【敏感肌ケア】保湿美容液おすすめベスト3と効果的な使い方

おすすめBEST3

いくら保湿をしても肌のカサつきが良くならない…と、落ち込んではいませんか?

本記事では潤い不足に悩む敏感肌の人を対象に、「保湿力」「肌への低刺激性」「コスパ」の3つに着目して、おすすめの保湿美容液を紹介していきます。

用途に合わせてチェックしてくださいね。

また今回は、敏感肌向けの保湿美容液の選び方や、逆に保湿美容液が向かない敏感肌についても説明します。

自分の肌に保湿美容液は本当に必要なのかどうかも含めて、ぜひ参考にしてみてください。

厳選!敏感肌におすすめの保湿美容液3つ

一口に保湿美容液と言っても、いろいろな種類がありすぎて、何を選んだらいいのか迷ってしまいますよね。

そこで本記事では、現在販売されている保湿美容液を調査して、敏感肌の人に特におすすめの商品を3つ厳選しました。

【厳選基準】

  コメント
肌への刺激性 アレルギーテストに合格しているか。
肌に刺激が強い成分(香料など)が配合されていないか。
保湿力 保湿成分の配合量が多いか。
潤い効果が高い保湿成分(セラミド・ライスパワーNo.11)が配合されているか。
コスパ 品質に対し、価格が安いか。
美容液平均価格:1g約229円※

※参考 楽天美容液ランキング1位~10位(2017年3月時点)

紹介する保湿美容液はすべて敏感肌向けですが、「特に保湿力にこだわった商品」や「コスパが優れた商品」など、それぞれ異なった魅力があります。

1番好みの保湿美容液を選んでくださいね。

【保湿重視】ディープモイスチュアエッセンス

30ML 税抜10,000円

ライスフォースディープモイスチャエッセンスのイメージ画像

ライスフォースの特徴

  • 肌のもともとの保湿力を改善してくれる、世界唯一の有効成分「ライスパワーNO.11」を高配合した医薬部外品(薬用化粧品)。
  • 複数の臨床医による刺激テスト・アレルギーテストに合格済み。
  • 化粧水・美容液・クリームのトライアルセットが税抜900円で購入可能。全国送料無料・全額返金保証のサービス付き。

ライスフォース ディープモイスチュアエッセンスは、厚生労働省が日本で初めて「肌の保湿力を改善する(体内のセラミドを増やす)成分」と認めたライスパワーNO.11を高配合した保湿美容液です

また、単にライスパワーNO.11を配合しただけではなく、約20年間研究し続けてきた独自の発酵技術によって、ライスパワーNO.11の分子を細かく分解。

この発酵技術によって、ライスフォース ディープモイスチュアエッセンスの保湿効果は肌の奥(角質層)まで浸透するようになっています。

優れた保湿力から人気が集まって、ライスフォースの化粧品はハワイ・ワイキキの「モアナ・サーフライダー ウェスティンリゾート&スパ」など、さまざまな高級ホテルスパでも採用されていますよ。

ただしライスフォース ディープモイスチュアエッセンスは、防腐剤を減らす代わりに少量のエタノール(アルコール)を配合した商品です。

そのため、「今までエタノール配合化粧品が肌に染みたことがある」というような人は、必ずパッチテストをしてからライスフォース ディープモイスチュアエッセンスを使うようにしてくださいね。

しかし、着色料や香料を使用していないことや、アレルギーテストに合格済みである点から、エタノールに特別弱い敏感肌の人でなければ、使いやすい商品だと推測できます。

現在ライスフォースは、公式HPから申し込むと、トライアルセット(化粧水・保湿美容液・クリーム)を全国送料無料及び全額返金保証にしてくれるサービスを実地しています(2017年3月現在)。

気になる人は、公式HPをぜひチェックしてみてください。

【ライスフォース ディープモイスチュアエッセンスの口コミ】

  • 目元やほうれい線など、乾燥しやすい箇所も潤うようになった。
  • みずみずしい使用感で気持ち良く、塗った後の肌はしっとりすべらかになる。
  • 価格が高いように感じたけれど、1、2滴で手のひら全体に広がるくらい伸びるからコスパは良い。

【低刺激性重視】エッセンスコンセントレート

36g 通常価格:税込8,100円 定期会員価格:税込7,290円

アヤナストライアルのイメージ図

アヤナス エッセンスコンセントレートの特徴

  • 敏感肌専門ブランド「DECENCIA(ディセンシア)」が、ポーラ研究所と共同開発して作ったセラミド高配合の美容液。
  • 皮膚科医立会いテストに合格済みで、2016年度ベストコスメ大賞ゆらぎケア(季節の変化などに弱い敏感肌のケア)部門2位を受賞。
  • 入会費、年会費無料の定期会員登録をすると、アヤナス エッセンスコンセントレート含め、DECENCIA(ディセンシア)の全商品が10%OFFになる。

