なぜ必要?スキンケアで保湿が大事な理由を徹底解説

化粧水やクリームが3つ並んでいる

「保湿は美容の基本」と耳にすることがあっても、なぜ保湿が必要なのか、気にしたことがない女性も多いのではないでしょうか。

保湿は健康な肌を維持したり、乾燥した肌の状態を改善したりするために欠かせないもの。

保湿をきちんと行うことで、肌トラブルが改善することもあります。

本記事では、肌の水分が保たれているメカニズムや保湿の重要性を解説するとともに、保湿効果を高めるためのスキンケアのポイントを紹介していきます。

肌の水分が保たれる仕組み

すこやかな肌(オリジナルイラスト)

肌の潤いは、バリア機能といわれる仕組みによって角質層で水分が保たれ、乾燥や紫外線・異物の混入などから肌を守っています。

肌の表面を皮脂膜が覆い、角質層が隙間の角質層が隙間のない状態になっていることで、皮脂膜の下の角質層から水分が蒸発するのを防ぐといった作用を持つバリア機能が正常に保たれているのです。

肌の水分保持率は皮脂膜が2~3%、角質層の角質細胞の中の天然保湿因子が17~18%、角質細胞の間を埋める角質細胞間脂質が80%で、それぞれが隙間のない構造になっていることで、うるおいを保っています。

肌の保湿が大事な理由

肌の保湿が大切な理由として、主に、肌のバリア機能やターンオーバーの周期を正常に保つことが挙げられます。

肌のバリア機能を正常に保つ

角質層のイメージイラスト肌が乾燥すると、肌が十分に皮脂膜で覆われなくなったり、角質層の水分が蒸発してしまったりすることで、角質層に隙間ができてしまい、バリア機能が維持されにくくなります。

加齢などによって皮脂の分泌量が減少したり、天然保湿因子や角質細胞間脂質が十分に生成されなくなったりすることも、バリア機能を低下させる要因です。

また、洗顔で肌に必要な皮脂まで流してしまうと、一時的に肌を覆う皮脂膜が十分にない状態になってしまいます。

特に、合成界面活性剤を使用した洗顔フォームなど、洗浄力の強い洗顔料を使って顔を洗うと、皮脂膜が流されてしまいやすいので注意が必要です。

また、肌に十分な水分量がキープされていないことで、肌が潤いを失うだけではなく、シワやたるみが生じて肌年齢が上がってしてしまうことに。

そこで、保湿を行うことで、肌のバリア機能を維持することが期待できるのです。

角質細胞間脂質の主成分であるセラミド入りの化粧水で肌に水分を与えたうえで、乳液や保湿クリームなどをつけると皮脂膜の代わりに肌を覆う役割を果たしますよ。

ターンオーバーの周期を正常に保つ

ターンオーバーのイメージイラスト

肌のバリア機能の低下は、ターンオーバーといわれる肌の新陳代謝の周期の乱れによって引き起こされます。

基底層で生まれた細胞が形を変えながら、有棘層、顆粒層、角質層へと押し上げられ、やがて垢となって剥がれ落ちるターンオーバーという仕組みによって、肌は生まれ変わっています。

通常、ターンオーバーの周期は28日程度ですが、乾燥によってターンオーバーの周期が早まると、未熟な細胞のまま表面に押し上げられ、肌の表面がゴワゴワしてしまい、水分をキープするのが難しくなるためますます乾燥してしまいます。

ターンオーバーを乱す原因となるのは、加齢やストレス、睡眠不足などの生活習慣の他に、乾燥も挙げられます。

乾燥によるターンオーバーの周期の乱れから肌を守るためにも、保湿は大事です。

保湿効果を高めるスキンケアのポイント

上を指差し笑顔な若い女性画像

洗顔後の肌は、肌に必要な皮脂膜も流され、水分が蒸発しやすい状態ですので、すぐに化粧水をつけましょう。

化粧水をつけた後は、乳液や保湿クリームをつけて蓋をするのが、保湿の基本です。

乳液や保湿クリームをつけることで、皮脂と汗が混ざり合ってできる皮脂膜が一時的に不足しているときも、乳液・保湿クリームに含まれている油分が皮脂の代わりの役割を果たすことができます。

また、肌がベタベタするからといって、乳液や保湿クリームをつけない人もいますが、肌から水分の蒸発を招く結果になりかねません。

肌のベタつきや大人ニキビが気になる人の中には、皮脂を過剰に分泌させて肌を乾燥から守ろうとしている「隠れ乾燥肌(インナードライ肌)」の状態の人もいます。

インナードライの人は、乳液や保湿クリームを化粧水の後につけるという単純作業を行うだけで、肌の状態が改善する可能性があるので、いま一度自分のスキンケアを見直してみてくださいね。

配合成分としては、セラミド配合の化粧水を使うことで、肌の水分保持能力を高める効果が期待できますが、セラミド入りの化粧水は数多く市販されており、その中から一つを選ぶのは難しいですよね。

