決定版!シミ対策美容液で生き生きとして明るい肌に!

OKしている女性のイメージ画像

年齢を重ねると、気付けばいつのまにか増えているシミ。シミが一つでも多いと顔色が暗く見えたり、せっかくのメイクが栄えないなど悩みが尽きません。

そしてシミの美白ケアをしようと美白※美容液を選ぼうとしても、たくさん種類があって迷いますよね。

では美白美容液には、どのような種類があって、どのような成分がシミに美白効果が期待できるのかをみていきましょう。

(※)本記事内での「美白」は、「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすの原因を防ぐ」ことです。

シミの正体を徹底解剖

帽子の女性

シミはメラニン色素による色素沈着

私たちは生活の中で自然と紫外線を浴びてシミができたり、加齢によって肌の透明感が失われ、肌がだんだんと暗くなりくすんでいきます。

紫外線を浴びると、私たちの肌細胞を守るためにメラノサイトにメラニンが生成されます。本来私たちを守るために作り出されるメラニンは、過剰に作り出されることで蓄積されてシミになります。

しかし、もしメラニンが生成されなければ、肌細胞にダイレクトに紫外線が影響し、皮膚ガンなどになる可能性があるのです。

肌のターンオーバーが正常に働いていると、過剰に作り出されて蓄積されたメラニンは、不要な角質とともに剥がれ落ちます。

しかし、乾燥などの肌トラブルや老化で肌のターンオーバーが正常にサイクルしないことで、色素沈着してしまいシミになるのです。

また、シミになった色素細胞は、ずっとメラニンを生産し続けるために、スキンケアを怠ったりさらに紫外線を浴びてしまうと、シミはさらに濃くなってしまいます。

シミの種類は4種類

シミと聞くと、夏に日焼け止めを塗らずに外で遊んだりして紫外線を防ぐのを怠ったり、肌と向き合わずに簡単なスキンケアで済ませてしまうことで、シミが増えるのではないかと考えますよね。

しかし、シミは遺伝や生まれもって出来るシミと、生活のなかで自然とできてしまうシミがあります。ではシミの種類やそれぞれの原因や特徴を見ていきましょう。

【シミの種類】

  原因 特徴
老人性色素斑 ・老化による色素沈着の蓄積
・紫外線の影響で過剰に作り出されたメラニンが蓄積
・色が褐色で次第に濃くなっていく
・40代位から気になり始める
・2mmから20mmまでの大きさのものが満遍なくある
雀卵斑(そばかす) ・遺伝や先天的 ・肌質的に紫外線を受けやすい体質 ・小さい円形のものが鼻根を中心にある
・親や兄弟にも、遺伝的にある
・紫外線をあびると濃くなる
肝斑 ・妊娠や出産、更年期などの女性ホルモンがバランスの崩れ
・体質の変化でメラニン色素が生成されやすくなる
・頬に多い
・左右対称にできている
炎症後色素沈着 ・ニキビや虫刺されなどの傷跡による色素沈着 ・ニキビ、虫さされなど、炎症が落ち着いたあとに色素沈着してしまう
・場所はさまざまなところにできる
・美白化粧品で対応しやすい

シミには種類がありますが、共通して言えることは市販で販売されている美白美容液ではシミは薄くできないのです。

では現在販売されている美白美容液とは、私たちのシミやくすみなどの悩みにどのように働きかけるのでしょうか。

美白美容液とは

鏡を見て嬉しそうな女性

美白とは

 

美白と聞くと、浴びた紫外線によってできたシミが薄くなったり、透明感が満ち溢れた水々しい肌に戻すことができる、と想像していませんか?

