【必見】ベースメイク前の保湿に使うべきおすすめの4アイテム

化粧品

「肌が乾燥していてメイクノリが悪い」「メイク崩れを防ぐ方法を知りたい」と悩んでいる人は、メイク前の保湿を見直すことで、肌のハリツヤがよくなりメイクのノリ・もちに満足できるようになる可能性があります。

本記事ではメイクのノリ・もちをよくするために、ベースメイク前の保湿が重要な理由と、使うべきおすすめの商品を紹介していきます。

 メイク前の保湿でメイクのノリや持ちが良くなる

マスカラをつけている女性

メイク前の保湿は、肌のキメを整えふっくらとした肌をつくる効果が期待でき、メイクノリのいい肌づくりには欠かせないステップのひとつです。

メイク前にしっかり肌を保湿することで、乾燥を予防して皮脂のバランスを整えることができるため、メイク崩れを起こしづらいベースをつくるのにも役立ちます。

今までメイクノリやメイク崩れに悩んできたという人は、メイク前の保湿方法・保湿アイテムを見直して、肌になじむベースメイクを目指してみましょう。

メイク前にやるべき3つの保湿スキンケア

【メイク前の保湿ケア①】正しい洗顔

洗顔をする女性の写真

メイク前の洗顔には寝ている間にたまった皮脂や汚れを落とす目的と、洗顔後に使用するスキンケアの保湿成分を肌の角質層まで浸透させやすくする目的があります。

余分な皮脂や汚れを洗い流すことでメイクノリがよくなり、洗顔後の保湿効果を高めてメイク崩れが起きづらくなりますよ。

メイクのノリ・もちに悩んでいてメイク前の洗顔はぬるま湯で軽く洗い流すだけという人は、余分な皮脂や汚れを落としきれていない可能性があるため、自分の肌タイプからメイク前の保湿に最適な洗顔料を選ぶことをおすすめします。

自分の肌タイプ別にメイク前の保湿に最適な洗顔料を選ぶ方法についてはこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

【メイク前の保湿ケア②】基礎化粧品

化粧水や乳液などの基礎化粧品によるメイク前の保湿ケアは、肌に水分を与えてキメを整え、油分で蓋をして維持することでふっくらした肌に仕上げてメイクノリ・もちをよくすることができます。

このあとメイク前の保湿ケアにおすすめのスキンケアアイテムも紹介していきますので、是非最後まで確認してみてくださいね。

【メイク前の保湿ケア③】シミ・乾燥対策の日焼け止め

サングラスと日焼け止め

メイク前の保湿ケアで忘れられがちなのが日焼け止め。

日焼け止めはシミの予防となるだけでなく、紫外線のダメージによる肌の乾燥を防ぐのにも重要な保湿ケアになります。

「日焼け止めと化粧下地、どちらかひとつに絞りたい」という声を耳にすることがありますが、紫外線対策をしないと知らないうちにシミが増えたり乾燥肌になってしまったりすることがあります。

少しでも手軽にメイク前の保湿を済ませたい場合は、日焼け止め効果のある化粧下地の使用をおすすめします。

メイクを長持ちさせる保湿方法

保湿ケア商品の選び方

保湿をする女性

スキンケアアイテムはさまざまな種類が販売されており、メイク前の保湿にはどんなものがあっているのかわからないという人もいるのではないでしょうか。

使用感や肌質によって、選ぶべき保湿ケア商品を紹介していきますので参考にしてみてください。

保湿アイテム

選ぶべき人

乳液

油分は控えめのため
ベタつきが苦手な人向け

クリーム

乳液より油分が多いため
乾燥肌の人・しっとり保湿したい人向け

ジェル

水分量が多いため
さっぱりした保湿が好みの人向け

オイル

シンプルな成分で作られたものが多いため
敏感肌の人向け

【ポイント①】メイク前に保湿効果を高める洗顔方法

指を指している女性

メイク前の保湿を効果的に行うためには正しい洗顔を行うことが肝心です。

メイク前に保湿効果を高める洗顔のポイントは摩擦によるダメージをさけることと肌の水分を奪いすぎないぬるま湯で洗うこと。

肌への摩擦となるゴシゴシ洗いになってしまわないためには、泡立てネットでモコモコの泡をつくってから泡でやさしく洗うように心がけましょう。

メイク前の保湿効果を高める正しい洗顔方法

  1. 32~34度のぬるま湯で肌を軽くすすぐ
  2. モコモコの泡ができるまで泡立てネットを使って洗顔料を泡立てる
  3. 皮脂の多いTゾーンから順番に泡でやさしく洗う
  4. 32~34度のぬるま湯でこすらないようにやさしくすする

【ポイント②】1分パックで潤い肌をつくる

メイク前の1分パックは、保湿によって肌の水分不足を防ぐことで、肌の乾燥や余分な皮脂分泌を予防してメイクのノリ・もちをよくするのに役立ちます。

1分パックの方法は、ティッシュパックやコットンパックでも効果が期待できますが、美容成分豊富で手軽に使うことのできる市販のシートタイプのフェイスパックを使用するのがおすすめです。

