シミ・そばかすの原因を防ぐ! おすすめ化粧水ランキングTOP5

化粧水を手に取っている画像

紫外線や化粧品の蓄積などによってできてしまうシミ・そばかす。

女性の大敵であるシミの原因「メラニン」の生成を抑えて、シミになることを防ぐ化粧水でスキンケアをすることが、解決策のひとつになります。

シミ対策ができる化粧水の使用に加え、今日からできる簡単なシミのセルフケア方法を取り入れて年齢に負けない肌をつくっていきましょう。

シミの種類とメカニズム

しみの画像

シミと一言でいっても、医学的には4種類にわけることができることを知っていましたか?

シミの種類によっては、日常的なスキンケアでシミを防ぐことができるものや、レーザー治療などの医療行為によってシミが薄くなるものもあるのです。

シミは治療法により大きく二つに分類することができます。

日常のスキンケアによって悪化を防ぐことができるタイプのシミが「老人後色素斑」と「炎症後色素沈着」。

レーザー治療などの医療行為によってシミを薄くすることができるタイプのシミは「そばかす」「肝斑」です。

主なものとして挙げられた4種類のシミのほかにも、「花弁状色素斑」「太田母斑」などさまざまな症状を持つシミが存在します。

主に分けられた4種類のシミの中でも、そばかすのみが先天性の遺伝によって発生するシミです。

しかし、そばかす以外の3種類は、紫外線や肌荒れ、ホルモン異常による後天性のシミのため、日常的に紫外線を防いだり、肌に合ったスキンケア、ストレスの少ない生活を心がけることでシミが濃くなったり増えたりするのを抑えることができます。

シミによって処置方法はさまざまなので、自分のシミがどのタイプか区別がつかない場合は、皮膚科を受診しどのような対処が一番効果的なのか相談しましょう。

化粧水でできる「シミ対策」とは

頬に手をあてながら鏡をみている女性

遺伝性のシミである「そばかす」や、内服薬などで改善する可能性が高い「肝斑」「花弁状色素斑」は、日常のスキンケアでいまあるシミを薄くすることはむずかしいといえます。

ですが、「老人性色素斑」と「炎症後色素沈着」の2つの種類のシミは、メラニンの生成を抑える美白成分配合の化粧水などの長期的な使用で、シミを薄くしたり予防することが可能です。

(※)本記事内での「美白」は、「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすの原因を防ぐ」ことです。

また、化粧水・乳液・美容液や保湿クリームを使い、毎日の肌への保湿を十分に行うことで、紫外線や外部刺激などから肌を守る「肌のバリア機能」が正常に機能します。

肌のバリア機能が健やかな状態をキープできると、古くなった角質が周期的に剥がれ落ちる働きを促す新陳代謝(ターンオーバー)も正常に作用します。

古い角質が剥がれ落ち、新しい細胞が肌の表面に押しあげられることで、肌のくすみが改善され、肌のトーンをアップさせることもできますよ。

化粧水でのシミ対策・予防ケアのポイントは「美白成分」

化粧水とお花のイメージ画像

美白有効成分配合の化粧水を使うことでシミを薄くしたり、予防することができる種類のシミには、「ビタミンC誘導体」「アルブチン」「トラネキサム酸」「ハイドロキノン」「プラセンタエキス」「エラグ酸」などが有効です。

と一言でいっても、それぞれが持つ働きが違います。

メラニンの生成を抑える、アルブチン・エラグ酸・トラネキサム酸・カツミレエキス・ルシノール。

メラニンの排泄を促す、プラセンタエキスやリノール酸、メラニンを還元して白くするコウジ酸など、3つの働きに分かれるのが美白有効成分の特徴です。

美白有効成分の中でも「ビタミンC誘導体」は、メラニンの生成を抑制・排泄を促進・還元する3つの役割を持ちながら、アンチエイジングに有効な抗酸化作用の働きをする成分。

ビタミンC誘導体が配合された化粧水を根気強く使い続けることで、シミや肌のくすみの改善が期待できるので、おすすめの美白有効成分です。

また、ハイドロキノンはシミの原因となるメラニン色素をつくるメラノサイトに直接働きかけるので、紫外線によってシミが濃くなる特徴の「肝斑」や「そばかす」にも有効です。

