毛穴が目立つのはシミが原因かも?5つの改善法とおすすめ化粧品を紹介

目を閉じながら頬を触っているお団子頭の女性

毛穴が目立つのが嫌で色々お手入れをしているのになかなか黒ずみが取れない…という場合は、毛穴にシミができているのかもしれません。

本記事では毛穴にシミができる原因を解説し、改善するための方法とおすすめのスキンケア化粧品を紹介します。

毛穴が目立つ…それって「シミ」かも?

鏡を見て悩む女性の画像

「毛穴の黒ずみが気になる」「毛穴がポツポツと目立つ」といった、肌トラブルに悩みを持つ人は多いですよね。

毛穴が黒く目立ってしまう原因は一つではなく、対処法もそれぞれ異なります。まずは自分の毛穴トラブルの原因が何かを調べてみましょう。

毛穴のトラブルは大きく分けて4つ

毛穴が目立ってしまう原因は次の4つに分かれます。目立ちやすい場所や特徴から、あなたの毛穴トラブルがどれに当てはまるかチェックしてみましょう。

【その1】詰まり毛穴

  • 原因

角栓が毛穴につまり、酸化することで黒くなる

  • 目立ちやすい部位

Tゾーン(鼻・おでこなど)

  • 特徴

黒いポツポツが目立つ

【その2】たるみ毛穴

  • 原因

肌の真皮の老化により、肌のハリが失われ毛穴が開く

  • 目立ちやすい部位

頬、目の下

  • 特徴

しずく型に広がった毛穴

【その3】開き毛穴

  • 原因

過剰な皮脂分泌により毛穴が大きく開く

  • 目立ちやすい部位

顔全体

  • 特徴

毛穴だけでなく、全般に皮脂分泌が多い

【その4】毛穴のシミ

  • 原因

過度な毛穴ケアや毛穴の炎症により色素沈着が起こる

  • 目立ちやすい部位

Tゾーン、頬

  • 特徴

毛穴だけでなく、ニキビ跡やそばかすなども目立つ

毛穴にもシミができることがある

鏡をみつめる女性

毛穴トラブルの中でも、他の毛穴トラブルと間違いやすいのが「毛穴のシミ」です。

自分では「つまり毛穴」や「開き毛穴」と思って、角栓や皮脂を落とすスキンケアを続けているのに、一向に毛穴の目立ちが改善しないという場合、毛穴にシミができている可能性があります。

毛穴にシミができている人の特徴

  • しっかりと毛穴ケアをしているのに毛穴が目立つ
  • 毛穴に角栓は詰まっていないのに毛穴が目立つ
  • 毛穴が茶色く見える
  • 毛穴の炎症が起きることがよくある

毛穴にシミができる原因

白衣を着た女性が刺し棒を持っている画像

「毛穴にシミができる」とはあまり聞き慣れないかもしれませんが、毛穴も他の皮膚と同じようにシミができることがあります。

毛穴にシミが発生するメカニズムと原因を解説します。

毛穴にシミができるメカニズム

肌にできる「シミ」の元は、私達の肌が作り出すメラニン色素という茶褐色の色素です。

メラニン色素はシミやそばかすの原因になるため「悪いもの」と思われがちですが、本来は「外部の刺激」から私達の肌を守るために作られています。

メラニン色素を作り出しているのは、皮膚の表皮の一番奥にある、基底層の「メラノサイト」という細胞です。

メラノサイトは毛穴の皮膚にも存在しているので、毛穴に外部からの刺激が加わると、刺激から毛穴を守るためにメラニン色素が生成されます。

メラニン色素は通常は肌のターンオーバーによって排出されていますが、一度にたくさんのメラニン色素が作られたり、同じ場所に継続してメラニン色素が作られると、肌にメラニン色素が残りシミになってしまいます。

