保湿効果を高める夜のスキンケア方法!日中も乾燥しらずの肌へ

毎日スキンケアをしても保湿効果がなかなか現れずに悩んでいるという方や、効率的な保湿方法が知りたいという人はいませんか?

本記事では夜のスキンケアに重点を置き、夜の保湿の役割と重要性について紹介していきます。

肌の乾燥や粉ふきを改善したいという人は、ぜひ本記事を読んで今晩からのスキンケアに取り入れてみてくださいね。

朝と夜では保湿方法を分けた方がいい理由

クリームと美容オイル

普段、朝と夜のスキンケアはどのような方法で行っているでしょうか。

朝も夜も同じスキンケア化粧品を使っているという方は多いですが、スキンケアを行う目的は朝と夜では異なるので、目的に合わせてスキンケア化粧品を使い分けることで、より効果的に肌を保湿することが可能になります。

朝と夜のスキンケアの違い

朝日と月

朝のスキンケアは、日中のさまざまな外的刺激から肌を守ることを目的として行います。

外的刺激とは、日中降り注ぐ太陽の紫外線や、目に見えないウィルスやちり・ほこり、外気の乾燥や気温の変化、また日中行う化粧品に含まれる成分などからの刺激のこと。

日中の外的刺激から肌を防御するために肌の内側からできるケアとしては、化粧水で肌内部に水分や保湿成分を十分に加え、乳液やクリームなどの油分で肌の表面にふたをすることで異物が侵入するスペースをなくすという方法があります。

また外側から行うスキンケアは、日焼け止めなどを塗って、紫外線から肌を防御することなどが挙げられます。

一方、夜のスキンケアでは日中受けた外的刺激を洗い流して保湿をすることで肌を整えて回復すること、美白ケアやニキビケアなど求める肌質に合ったスキンケア化粧品を使用して肌質改善を促すことを目的として行います。

夜はスキンケアを行った後に化粧を重ねる必要がないため、乾燥肌や脂性肌(オイリー肌)、ニキビ肌など、それぞれの肌状態に合わせて丁寧にスキンケアを行い、一晩かけて角質層に成分を行き渡らせることが可能です。

以上から、朝のスキンケアの目的は保湿と外部刺激からの防御、夜のスキンケアの目的は保湿と肌質改善ということになります。

このように朝と夜では求めるスキンケアが異なっているため、それぞれの目的に応じてスキンケア化粧品を変えることで、肌の保湿効果や美容効果が向上することが期待できますよ。

 おすすめしたい夜のスキンケア方法

お団子頭の女性が頬に手を当ててリラックスした画像

夜のスキンケアでは、紫外線やメイク汚れなどで疲れた肌を優しくいやしながら潤いを与えることが大切。

そこで夜にぜひ実践してほしいスキンケアのポイントを紹介していきます。

クレンジング料はミルクやクリームを使用する

クレンジング料にはオイルタイプやクリームタイプなどさまざまな種類がありますが、肌に刺激を与えすぎることなくメイクを落とすためには、クレンジングミルクやクレンジングクリームを使用するのがおすすめです。

クレンジングミルクやクレンジングクリームは、使用したときの伸びがいいため肌を強い力でこすらなくても優しくメイクを落とすことができます。

クレンジングオイルもなめらかで摩擦は起きにくいのですが、含まれる洗浄成分の量が多いので肌にとって優しいとはいえません。

また、クレンジングシートはメイク落としの際に肌にゴシゴシと摩擦を与えてしまうため、肌が炎症を起こしたり、乾燥したりすることがあるので避けてください。

肌に負担を与えない、クレンジングミルクやクレンジングクリームでメイク落としをするようにしてください。

おすすめのクレンジングミルクが知りたい人はこちら

もう安心!敏感肌でも使えるミルククレンジング5選

今までの洗顔方法や洗顔料を見直す

下を向いてタオルで顔を拭く女性

毎日行う洗顔ですが、顔をゴシゴシとこすりながら洗っている…なんて人はいませんか?