しかし、そばかすは遺伝性のシミのため、また、肝斑は老化による原因もあるため、完全に消すことは不可能といわれています。

美白有効成分配合!シミ対策化粧水ランキングTOP5

美白有効成分や他の成分の組み合わせにより、シミの対策・予防に効果を発揮する化粧水を編集部のおすすめ順にランキングで紹介していきます。

あなたのなりたい肌に合わせて化粧水を選んで、自分にぴったりなアイテムを探してくださいね。

Saeru ホワイトニングローション クリアリスト【医薬部外品】

内容量:125ml 定期会員\4,374円(税込)通常価格\4,860(税込)

Saeruホワイトニングローション クリアリスト

Saeruホワイトニングローション クリアリストの特徴

  • 美白有効成分が肌の奥まで浸透する設計で、つけた瞬間からみずみずしく冴える肌に
  • 敏感肌でもぴりぴりしない低刺激処方
  • メラニン色素が生まれないように働きかける美白有効成分配合

Saeruホワイトニングローションは、DECENCIAという敏感肌に特化したブランドから出ている、薬用美白化粧水です。

ビタミンC誘導体が配合されているので、シミやくすみが気にならない透明感あふれる肌へ導きます。

肌のバリア機能が低下した敏感肌でも優しく浸透し、乱れたセラミドの配列を整えて強くし、キメの整った肌を作り出してくれますよ。

HAKUアクティブメラノリリーサー【医薬部外品】

内容量:120mL 4,860円(税込)

 HAKUアクティブメラノリリーサー

HAKUアクティブメラノリリーサーの特徴

  • コットンに化粧水をとって肌を拭き取り化粧水ながら、しっとりうるおう
  • 資生堂独自の美白有効成分「4MSK」配合
  • メラニンを含む古い角質を拭き取り、透明感があふれる肌に

美白化粧水としては珍しい、化粧水を浸したコットンで、肌の上を滑らせるように使う「拭き取りタイプ」の薬用化粧水「HAKU アクティブメラノリリーサー」。

資生堂が開発した独自成分「4MSK」が、メラニンの生成を抑え、古い角質層内に溜まったメラニンを排出するので、シミの原因を防いでくれます。

古い角質を取り除いてつるつるの肌触りにしながら、とろっとした使用感のローションで保湿力も抜群です。

参考:資生堂シミ予防研究所/成分に関する用語「4MSK」

 b.glen ホワイトケア キューソームローション

内容量:120mL 5,400円(税込)

b.glen ホワイトケア

b.glen ホワイトケアの特徴

  • 今あるシミにも効果的に働きかける美白有効成分ハイドロキノン配合
  • ビーグレン独自の浸透技術である「キューソーム(R)」で角質層の置くまで浸透
  • 保湿成分を肌に長時間蓄え、肌のターンオーバーを整え、シミができにくい肌に

ビーグレンホワイトケアは、ビーグレン独自の浸透テクノロジーである「キューソーム化」で、角質層の奥まで有効成分を届けることができる仕組みを持ったスキンケア化粧品です。

ホワイトケアラインには、メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを目立たなくする効果が期待できる「ハイドロキノン」を配合。

ハイドロキノンをキューソーム化でシミの原因に直接働きかけるから、使い続けることで実際に「シミが目立たなくなった!」という口コミもあります。

ホワイトケアのトライアルセットは、化粧水に加え、洗顔フォームからクリーム、美容液までが入ってトータルケアでの使用ができるので、おすすめです。

アスタリフト ブライトローション【医薬部外品】

130mL 通常価格:\4,104 定期購入:¥3,693

アスタリフト ブライトローション

アスタリフト ブライトローションの特徴

  • 美白有効成分である「アルブチン」配合
  • 潤い成分の「ナノAMA+」や「アスタキサンチン」が肌を整えて保湿
  • 米由来成分の「フェルラ酸」が、くすみをケアして肌色を明るく見せる

富士フィルムから発売されている「アスタリフト ブライトローション」は、独自の技術で成分をナノ化し、角質層のすみずみまで効果を届ける化粧水。

メラニンの生成を抑え、シミやくすみを防ぐ美白有効成分のアルブチンが、透明感のある肌をつくりだします。

アルブチンの他に、ナノ化した潤い成分であるナノAMAとフェルラ酸を複合した「ナノAMA+」で角質層の奥までうるおいを浸透させます。

肌になじみやすく、水分がしっかりと入っていくのを感じながらも、べたつかずしっとりもちもちのくすみのない肌を目指すならおすすめの商品です。

アンプルール ラグジュアリーホワイトローションAOⅡ

内容量:120mL 通常価格:\5,400(税込)/定期購入:\4,590(税込)

