美容業界の新常識!?ヒト幹細胞培養液で美肌を再生!

ビューティーワールドジャパン2017

年に一度の美容祭典であるビューティーワールドジャパン2017でも注目を浴びた、『ヒト由来幹細胞培養液』

再生医療技術からヒントを得て、化粧品の成分に配合することで肌の再生力を高めるアンチエイジング化粧品、『幹細胞化粧品』の一つとして近年注目されています。

本記事では幹細胞の中でも、特に使用して変化が感じられるという『ヒト由来幹細胞培養液』の役割と効果について詳しくお話し、おすすめの商品を紹介していきます。

そもそも、幹細胞ってどんな細胞?

女性が大きい虫眼鏡を持てクエスチョンマークが浮かんでいる画像

皆さんは、「幹細胞」という言葉を耳にしたことはありますか?

私たちの身体は約60兆個・200種類以上の細胞によって成り立っています。

細胞は、皮膚の細胞であれば外界からの刺激などを守る役割、神経の細胞であれば痛い・痒いなどの感覚を脳に伝える役割、筋肉の細胞であれば身体を動かす役割、とそれぞれに必要な役割を担うために私たちの全身に存在しています。

では、私たちの体内でどのような役割を果たすのかみていきましょう。

幹細胞の役割

幹細胞には、以下の二つの能力があります。

  1. 様々な細胞に変化して、分化できる能力
  2. 細胞分裂しても、自分と全く同じ能力を持つ細胞をコピーできる自己複製能力

少し難しく聞こえますが、簡単に言い換えると身体に足りていないところで必要な形に変わる、自己再生能力が高い細胞ということです。

たとえば、怪我をした時に肌に傷がついても時間が経てば、血は止まり、かさぶたになって治っていきますよね。

これは体内の幹細胞が傷ついて失われた細胞に集まり、分化・分裂、複製を繰り返すことで失われた細胞を再生して補いながら、傷つく前の健康な肌状態へ戻そうとして活発に幹細胞が働くため、治っていくのです。

しかし、生活環境におけるストレスや紫外線、加齢などによって体内の細胞だけではなく、幹細胞自体も減少していきます。

幹細胞が減少すると、自分自身の力で回復することが難しくなり、回復に時間がかかってしまいます。

たとえば、年齢を重ねると疲れがなかなか取れなかったり、風邪が長引いたり、転んでしまってできた青たんがずっと青いまま…という体験はありませんか?

これらに共通する「回復に時間がかかる」という自然現象も、生活環境におけるストレスや加齢によって細胞や幹細胞が減少するため、おきてしまうことなのです。

身体の傷で例えましたが、顔にできるシワやたるみも、傷という認識で考えると、幹細胞化粧品の役割がわかりやすいと思います。

では化粧品に幹細胞が配合されると、どんなメリットがあるのかをみていきましょう。

表皮細胞と真皮細胞

指を立てている笑顔の看護師女性

自らの肌に存在する肌幹細胞は表皮にある『表皮幹細胞』と、肌の奥にある真皮に存在している『真皮幹細胞』の2種類あります。

『表皮幹細胞』は肌表面の表皮に存在し、新しい細胞を生み出し肌のターンオーバーのサイクルを正常化して、健康状態を保ちます。

しかし、ストレスや栄養不足、加齢などの原因により、表皮幹細胞の働きは悪くなってしまいます。

肌のターンオーバーが乱れると、古くなった角質が剥がれ落ちにくくなるため、角質肥厚による乾燥や、吹き出物などのあらゆる肌トラブルに悩まされます。

念入りにスキンケアをしていても、肌表面に溜まった古い角質が邪魔して思うようにスキンケアの効果を感じることができません。

そこで、幹細胞化粧品を使用することで、表皮に眠っている表皮細胞を目覚めさせ、肌トラブルの改善が期待できます。

表皮細胞が活発になると、乱れていた肌のターンオーバーのサイクルも正常化して、肌トラブルを解消へと導くことができるのです。

『真皮幹細胞』は、肌の奥にある真皮部分に存在し、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸のもととなる繊維芽細胞を生成しています。

しかし真皮幹細胞が減少すると、繊維芽細胞を生み出す力が低下するので、肌のハリや弾力を支えているコラーゲンやエラスチンの状態が悪くなるので、シワやたるみといった肌悩みがうまれてしまうのです。

そこで、幹細胞化粧品を使用することで真皮幹細胞に働きかけ分裂し、繊維芽細胞へと分化します。

そして分化された繊維芽細胞がコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を産生することができるのです。