毛穴のシミを作る4つの原因

毛穴のシミの元であるメラニン色素を作る外部刺激は大きく分けて4つあります。

1.紫外線

雲と日差しの写真

メラニン色素を生成する外部の刺激でもっともよく知られているのが「紫外線」です。

鼻や頬などの毛穴は紫外線が当たりやすい場所にあるので、紫外線が原因で毛穴付近にシミやそばかすができることがあります。

2.酸化した角栓

毛穴に詰まった角栓も、毛穴のシミの原因になります。角栓は皮脂が約3割、角質が約7割でできていますが、長い時間毛穴に詰まっていると皮脂が酸化して「過酸化脂質」になってしまいます。

酸化した角質は黒ずんでくるので、毛穴の黒いポツポツとして目立ちます。

黒くなった角栓がそのまま毛穴に長く詰まっていると、毛穴の皮膚の細胞を傷つけ、メラニン色素が生成されて毛穴にシミができてしまいます。

3.肌への物理的な刺激

女性がコットンでアイメイクを落としている

もう一つ毛穴のシミの大きな原因になるのが、「肌への物理的な刺激」です。

物理的な刺激とは、肌を「こする」、「掻く」、「押す」といった刺激で、毛穴に刺激が繰り返し加わることで、メラニン色素が発生し、シミが発生します。

毛穴に繰り返し与えられる「物理的な刺激」とは、私達が毛穴をケアする際に肌に与える刺激のことです。

  • 角栓のつまりを取り除こうと、スクラブ入りの洗顔料で強くマッサージをする
  • ピンセットなどで角栓を取り除く
  • 角栓除去シートを使って角栓を除去する

毛穴に詰まった角栓を取り除こうとするケアは、角栓だけでなく、その周りの毛穴に強い刺激を与えている可能性があります。

角栓を取り除こうとついつい力が入ってしまうことはないでしょうか?

毛穴をケアしようと思ってやっていたことが、毛穴にシミを作る原因だった・・・とはなんともショッキングですが、毛穴ケアは方法を間違うと逆効果になることがあるのを覚えていてくださいね。

4.毛穴の炎症

毛穴は細菌などが侵入しやすく、炎症を起こすことがよくあります。

毛穴に炎症が起きると、炎症が収まった後にメラニン色素が作られ、毛穴に茶色いシミができることがあります。

毛穴に起きる炎症には次のような種類があります。

毛穴に起こる炎症

  • 毛嚢炎(もうのうえん)

皮膚に常在する「黄色ブドウ球菌」が毛穴の中で繁殖し炎症を起こす。

  • ニキビ

毛穴に角栓が詰まったところに、「アクネ菌」が繁殖して炎症を起こす。

  • カミソリ負け

カミソリが毛穴の表面の皮膚を傷つけることで毛穴に炎症が起きる。

毛穴で繰り返し炎症が起きると、メラニン色素が作られて「炎症性色素沈着」と呼ばれるシミができてしまいます。

【スキンケア編】毛穴のシミ改善法とおすすめの化粧品

化粧品容器が並んでいる画像

毛穴のシミを改善するために、もっとも重要なのが毎日のスキンケアの見直しです。

毛穴のシミを作る原因を取り除き、クレンジングや洗顔など毎日行っているスキンケアを変えていくと、毛穴のシミは少しずつ改善してきます。

クレンジングを見直す

毛穴のシミの原因の1つである「肌への物理的な刺激」を減らすためには、なるべく肌に刺激を与えないようにクレンジングをする必要があります。

クレンジングはメイク落とすために行いますが、毛穴に入ったメイク汚れをしっかり落とすことで毛穴の詰まりや炎症を防ぐことができます。

毛穴のシミを作らせないために、クレンジングは毛穴の汚れを落とすだけでなく「肌への摩擦が少ない」「肌への刺激が少ない」方法で行うことが必要です。

そのためには、肌に負担なく毛穴ケアができるクレンジング料を選ぶことが大切です。

また、クレンジングの際は角栓を無理に落とそうと肌を擦ったりせず、なるべく肌に摩擦や刺激を与えないように心がけることも重要ですよ。

毛穴のシミ悩みに!マナラホットクレンジングゲル

マナラホットクレンジングゲル

通常価格 4,104円(税込)
初回限定 2,990円(税込)

