「然(しかり)よかせっけん」で角栓を改善して黒ずみのない肌に!

「然(しかり)よかせっけん」は、毛穴の黒ずみのもとになる角栓に効果があると、口コミなどで注目されています。

「本当に洗顔によって角栓は改善されるのか」と疑問に思う人もいるのではないでしょうか。

しかし、オイルクレンジングは角栓を取り除くのには効果がなく、角栓の対策として一般的な毛穴パックを使うことにはデメリットがあります。

角栓の改善には洗顔が決め手であり、「然(しかり)よかせっけん」を使った洗顔は、角栓への効果が期待できるのです。

「然(しかり)よかせっけん」なら角栓を改善

yokassekken_soap

「然(しかり)よかせっけん」はどういった洗顔料で、角栓の改善になぜ効果が期待できるのでしょうか。

「然(しかり)よかせっけん」とは

然(しかり)よかせっけんは南九州のシラス台地にある火山灰シラスをもとにした、シリカパウダーを配合した洗顔石鹸です。

つかってみんしゃい よかせっけんとして販売されていたものが、リニューアルされた商品です。

「然(しかり)よかせっけん」は洗顔石鹸ですが、固形石鹸ではなく、練り石鹸としたことで、洗浄成分の配合を抑えて保湿効果のある「アロエエキス」や肌にハリを与える「コラーゲン」、肌の健康を維持するのに必要なミネラルを含んだ「ローヤルゼリー」なども配合されています。

「然(しかり)よかせっけん」は、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウムを有効成分として含む医薬部外品のため、皮膚を洗浄し、ニキビへの効果も期待できます。無添加ですので、敏感肌の人でも安心して使える洗顔石鹸です。

洗顔料ランキング1位でグッドデザイン賞も受賞

「然(しかり)よかせっけん」は、流行発信ショップ「ranKing ranQueen(ランキンランキン)」による、洗顔料のランキングで1位を獲得したことがあるなど、人気のある商品です。

また、「然(しかり)よかせっけん」などを含む「然(しかり)」シリーズは、自然物をかたどった柔らかなパッケージの曲線美が評価され、2014年度のグッドデザイン賞を受賞しています。

「然(しかり)よかせっけん」には、ジャータイプとチューブタイプの2種類の容器があります。

「然(しかり)よかせっけん」はなぜ角栓に効果がある?

「然(しかり)よかせっけん」に含まれる「シリカパウダー」は超微粒子であるため、毛穴の中まで入り込みます。

「然(しかり)よかせっけん」を専用の「泡から水素」で泡立てると、吸着力のある泡ができるため、「シリカパウダー」を含んだ泡が毛穴の奥の汚れを吸着できるのです。

古い角質も泡に吸着させて取り除かれるため、くすみのない透明肌を目指せます。

「泡から水素」は水素を発生させるセラミックボールが入った洗顔ネットで、密度の濃い泡を素早くつくることができます。

「然(しかり)よかせっけん」を使った洗顔なら、肌に負担をかけずに、肌に潤いやハリを与えて、角栓を改善する効果も期待できるのです。

「然(しかり)よかせっけん」は弾力性のある泡が特徴

「然(しかり)よかせっけん」を使った洗顔では、専用の泡立てネットを使って、空気を含ませるようにして泡立てていきます。

できあがった泡は、手を逆さにしても落ちないほど吸着力があり、弾力性も高いため、手で直接肌に触れることなく、泡で洗顔していくことが可能です。

「然(しかり)よかせっけん」による泡洗顔は、洗い上がりはつっぱらず、しっとりとします。

>>然(しかり)よかせっけん公式HPはこちら

黒ずみのもととなる角栓の正体はタンパク質

blackheads

そもそも、鼻の黒ずみの主な原因となる角栓は、何でできているのでしょうか。

角栓は皮脂がもとになっていると思いがちですが、古い角質がもととなったタンパク質が主な成分です。

そのため、黒ずみが気になる小鼻などをオイルクレンジングしても、角質が傷ついて肌表面を守るために、さらに余分な角質が生まれてします。

その結果、剥がれた角質が毛穴につまりやすくなるため、かえって逆効果です。

「然(しかり)よかせっけん」を使って洗顔すると、古い角質が取り除かれるため、角栓を防ぐ効果も期待できるのです。

>>然(しかり)よかせっけん公式HPはこちら

毛穴パックで角栓は改善できるもの?

soap_tube

鼻の黒ずみなど角栓が気になる人の中には、毛穴ケアとして毛穴パックを使う人が多く見受けられます。

毛穴パックは大きく分けると、「シートタイプ」と「クレイパック」の2種類がありますが、肌への影響が懸念されます。

「シートタイプ」はターンオーバーを乱す恐れが!

