オイリー肌を本気で改善するためのスキンケアとおすすめの洗顔料3選

ターバンを巻いた女性が洗顔をしている画像

肌がテカりやすく、ニキビや毛穴の開きの原因ともなるオイリー肌ですが、悪化させているのは普段のスキンケアに原因があるかもしれません。

間違ったケアを卒業して、ぴかぴかの肌になるための正しいお手入れ方法を身につけましょう。

 オイリー肌の原因は水分不足にあった

oilyオイリー肌は「脂性肌」「脂肌」とも呼ばれ、皮脂が通常よりも多く分泌されるために引き起こされる、皮脂が過剰な肌の状態を指します。

オイリー肌は、常にテカテカしており、乾燥している状態とは正反対のような印象があるかもしれません。

ただオイリー肌になってしまう要因のひとつとして、水分と油分のバランスが崩れてしまっていることが挙げられます。

肌は十分に水分を持つことで潤いや弾力が生まれ、油分によってその水分にフタをして逃さず、肌の中に保つことができます。

肌における油分とは皮脂のことですが、この皮脂が過剰に分泌されて脂っぽくなり、ニキビや毛穴のつまりなどのトラブルを起こしやすいのがオイリー肌です。

皮脂は水分を閉じ込めた潤いのある美しい肌のためになくてはならないものですが、水分が不足すると、潤いを補って肌を乾燥から守るために必要以上に皮脂が分泌されてしまいます。

皮膚の内側の水分が不足すると、肌自体が皮脂による膜を作って潤いを逃さないようにするため皮脂の分泌が促されるのです。

乾燥する季節になるとオイリー肌になる、エアコンに長時間あたっていると乾燥しているはずなのに肌が脂っぽくなってしまう、という場合も同様のメカニズムによるもので、皮膚を乾燥から守るために皮脂を分泌しオイリー肌になってしまっている状態です。

オイリー肌の原因は遺伝子や食生活、生活習慣によるホルモンバランスの乱れ、年齢などにもありますが、肌内部の水分不足も大きな要因のひとつです。

脂性肌改善のためにバランスのよい食事や質の良い睡眠をとるのはもちろん、肌の外側からのケアとしては水分をしっかりと補ってあげることが大切です。

まずは肌にしっかりと水分を補い、余計な皮脂を抑えることが第一のポイントとなります。

オイリー肌を改善するスキンケア方法

それではオイリー肌の人が今すぐやめるべき間違ったスキンケア方法と、肌質を改善するためにおすすめのスキンケア方法を解説していきます。

 洗顔のしすぎや保湿不足はオイリー肌を悪化させる

oilyオイリー肌の状態だと、肌のベタつきやテカりが気になり、一日に何度も洗顔をしてしまう人が少なくありません。

たしかに洗顔をすると皮脂が洗い流され、さっぱりします。

しかし、洗顔をすると余分な皮脂や汚れだけでなく、肌が水分を保ち潤った状態でいるために必要な皮脂までも洗い落とされてしまいます。

皮脂がすべて取り除かれてしまうと水分が逃げやすくなって乾燥しやすくなり、肌のカサつきやシワなどの肌トラブルの原因にもつながります。

肌が乾燥すると新たな皮脂が活発に分泌されるようになり、オイリー肌にとっては悪循環となってしまいます。

オイリー肌は健康的な肌よりも皮脂が多く分泌されてしまっている状態ですが、すべての皮脂を洗い流してしまうのではなく、肌の潤いを守るための皮脂は守りながら洗顔をすることが大切です。