美白というのは、薬事法で定められた加齢による「メラニン生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ」ことや、紫外線の「日焼けによる、シミ・ソバカスを防ぐ」ことで、残念ながら今以上肌を白くすることではありません。

あくまでも、肌全体の透明感を維持するということなので、現在販売されている美白化粧品の多くはシミを消したり、薄くすることはできません。

では美白美容液は、私たちにどのような変化をもたらしてくれるのでしょうか。

美白美容液とは

化粧品クリームを顔に塗った女性のイメージ写真

美白美容液は普段使用している基礎化粧品の中で、少しでもシミが薄くなったり、肌を明るく透明感を上げるためのプラスアイテムです。

しかし現在販売されている美白美容液を含む、美白基礎化粧品全般の多くは、もともとの肌よりも白くすることはできません。

シミが完全に消え去るということは難しいのですが、まだ肌の表面上に出てきていないシミに働きかけて今以上シミが肌表面にでてくることや、肌自体が今以上くすんで黒くならないように前もって防ぐ効果があります。

美白有効成分には薬事法で定められた、「メラニン生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ」効果や、「日焼けによる、シミやそばかすを防ぐ」美白効果が期待できる有効成分が含まれています。

美白美容液の中で、薬事法で認められた美白有効成分とは、厚生労働省に認められた美白成分を含む有効成分で「医薬部外品(薬用)」という認証をうけて「美白」という商品で販売されています。

「医薬部外品(薬用)」とは

薬のように痛みを緩和させたり傷を直すような効果があるわけではないですが、化粧品よりも少しは効果が感じられます。たとえば、シミが完全に消えて真っ白になる効果はないですが、くすみに悩む肌に、透明感をあげるなど効果がある化粧品のことをさします。

それでは、美白有効成分はどのような種類があって、私たちに働きかけるのでしょうか。

シミに効く有効成分を知って美容液を選ぼう

頬に触れて微笑む女性の写真

メラニンは私たちの身体を守るために生成されますが、その過程において作り出されすぎたメラニンがシミの原因になると話しました。

私たちの体内でメラニンを過剰に生成しなければ、シミができる原因がなくなりますよね。

美白美容液は過剰に作り出されたメラニンがシミになるまでの過程をブロックするという発想に着目して製造されているものがほとんどです。シミをこれ以上作り出さないように予防するために作用するものが販売されています。

【美白有効成分に含まれる注目すべく成分】

美容液に含まれる美白有効成分は、メラニンの生成を抑制する効果、メラニンの排泄を促進する効果、メラニンを還元する効果が期待されます。

【美白成分と働き】

メラニンの生成を抑制 メラニンの排泄を促進 メラニンを還元
・ビタミンC誘導体
・プラセンタエキス
・アルブチン
・コウジ酸
・トラネキサム酸 など
・ビタミンC誘導体
・プラセンタエキス
  など
・ビタミンC誘導体
・コウジ酸
  など

いずれの成分も、すでに発生したメラニンを取り除く効果はありませんが、メラニンが作られるのを防ぎこれ以上シミができるのを予防する効果が高いのです。

また、上の表以外ハイドロキノンという美白有効成分があります。ハイドロキノンは、メラノサイトの活動を抑えてメラニンが生成される過程を防ぐことでハイドロキノンは、肌の漂白剤と呼ばれています。

メラニン色素の細胞そのものを減少させる効果が期待できるのと同時に、使用法穂を守らなければ赤みやかゆみなど、肌トラブルを招く可能性があります。ハイドロキノンは一般化粧品で配合されるというよりも、皮膚科で処方されることが多いです。

美白有効成分は、医薬部外品で化粧品よりも効果が期待できることから、乾燥肌で肌の潤いが足りない人や敏感肌でちょっとした刺激に敏感な人は少し刺激を感じてしまう可能性があるので要注意です。

とくにビタミンC誘導体には、体内の酸化を防ぐ抗酸化作用があるので、少しさっぱりした感触の美容液が多いです。もし乾燥肌で美白ケアをする場合はヒアルロン酸やセラミドなどの保湿効果が期待できる配合成分の基礎化粧品と同時に使用することが良いでしょう。

おすすめ美白美容液3選

【全体的なくすみ、シミに】ポーラ ホワイトショット CX(全顔美白美容液)

ホワイトショットCXのイメージ画像

25ml 16200円(税込)

