ストレスが原因で敏感肌に?根本改善して心も肌も健やかに

鏡をみて悩む女性

普段使用している化粧品が急に合わなくなって赤みが出たり、かゆくなったり・・・私って敏感肌になっているのでは?と感じた経験はありませんか?

近年はストレスが原因で敏感肌になっている事例が注目されています。

今回はストレスと敏感肌の関係を明確にし、日常生活においてストレスを軽減する方法や対策を紹介していきます。

さらに、ストレスによるダメージをうけた肌を健やかに育むスキンケアをみていきましょう。

敏感肌とは

敏感肌とはどのような状態のことをいうのでしょうか。

敏感肌とは、肌のバリア機能が低下することで、外界からの刺激に対する抵抗力が弱まっている不安定な状態を指します。

たとえば、乾燥によって肌がひりひりするだけではなく、同じ化粧品を使っていても体調によって合わない日があったり、些細な刺激で肌に赤みがでたりと普段と違う違和感や、些細な刺激で肌が荒れるようなことを敏感肌といいま

敏感肌とストレスの関係

敏感肌は精神的なストレスや生活習慣や環境など、不特定のあらゆることに反応して肌トラブルが起きます。

日常的なことから急に肌に異変がおきるので特定できる原因は様々なことから、自分自身が敏感肌だと判断することは難しいですよね。

とくに、ストレスが原因の敏感肌は、ストレスの種類もうける環境によって様々なストレスの種類があるので、原因を特定するのはさらに困難ですよね。

それでは、敏感肌の原因となっている様々なストレスと原因を紹介していきます。

敏感肌をひきおこすストレスの原因

仕事中に頭を抱えて悩む外国人女性

日常生活においてどのようなことが、敏感肌を引き起こすストレスなのでしょうか。

ストレスには内的ストレスと外的ストレスの2種類あります。

それぞれのストレスの特徴について解説していきます。

精神面など内的ストレス

めがねをもって悩む女性

内的ストレスとは主に精神的にうけるストレスのことです。

物理的な刺激で感じることではなく精神的なことなので、毎日過ごしていると中々自分では気付きにくいことが特徴的ですが、以下のようなことがあてはまったら内的ストレスを感じているかもしれません。

内的ストレスの例

    • 生活における仕事や人間関係、プライベートで考え込んだり悩むことが多く精神的に負担がかかること
    • 自分自身の性格や、物に対する考え方において多方面で心配になったり、不安になりやすく自然とプレッシャーをあたえていること
    • 毎日寝る時間が不規則で睡眠不足など、生活リズムが乱れていること

とくに、悩みなど一つのことを考えすぎたりすると自然とストレスがたまってしまいます。

思いにふけることに行き詰ったら、深呼吸してリラックスしてみましょう。

体内に新鮮な酸素をとり入れて気分を一新することで、脳も落ち着かせることができます。

生活環境などの外的ストレス

緑の木に囲まれた道路の昼下がり

一方で、外的ストレスは日常生活における物理的な刺激のことです。

外的刺激は直接肌に刺激を感じるので、外的ストレスを感じたら避けて過ごすように気をつけましょう。

外的ストレスの例

  • 気付かないうちに汚れた手で触ったり、お風呂に入っているときに強い力でごしごし洗いすぎたり、化粧をするときにパフやブラシによる刺激などのこと
  • マスクの摩擦や洋服の繊維による刺激など
  • 物理的な気温の変動や、紫外線、大気汚染など、生活環境の中で自然に受けてしまう悪影響のこと