そのためには肌に低刺激の洗顔方法・洗顔石鹸選びと、毎日の保湿ケアが重要になります。

洗顔は多くても朝と夜の2回に止めるようにしましょう洗浄力の強い洗顔料を使った洗顔でも同じように肌の乾燥を促します。

また、洗顔の際にゴシゴシと強い力を加えて洗うのも避けましょう。強くこすることで肌に刺激となり、ダメージを与えてしまいます。

肌は摩擦に弱く、洗顔時にこすって摩耗すると肌表面の組織がボロボロになって肌のバリア機能が低下し、水分が逃げやすくなってしまいます。

水分が逃げやすい状態になると、不足した水分を補うために皮脂が出やすくなってしまいオイリー肌を悪化させてしまいます。

熱いお湯での洗顔もオイリー肌の大敵です。

温度が高いお湯で洗顔すると、皮脂や汚れが浮きやすくなるのですが、熱いお湯は肌にダメージを与えます。

また冷たい水だと汚れが十分に落ちず、毛穴の汚れの原因となります。適温は32~34度程度、人肌よりもぬるめで洗うようにしましょう。

そしてスキンケアで多い間違いが、乳液やクリームを使わないというもの。

洗顔後には化粧水、それから乳液やクリームを使うのが一般的なスキンケアですが、油分を多く含む乳液・クリームがべたつくからといって使わないのは間違いです。

化粧水で肌に水分を補給した後は、肌の潤いにフタをして水分を閉じ込める役割を持つ乳液やクリームを必ず使うようにしましょう。

べたつきが気になる場合はさっぱりタイプのものを選ぶのがおすすめです。

たっぷりの水分で皮脂バランスを整える

oily余分な皮脂を分泌させないためには、肌にしっかりと水分を与えてあげることが重要です。

洗顔後には化粧水をたっぷり使って肌になじませましょう。

化粧水を使う際は、コットンよりも手のひらを使うのがおすすめです。

コットンを使うと、コットンの繊維の摩擦により肌を傷つけてしまうことがあります。

手のひらを少しくぼませ、化粧水を少しずつとってゆっくりと顔全体になじませます。手のひらの体温で化粧水を浸透させるイメージです。

肌がひんやりとしてきたら化粧水が入り込んだサインです。

化粧水を使う際、手のひらに雑菌がついているとニキビなどトラブルのもととなります。スキンケアは手を清潔にして行いましょう。

コットンを使ったパッティングを行う場合は力を入れないように注意しましょう。コットンがひたひたになるくらい化粧水をたっぷりとなじませ、おでこ・頬を中心にパッティングしていきます。

叩いたりこすったりするのではなく、優しくあてながら行いましょう。

化粧水はニキビ対策・毛穴の黒ずみ対策など様々な種類がありますので、自分の肌悩みに合ったものを選ぶようにしましょう。

オイリー肌のトラブルのひとつとしてニキビ・吹き出物がありますが、ニキビは洗顔で菌を洗浄するほか、皮脂の過剰分泌を抑えることが重要です。

またニキビができていても肌の内側は水分不足で乾燥している場合もあります。

ニキビができやすいけれどニキビのまわりがカサカサになりやすい、という場合などは、化粧水はしっとりタイプに、乳液はオイリー肌向けのさっぱりタイプに、といった使い分けをするといいでしょう。

オイリー肌だからといってさっぱりタイプの化粧水ばかり選んでいると水分不足になってしまうこともあります。

保湿力の高い化粧水で肌に十分に水分を与え、オイリー肌向けに作られた乳液で肌に必要な油分を補給することで、油分を与えすぎずに水分を補うことができます。

また、毛穴を引き締めて皮脂を抑える働きを持つ収れん化粧水もオイリー肌向きです。

通常のスキンケアと組み合わせて、おでこや鼻など皮脂が特に気になるところに部分使いをするのがおすすめです。

オイリー肌の方がスキンケアを行う際に注意したいのが、肌に刺激を与えないということです。

とにかくさっぱりしたい、潤いは必要ない、とばかりに雑なスキンケアを行ったり、皮脂を取り除きたいために肌に刺激の強いケア用品ばかり使ったりしているとオイリー肌が悪化してしまいます。

オイリー肌を悪化させてしまわないよう、毎日優しくお手入れを行うようにしましょう。

部位別ケア・メイク前スキンケアのポイント

oily皮脂の分泌が多く脂っぽくなってしまうオイリー肌ですが、目元・口元は乾燥しやすいため部位ごとにケアを変えるようにしましょう。

人間の体は部位ごとに皮脂腺の数が異なり、皮脂腺が多いとたくさんの皮脂が製造・分泌されます。

頭皮や額などはこの皮脂腺が多いために脂っぽくなりやすく、目元や口元といった部位は皮脂腺が少ないため乾燥しやすい部分です。

皮脂を抑えるスキンケア用品を顔全体に使うのではなく、目元・口元は化粧水や乳液を重ね付けする、美容液を使うなどしましょう。

テカり、べたつきが気になるTゾーンなどの部分はオイリー肌向けスキンケア用品でさっぱりと、乾燥しやすい部分は入念な保湿でしっとりとさせることで、部位ごとの悩みを悪化させずに改善することにつながります。

