敏感肌のための化粧水とは?選び方とおすすめ商品をご紹介

「敏感肌なので化粧水が肌にしみてしまうことが多く、自分に合った化粧水を選べない」

「敏感肌だからどんなスキンケアをしても肌に合わないので、スキンケアをするのが辛い」

そんな敏感肌に振り回されない、健康的で美しい肌を目指していくためには、敏感肌の原因を理解して正しくスキンケアをすることが必要です。

本記事では、敏感肌の改善に必要不可欠なアイテムである化粧水の正しい選び方とおすすめ商品も紹介していくので、ぜひ敏感肌のための化粧水選びの参考にして下さい。

敏感肌とは?

そもそも多くの女性が悩む敏感肌とは、どのようなものなのでしょうか。敏感肌の症状と、原因について説明します。

敏感肌の症状

頬に手を当てて悩む女性の画像

敏感肌の自覚がある女性の大半が症状として感じるのは、かさつきや肌荒れで、その他にも吹き出物やヒリヒリとした痛み、かゆみといった症状が挙げられます。

また、季節の変わり目やスキンケアをする際に敏感肌の症状を感じる人が多く、人によってはストレスや疲れがたまっているときにも敏感肌の症状が出ることがあります。

敏感肌は、症状も、症状が出るきっかけも人それぞれですが、肌がかさついたり、痛みやかゆみまで感じるほどに肌が荒れてしまうということは、肌が乾燥や外部からの刺激に弱くなってしまっているのが原因の一つとして考えられるのです。

敏感肌の原因

乾燥肌・敏感肌(オリジナルイラスト)

敏感肌とは、肌のバリア機能が正常に働いておらず、紫外線や雑菌など外部から受ける刺激に弱くなっている肌のこと。

肌のバリア機能とは、肌表面の角質層が内部の潤いを保ち、外部からの刺激や乾燥から肌を守る働きのことをいいます。

通常の健康的な肌だと、肌のバリア機能によって防がれる外的刺激ですが、敏感肌の人は何らかの原因により正常に働いていないため、化粧水で肌がピリピリと反応してしまうのです。

肌のバリア機能が正常に働かなくなる原因はいくつもあるのですが、肌の外部の環境によるもの、肌の内部の環境によるものの2つに分けて説明していきます。

肌の外部の環境

  • 季節やエアコンの風によって肌が乾燥する
  • 洗顔などスキンケアを過剰に行うことで肌表面の角質層が乱れる
  • 肌にとって刺激の強いスキンケア化粧品を使用している
    (※)無色のリップクリームは乾燥時に都度使用・他の色つきリップは使用不可

私たちの身の周りの環境は、いつでも肌にとって適切だとはいえず、季節やエアコンによって乾燥したり、花粉や紫外線などの外部刺激を受けることもあります。

健康的な肌だとバリア機能が働いて肌を守ってくれるのですが、肌にダメージが加わる環境が続くとバリア機能自体が乱れてしまうので、自ら肌を守るスキンケアを取り入れるなどして対策しましょう。

肌の内部の環境

  • 生活習慣の乱れやストレスにより、身体が疲れている
  • 食事などの栄養が偏って肌に必要な栄養素が足りていない
  • 加齢によって肌表面の角質層
    (※)無色のリップクリームは乾燥時に都度使用・他の色つきリップは使用不可

疲れやストレスといった体の内部の問題によって肌のバリア機能が正常に働かず、敏感肌になってしまうこともあります。

その際には、疲れやストレスをためない、解消するようにしなければなりませんが、同時に肌のバリア機能を整えるためのスキンケアを行うことも必要です。

敏感肌の人は、様々な原因で肌のバリア機能が正常に働いていないため、まずは正常に整えるスキンケアをしていかなければならないのです。

敏感肌の改善のために

パンチする女性

敏感肌の改善のためには、肌のバリア機能を高める必要があります。肌のバリア機能を整えるためには、肌をしっかり潤さなければなりません。

肌のバリア機能のしくみ

皮膚の表面を覆っている角質層は、角質細胞という細胞が積み重なってできています。

角質細胞は、角質層の中が「セラミド」「NMF(天然保湿因子)」という保湿成分で十分に満たされていれば、角質細胞同士でしっかりと隙間なく並び、密着した角質細胞は、外部からの異物を通すことがなく、角質層内の水分も逃がしません。

角質層がしっかり潤っているということは、角質細胞がレンガのようにきっちりと並んで積み重なっている状態のことで、外部からの刺激に強い肌のためには必要な条件なのです。

