保湿の大敵!合成界面活性剤が肌に悪い3つの理由

「合成界面活性剤不使用」と書かれたスキンケア化粧品を目にすることはありませんか。

界面活性剤そのものは、石けんや保湿クリームにも含まれ、水と油が混ざり合いやすくするといった作用のある物質です。

合成界面活性剤はどういった物質で、なぜ肌に悪影響を及ぼすと言われているのでしょうか。

合成界面活性剤とは何か、また、合成界面活性剤が配合されていないスキンケア化粧品を選ぶべき理由などについて解説していきます。

肌のために使用を避けたい「合成界面活性剤」とは

「界面」とは、性質の違う2つの物質が接する境をいい、「界面活性剤」は界面に作用して性質を変化させる働きを持つ物質です。

界面活性剤は水に溶けやすい「親水性」と油に溶けやすい「親油性」を持ち、水と油を混ざりやすくする乳化作用があります。

また、油になじみやすいことから、肌についた化粧品などの油分や汚れを包んで分散させて落とす洗浄作用も持っているのが特徴です。

界面活性剤のうち、化学合成された石油系などの界面活性剤を「合成界面活性剤」といいます。

界面活性剤には、天然成分の大豆サポニンや卵黄に含まれるレシチンなどを使用したものもあります。

よく混同しがちなのは、「界面活性剤不使用」と「合成界面活性剤不使用」という表現です。

「界面活性剤不使用」は界面活性剤自体を使用していないという意味ですが、「合成界面活性剤不使用」は界面活性剤自体は使っていても、合成界面活性剤は使用していないという意味になります。

「界面活性剤」は保湿クリームにも含まれる

界面活性剤が肌に悪いと誤解されることもありますが、界面活性剤自体は身近なものです。

石けんは油に苛性ソーダ、あるいは、苛性カリを混ぜて煮てつくられたもので、石けんそのものが界面活性剤とも言えます。

界面活性剤による洗浄作用は、洗剤やシャンプーにも使われています。

メイクアップ化粧品の多くは油分を含むため、化粧品を落とすためには界面活性剤による洗浄作用は不可欠です。

界面活性剤は天然由来のものを含めて、多くの洗顔料やクレンジングにも洗浄成分として、配合されています。

ただし、石鹸や洗顔料、クレンジングを使用すると、肌の表面を覆う皮脂膜が洗い流されてしまうため、洗顔料などの使い過ぎは肌の乾燥を招くとともに、洗顔後の肌にはすぐ保湿が必要なのです。

また、界面活性剤は「乳化剤」という名前で、化粧水や乳液、保湿クリームなどの基礎化粧品にも使用されています。

保湿クリームなどに使用されている界面活性剤は、化粧品の成分をなじませるために配合され、油分と結びついた状態のため、肌の皮脂を流してしまうことはありません。

界面活性剤は化粧品に欠かせない物質ですので、「合成界面活性剤」の配合の有無に着目して化粧品を選びましょう。

合成界面活性剤が肌によくない理由

では、界面活性剤の中でも、合成界面活性剤はなぜ肌に悪いのでしょうか。理由を3つ挙げていきます。

肌のバリア機能を低下させる

肌の状態がよいイラスト

肌が悪い状態イラスト

 合成界面活性剤は刺激が強く、肌内部への浸透性が高いため、肌の皮脂膜の下にある角質層の細胞間脂質まで流してしまい、肌のバリア機能を低下させることが懸念されます。

健康な肌の皮膚構造は、表面を皮脂膜が覆って蓋の役割をし、角質層では角質細胞の中の天然保湿因子や細胞間脂質が水分をキープしています。

肌の表面が隙間のない状態となっていることで、乾燥や紫外線などの外部刺激から肌を守るバリア機能が保たれているのです。

しかし、皮脂膜や細胞間脂質が合成界面活性剤によって流されてしまうと、角質層で水分を十分にキープできず、隙間だらけの状態になってしまいます。

バリア機能が低下した状態になると、外部刺激が受けやすいことで、ますます水分が蒸発しやすくなり、肌が乾燥するなど肌トラブルを招きやすい状態になります。

アレルギー反応が起こることがある

合成界面活性剤は刺激が強いため、赤みやかゆみ、湿疹といった症状を引き起こすことがあります。

合成界面活性剤によるアレルギー反応が起こる人は、クレンジングや洗顔料だけではなく、化粧水や乳液、保湿クリームといった保湿のためのスキンケア化粧品も見直すことが必要です。