朝の洗顔後、メイク前のスキンケアは化粧崩れを防ぐためにも肌の水分・油分のバランスを整えるお手入れを行いましょう。

まずは化粧水をしっかりと浸透させ、優しくパッティングをして仕上げましょう。

肌を冷やし、毛穴を引き締めることで皮脂による化粧崩れを防ぎやすくなります。

時間があるときは化粧水を浸したフェイスマスクや、美容液パックでしっかりと潤い補給を。

乳液・クリームをなじませた後には軽くティッシュで押さえて余分な油分をとってからメイクを始めましょう。

オイリー肌向け洗顔料の選び方とおすすめの洗顔料3選

オイリー肌の方の洗顔料は肌に低刺激のものを選ぶようにしましょう。

洗顔の際には清潔な手のひらで洗顔料をしっかりと泡立て、肌をこすらずに優しく洗うようにします。

ここではオイリー肌に特におすすめの洗顔料とそれぞれの特徴を3つご紹介します。

健康コーポレーション どろ豆乳石鹸 どろあわわ

doroawawa泥洗顔で大人気のどろあわわ。

オイリー肌はもちろん、乾燥やハリ不足といったあらゆる肌の悩みを持つ方に支持されている洗顔石鹸です。

沖縄の海底に沈んでいたマリンシルトと、数億年前の火山灰を由来とするベントナイトの2種類の泥を配合しており、泥の力で皮脂や古くなった皮膚を取り除きます。

ミネラルたっぷりの泥が汚れを吸着し、汚れと一緒にくすみも取り去ってくれます。

またヒアルロン酸やコラーゲン、豆乳発酵液の美容成分が配合されており、洗い上がりの乾燥を防ぐ効果もあります。

泡は濃厚でもっちり。

肌にのせて転がすだけでしっかりと汚れを吸着してくれるので、手でこする摩擦によって肌に刺激を与えることがありません。

人気1位の泥洗顔料 どろあわわの詳細ページはこちら

KOSE 米肌 肌潤石鹸

oily米肌(まいはだ)肌潤石鹸は無香料・無着色、鉱物油・石油系界面活性剤を配合していない肌に優しい洗顔石鹸です。

ライスパワー®No.11やビフィズス菌発酵エキス、大豆発酵エキスなどの保湿成分をたっぷりと含み、植物性100%の洗浄成分によって潤いを保ちながら汚れをしっかりと落とします。

米と発酵成分が毛穴の汚れを取り除き、黒ずみやニキビのない透明感のある素肌へと導きます。

泡立てネットなしでも素早く泡立ち、濃密で弾力のある上質な泡で肌に負担をかけずに洗顔することができます。

汚れをしっかり取り去りながらも洗い上がりの肌はしっとりとやわらか。

きちんと汚れを落とすことで、洗顔後に使用する化粧水がしっかりと浸透します。

肌の潤いを保てる、米肌 肌潤石鹸の詳細ページはこちら

牛乳石鹸カウブランド 青箱

oily

ボディ用石鹸として長年愛されている牛乳石鹸ですが、洗顔としても高い人気があります

特に青い箱に入っている「青箱」はさっぱりした使い心地で、オイリー肌の方にぴったりです。

60トンの大きな釜で手間暇をかけて1週間じっくり熟成される昔ながらの釜だき製法によって作られた牛乳石鹸には、石鹸素地をベースに、肌のうるおいを保つミルク成分が配合されています。

ミルク成分は乳脂とも呼ばれ、牛乳から作られたミルクバターによる肌の保護成分です。

このミルク成分が肌を守りながら不要な皮脂をすっきりと洗い落としてくれるため、肌を優しくいたわりながら脂っぽさを取り除きたいオイリー肌の方におすすめの洗顔石鹸です。

昔ながらの牛乳石鹸 カウブランド 青箱の購入ページはこちら

まとめ

oilyこれまでオイリー肌に悩んできた方も、その原因は間違ったスキンケアにあったかもしれません。

もちろん食生活や生活習慣によっても肌質は変化します。

肌質は一晩で変化するものではありませんが、オイリー肌を少しでも改善したいと思う場合は生活習慣と併せて、いつものスキンケアを見直してみてはいかがでしょうか。

肌に負担をかけない洗顔石鹸で洗顔をし、化粧水でたっぷりの水分を補った後は乳液やクリームの油分でフタをする。

シンプルなケアではありますが、毎日の基本的なスキンケアを丁寧に行うことで、オイリー肌は少しずつ改善されていくはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です