刺激により、肌に赤みや痛みなどの炎症を引き起こす可能性があるので、毎日行うのはやめましょう。

ボコボコした詰まり毛穴に効果的なクレンジング方法が知りたい人はこちら

ボコボコした詰まり毛穴に効果的な洗顔のポイント

  • 洗顔前にはホットタオルで毛穴を開く

    ボコボコ毛穴の中でも、角栓が詰まってボコボコした詰まり毛穴に有効なのが、週に1、2回のホットタオルを利用した洗顔方法。

    ホットタオルは熱と蒸気の作用によって毛穴を優しく開き、毛穴汚れを洗い流しやすくする効果があるので、毛穴の角栓を洗い流したいボコボコ毛穴に効果的といえるでしょう。

ホットタオルのつくり方

ホットタオル
  1. ハンドタオルかフェイスタオルを水にひたし、軽く絞る。
    レンジ内の汚れが気になる人はジップロックなどに濡らしたタオルを入れる。
  2. 500Wで30秒~1分加熱する。
  3. 取り出して、熱すぎないことを確かめてから顔にのせる。
  4. 3分を目安に顔全体を温める。
    温められている間は毛穴が開き、乾燥しやすい状態になりますので、3分以上は行わないように注意しましょう。
  • 洗顔料を泡立てネットで泡立ててから洗顔する

    毛穴に角栓が詰まったボコボコ毛穴の人は、洗顔料を丁寧に泡立ててから洗顔をするように心がけましょう。

    洗顔料を丁寧に泡立てて、1つ1つの泡を細かくすると、ボコボコ毛穴に詰まった小さな毛穴汚れを効果的に洗うことができますよ。

ボコボコした詰まり毛穴に効果的な洗顔方法が詳しく知りたい人はこちら

毛穴詰まりに吸着!「然よかせっけん」

然よかせっけん
然(しかり)よかせっけんの特徴

  • 毛穴よりも小さいシラスパウダーが毛穴汚れに吸着して汚れを落とす働きをする
  • 弾力のある泡ができるので毛穴汚れに入り込みやすくボコボコした詰まりにアプローチ
  • ニキビや肌荒れの炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウム配合

然(しかり)よかせっけんは、ボコボコ毛穴の角栓詰まりを吸着して洗い流す働きのある「シラスパウダー」を配合しています。

シラスパウダーは毛穴よりも細かいので、詰まったボコボコ毛穴1つ1つの汚れを洗い流す効果に期待できますよ。

 

毛穴の開きによるボコボコ毛穴

毛穴の開きによるボコボコ毛穴

ボコボコと毛穴をよく見てみると、ぽっかり穴が空開いている人は、開き毛穴が原因でボコボコしているといえるでしょう。

開き毛穴に悩んでいる人の多くは、部分的ではなく顔全体に毛穴の開きが見られることが多く、見た目が似ていることから「みかん毛穴」と呼ばれたりすることもあります。

開き毛穴は、主に皮脂が過剰に分泌してしまい、毛穴が開いたままの状態になってしまっているため、皮脂の分泌をコントロールしてくれる美容成分が配合されたスキンケア化粧品を使用するのがおすすめですよ。

皮脂の分泌を抑える「ビタミンC誘導体」配合の化粧品を!

ビタミンC誘導体には、皮脂の分泌を抑制してくれる働きがあります。

脂性肌で悩んでいたり、日中のテカリが気になったりするボコボコした開き毛穴の人は、ビタミンC誘導体が配合されたスキンケア化粧品を継続して使うのがおすすめですよ。

ビタミンC誘導体はいくつも美肌効果をもつ万能な成分!

ビタミンC誘導体は、皮脂分泌を抑制するだけでなく、その他にも様々な美肌効果を兼ね備えているため、化粧品で積極的に取り入れるのがおすすめ。

肌にハリを与えるコラーゲンの生成、シミやくすみに対する美白効果、ニキビなどの炎症を抑える効果など、多くの肌悩みに万能です。

ビタミンC誘導体配合!「バランシングセラムC」

ナチュラルエレメンツ バランシングセラムC
バランシングセラムCの特徴

  • 皮脂の過剰分泌を抑えるビタミンC誘導体・ローセルゼリー酸を配合
  • 天然由来の美容成分にこだわり防腐剤や香料などの化学成分を入れない無添加処方

ナチュラルエレメンツのバランシングセラムCは、大人の毛穴悩みに特化してつくられた毛穴専用美容液。

ボコボコした開き毛穴の原因である、皮脂の過剰分泌を抑制するビタミンC誘導体とローヤルゼリー酸を配合しています。

また天然由来の保湿成分である「プロテオグリカン」や抗炎症成分「グリチルリチン酸ジカリウム」も配合しており、防腐剤などの合成成分を極力使わないようにしているのもおすすめしたい理由です。

ニキビやニキビ跡によるボコボコ毛穴

ニキビやニキビ跡によるボコボコ毛穴

ボコボコ毛穴の原因がニキビの人は、まずニキビの炎症を抑えてこれ以上悪化しないようにすることが大切。

ニキビが悪化して肌がボコボコした跡が残った場合には、スキンケア化粧品では届かない肌内部にまでニキビの炎症が達してしまっているため、自力での改善を見込むのは非常に難しいといえます。

セルフケアでボコボコ毛穴を解消するのは難しいので、なるべくニキビの段階で丁寧にスキンケアをしてください。

ニキビには抗炎症作用配合の化粧品を

できてしまったニキビを解消したいなら、炎症を抑える作用のある美容成分が配合されたスキンケア化粧品を使用しましょう。

「グリチルリチン酸ジカリウム」や「アラントイン」といった天然由来の成分は、抗炎症作用をもつ成分としてスキンケア化粧品に多く配合されています。

これらはニキビを予防する働きはないのですが、今あるニキビの炎症を抑えてくれるため、ニキビが悪化するのを防ぐことができますよ。

ニキビ専用石鹸「Non A.(ノンエー)」で洗顔を

Non A.(ノンエー)
ニキビ専用洗顔石鹸Non A.(ノンエー)の特徴

  • グリチルリチン酸ジカリウムの抗炎症作用でニキビの炎症を抑える
  • ダイズエキスの働きで皮脂分泌を抑えてニキビがつくられにくい肌に
  • 肌に合わない場合は返金保証制度があるので気軽に試しやすい

お客様相談室に寄せられた、7万件のニキビに関する悩みをもとにつくられたニキビ専用洗顔石鹸のNon A.(ノンエー)。

ノンエーは、抗炎症作用をもつグリチルリチン酸ジカリウムを配合した「医薬部外品」の洗顔石鹸です。

「医薬部外品」とは厚生労働省が指定した効果・効能を持つ有効成分を一定濃度配合した商品のことで、肌を健やかに保つ化粧品よりも、肌に対する効果が期待できると考えられます。

同じ場所に繰り返しニキビができてしまう人や、ニキビで顔にボコボコとした赤みがある人は、Non A.を使ってみてくださいね。

ニキビ跡は美容皮膚科に相談するのが効果的

女性の医師がポーズを取っている画像

肌表面に残ってしまったボコボコとしたニキビ跡のことを、「クレーター毛穴」といいます。

クレーター毛穴は、スキンケア化粧品では届かない「真皮層」にまでニキビによる肌へのダメージが達した場合に現れるため、セルフケアでの改善は難しいといえるでしょう。

美容皮膚科やクリニックでは、クレーター毛穴のボコボコを改善するためにレーザー治療をおこなっているところもあるので、まずは専門医に相談するのがおすすめですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です