では、幹細胞化粧品は具体的にどのように私たちの肌に働きかけるのかを詳しく見ていきましょう。

化粧品における幹細胞の役割

私たちの身体の皮膚は服などに覆われているため、外界からのダメージを受けにくいです。

しかし顔の皮膚はずっと外に曝されているため、外界からのダメージを受けやすく、ダメージによって細胞は減少していきます。

たとえば、肌の悩みがシワだとしましょう。

シワは乾燥によってできるだけではなく、肌の真皮にあるエラスチンやコラーゲンが減少することによってできてしまいます。

そこで、シワをどうにかなおしたいとなると真皮のケアが出来るアンチエイジング化粧品でお手入れすることも良いですが、幹細胞化粧品を使用することがおすすめです。

なぜなら、幹細胞化粧品を使用することで、肌の水分や栄養など足りない部分の必要に応じて細胞が複製、分化を始めるからです。

自らハリを生み出す力が弱っている肌の真皮に、幹細胞の成分が配合された化粧品を使用することで、真皮のエラスチンやコラーゲンなどが失われた細胞に集まり、分裂や複製を繰り返し、肌のハリや弾力を回復するように働きかけます。

従来の化粧品と幹細胞化粧品の違い

たとえば従来の化粧品は、肌の水分が足りないのであれば保湿力の高い化粧水をたっぷりつけたり、肌の油分が足りないのであれば油分たっぷりのオイル美容液を使用したり、肌に不足していることに対して目的を持ってスキンケアで補いますよね。

それに対し、幹細胞エキス・幹細胞培養液が含まれる化粧品は、肌に塗布することによってまだ肌で生き残って機能している細胞を目覚めさせて活性化したり、複製したりする効果により、健康な肌へと導いていきます。

そのため、水分不足やシワやシミなど、悩みに直接的な効果があるのではなく肌細胞自体を元気にし、肌の底力を上げることによって悩みが改善されていくのです。

このように肌細胞を活性化することで、肌悩みを根本的に改善する幹細胞化粧品。

幹細胞化粧品の中でも、「植物由来幹細胞」、「動物由来幹細胞」、「由来幹細胞」の3種類あります。
では、それぞれの特徴や効果を詳しくみていきましょう。

幹細胞化粧品3つの種類を紹介

植物幹細胞、動物幹細胞、ヒト由来幹細胞の違い

幹細胞化粧品は、原料である幹細胞がどのようなものから抽出されたか、3種類に分類できます。

自然の恵みから採取した「植物由来幹細胞」、動物の毛根やプラセンタから採取した「動物由来幹細胞」、ヒトの脂肪や神経から無菌状態でヒト幹細胞を培養する際に分泌したエキスを使用したヒト「由来幹細胞」の3つに分けられます。

再生医療でも使用されているという幹細胞を使用した化粧品というだけでも、肌本来の力を目覚めさせる肌再生の効果は実感できますが、実はこの3つにも表のような違いがあります。

ヒト由来の幹細胞化粧品は、私たちと同じ人間の脂肪組織や神経組織の幹細胞が培養されて化粧品の成分として配合されるので、植物由来や動物由来よりも相性が良く効果が感じられ、さらに副作用もおきにくいのです。

では、3種類の幹細胞コスメの中で、私たちの肌に一番効果が期待できるという『ヒト由来幹細胞』について詳しく見ていきましょう。

ヒト由来幹細胞化粧品について

ヒトの幹細胞と聞くと少し心配になるかと思いますが、実際にヒトから採れた脂肪分を使用しているわけではありません。

そもそも、ヒト由来幹細胞化粧品はヒト幹細胞をそのまま使用しているのではなく、ヒト幹細胞を無菌の状態で培養した時に分泌される液体が原料として作られています。

したがって、ヒトの幹細胞が直接使われているのではなく、培養液なので危険性や身体に悪いものではないので、安心して使用できますよ。

具体的にどのような効果が期待できる?