また、角質層をさらに覆っているのが皮脂膜です。

皮脂膜は汗と皮脂が混じり合ってできており、潤っている角質層の水分が蒸発することを防ぎ、外部の刺激からも肌を守るサポートをしています。

角質層が保湿成分でしっかりと潤っていて、さらにその角質層を皮脂膜がラップのように覆っている状態であれば、肌のバリア機能は正常に働くので敏感肌の症状は起こりにくくなります。

敏感肌に合う化粧水の特徴とは

花とローション

肌の乾燥はバリア機能の働きを低下させるため、「肌を潤す」役割を持つ化粧水は、敏感肌の人に必要なスキンケア用品なのです。

しかし、敏感肌の人の場合は化粧水を使っているときにも、肌に刺激を感じることがあるのでどのように選んだらいいのか迷ってしまいますよね。

敏感肌に必要な化粧水選びのポイントをきちんと把握しておきましょう。

選ぶなら保湿成分が多く含まれる化粧水を

敏感肌の人におすすめしたいのは、角質層をうるおすのに必要な成分であるセラミドが含まれている化粧水です。

角質層の水分の約80%は、セラミドによって守られているとされており、セラミドは、肌を潤わせるために重要な保湿成分であることが分かります。(NMF(天然保湿因子)は18%、皮脂膜は2%ほどの水分を守っているといわれています。)

敏感肌の人は角質層に水分が足りていない状態なので、セラミドを角質層に補給して、しっかり角質層を潤し、肌のバリア機能を高めなければなりません。

敏感肌の人にも、乾燥肌の人にもセラミド配合の化粧水がおすすめです。

化粧水の添加物には要注意

敏感肌には、様々なものが刺激になる可能性があります。

アルコール、香料、着色料などの添加物はなるべく避けましょう。

アルコール

敏感肌の人に特に避けてもらいたいのがアルコールです。

アルコールは、成分表示では○○アルコール、○○エタノールと表示されています。

化粧水の品質を保持するためや、使用感をよくするために配合されているのですが、このアルコールが多く含まれる化粧水を使うと反対に肌が乾燥してしまう可能性があります。

アルコールは、「揮発性」といって、蒸発しやすい性質を持っています。

ケガをしたときに、アルコールで傷口の消毒をしたことはありませんか?アルコールが肌に触れたときに、ヒンヤリとしたはずです。

このとき、アルコールは水分と熱を肌から奪って蒸発しているのです。

その状況と同じことが、アルコールが多く含まれた化粧水を使った場合にも起こり、肌に潤いを与えるつもりで使う化粧水が、反対に肌から水分を奪ってしまうのです。

そうすると、肌は乾燥して、肌のバリア機能の働きは弱まってしまうので、敏感肌ももちろん悪化してしまいます.

敏感肌の人は、アルコールフリーの化粧水か、成分表示に真っ先にアルコールと表示されていないものを選ぶことが大切です。(成分表示は配合量の多い成分から順に書かれています。)

合成香料

化粧品の中には、香り付けのために合成香料が使われることがあります。

合成香料は化学物質でできていて、もっともアレルギー症状を引き起こす物質といわれるほど刺激が強い成分です。

また、成分表示を見ただけでは「香料」としか書かれておらず、どのような化学物質でできているのかを知ることもできません。

敏感肌の人は無香料の化粧水を選ぶか、合成香料ではなく、天然の植物由来の香料が配合されている化粧水を選びましょう。

合成着色料

化粧品そのものの見た目をよくするために、化学物質でできた着色料が含まれていることがあります。

着色料には美容効果は全くないことはもちろん、肌に強い刺激を与えます。

さらには発がん性を持っているともいわれる、一害あって百利なしの添加物です。

成分表示に合成着色料を示す「D&C」や「FD&C」とかかれている化粧水は選ばないようにしましょう。

【セラミド配合でしっかり潤いたいのなら】ディセンシア アヤナス

何を使っても効果が得られなかったという敏感肌の人に、試してほしいのがこちらの化粧水です。

敏感肌の人におすすめの成分セラミド配合で、口コミでも高い効果が得られると話題の商品です。

ディセンシア アヤナスローションコンセントレート

125ml/5,400円(税込)(定期会員価格は税込4,860円)

アヤナスローションコンセントレートの特徴

  • 通常の4倍の浸透力「セラミドナノスフィア」で肌をしっかり保湿する
  • 特許技術「ヴァイタルサイクルヴェール」によって、敏感肌改善とエイジングケアが可能
  • 「ストレスバリアコンプレックス」配合でストレスからも肌を守る