「シートタイプ」は、シートを濡らして肌に貼った後、乾かしてから剥がすもので、たしかに角栓がごっそりととれやすいです。

しかし、肌表面の皮脂膜や角質層の細胞間脂質、水分をキープする天然保湿因子まで剥がれてしまい、肌のバリア機能が損なわれてしまう恐れがあるため、おすすめできません。

また、皮膚は、肌表面から「角質層」、「顆粒層」、「有棘層」、「基底層」という構造になっていて、基底層でできた細胞が押し上げられる形で上に上がっていき、角質層で剥がれ落ちます。

この皮膚の生まれ変わりの仕組みを「ターンオーバー」といい、通常は28日間周期です。

シートタイプの毛穴パックを使うと、肌の表面の角質層が剥がれることで、ターンオーバーの周期が乱れやすくなります。

「クレイタイプ」

「クレイタイプ」は「泥パック」ともいわれるもので、肌に塗った後、乾いたら洗い流して使い、「シートタイプ」よりは肌への刺激は弱いです。

しかし、角栓や古い角質だけではなく、肌表面の皮脂や水分まで、洗い流されてしまうこともあります。

「クレイタイプ」の使用も、1週間に1度といったような使用頻度はやめて、ターンオーバーの周期に合わせた使い方にしましょう。

>>然(しかり)よかせっけん公式HPはこちら

角栓の改善は洗顔が決め手

yokassekken_soap

では、角栓の改善は何を重視すればよいのでしょうか。

黒ずみが気になる肌の角栓を改善するためには、日々の洗顔によって毛穴が詰まる原因となる、古い角質を取り除くことと、余分な角質をつくらないことがポイントとなります。

角栓の改善に好ましくない洗顔方法

洗顔のときに肌をゴシゴシとこすってしまうと、肌の表面が肌を守るために、余分な角質が増える原因となります。

特に肌への刺激が問題となりやすいのは、毛穴の汚れを落として、黒ずみを改善するイメージのある、スクラブ入りの洗顔料です。

スクラブ入りの洗顔料を使った洗顔では、毛穴の汚れは落ちますが、洗浄力が強すぎるため、毛穴パックと同様に肌の皮脂や水分を落としすぎてしまい、肌の角質を増やしてしまいやすいです。

また、洗顔後のスキンケアでは、脂性肌の人などに、洗顔後の肌のベタつきが気になるからと、保湿をしない人がみられます。

しかし、保湿をしないと、肌から水分が奪われて乾燥を招いてしまい、肌表面を守るために皮脂が過剰に分泌するため、毛穴に皮脂汚れが詰まったことによる黒ずみや、大人ニキビの原因となります。

洗顔後は化粧水や乳液などで保湿ケアをしましょう。

「然(しかり)よかせっけん」は角栓の改善に向いた洗顔料

余分な角質がつくられないためには、肌に負担をかけずに洗顔していくことが決め手となります。

洗顔料を泡立てて、泡を肌の上に載せて、直接手は肌に触れずに、円を描くように泡で洗っていくのが望ましいです。

そこで、「然(しかり)よかせっけん」なら、弾力性のある泡で肌に負担をかけずに顔を洗えて、毛穴汚れや古い角質を吸着して落とすので、角栓の予防と改善にぴったりの洗顔石鹸なのです。

>>然(しかり)よかせっけん公式HPはこちら

まとめ

然よかせっけんのPR画像

「然(しかり)よかせっけん」は、角栓が気になる人を中心に人気を集めているのは、角栓の改善や予防への効果が、理にかなった洗顔石鹸だからです。

小鼻などの角栓による黒ずみが気になっていたら、「然(しかり)よかせっけん」を使った洗顔を続けてみましょう。

モコモコ泡の心地よさもおすすめしたいポイントです。

「然(しかり)よかせっけん」は、公式サイトから「定期コース」を申し込んで購入すると、送料無料で商品代が10%オフになりますので、チェックしてみてくださいね。

>>然(しかり)よかせっけん公式HPはこちら

おすすめ記事