実はゴシゴシと顔をこするのは間違った洗顔方法なのですが、間違った洗顔方法をしている人は多いですよね。

夜のスキンケアで肌へうるおいを与えるために重要な、正しい洗顔方法と肌に負担の少ない洗顔料について説明していきます。

肌に潤いを残す正しい洗顔方法

クレンジングのあとの洗顔もついついゴシゴシとこすりがちですが、なるべく肌をこすらずに泡立てた洗顔料で優しく洗うように心がけましょう。

肌をこすると摩擦により肌が炎症することや、保湿成分まで洗い流されてしまい、肌の保湿力も低下することが考えられます。

肌に刺激を与えないように、正しい洗顔方法を心がけて優しく肌を洗い上げるようにしてください。

正しい洗顔方法を詳しく知りたい人はこちら

正しい洗顔の仕方と4つの間違い洗顔

肌への負担が少ない洗顔石鹸を使うのがおすすめ

洗顔石鹸とお花のイメージ画像

普段からスーパーなどで売っている洗顔フォームには「合成界面活性剤」といって肌の油分を落としやすくする化学成分が多く配合されています。

合成界面活性剤は肌の保湿に必要な油分まで洗い流してしまう可能性があったり、化学成分なので肌に負担を与えたりすることが考えられます。

一方、洗顔石鹸なら肌の油分を落とすのは「天然の界面活性剤」なので、化学成分での肌ダメージは抑えることができますよ。

スーパーやドラッグストアで販売されている洗顔石鹸には洗うためだけの洗顔石鹸がほとんどですが、インターネットでは美容成分が多く配合された洗顔石鹸が販売されています。

肌にやさしい洗顔をこだわりたい人は、ぜひ美容成分が配合された洗顔石鹸を夜のスキンケアに使ってみてくださいね。

美容成分配合のこだわり洗顔石鹸を知りたい人はこちら

ドラッグストアで買えない!おすすめ洗顔石鹸ランキング

肌悩みに合ったパックを使用してスペシャルケアを

顔にパックをしてきめるロシア女性

夜のスキンケアでは肌にうるおいを与えていやしつつ、自分の肌悩みや肌トラブルを改善する美容成分を含んだシートマスクやパックを利用してスキンケア効果を高めましょう。

シートマスクには保湿効果があるアイテムが基本なので乾燥対策はもちろんのこと、美白やシミ・しわなど自分に特化した悩みにアプローチする商品が多いのが特徴。

ぜひ自分の悩みに合ったシートマスクを使用して肌保湿効果と美容効果を高めてください。

スキンケアの最後はナイトクリームで肌にふたをする

クリームと青い花

肌に優しいクレンジングや洗顔を行って化粧水や美容液を使用したあとは、スキンケアの最後にナイトクリームを使用しましょう。

ナイトクリームは夜のスキンケアのために作られた保湿クリームなので、UVケアに必要な紫外線吸収剤などの成分が配合されていないのが特徴です。

紫外線吸収剤は、UVケアをする場合には効果的ですが、化学成分のため肌にダメージを与えかねません。

日中に使用するクリームを夜にも使用している人は、UVケアの効果があるクリームではないことを確認するのがおすすめです。

夜のスキンケアの最後にナイトクリームを使用すると、化粧水や乳液で与えた美容成分や保湿成分を肌にしっかりと閉じ込めてくれます。

寝ている間の使用を想定しているため、翌朝まで保湿効果が続いていることが実感できますよ。

ナイトクリームの使い方とおすすめ商品が知りたい人はこちら

保湿にこだわるなら「夜」が重要!おすすめナイトクリーム2選

肌のゴールデンタイムを利用して保湿効果を高めて

月

女性であれば誰しも、「肌のゴールデンタイム」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

肌のゴールデンタイムとは、眠り始めから3~4時間のあいだ、肌の新陳代謝を高める成長ホルモンの分泌が盛んになっている時間帯のこと。

眠り始めてから3~4時間のあいだは成長ホルモンの分泌が盛んに行われているため、体内の新陳代謝が上がって血流が良くなり、それに伴って肌の表面が生まれ変わるターンオーバーの働きも活発化していきます。

血流がよくなることで、保湿の際に肌に与えた美容成分が肌表面の角質層に良くなじんでいくため、保湿効果も期待することができますよ。

以前までは、午後10時から午前2時の4時間を肌のゴールデンタイムと呼んでいましたが、ここ数年で定説が変わってきており、重要なのは入眠後3~4時間をどれだけ熟睡できるか、だということが分かってきています。

肌のゴールデンタイムで熟睡する5つのポイント

  1. 就寝前にはスマートフォンの電源を切る
  2. 室内の照明を切ってから寝る
  3. のどが渇いたらカフェインが含まれない飲み物を飲む
  4. リラックスオイル等を使用する
  5. 入浴は寝る1~2時間前に済ませる

室内の照明が付いたまま寝てしまったり、寝る直前までスマートフォンのブルーライトを浴びていると、睡眠を安定させるメラトニンというホルモンがうまく分泌されず、寝付きにくくなってしまいます。

また、コーヒーやお茶、コーラなどの飲料に含まれるカフェインは眠気を覚醒させる作用があることから寝る前に摂取することは控えるようにしましょう。

入浴を寝る直前に行うのは良くないとされています。人が眠るときには、深部の体温が下がることがわかっているからです。

つまり、睡眠直前に入浴してしまうと体内深部の温度が高いままなので、なかなか寝付きにくくなるのです。

入浴は寝る1~2時間前に行うと、入浴で体内を温めてから、体温がしだいに下がり、気持ちよく眠気を感じることが可能ですよ。

ぜひ夜のスキンケア方法を見直して、乾燥知らずでツヤのある美肌を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です