女性の医師がポーズを取っている画像

数ある幹細胞化粧品の中でもヒト由来の幹細胞化粧品は、植物由来や動物由来の幹細胞化粧品よりも、実際に細胞として存在して働いている物質を幹細胞化粧品として肌に塗布して補うため、肌の調子が良くなる効果が期待できます。

たとえば、パズルでも同じピースのものが型にはまるように、ヒトにはヒト由来の幹細胞化粧品が最も適しているのです。

具体的にどのような効果が期待できるのかは、以下の通りです。

【具体的に期待できる肌への効果】

  • 美白効果
  • ターンオーバー促進効果
  • 細胞活性化効果によるアンチエイジング効果

また、ヒト由来幹細胞化粧品はさらに、培養する箇所から2種類のヒト由来幹細胞に分類されます。

ではヒトのどこから由来して抽出されるのか詳しく見ていきましょう。

脂肪幹細胞培養液と神経幹細胞培養液

ヒト由来幹細胞は培養される箇所によって、脂肪幹細胞培養液と神経幹細胞培養液、と2つの種類に分かれます。

ライン

【脂肪由来幹細胞培養液】

脂肪由来幹細胞培養液は、皮下脂肪から抽出する際に分泌したエキス。

アミノ酸、酵素、コラーゲン、ヒアルロン酸などが含まれているので、たるみやシワ改善に効果的です。

【神経幹細胞培養液

神経幹細胞培養液は歯茎の神経細胞から抽出した神経細胞の培養液。

神経細胞は脂肪幹細胞よりも細かに分化するため、より細胞を活性化することが期待でき、肌の底力をあげてくれます。

また、神経幹細胞はシミができる原因となるチロシナーゼの分泌が抑えられ、メラニン細胞の増殖を阻止する効果が高いので、アンチエイジング効果だけではなく、美白効果にも期待できますよ。

ライン

それぞれに違いはありますが、真皮の細胞に働きかけ、肌の細胞を活性化し肌の根本を改善する可能性があるヒト由来幹細胞化粧品。

それでは、おすすめのヒト由来幹細胞化粧品を紹介します。

ヒト幹細胞を使用した化粧品を紹介

DEAGAIA ナイトリペア エッセンス

DEAGAIA商品画像

12,960円(税込) 30日間全額保障付き

 

ナイトリペアエッセンスの特徴

  • ヒト由来幹細胞培養液配合し、エイジングケアを期待できる美容液
  • 敏感肌でも使用できる低刺激に加え、界面活性剤、香料、防腐剤などを使用していない無添加の化粧品
  • 成分を肌の内側まで届ける高浸透技術「ナノソーム」を採用し、より肌に浸透していくのが実感できる

ナイトリペアエッセンスは、ヒトの脂肪細胞から抽出する際に分泌した培養液を使用したエイジングケアを超えた「再生美容」という発想の美容液です。

美容液なので、肌の調子が優れない時の救世主として今使用しているスキンケアアイテムのプラス一品として、使用することも有効ですよ。

成分に、ヒト由来幹細胞エキスが含まれるだけではなく、その他にハリや弾力に効果的なヒアルロン酸や保湿にコラーゲン生成を促進するプラセンタが含まれているので、究極のアンチエイジングケアとして透明感満ち溢れる肌へと導いてくれます。

ヒト由来幹細胞化粧品を使用する時の安全性についてですが、ナイトリペアエッセンスは確かな検査を受けているので問題なく使用できます。

ナイトリペアエッセンスのヒト由来幹細胞を培養する際には、厳しいドナー適合性検査を実施し、ウイルスや細菌などによる感染症や病気でないことが証明されたドナーのみを選出し医療機関で外界からの刺激が遮断された環境で幹細胞を培養して作られた美容液なのです。

さらに、ヒト由来幹細胞化粧品は基本的に値段も高価なものが多い中、ナイトリペアエッセンスはシンプルなデザイン、パッケージで低コストに抑え、手を出しやすい値段に抑えられたそうです。

敏感肌でも使用できる無添加の美容液でありながら、潤い、ハリ弾力、総合的なアンチエイジング効果が期待でき、エステサロンで施術を受けたように、肌に変化が感じられますよ。

まとめ

飛び跳ねる女性

従来の化粧品とは違い、細胞自体を元気にさせて肌本来の元気を目覚めさせ、肌の潤いや透明感、ハリ・弾力の改善効果が期待できる幹細胞化粧品。

肌本来が持っている力を呼び覚まし、より良い肌状態へと導く、私たちの肌にとって幹細胞化粧品は起爆剤のような存在です。

乾燥やシミ、シワなどの悩みに直接的に効く美容有効成分が入った美容液を使用することも良いですが、加齢によって悩みが複合的になってきた時は、幹細胞化粧品のように肌の底力をあげるコスメを使用することもアンチエイジングケアとして相応しいですね。

植物由来、動物由来、ヒト由来と3種類の由来とそれぞれの効果がありますので、自分の肌に合うものを選んでみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です