マナラホットクレンジングゲルの特徴

  • 吸着力のあるゲルで肌に負担を掛けずに毛穴汚れを落とす
  • 美白効果のある「ハイドロキノン誘導体」「ビタミンC誘導体」配合で毛穴のシミを予防
  • 「セラミド」「ヒアルロン酸」「スクアラン」などの美容成分を4%も配合し、洗い上がりがしっとり

マナラホットクレンジングゲルはクレンジング時にポカポカと温感与えるゲルの作用で、毛穴が開きやすくなり、毛穴汚れを無理なく落とすことができるクレンジングです。

マナラホットクレンジングゲルは、以下のステップで毛穴汚れを落としていきます。

  1. 配合されている美容成分が毛穴周りの角質層を柔らかくする
  2. オリーブ油とメドウフォーム油が毛穴に入っているメイク汚れや皮脂などの油性成分を溶かす
  3. 吸着力のあるゲルが毛穴汚れを絡め取る

クレンジングには珍しく美白成分「ビタミンC誘導体」と「ハイドロキノン誘導体」という2つの美白成分を配合しているので、毛穴のシミを予防する効果が期待できます。

洗顔を見直す

ヘアバンドを付けて洗顔泡を頬につける女性

洗顔もまた、毛穴のシミを予防・改善するのに重要な役割を果たします。

クレンジング同様、肌に負担を掛けず、毛穴汚れを落とせる洗顔料を選ぶことと、洗顔時にできるだけ肌に摩擦や刺激を与えないことが大切です。

 肌をゴシゴシとこすりながら洗顔をしている人は、毎日肌に大きな刺激を与えているということ。

肌に刺激を与えないように正しい洗顔方法を心がけて、毎日丁寧にスキンケアを行ってくださいね。

毛穴汚れを吸着する洗顔石鹸!然(しかり)よかせっけん

88g 1,944円(税込)定期コース 1,841円(税込)

然(しかり)よかせっけんの特徴

  • 毛穴の奥まで入る超微細シリカパウダーが毛穴汚れをしっかり吸着
  • 毛穴のシミの原因になる炎症を抑える「グリチルリチン酸ジカリウム」配合
  • コラーゲンやローヤルゼリー、アロエエキスなどの美容成分を60%以上も配合したペースト状の「練り石鹸」

然(しかり)よかせっけんは南九州産の火山灰シラスから作られたシリカパウダーを配合した洗顔石鹸です。

きめ細やかで弾力のある泡が肌に負担を掛けずに毛穴の汚れを落とし、古くなった角栓による毛穴のシミを防いでくれます。

また、抗炎症成分「グリチルリチン酸ジカリウム」が毛穴の炎症を鎮め、炎症による色素沈着を防ぎます。

美白効果のあるスキンケア化粧品を使う

毛穴のシミの元になるメラニン色素の生成を抑えるには、美白成分の入ったスキンケア化粧品を使うことが必要です。

美白化粧水や美白美容液を継続して使うと、メラニン色素の生成が抑えられ、毛穴のシミが濃くなるのを防いだり、肌全体がトーンアップして毛穴のシミが目立たなくなる効果が期待できます。

おすすめのスキンケア化粧品 その1

薬学博士が作った化粧品【ビーグレン ホワイトケアトライアルセット】

ビーグレン・ニキビ跡クレーター用トライアルセットの商品画像

7日分 1,944円(税込)

〈トライアルセットの内容〉

  • クレイウォッシュ(洗顔料)15g
  • QuSomeローション 20mL
  • Cセラム 5mL
  • QuSomeホワイトクリーム9 5g
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム 7g
ビーグレン ホワイトケアトライアルセットの特徴