敏感肌専門ブランド「DECENCIA(ディセンシア)」が、IFSCC世界大会(化粧品技術者の研究発表会)で最優秀賞を受賞しているポーラ研究所と共同開発した美容液、アヤナス エッセンスコンセントレート。

化粧品の肌への影響を知り尽くした開発者が設計していることから、アヤナス エッセンスコンセントレートは数ある化粧品の中でも、敏感肌の人に特に自信を持っておすすめできる商品です。

合成香料・アルコールフリーであるところや、皮膚科医立会いテストに合格していているところも、敏感肌の人におすすめのポイントですよ。

またアヤナス エッセンスコンセントレートは、老けて見える原因の1つ「黄ぐすみ」を対策するシモツケソウエキスを取り入れているため、エイジングケア化粧品としての働きもあります。

しかし、人の皮膚にもともと備わったセラミドと似た構造である「ヒト型セラミド」や、通常のセラミドの4倍肌に浸透する「セラミドナノスフィア」も高配合しているので、肌への潤い効果も充分期待できるでしょう。

アヤナス エッセンスコンセントレートが気になる場合、公式HPからトライアルセット(化粧液・美容液・クリーム・アイクリーム)を申し込めば、通常税込2,700円のところ初回限定で1,480円になるためおすすめです。

また、DECENCIA(ディセンシア)の公式HPで定期会員登録をすると、全商品が10%OFFになるサービスもつくのでぜひ参考にしてくださいね。

【アヤナス エッセンスコンセントレートの口コミ】

      • 初めて肌トラブルが起きなかった美容液で、家に無いと不安になってしまう。
      • 肌にすっと馴染み、メイクの上からでも肌がしっかり保湿されていることが実感できる。
      • 肌が潤い、黄ぐすみも目立たなくなったからか、顔に透明感が出るようになった。

【コスパ重視】NOVⅢ バリアコンセントレイト

30g 税込5,400円

ノブⅢのイメージ図

NOVⅢ バリアコンセントレイトの特徴

  • 人気ブランド「NOV」が1988年に発売した、ロングセラーシリーズの保湿美容液。
  • 臨床皮膚科学の意見を取り入れており、皮膚科からすすめられた人もいる。
  • トライアルセットを公式HPから注文すると、保湿美容液のミニボトル(10回分)が無料でプレゼントされる(2017年3月時点)。

NOVⅢ バリアコンセントレイトは、発売約30周年を迎える超ロングセラーシリーズの保湿美容液です。

バリアコンセントレイトの特徴は、臨床皮膚科学に基づいて開発された高品質の保湿美容液でありながら、比較的価格が安価であること。

保湿美容液は大体1g299円(楽天調べ)程度するのですが、NOVⅢ バリアコンセントレイトは1g約180円しかかかりません。

「良い保湿美容液を長く使いたい」という人に、NOVⅢ バリアコンセントレイトはぜひ試してみて欲しい商品です。

NOVⅢ バリアコンセントレイトは「ヒト型セラミド」を中心に、「アミノ酸」「スクワラン」など、人の皮膚にある保湿成分をたっぷりと配合しています。

そのため単に価格が安いだけでなく、商品をつけたから時から肌にすっと馴染むような、優れた保湿力を感じることができますよ。

NOVⅢ バリアコンセントレイトは、洗顔料・化粧水2種・保湿クリーム・保湿美容液のトライアルセットが、初回に限り公式HPから税抜1,500円で購入できます。

またトライアルセットを申し込むと、三面鏡やNOVⅢ バリアコンセントレイトのミニボトルなども無料でプレゼントしてもらえるのですが、在庫が無くなり次第終了になるので早めにチェックすることをおすすめします。

【NOVⅢ バリアコンセントレイトの口コミ】

  • 少量でよく広がるから、価格以上の価値を感じる。
  • 皮膚科からすすめられたので使ってみたら、乾燥からくる肌のかゆみが無くなった。
  • 送料無料で、(最短)翌日発送してくれるところが便利で嬉しい。

敏感肌の人が保湿美容液を使うべき理由

そもそも保湿美容液は、本当に敏感肌の人に必要なのでしょうか?