体内のタンパク質を壊す

合成界面活性剤は、タンパク質を変性させる性質も持っています。

タンパク質は多くのアミノ酸が結合してできている物質ですが、合成界面活性剤はアミノ酸の結合を切って、再び結合するのを防ぐ作用があります。

合成界面活性剤は体内に浸透すると、肝臓や腎臓で分解されないため、肝臓や腎臓の機能に影響を及ぼすこともあるとされているのです。

保湿成分を流す「合成界面活性剤入り化粧品」に要注意

合成界面活性剤が配合されたスキンケア化粧品は、特に保湿成分を流すことが危惧されるため、使用を避けるようにしたいものです。

洗顔料やクレンジングは保湿成分が流されやすい

合成界面活性剤の配合された化粧品の中でも、肌への負担が大きいのは洗顔料やクレンジングです。

洗顔料やクレンジングを使うと、界面活性剤によって皮脂膜や細胞間脂質といった保湿成分が流されてしまうので、刺激が強い合成界面活性剤は、肌への影響がさらに大きいのです。

特にメイクを落とすためのクレンジングは、種類による違いもあります。

ふき取りタイプやオイルタイプは洗浄力が強く、合成界面活性剤の割合が高いことが多いです。

中でもシートタイプのクレンジングは肌への刺激を抑えるため保湿効果のある美容成分が含まれていても、アルコールが配合されていることが多く、肌表面を擦ることによるダメージも懸念されます。

アルコールは物質を混ざりやすくするとともに、毛穴を引き締める収れん作用があるため、化粧品に配合されることもありますが、敏感肌の人は赤みやかゆみが生じることがあります。

反対にクレンジングミルクは洗浄力が低いこともあり、刺激が弱いです。

ただし、化粧品の成分が肌に残ることも肌への負担となりますので、合成界面活性剤を使用していないクレンジングや洗顔料でしっかりと落としましょう。

敏感肌の人は肌のバリア機能が低下して、外部刺激を受けやすい状態ですので、合成界面活性剤による影響が大きいです。

特に、アトピー性皮膚炎の人は、皮脂膜がもともと薄いため、皮脂膜まで洗い流されやすく、肌のバリア機能が低下しやすいため、洗浄力の強い合成界面活性剤入りの化粧品の使用は避けるのが望ましいです。

合成界面活性剤は成分表示ではわかりにくい

合成界面活性剤として使われている物質には、ラウリル硫酸やステアリン酸など1万種類ほどあるといわれているため、成分表示を見て判断するのは難しいです。

また、無添加スキンケア化粧品と書かれていても、合成保存料や香料などが無添加で、合成界面活性剤は配合されている商品もあります。

洗顔料やクレンジングは、「合成界面活性剤不使用」と書かれたスキンケア化粧品を選びましょう。

まとめ

合成界面活性剤が配合された化粧品の中でも、洗顔料とクレンジングは洗浄作用が強く、保湿成分が流されて、肌のバリア機能が低下する可能性があります。

化粧水や保湿クリームなどで洗顔後に念入りに保湿をしていても、肌の乾燥が改善しない人は洗顔料やクレンジングの選び方に問題があるのかもしれません。

また、合成界面活性剤が配合されたスキンケア化粧品を使っていて、かゆみや赤みなどの症状が出る人はアレルギーの可能性もあるため、専門医を受診することが望ましいです。

化粧品による肌トラブルの可能性がある人は、天然由来の界面活性剤が使用されたスキンケア化粧品に変えてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です