洗顔後はすぐに乾燥がはじまるため、手早くパックをはじめるよう気をつけましょう。

パック後は乳液やクリームを使って水分・美容成分に蓋をすれば、キメの整ったもっちり肌の完成です。

【ポイント③】保湿後の日焼け止めと化粧下地の塗り方

クリームを頬にのせる外国人女性

メイク前の保湿、最後のポイントはメイク崩れを起こしづらくする日焼け止めと化粧下地の塗り方です。

パックや乳液で保湿をおこなった後、保湿成分が角質層まで浸透する前に日焼け止めや化粧下地を塗ってしまうと、保湿が不十分になったり、成分が混ざってしまったりしてメイク崩れが起こりやすくなります。

スキンケアアイテムで保湿をおこなったら、すぐに日焼け止めや化粧下地を塗らずに、保湿成分の肌への浸透を待ってから塗るようにしましょう。

ハンドプレスを行い、肌がもっちりと手のひらにくっついてくるようになるのが目安です。

ベタつきが気になる場合は、日焼け止めや化粧下地を塗る前に、ティッシュオフで油分をおさえることもメイクノリ・もちをよくするポイントのひとつです。

【タイプ別】保湿スキンケアのおすすめ商品

乳液|ソフィーナボーテ 高保湿UV乳液

 

ソフィーナボーテ

価格:30g/2,800円(参考価格)

ソフィーナボーテ 高保湿UV乳液の特徴

  • 日中用高保湿UV乳液
  • 高保湿成分配合で一日中うるおい続ける
  • SPF30 PA++++で紫外線対策も可能

保湿成分がセラミドの働きを守って補う高保湿乳液です。

メイク前にうるおいを与えみずみずしい肌をつくるだけでなく、紫外線対策にもなるため外部刺激による乾燥からも肌を守ってくれます。

メイク前の保湿をよりメイクノリ・もちのいい状態へと整えるためには、化粧下地を使用するのがおすすめですが、どうしても時間がない場合などには化粧下地としての役割も備えているのがありがたい商品でもあります。

保湿クリーム|アヤナス クリーム コンセントレート

アヤナスクリーム

価格:30g/5,940円(税込)

アヤナス クリーム コンセントレートの特徴

  • 特許技術で角層を包んで外部刺激をブロックしながら保湿するクリーム
  • 肌本来のバリア機能を高めて乾燥を予防
  • 敏感肌・ストレス・エイジングケアも同時にできる

特許技術取得成分が外部刺激をブロックすることで、水分蒸発や乾燥などから肌を守ってくれる保湿クリーム。

コラーゲン産生促進効果のあるポーラ研究所オリジナル成分(CVアルギネート)配合だから、肌のハリ・弾力低下を防いで根本からベースメイクノリのいい肌をつくるのに役立ちます。

メイク前の保湿で炎症抑制やシミ予防までできるのもおすすめポイントのひとつ。

 保湿ジェル|キュレル 皮脂トラブルケア 保湿ジェル 【医薬部外品】

キュレル 皮脂トラブルケア

価格:120ml/1,800円(参考価格)

キュレル 皮脂トラブルケア 保湿ジェルの特徴

  • さらさらした使用感の保湿ジェル
  • うるおい成分であるセラミド機能成分・ユーカリエキス配合
  • にきび・肌荒れを防ぐ有効成分配合

乾燥・敏感肌による過剰な皮脂分泌で、肌がベタつくひとにおすすめなのがキュレル 皮脂トラブルケア 保湿ジェル。

保湿しながら皮脂対策できるから、皮脂の多い乾燥性敏感肌やニキビ肌でも、角層の深部までうるおい成分を届けながら、さっぱりベタつかずにメイク前の保湿ができますよ。

乳液代わりのジェルとして、保湿力はあるのにベタつかないとの口コミもあり、脂性肌・敏感肌の人に人気があるのが特徴です。

オイル|無印良品 ホホバオイル

無印良品のホホバオイル200mlと50ml

価格:200ml/2,300円(税込)

無印良品 ホホバオイルの特徴

  • まじり気のないホホバオイルは肌の負担になりにくいから敏感肌にも安心
  • オリーブオイルやローズヒップオイルに比べさっぱりしていてベタつかない
  • 皮脂量のバランスを調節してくれる作用もあるのでメイク崩れ予防におすすめ

香料や着色料は一切配合しておらず、天然のオイルを精製したものだから、色々な成分が配合された保湿剤による肌荒れが心配な敏感肌の人におすすめの保湿アイテムです。

オイルの中でもサラッとしたタイプのホホバオイルは、肌なじみがよくメイク前の保湿に向いています。

ベタつきが気になる人はティッシュオフすることで忘れずにメイク崩れ対策して、メイク直しのストレスから解放されましょう。

まとめ

メイク前の保湿ケアアイテムを見直して、効果的に使用することで、メイクノリ・もちのいい肌をつくって、美肌ベースメイクを目指しましょう。