「ディセンシア」は、ポーラとオルビスの共同開発によって生まれた敏感肌専門ブランドです。

そのディセンシアの化粧水「アヤナス ローション コンセントレート」は、敏感肌の原因となる、バリア機能の働きを改善するための化粧水。

バリア機能をうまく働かなくなる肌外部の原因「乾燥・刺激」と、肌内部の原因「ストレス」のどちらともに対応しているので、「ストレスがたまると肌荒れする」「何を使っても敏感肌が改善しない」という人におすすめしたい商品です。

アヤナスローションコンセントレートが保湿成分として配合しているのは、「セラミドナノスフィア」。

セラミドナノスフィアは、角質層に必要な保湿成分であるセラミドをナノサイズのカプセル状にして、通常のセラミドの4倍の浸透力を実現したもので、角質層までしっかり潤いを届けることができます。

このセラミドナノスフィアが配合されることで、敏感肌になってしまう根本的な原因であるバリア機能の低下を改善するように肌に働きかけます。

また、アヤナスローションコンセントレートは、ストレスによって皮膚の温度が下がり、角層が乱れることが大きな要因だとして、「ストレスバリアコンプレックス」成分を配合しています。

(ストレスバリアコンプレックスとは、角層を整える働きのある成分血行促進をして皮膚の温度を上げる成分、リラックス成分といったストレスによる肌荒れに対応した3つの成分を合わせたディセンシアオリジナルの成分のことをいいます。)

さらに、アヤナスローションコンセントレートは「ヴァイタルサイクルヴェール」という特許技術の元作られています。

敏感肌による炎症を抑制する成分を配合することで肌荒れを防ぎ、肌が健康な状態になるように整えた上で、コラーゲン産生を促進する独自の成分やくすみを予防する成分をそれぞれ配合して、敏感肌を根本から改善するとともに、エイジングケアにアプローチする処方をとっているのです。

ストレスによる肌荒れに悩む女性、敏感肌でエイジングケアも気になる女性には、肌のバリア機能をしっかり整えてからエイジングケアもしてくれる、ディセンシアのアヤナスローションコンセントレートがおすすめです。


【安さ重視なら】無印良品の敏感肌用化粧水

高い化粧水が必ずしもいいというわけではありません。

セラミド成分が配合されてはいませんが、敏感肌の人に大敵な刺激性のある成分が含まれておらず、ずっと使い続けられるお手頃な価格で敏感肌の人におすすめできる化粧水があります。

無印良品 化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ(大容量)

大容量400ml/1,200円(税込)

無印良品 敏感肌用高保湿タイプ化粧水の画像
無印良品 化粧水敏感肌用・高保湿タイプの特徴

  • 無香料・無着色・無鉱物油・パラベンフリー・アルコールフリー
  • 保湿成分のリピジュア、ヒアルロン酸を配合
  • 肌保護成分のスベリヒユエキス、グレープフルーツ種子エキスを配合

ライフスタイルを提案する無印良品の敏感肌シリーズの化粧水です。

この化粧水の魅力は、敏感肌の人にとって刺激性の強いものが含まれていないことと、セラミドこそ配合されていませんが、保湿成分もしっかり含まれているということ。

また、販売価格に対して内容量が多いコスパの良さも人気です。

無印良品の敏感肌用化粧水は、敏感肌の人にとって避けたい添加物である、アルコール・香料・着色料が含まれていません。

また、肌に浸透しにくい鉱物油と、人によっては刺激を感じることがある防腐剤のパラベンも含まれない化粧水なので、幅広い人にとって刺激の少ない化粧水といえます。

そして、無印良品の敏感肌化粧水は、刺激になる成分が含まれていないということだけではなく、肌をしっかり潤わせるための保湿成分のリピジュアとヒアルロン酸も配合されています。

リピジュアはヒアルロン酸の2倍の保水力を持つとされている成分で、ヒアルロン酸と一緒に配合されることで肌に潤いを与えるとともに保水力を高め、敏感肌の原因ともなるバリア機能を正常に保つ手助けをしてくれるのです。

また、肌への刺激を和らげる効果のあるスベリヒユエキス、抗菌作用のあるグレープフルーツ種子エキスといった天然由来の成分配合で、刺激に強く荒れにくい肌にしてくれます。

肌に刺激性が少なく、しっかり潤って肌荒れも起きにくくなる無印良品の敏感肌用化粧水は、化粧水を使ったときにピリピリとしみた経験のある人や、化粧水を毎日たっぷり使いたいという人におすすめの商品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です