アンプルール ラグジュアリーホワイトローションAOⅡ

アンプルール ラグジュアリーホワイトローションの特徴

  • 新安定型ハイドロキノンやアンプルール独自のAOカプセル配合でシミを徹底ケア
  • トリプルセラミド配合で、肌にうるおいを与えてキメを整える
  • 抗酸化力も優れていて、アンチエイジング効果も

アンプルール ラグジュアリーホワイトは、ハイドロキノンを安定化させて肌への刺激をなくした新安定型ハイドロキノンでシミの原因に働きかけます。

ハイドロキノンをさらに効果的に働かせるために、抗酸化の力を発揮する4つの成分をカプセルに閉じ込め、ナノ化した「AOカプセル」を配合し、シミやくすみに対して集中的なケアをします。

トリプルセラミドが肌をしっかりと保湿して、うるおいの高い顔色のぱっと冴え渡る肌を作り出します。

今日からはじめる!シミケアに大切な3つのポイント

指を指している笑顔の女性お

日焼けによってできたシミや、傷跡がそのまま残ってシミになってしまった場合は、今日からできる日常ケアで、シミが濃くなったり増えたりするのを抑えることができます。

3~9月は特に紫外線対策を

カレンダー

外に出るときはもちろん、窓を通過して肌に刺激を与える紫外線。

紫外線が肌に与える影響はただ赤みや炎症などの日焼けを引き起こすだけでなく、対策や日焼け後のケアを行わないと、シミの原因になってしまうのです。

デリケートな肌を紫外線から守るには、まずは日焼け止めを塗って紫外線が直接真皮に届くのを食い止めましょう。

効果的な栄養素を食品で摂取して内側からケア

野菜のイメージ画像

シミやそばかすは、美白有効成分が配合されたスキンケア化粧品を肌に直接塗布するだけでなく、料理などで体の中から力を発揮する栄養素を摂取するのもおすすめのケア方法です。

野菜やフルーツなどから摂れるビタミンCは、シミ・そばかすの予防になるため、積極的に摂取しましょう。

また、紫外線を浴びる1~2時間前にビタミンCを摂取すると、体の内側からビタミンCが紫外線をブロックしてくれるので、紫外線予防にはより効果的です。

その他にも、抗酸化成分のアスタキサンチンは鮭やイクラなどから、リコピンはトマトなどから摂ることが可能で、メラニンの生成を抑える働きをします。

βカロテンには体内のメラニンの排出を促すターンオーバーの働きを整えるので、みかんなどから手軽にβカロテンを摂取して体内から綺麗を取り戻しましょう。

ビタミンC

緑黄色野菜・柑橘系フルーツ など

アスタキサンチン

鮭・いくら・えび など

リコピン

トマト・すいか・にんじん など

βカロテン

みかん・にんじん・ほうれん草 など

 

美白成分配合の化粧品を1年を通して使い続ける

シミは紫外線の蓄積によって徐々に濃く・増えていくものなので、一年の中でも一番紫外線が強い時期である5月から7月だけ日焼け対策や美白用化粧品を使って対策をするだけでなく、毎日のシミ対策の積み重ねが大切。

シミをつくり出すメラニンを抑制する美白有効成分を使い続けることで、新たなシミをつくりにくくします。

シミの原因に直接働きかける美白有効成分と、ターンオーバーを促進させるために、うるおいをしっかりと与える保湿成分が配合された化粧水で保湿を行いましょう。

夏場はさっぱり・冬はしっとりタイプなど、使用感が選べるものなら、どんな季節でも自分の肌に合う美白用化粧品を使い続けることができるので、おすすめです。

まとめ

シミ・そばかすは、できてしまうとなかなか薄くすることができない手ごわいもの。

日焼けや傷の炎症によるシミやそばかす・くすみは、日常でできる日焼け止めや日傘などを使用した紫外線対策や、美白有効成分配合の化粧水でケアを行うことが大切です。

1年を通して紫外線の対策や、美白化粧品を使用したスキンケア、ターンオーバーの促進や美白に効果的な成分を食品から摂取して、肌本来の力でシミの原因となるメラニンををつくっていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です