ホワイトショットの特徴

  • 全体に散らばったメラニンを減らす効果が期待できるので、シミが顔全体に満遍なくある人に効果的
  • 糖化予防もできるので、加齢からくる黄ぐすみを予防して透明感のある肌に導く
  • POLA独自の研究で、「肌のセルフクリア機能」に着目して、自ら透明感を引き立てる肌へと導く

ホワイトショットは、ポーラの美白シリーズで、気になるところだけに使用できる美白クリームや、全体に使用できる美白クリーム、そして体内から美白ケアできる美白サプリメントなどがあります。

ホワイトショットCXは化粧水のあとに全顔に使用できる美白美容液で、全体的なくすみにも効果が期待できます。

年齢を重ねると首の色の方が顔の色よりも白いと悩まされたことはありませんか?年齢を重ねると、糖化といって肌が酸化して黄ぐすんできます。

ホワイトショットCXは、シミだけではなく糖化によるくすみにも効果的で植物由来のビワの葉から抽出したポーラのオリジナル成分「SCリキッド」により肌全体の透明感があがるので、シミの予防だけではなく顔全体のくすみの改善が期待できます。

また、シミの生成抑制でこれ以上シミができるのを防ぐといった美容液ではなく、ポーラ独自の美肌理論により、メラニン生成が過剰におきても、私たちの肌が持つ自らメラニンの過剰生成を分解する力を手助けする美容液です。

使用を続けると、自らの肌でメラニンの過剰生成を分解する力も備わってくるので、継続することで、効果が期待できますね。

【シミの骨に着目】アスタリフトホワイト エッセンス インフィルト<美白美容液>

アスタリフトホワイト エッセンス インフィルトの画像

30ml 7560円(税込)

エッセンス インフィルトの特徴

  • ビタミンC誘導体がメラニン還元を促し透明感のある肌に導く
  • ダマスクローズの香りで癒されながら使用できる
  • 美白だけではなく、ハリ感や全体的な透明感も期待できる

「シミには骨がある」と研究し、シミにメラニンがこびりつくことでシミが存在してしまうことに着目した富士フィルムは、「シミの骨」を分解させることが、シミのケアになるというスキンケア方法を発明。

エッセンスインフィルトを使用することで、「シミの骨」自体を減らし、「シミの骨」が減ることで自ずとメラニンが減ると期待できます。

【メラニン生成をあらゆる角度から阻止】資生堂 HAKU メラノフォーカス3D

HAKUメラノフォーカス3Dの画像

45g 10800円(税込)

HAKU メラノフォーカス3Dの特徴

  • 美白有効成分の「m-トラネキサム酸」がメラノサイトの活性化を抑制することで、過剰にメラニンを作りだすことをブロック
  • 資生堂が開発した独自成分の「4MSK」により、メラニン色素の過剰生成をふせぐことで、シミができる根本原因を阻止してくれる
  • 肌の深層部に潜むメラニンにも順応して美白成分を肌細部までに浸透することができるので、効果にムラがない

HAKUは、数々の雑誌や口コミランキングの美白部門で高評価をうけている美白美容液です。

資生堂の独自研究でシミ部位のメラニン分布を3Dで解明し、データに基づいてメラニンの生成できる行程を多角的に阻止して、シミが出来るのを防ぐ美白美容液です。

整肌保護成分の「アンダーシールダー」が、肌整え美白成分を肌全体に届けることができるので、全体的なくすみにも効果が期待できます。

まとめ

シミに効果的な美白有効成分を見極めながら、美白美容液を選ぶことでシミが気にならなくなると嬉しいですね。まったく無かったことのようにシミを消すことは難しいですが、美白美容液を使うことによって少しでもシミが気にならなくなったら、メイクも栄えて楽しくなりますよね。

本記事で紹介した美容液は、今のスキンケアに一つ足して使えるアイテムなので、シミが気になる方は是非今のスキンケアの手入れにプラスしてみましょう。

さらに、シミを予防するには紫外線を防ぐUV対策も必要です。

紫外線を浴びてしまう日には、こまめに日焼け止めを塗るようにしてうっかりシミのできる原因をつくらないように日常から心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です