  • 洗顔料に配合されたクレイ(泥)が毛穴汚れを優しく吸着
  • 美容液には毛穴のシミを防ぐ「ピュアビタミンC」を配合
  • ホワイトクリームにはシミに働きかける「ハイドロキノン」を9%配合

ビーグレンはアメリカ発の薬学博士開発の化粧品です。ビーグレンの最大の特徴は、成分を肌に浸透させる独自のナノカプセルQuSome®(キューソーム)が使われていることです。

美白成分「ピュアビタミンC」や「ハイドロキノン」をQuSome®カプセルに入れることで、肌への浸透力が高まり、成分が安定した状態で長時間肌に働きかけることが可能になりました。

ライン使いすることで、毛穴のシミの予防に高い効果が期待できます。

おすすめのスキンケア化粧品その2

【肌深くに届く紫外線をカットする】アスタリフトホワイト

アスタリフトホワイトのフルラインのイメージ画像

アスタリフトホワイト 美白トライアルキット 5日分 1,080円(税込)

〈美白トライアルキットの内容〉

  • ブライトローション(化粧水) 18ml
  • エッセンスインフィルト(美容液) 5mL
  • クリーム(美白クリーム) 5g
  • パーフェクトUVクリアソリューション(UVクリア美容液兼化粧下地)7g✕5包
  • ジェリーアクアリスタ 5g✕10包

 

アスタリフトホワイト美白トライアルキットの特徴

  • 肌深くまで届く紫外線「Deep UVA」を防ぐ美容液で毛穴のシミを予防
  • 化粧水、クリームには美白有効成分「アルブチン」を配合
  • 美容液には美白有効成分「ビタミンC誘導体」を配合

富士フイルムが作る年齢肌化粧品「アスタリフト」の美白ライン「アスタリフトホワイト」。

今まで紫外線吸収剤では防ぐことができなかった紫外線「Deep UVA」を防ぐ技術を、世界で初めて化粧品に応用しました。メラニン生成を抑える「ビタミンC誘導体」「アルブチン」配合で、毛穴のシミができるのを防いでくれます。

他にもある!毛穴のシミ改善法

毛穴のシミを改善するためには、普段のスキンケアが最も重要ですが、スキンケア以外にも毛穴のシミを改善する方法があります。

毛穴のシミを改善する「氷美容法」

氷水が入った2つのコップ

氷美容法とは、美肌で有名な叶姉妹や美容マニアのGENKINGさんが実践している美容法で、氷を使って肌を冷やすことで、「毛穴が目立たなくなる」「シミができにくくなる」「肌のキメが整う」といった効果が期待できると注目されています。

肌を氷で冷やすと次のような変化が肌に起こり、結果として毛穴のシミの予防と改善ができると考えられています。

  • 毛穴の引き締め
  • 血行促進
  • 肌のターンオーバーを促進
  • メラニン色素の生成を抑える
  • 肌のむくみ解消

氷美容法にはいくつかやり方があるので、代表的なものをご紹介します。

氷マッサージ

  1. 小さなガラス瓶に氷を入れる。
  2. 洗顔後、化粧水で保湿する。
  3. ガラス瓶を優しく転がして肌をマッサージする。

ガラス瓶は角が丸く清潔なものを使用します。同じ場所を冷やしすぎないように気をつけ、マッサージ時間は長くても3分以内にしましょう。

氷洗顔

  1. 洗顔後、肌を保湿する。
  2. 軽く絞ったタオルを電子レンジで50秒ほど温めて「蒸しタオル」を作り、肌を温める(やけどに注意する)。
  3. 洗面器に水と氷を入れ、顔を洗う。
  4. タオルで優しく水滴を押さえ、肌を保湿する。