肌に触れる際は傷をつけないように気をつける、マスクは長時間つけないように気つけることで改善することができます。

しかし、紫外線や大気汚染などは、肌内部のコラーゲンを破壊することで肌の水分を奪い乾燥してかさついたり、かゆみがでたりと敏感肌の症状がでます。

近年は紫外線や環境汚染などのストレスから生みだされる敏感肌用にむけて発売されている化粧下地などがあるので、化粧品も環境に合わせて選ぶことをおすすめします。

ストレスが肌に与える影響とは

日常生活において、肌に影響を与えるストレスをみてきました。

では実際ストレスは、どのような悪影響を与えているのでしょうか。

肌のバリア機能の低下

ストレスは成長ホルモンの分泌を妨げ、肌のスムーズな新陳代謝を乱します。

新陳代謝が正常に行われずに乱れると、肌に新たな細胞を生み出す力が弱まったり、肌のバリア機能が低下することで、保湿力が低下し外界からの刺激を受けやすくなるのです。

血行不良

デスクの上に伏せている外国人女性

ストレスが溜まると自立神経が乱れ、緊張状態が続く交感神経が過剰に働くことで、血行不良になります。

そもそも血液は食事で摂取した栄養や酸素を全身の細胞に運ぶ役割があるので、血流が悪くなると健康な酸素や細胞が運ばれにくくなります。

そして、新しい細胞が生み出されないことから、肌のターンオーバーに乱れが生じ、敏感肌になる可能性があります。

肌の大敵ストレスから避けるためにできること

体内にストレスを溜め込んでいては、身体にとっても心にとっても良くないことばかりですので、定期的にストレスを解消する必要があります。

スキンケアはしっかりとやっているし、睡眠や栄養など気にかけているのにも関わらず、肌トラブルが改善されないのは生活環境が大きく関係している可能性があるのです。

ストレスのスパイラルから抜け出すために生活でプラスアルファでできる運動やリラックス方法を紹介します。

適度な運動

街中をジョギングする外国人女性
毎日仕事に追われていると、身体を動かす機会が少ないのではないでしょうか。

仕事・ビジネスについてのアンケートランキングによると、約半数の46%の女性がデスクワークで毎日を過ごしているとのこと。

デスクワークで同じ体勢が続くことにより、運動不足が生じてしまいます。(引用 仕事・ビジネスについてのアンケートランキング

適度に運動することによって神経や集中力が拡散するので、日ごろの悩みなども忘れて、ストレス解消になります。

ランニングや水泳などの有酸素運動をすることで、腸の働きも活発になり老廃物を体内に溜め込むことなく健康的にさわやかな気分で過ごすことができるでしょう。

ダイエットのように根気詰めてするのではなく、軽い気持ちで1日3分からでも、テレビを見ながらでもできる運動を始めるだけでも良いですね。

また、お風呂上りに身体が温まっている状態で、ストレッチすることも身体を伸ばすということだけで、全体的に血液を巡らせ血行を促進することで、ストレス解消になります。

生活環境を整え十分な睡眠をとる

寝ている女性

十分な睡眠はストレス解消方法の一つと言えます。

なぜなら、一日の疲れをリセットすると同時に、睡眠は身体を休めるだけではなく、一日中駆使した脳と心も休めてくれます。

脳と心を休める効果があるということは、ストレスの耐久性を高めるという効果があるのです。

毎日仕事などで忙しい毎日を過ごす人にとっては、睡眠時間にしわ寄せがきて十分に睡眠時間が確保することが難しいと思いますが、睡眠時間が取れなくても質の良い睡眠をとることで十分なのです。

眠りについて3時間の間に脳の疲労回復を促す成長ホルモンが多く分泌される質の良い睡眠をとることができれば、ストレス解消に繋がります。

リラックス効果のあるアロマオイルなどを活用する

保湿アロマのイメージ写真

外からのスキンケアも大切ですが、癒される香りを使って脳をリラックスさせることもストレスを軽減させることができますね。

優しい花やフルーツの香りは気持ちを落ち着かせてくれるので、室内でアロマデフューザーなどを使って気分を癒すのも一つですね。

アロマデフューザーは超音波でアロマオイルを微粒子状のミストにして、部屋に香りを拡散する効果があります。

では、どんな香りがリラックス効果をもたらしてストレス緩和に効果があるのかみていきましょう。

  • ラベンダー
    アロマと言えばラベンダーと聞いたこともあるのではないでしょうか。
    ラベンダーの香りは、就寝する時に安眠をもたらす効果や、心を安らかにする効果があります。
    身体を休ませる時に使う副交感神経に効果的で緊張を和らげてくれるので寝る前にゆっくりしながら使用するのがオススメです。

  • オレンジスイート
    オレンジスイートの香りは悩んだり沈んだりした心を明るくし、気分を晴れやかにしてくれる効果があります。
    また、発汗作用により血流の流れを良くし老廃物の排泄を促すことで、乱れた腸内環境を整える効果があります。
    食生活のおかげで腸内環境が怪しいなと感じた時に使用してみると良いですね。

  • イランイラン
    よく香水などでも使われているイランイランは、「東方の王冠」と呼ばれるマダガスカル島に咲く花の一種です。
    イランイランは不安な要素やイライラする緊張を解き放つ効果があります。
    また、ホルモンバランスの調整効果も高いので、生理時の悩みや更年期など女性ならではの辛い悩みに効き目があります。

香りの力は小さいながらでも気分転換や緊張を安らかにしてくれます。

心の余裕をもたらすとともにストレスを開放するように是非試してみてくださいね。

敏感肌でも使える保湿ケア

敏感肌の方はスキンケアを選ぶのも大変ですよね。

今回は、敏感肌の方でもとくにストレスからくる敏感肌に特化した気軽に試せるお試しトライアルキットを紹介します。

ディセンシア アヤナス トライアルキット 

1,480円 (税込)

ディセンシア アヤナスの特徴

      • パラベンフリーで敏感肌でも安心して潤いケアができるだけではなく、同時に年齢に対してもエイングケアができるので使い続けることで、ハリのある潤い満ちた肌に導く
      • 高保湿のヒト型セラミド配合で肌に贅沢な潤いを与える
      • スキンケアでストレスケアができるように作られたシリーズで、天然精油のラベンダーとゼラニウム配合で寝る前のスキンケアで癒されながら使うことができる

ディセンシアは、ポーラ・オルビスグループが展開している敏感肌向けのブランドです。

敏感肌はストレスによって生み出される、という概念のもと私たちが日常的に感じているストレスからおこる肌にアプローチをかけ、水分と油分のバランスを整えながら肌のバリア機能修復にむけて乾燥対策をする保湿ケアの基礎化粧品です。

また、保湿効果に加え、黄ぐすみや小じわなどのエイジングケアにも効果的です。

天然精油のラベンダーやカモミール、ローズマリーなどの香りで癒されながらゆっくり丁寧にスキンケアすることで、一日の疲れをリセットできます。

ストレス社会で働く女性に寄り添った基礎化粧品として、雑誌でも数多く紹介されています。

忙しい毎日を送る日々でも、明日から頑張ろうと思えるきっかけをくれるスキンケアラインです。

今なら10日間のお試し価格で送料無料なので、是非この機会に試してみてくださいね。

まとめ

肌が敏感になると、見た目の変化が気になるので一生懸命スキンケアを頑張るなど、外からのスキンケアでどうにか改善しようとしてしまいがちですが、最も重要なのは適度に運動などで発散したり、リラックスしたり、心身ともにストレスを溜めずに生活を送ることです。

ストレスに負けない美肌を目指して、楽しい日々を過ごしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です