セラミドの中でも、人間の肌にあるセラミドと同じ構造を持つ「ヒト型セラミド」は保水力が高く、ナノ化された粒子の細かい「ナノセラミド」は角質層の深くまで浸透することが期待できるので、この2つの成分は押さえておきましょう。

保湿の逆効果になるスキンケア

保湿のためにやっているつもりでも、中には逆効果になってしまいがちなスキンケア方法もあり、誤ったスキンケアによる肌への刺激は、角質層を傷つけて保水力の低下を招いてしまいます。

よくやりがちなケースとして、まず挙げられるのは、必要以上のパッティング。

化粧水をつけるときに、コットンでパチパチと肌を必要以上に力を入れて叩いてしまうと、肌への刺激となってしまいます。

化粧水は指でつけた後、手の平を使って顔を覆うようにやさしく押し込んでいくのがつけ方のポイントです。

また、化粧水の量が少なく、手や指の表面がザラザラしていると刺激になりやすく、反対に化粧水の量が多い場合には、特にコットンを使用した場合に水分を含み過ぎて重く固くなるため、肌にダメージを与えやすくなります。

化粧水は適切な使用量を守ることも、肌を健やかに保つために必要です。

保湿クリームを指で塗り込むことも肌への摩擦となりますので、おでこや頬(ほお)、顎(あご)などに少しずつ置いて、ゆっくりと全体に伸ばした後、ハンドプレスを行ってなじませるようにしましょう。

保湿力がすごい化粧水3選

 

ayanasu(アヤナス)/ DECENCIA

アヤナストライアル敏感肌向けイメージ図

アヤナスの特徴

  • 一般的なセラミドの1/20のサイズの「ヒト型ナノセラミド」配合
  • コラーゲンを生成する線維芽細胞を活性化させる「CVアルギネート」を配合
  • 肌表面を包み、乾燥やほこり、花粉などの外部刺激から守る独自の「ヴァイタサイクルベール」という特許技術を採用

ディセンシアの「アヤナス」シリーズ内の、「アヤナス ローションコンセントレート」は、セラミドの中でも特に保湿力が高い【ヒト型ナノセラミド】が配合され、角層の奥まで浸透することが期待できます。

乾燥による肌荒れの緩和だけでなく、ストレスによる肌のバリア機能の低下で敏感になってしまった肌も、優しくうるおすことができるのです。

コラーゲンを補うのではなく、コラーゲンを生成する線維芽細胞を活性化させることで、肌にハリやつやを与える効果もあるエイジングケア化粧品としての機能もあり、どんな肌質・年齢層の人にもおすすめのスキンケアラインです。

ETVOS(エトヴォス) モイスチャーライン/ETVOS

エトヴォスモイスチャライジングラインお試しセット

エトヴォス モイスチャーラインの特徴

  • 5種類のヒト型セラミドを配合
  • 肌を引き締め、ハリを与えるアルガン幹細胞エキスを配合
  • パラベンや合成界面活性剤、鉱物油、合成香料、着色料などが無添加

「ETVOS モイスチャーライン」は【5種類のヒト型セラミド】が配合された化粧水を含む保湿重視のスキンケアを基調にしています。

湿度が0%になっても乾燥しないほどの保水力を持つヒト型セラミドで、インナードライも改善が期待できますよ。

また、アルガン幹細胞エキスによって肌にハリが生まれるとともに、ヒアルロン酸などの多種な保湿成分によって、肌が潤う効果も。

パラベンや合成香料、着色料などが無添加で低刺激性のため、敏感肌の人にもおすすめのスキンケアラインです。

ヒフミド/小林製薬

ヒフミドトライアル花柄の画像

小林製薬 ヒフミドの特徴

  • 3種類のヒト型セラミドを配合
  • 手の平が肌に吸い付くような使用感
  • 定期お届けコースは12%OFFで購入可能

小林製薬の「ヒフミド」は、【3種類のヒト型セラミド】を配合した「ヒフミド エッセンスローション」を含む、肌が潤いハリが出ることが期待できる高保湿化粧品。

高い保湿力がありながらもベタつかず、手の平が肌に吸い付くような使用感で、さらに肌への刺激性も少ないため、肌がデリケートになっている時期や敏感肌の人でも安心して使えます。

シンプルな配合成分ながらも保湿効果がしっかりと出すという当たり前のようで難しいことを実現した、製薬会社としてのプライドも感じられるスキンケアラインです。

まとめ

肌を保湿することで、肌バリア機能やターンオーバーの正しい周期を取り戻す効果が期待できるので、肌を健やかに保つためには「保湿」は最重要です。

いま一度自分のスキンケアを見直して、自分の肌にあった保湿スキンケアを行うことで、肌質の改善だけでなく、将来的なエイジングケアや健康的な肌づくりの基盤をつくりあげることができますよ。

自分にぴったりのスキンケア化粧品を見つけることももちろんですが、肌の保湿効果を高めるスキンケア方法を身につけて、肌に必要な水分をキープできる美肌を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です