敏感肌のケアに保湿美容液が効果的な理由を説明します。
女性のなやみ顔

敏感肌は「保湿」が足りていないケースが多い

皮膚の表面には、外の刺激から体を守る「バリア機能」という働きが備わっています。

敏感肌の人が外の刺激にすぐ痛み・かゆみを感じてしまうのは、ほとんどの場合、肌のバリア機能が低下しているためです。

この肌のバリア機能は、構成成分の約80%が「細胞間脂質」という脂質なのですが、細胞間脂質の半分以上を占めているのは実は保湿成分「セラミド」。

従って、多くの敏感肌の人は肌に潤いが足りておらず、保湿ケアが必要だと推測できます。

バリア機能はほとんど保湿成分のイラストグラフ

保湿成分をとるなら「保湿美容液」が1番!

保湿ケアをする人の中には、「肌に保湿成分を与えるなら化粧水」というイメージを持っている人もいます。

しかし、化粧水を構成する成分の8~9割は水なので、基本的に保湿成分は全体の2割程度しか配合されていません。

そのため、保湿成分をたっぷり摂りたい敏感肌のスキンケアでは、濃縮した美容成分が主成分である基礎化粧品「美容液」を取り入れるようにしてください。

しかし、美容液なら何でも保湿効果が高いのか?というと、そうではありません。

美容液は主に保湿・美白・アンチエイジングの3つの目的に分かれて製造されており、保湿効果を重視した商品のことを「保湿美容液」と呼びます。

肌を潤したいときは、数ある美容液の中でも保湿美容液を選ぶようにしましょう。

(※)本記事内での「美白」は、「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすの原因を防ぐ」ことです。

敏感肌には保湿美容液イラストランキング

商品が保湿美容液かどうかを見極めるコツは、パッケージの裏によく書いてある成分表示をチェックすることです。

成分表示には配合量が多い成分から順番に表記されるため、たとえば「セラミド」や「ヒアルロン酸」などといった保湿成分が最初に書かれていたら、保湿美容液だと判断することができますよ。

【保湿美容液に配合されることが多い保湿成分の例】

成分名 効果
セラミド 肌の表面(角質層)に潤いを補給する
コラーゲン 肌にハリや弾力を与える
ヒアルロン酸 肌を水の膜で覆う
プラセンタ 肌にビタミンなどの栄養を与える

【敏感肌向け】保湿美容液の見極め方と注意ポイント

敏感肌に使ってほしい2つの保湿成分

保湿成分にはさまざまな種類がありますが、敏感肌の人には「セラミド」と「ライスパワーNO.11」が配合された保湿美容液が特に効果的です。

敏感肌の人が保湿美容液を選ぶ際は、ぜひ保湿成分の種類に注目してみてください。

① 肌に低刺激でやさしいセラミド

お団子頭の女性が頬に手を当ててリラックスした画像
セラミドの特徴
    • 肌のバリア機能を構成する主な保湿成分の1つ。
    • もともと体内にある成分のため、さまざまな保湿成分の中でも特に肌に低刺激。
  • 皮膚科医にも評価されていて、美容業界では三大保湿成分(セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン)に数えられている。

皮膚科医や化粧品メーカーを中心に、昔から美容業界で高く評価されている保湿成分「セラミド」。

肌のバリア機能の多くの部分を構成しているセラミドは、敏感肌の人が保湿美容液でぜひ補いたい保湿成分の1つです。

また、もともと体内にある保湿成分であることから、敏感肌でも痛みやかゆみを感じにくいというメリットも備わっています。

また、セラミドには全部で4つの種類がありますが、敏感肌の人に特におすすめのセラミドは

      • ヒト型セラミド(バイオセラミド)
      • 天然セラミド(動物性セラミド)

の2つです。

商品選びの際は、セラミドの種類にも注目してみてください。

【敏感肌の人におすすめのセラミド】

①ヒト型セラミド
ヒト型セラミドは、酵母を元にして作られたセラミドです。

人のセラミドと同じ構造で作られているため、保湿効果が高い上に肌にやさしく、敏感肌でも使いやすいとされています。

成分表示によく書かれる表記名:
セラミド1、セラミド2、セラミド3

②天然セラミド
天然セラミドは、馬などの動物から摂ったセラミドです。

動物由来のため人の肌にあるセラミドとよく似ており、高い保湿効果を持っています。

成分表示によく書かれる表記名:
ビオセラミド、セレブロシド、ウマスフィンゴ脂質

4種類あるセラミドのうち、「疑似セラミド」と「植物性セラミド」は、人の皮膚にあるセラミドとは似ておらず、保湿効果が高くないため選ばないよう注意しましょう。

セラミドの種類については「【乾燥肌さん向け】本当に必要な成分とおすすめスキンケア化粧品2選」でもくわしく紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

② 肌の保湿力を上げるライスパワーNO.11

ライスパワーNO.11の特徴
    • 厚生労働省が「肌の保湿機能を改善させる」と認めた唯一の成分。
  • 体内のセラミドの量を増やして、肌が自然と潤うように働きかける。
    開発元の酒造会社の実験結果によれば、ライスパワーNO.11を湿布した2時間後の肌は保湿力が2,14倍上昇した。

セラミド配合保湿美容液は、あくまで肌の外からセラミドを補給するだけであって、体内のセラミドの生成量を増やしてくれるわけではありません。

しかしスキンケア化粧品で、肌のもともとの保湿力を変えることはできるのでしょうか?