氷洗顔は氷水で洗顔をするのではなく、通常の洗顔をした後に、肌を温めてから氷水で優しく肌を冷やします。

肌の温度が急激に変化すること毛細血管が「弛緩→収縮」し、肌の血行がよくなって肌のターンオーバーが促進されます。

氷パック

  1. ミネラルウォーターや精製水で氷を作っておく。
  2. 洗顔後、コットンに染み込ませた化粧水を肌に付ける。
  3. 化粧水を付けたコットンで氷を一個包み、コットンから溶け出てくる水を肌全体に伸ばす。
  4. 氷が溶け切ったら、肌を保湿する。

コットンで肌を摩擦しないように気をつけます。

優しく押さえるようにして肌を冷やしていくようにしましょう。

氷美容の注意点

氷美容法を行うときは「冷やしすぎない(長くやりすぎない)」、「肌に摩擦や刺激を与えない」ようにしましょう。

肌への刺激が強すぎると、刺激によってメラニン色素の生成が促されシミが悪化してしまう可能性があるので注意が必要です。

皮膚科で毛穴のシミを治療

診察をする医師と女性

毛穴のシミを改善するためのスキンケアをしているのになかなか改善しない場合や、毛穴の茶色いシミを早く消したいという場合は、美容皮膚科で毛穴のシミの治療を受けることも可能です。

シミや色素沈着を改善する外用薬

3種類の薬と飲み水

スキンケア化粧品に配合されている美白成分は、メラニン色素の生成を抑えてシミを防いだり、肌のターンオーバーを促してメラニンの排出を促すといった「時間をかけてシミを改善する」タイプの成分で、主にシミの予防が目的です。

皮膚科で処方させるシミに有効な外用薬は、「シミを薄くする」「シミを目立たなくする」といった強い作用があり、既にできてしまっているシミに働きかけることが可能です。

皮膚科で処方される外用薬に配合されている、シミを改善する成分を解説します。

1.ハイドロキノン

ハイドロキノンは化粧品にも配合されていますが、肌への刺激が強い成分なので化粧品の場合は濃度が4%以下と定められています。

ハイドロキノンはメラニン色素の色を元の薄い色素に戻す「還元」という働きがあるので、既にできてしまった毛穴のシミを薄くしていく効果が期待できます。

ハイドロキノンは効果が高い反面、人によっては刺激を感じる場合もあるので、敏感肌の人は皮膚科で医師の指導の元使用するようにしましょう。

2.トレチノイン

トレチノインは肌のターンオーバーを強力に促してメラニンの排出を促進することで、シミを改善していきます。

毛穴の炎症のあとにできる「炎症性色素沈着」などに有効ですが、効果が高い反面皮膚に炎症が起きたり、ただれたりする場合もあるので注意が必要です。

毛穴のシミを目立たなくする「フォトフェイシャル」

毛穴のシミを改善するためには、美容皮膚科で「フォトフェイシャル」という施術を受ける方法もあります。

シミの治療によく使われるレーザーは、肌深くまで届く波長の長い光線をシミにスポット的に当てますが、フォトフェイシャルはIPLと呼ばれる複数の波長の短い光線の束を、顔全体に照射します。

フォトフェイシャルは光の届く深さがレーザーよりも浅いので、肌へのダメージが少なく、毛穴のシミやそばかすなど広範囲に細かいシミがある場合に適しています。

フォトフェイシャルは沈着したメラニン色素を破壊し、肌のターンオーバーを促進することで、シミを目立たなくしていきます。

治療は3~4週間の間隔を空け、回数は4回~5回くらいで効果を感じる人が多いようです。

毛穴のシミは正しいスキンケアで改善できる!

目を閉じて頬に両手を当てる女性

毛穴のシミは紫外線の影響もありますが、多くは「毛穴ケア」による刺激や毛穴の炎症による色素沈着が原因です。

毛穴が目立つ原因が「シミ」だとわかれば、普段のスキンケアで改善しやすいのが特徴です。

肌のターンオーバーは、個人差はありますが28日から56日で行われています。

毛穴のシミを改善するスキンケアは、コツコツと1、2か月続けていれば、きっと何らかの効果を感じることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です