子供のように自然と潤う肌を目指したい、という人におすすめなのは、白米のエキスを発酵させて作った保湿成分「ライスパワーNO.11」が入った保湿美容液です。

ライスパワーNO.11とは、創業160年を超える酒造会社が30年以上かけて開発した、体内のセラミド生成力を促進させる有効成分。

2001年には厚生労働省からも「肌の保湿機能を改善させる日本唯一の成分」と認められ、美容業界でも話題になりました。

現在、体に直接働きかけて、肌が持つ保湿力を上げることができる成分は世界でライスパワーNO.11だけです(2017年3月時点)。

参考:ライスパワーNO.11開発元 勇心酒造公式HP

体内のセラミド生成力が上がれば肌のバリア機能の改善にもつながりますので、ライスパワーNO.11は、健康な肌作りを目指すのにとても効果的ですよ。

【ライスパワーNO.11配合保湿美容液を使う際の注意】

酒造会社が作った成分であるライスパワーNO.11を配合した保湿美容液には、よくエタノール(アルコール)が入っていますが、その理由は成分の効果を安定させるためだと推測できます。

そのため、今までエタノールが入った化粧品に痛み・かゆみを感じたことがある人は、ライスパワーNO.11配合保湿美容液を使う前に必ずパッチテストをするようにしてください。

【パッチテストのやり方】

      1. 肌を清潔にし、腕の内側などの目立たない箇所にスキンケア商品を少量(10円玉程度)塗ります。
      2. 24時間放置して、肌に赤み・痛みなどの異常が出ないか確認します。

        肌に異常が出た場合は、24時間以内であってもすぐにパッチテストを中断し、該当箇所を洗い流してください。

        敏感肌の人は、普通の人なら何の問題もないような成分にも痛み・かゆみを感じる状態です。

        従ってライスパワーNO.11配合保湿美容液に限らず、他のスキンケア化粧品を使う時でも、パッチテストは忘れずに行うようにしましょう。

保湿美容液を使っても効果が出ない敏感肌もいる!

鏡をみて悩む女性

敏感肌になる原因は、保湿ケア不足だけとは限りません。

ストレスや食事の乱れによってホルモンバランスが崩れ、肌のバリア機能が低下するケースも数多くあります。

ストレスや生活習慣に心当たりがある人は、まずは敏感肌になった原因についての対処法を考えるようにしましょう。

どんなに良い保湿美容液を使ったとしても、敏感肌になった原因を放置したままでは、肌質はいつまで経っても改善しません。

また、敏感肌の中には「肌が痛くなるのは、アレルゲン(アレルギー反応を起こしやすい物質)に触れていたからだった」という人もいます。

特に決まった化粧品を使ったときだけ痛みやかゆみを感じる人は、アレルゲンに触れている可能性が高いので注意が必要です。

肌に刺激を感じた商品を持って皮膚科へ行き、アレルゲンが入っているのかどうか、医師の指導のもと見極めるようにしてください。

保湿美容液を効果的に使う2つのコツ

指を一本立てている女性

高額であることが多い保湿美容液を使うなら、効果を最大限に感じたいですよね。

保湿美容液の潤い効果を、より深く実感するための2つのコツを紹介します。

保湿美容液は化粧水の後に使おう

発揮させるためには、化粧水の後に使用するようにしましょう。

また、油性成分が多く含まれている乳液(クリーム)を使った後は、肌が油分でコーティングされ、保湿成分や美容成分が浸透しにくくなります。

化粧水・保湿美容液・乳液(クリーム)の順番でスキンケアを行うことが、保湿美容液の潤い効果を最も発揮させる方法ですのでぜひ試してみてください。

毎日継続して使うのが効果的!

高額だからといって、「美容液は1週間に1度のスペシャルケア」などとしていませんか?

毎日の入浴や洗顔後の肌は、汚れと一緒に肌の水分や油分が減っているため、乾燥しやすい状態です。

そのため、美容液は1週間に1度などと決めるよりも、入浴や洗顔をするたびに、化粧水や乳液と合わせて使うようにすることがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です